伝えたいこと したいこと - B-REVIEW
新規登録
ログイン
PICK UP - REVIEW

大人用おむつの中で

すごい

これ好きです 世界はどう終わっていくのだろうという現代の不安感を感じます。

硬派な作品

萩原朔太郎や中原中也のエッセンスを感じます。

千治

体験記『呆気ない宣告』

それはあなたの現実かもしれない。

大概のことは呆気なくドラマティックではない。そうした現実の丁寧な模写が作品に厚みを増している。

ほば

世界は自由だ━不死━

わかるということ

あなたにとっては何が、その理解が起きるピースになるだろうか?

ほば

ふたつの鐘がなるころは

鐘は明くる日に鳴る! いつでもそうだ!

運営在任中に出会った多くの作品の中のベスト。決して忘れない。

yasu.na

良い

シンプルに好き

あっす

パパの日曜日

パパの日曜日

いい

明林

終着点

生きる、その先に死地はない!

美しくさわやか、そして深い意味が込められたシーン、均衡の取れた心情と思想、強い意志で最終連へと迫る引き締まった展開、我が胸にこの詩文を抱いて!

yasu.na

九月の終わりを生きる

呼び覚ます声

夏の名残の暑さが去ろうとする頃、九月の終わりになると必ずこの作品のことを思い出す。

afterglow

こっちにおいで

たれかある

たそがれに たれかある さくらのかおりがする

るる

詩人の生きざま

言葉と詩に、導かれ救われ、時に誤りながらも、糧にしていく。 赤裸々に描写した生きざまは、素晴らしいとしか言いようがない。

羽田恭

喘息の少年の世界

酔おう。この言葉に。

正直意味は判然としない。 だが、じんわりあぶり出される情景は、良い! 言葉に酔おう!

羽田恭

誰かがドアをノックしたから

久しぶりにビーレビ来たんだけどさ

この作品、私はとても良いと思うんだけど、まさかの無反応で勿体ない。文にスピードとパワーがある。押してくる感じが良いね。そしてコミカル。面白いってそうそう出来ないじゃん。この画面見てるおまえとか、そこんとこ足りないから読んどけ。

カオティクルConverge!!貴音さん

あなたへ

最高です^ ^ありがとうございます!

この詩は心に響きました。とても美しく清らかな作品ですね。素晴らしいと思いました。心から感謝申し上げます。これからも良い詩を書いて下さい。私も良い詩が書ける様に頑張りたいと思います。ありがとうございました。

きょこち(久遠恭子)

これ大好き♡

読み込むと味が出ます。素晴らしいと思います。

きょこち(久遠恭子)

輝き

海の中を照らしているのですね。素晴らしいと思います☆

きょこち(久遠恭子)

アオゾラの約束

憧れ

こんなに良い詩を書いているのに、気付かなくてごめんね。北斗七星は君だよ。いつも見守ってくれてありがとう。

きょこち(久遠恭子)

紫の香り

少し歩くと川の音が大きくなる、からがこの作品の醍醐味かと思います。むせかえる藤の花の匂い。落ちた花や枝が足に絡みつく。素敵ですね。

きょこち(久遠恭子)

冬の手紙

居場所をありがとう。

暖かくて、心から感謝申し上げます。 この詩は誰にでも開かれています。読んでいるあなたにも、ほら、あなたにも、 そうして、私自身にも。 素晴らしいと思います。 ありがとうございます。みんなに読んでもらいたいです。

きょこち(久遠恭子)

カッパは黄色いのだから

良く目立ちます。 尻尾だけ見えているという事ですが、カッパには手足を出す穴がありますよね。 フードは、普通は顔が見えなくなるのであまり被せません。 それを見て、僕はきっと嬉しかったのでしょう。健気な可愛い姿に。ありがとうございました。

きょこち(久遠恭子)

永訣の詩

あなたが出発していく 光あれ

羽田恭

あなたには「十月」が足りていますか?

