ふる ゆき の やまい - B-REVIEW
新規登録
ログイン
PICK UP - REVIEW

着順は知らない

まるでショートフィルム

駆け抜ける風を感じて

ピム

伝記びりびり

言語と身体のきしみ

緘黙のぼくは祖父母の目の前で伝記を破ることにした。

r

明るい朝の歌

明るい朝のうらには、暗い夜があった

外をみつめることが、内をみつめることにつながっている──

沙一

犬のしっぽ

    遍界不曾藏  犬がしっぽを振る世界

湯煙

震え 揺れ 回る

一気に詩情が注ぎ込まれていく。 それが 震え 揺れ 回る。 詩を詠み終えても、止まらない。

羽田恭

生きるためにパイを焼く

どうしようもなく生きていくということ

ただパイを焼く。それだけなのだけれど、衒いも奇抜さもなく心にぶつかってきて揺さぶられる。

帆場 蔵人@⚰

別れ

靴の哀しみ

歩くための存在でありながら、誰かが履いてくれないと歩き出せない存在が、絶望して待機してる

蛾兆ボルカ

パパの日曜日

しがない日常に飽きてしまったすべての人へ

ごく平凡な日曜日のパパが、壮大で絢爛豪華な世界へ旅立つ——

沙一

「中央公園より」

わかりあえなくたっていい

人種、国籍、性別、年齢、人間同士のわかりあえないディスタンス、そんなことよりも、おたがいに笑っていよう、ここはみんなの公園だから——

沙一

わたしの髪は生きているのか……

心を亡くしてしまいそうなときに

ささやかなお洒落をたのしむ、それは自分が自分であることをわすれないために、ひつようだったのかもしれない——

沙一

angel coffee?……

一瞬と、永遠

幸せなコーヒーと、降りやまない雨、好きな人といるとき、あなたならどちらを選びたいですか?

沙一

食べ物と死ぬ人

目が付いているうちに読みたまえ諸君

傑作。 目が付いているうちに読みたまえ、諸君。他に言うべきことはない。

石村利勝

別れ

余りにも挑戦的、だがそれがいい

数ある一行詩の中でも、想像力/表現力がとても高い作品。最初は(え、これだけ?)と感じることだろう。しかし、これだけ?からの作中世界の広がり方は、これだけ?発言が恥ずかしくなるほど広すぎるのだ。

ふじりゅう

ママンへ

散り際にも見えるママンの後ろ姿

無駄なくそつなく、それでいて大胆にママンに語りかける。「ママンへ」あなたはこの書き出しで何を思い、連ねますか?

stereotype2085

名残の雪

美しいと思える作品だった

美しい空間を、踏む。踏むことで、汚す。踏むことで汚す、明示のされない寂しさ。本作にとって、雪を踏む行為、それだけが個の存在の証明なのだ。

ふじりゅう

例えば鳥の教え

色が付いたばかりの映画のように

情景の転調あるいは繋がりが「色彩」を基調にして、境界をあいまいにしながら広がる。

鈴木歯車

おかあさん

史上最強のタイトル回収

本文たったの6行、造作もなく読み切れ、詩人よ。 そして再度タイトルを見返し驚愕せよ、詩人よ。

name

空なんか見てんじゃないよ

淘汰

この詩はあるタイプの詩と詩人を淘汰するべく書かれている と言えば言い過ぎか。 要注目。

stereotype2085

はずしわすれた風鈴が鳴る

やさしくせつない短歌集

かたづけられない想い出、それでもめぐりくる季節——

沙一

春風に吹かれてる

だいじょうぶだあ

《なんてこたあ ないんだよ》 天国から呼びかける声が、