もし、あなたが「今年は、十月が足りてない」と お感じでしたら、それは『十月の質』が原因です。 詩の中に身を置くことで『短時間で十分な十月』を得ることができます。この十月の主成分は、百パーセント自然由

るる

だれのせいですか

どんな身体でも

どんな自分であっても愛してくれるか、抱きしめてくれるか、生きてくれるか SNSできらきらした自分だけを見せてそんな見た目や上辺で物事を判断しやすいこんな世の中だからこそ響くものがありました。例えばの例も斬新でとても魅力的です。

sorano

衝撃を受けました

ベテルギウス。まずそれに注目する感性もですが、詩の内容が衝撃。 猫。木。家族。犬(のようなもの)。女の子……。など、身近にあふれている極めて馴染み深いものベテルギウスというスケールの大きいものと対比されているように感じられました。

二酸化窒素

ずっと待っていた

渇いた心を満たす雨に満たされていく

afterglow



作品を
別枠表示

伝えたいこと したいこと    

僕が君に何を伝えたいかわかるかい? 例えばそれは綺麗に磨かれたまっさらなコップに入れられた一杯の水のようなもの 無駄のないもの 美しいもの 飲み干してしまいたい君を ということ 説明すると野暮ったい だから比喩にとどめよう 僕が君としたいことって何だろ? やせこけた野良犬がギラギラした目でよだれをたらしておいかけるけどそれは綺麗な飼い犬のために用意された餌で君のものじゃないんだよ だから野良犬は餌にはありつけない 仕方ないから自分の足をがしがしと噛むんだ ゴミ捨て場で足についた生ごみのよごれをぐじゃらぐじゃらとしがむんだ 貪欲であれ 何はともあれ ということさ 僕が君にしてほしいことはもっとひどいものさ ネズミが何匹も死んでいくようなこと 知ってるかい?ネズミ捕りの罠の残酷さ 餌にありついた瞬間 首ががちゃんと挟まれるんだ針金に 数秒ひくひくするけどそれまで ネズミとしての生涯は終わりさ でも、見てる僕は……動画でみたんだけど、ある種のエクスタシーを感じるのさ。残酷だろう?ひどいだろう? でもそれが僕さ。僕が君にしてほしいのはそういうことなのさ わからないかい? わからなくていいのさ 僕もよくわからないから 僕が君にしてあげたいこと、これはまだ分かりやすいから救いがあるね。 猫の背後にさ、長~いものをそっとおいとくんだ、猫はそれに気づくとびっくりする。蛇だと思うんだってさ。 面白いだろ? それが僕が君にしてあげたいことのひとつ。 わからないかい? それはなぜなら君が僕のことを理解しようとしていないからさ。僕も君をそれほど理解しようとしていない。 そんなに好きでもないからさ、君のことが。今のところはね。



伝えたいこと したいこと ポイントセクション

作品データ

コメント数 : 12
P V 数 : 705.8
お気に入り数: 1
投票数   : 1
ポイント数 : 0

作成日時 2024-05-03
コメント日時 2024-05-15
#現代詩 #縦書き
項目全期間(2024/07/21現在)投稿後10日間
叙情性00
前衛性00
可読性00
エンタメ00
技巧00
音韻00
構成00
総合ポイント00
 平均値  中央値 
叙情性00
前衛性00
可読性00
 エンタメ00
技巧00
音韻00
構成00
総合00
閲覧指数:705.8
2024/07/21 00時50分49秒現在
※ポイントを入れるにはログインが必要です
※自作品にはポイントを入れられません。

    作品に書かれた推薦文

伝えたいこと したいこと コメントセクション

コメント数(12)
シノハラマサユキ
シノハラマサユキ
作品へ
(2024-05-10)

「今のところはね。」と、最後のひとことがよかったです。今後は好きになるかもしれないし、本当はすでに好きなのかもしれないと思いました。伝えたいことやしたいことなどが、ユーモアを交えながら照れ隠しのようでもあり、愛情の裏返しの残酷さであったりするのかなと読みました。

0
相野零次
相野零次
シノハラマサユキさんへ
(2024-05-11)

コメントありがとうございます。こちらを好きなのがわかって、からかっている感じですかね。なんとなく村上春樹っぽくなったと、自分で勝手に思ってます。

1
ほり
作品へ
(2024-05-11)

怖いって思いました。だけど、その怖いって思わせるものの背後に微かに優しさも感じました。それも怖いです。

0
相野零次
相野零次
ほりさんへ
(2024-05-11)

コメントありがとうございます。ネズミ捕りのくだりなんかは悪趣味で怖いと思います。主人公は達観していて怖さを感じてないですね。優しさですか、そうですね、君を傷つけるつもりはないからですかね。

0
熊倉ミハイ
熊倉ミハイ
作品へ
(2024-05-14)

整理すると、「君に伝えたいこと」、「君としたいこと」「君にしてあげたいこと」、「君にしてほしいこと」の四つですかね? それぞれに「コップ」、「野良犬」、「ネズミ」、「猫」の比喩の話が入ってくる。構造を見てみると、それぞれ平易な言葉たちなのにその組み合わせによって複雑さが生まれている。 これらを並べると「コップ」の話が一番異質で、「君」という澄んだものを飲み干したいという気持ちが現れている。そこからサイコパスのような感情を顕にする「僕」(ネズミの動画のことなど)を見るに、「君」が「僕」の言葉に汚れていかないかどうかを見定める時期なのかなと、最終行から思ったりしました。「君」がどれだけ純粋かの素質を確かめているということですね。 そうすると、「野良犬」は「僕」でしょうか? 飼い犬に与えられている餌のように、他人を見てしまう。自分には何か問題があって、飼ってもらえていない、そうやって人を餌のように見てしまう人間に育ったということを見せる。 だから、餌にありつけたらネズミ取りのように逆に「僕」を捕まえて、そんな醜悪さを殺して欲しいんでしょうね。優しさだけでなく、そういう残酷さも持ち合わせてほしい、と。透明な水ほど毒を持ってそうだとも思えます。 そして最後に、「君にしたいこと」は所詮、驚かすだけ。汚すなんてことはしたくない。汚れそうになる幻影を見せても、透明な水のままかどうかを見たいだけ。他の方も指摘している通り、優しさですね。 確かに、理解云々の話じゃないですね。でも、人が人を好きになることにおいては、大切な考えが詰まった詩だと思いました。

0
黒髪
作品へ
(2024-05-14)

天邪鬼にも理由がある、ということかなと思いました。

0
相野零次
相野零次
熊倉ミハイさんへ
(2024-05-14)

熊倉さま コメントありがとうございます。思いつきで書いたので、そこまで深く考察されると作者の僕のほうがしどろもどろになります。平易な言葉しか使えないのです。精進せねば。

0
相野零次
相野零次
黒髪さんへ
(2024-05-14)

黒髪さま コメントありがとうございます。僕が天邪鬼に純粋な君をからかっている感じですかね。深く考えないで書いてるのですが、たぶんそんな感じです。

1
鈴鳴
鈴鳴
作品へ
(2024-05-14)

ゾクゾクっとします、いいですね

0
メルモsアラガイs
メルモsアラガイs
作品へ
(2024-05-15)

熊倉ミハイさんが構造から分析を試みておられますが、そうしたくなるのもこの文面から何かしら意図的に隠れたものがあるのでは、という気持ちにさせられるからでしょうね。 筆者は思いつきとかコメントして謙遜していますが、いやいや、如何にも軽そうに捻りを利かせた言葉使いの奥にはやはり深い意味が隠されていますね。策士です。星の王子さまですね。「大切なものは眼には見えない」 積極的な鼠の死とかをイメージするとついレミング(旅鼠)を思ってしまうのだけど、あの集団自殺の伝説も実はW.ディズニーのドキュメンタリー映画「白い荒野」(古い映像なのでたぶん僕は観てないのだけど観てみたい)が引き金になってるらしくて、あれは制作者が意図的に崖に追いつめて海へ飛び込ませた映像らしいですね。そんなことが書かれてある。本当はレミングの集団移動や周期的にみた大幅な数の増減らしいのです。我々大衆はどうしてもドラマ性を求めて作り話受け入れてしまう傾向があります。伝記物の小説もそうでしょう。作者による捏造が真実を追い越してしまう。なんてことはよくある。「伝えたいこと、したいこと」この作品の主旨もそうでしょうね。わざとお捻りを浮かべておもしろい口調で書き込まれてはいますが、実はその奥には我々人間社会への警鐘が隠されている。見せかけの情報に振り回されるな。「真実」は眼には見えないところにあるのだと。

0
相野零次
相野零次
鈴鳴さんへ
(2024-05-15)

鈴鳴さま コメントありがとうございます。ゾクゾクしましたか!それはよかった。サイコパスな僕の思惑にはまりましたね。

0
相野零次
相野零次
メルモsアラガイsさんへ
(2024-05-15)

長文コメントありがとうございます。ねずみのくだりはユーチューブの動画で見たのを思い出して書きました。猫もそうですね。犬もそんな感じです。自分の経験を詩に落とし込んだといえばいいでしょうか。そういう意味ではエッセイっぽいのかもしれません。人間社会への警鐘ですか!うーんそこまでは考えてないけど、あったのかもしれません。

0

B-REVIEWに参加しよう!

新規登録
ログイン

作品をSNSで紹介しよう→

投稿作品数: 2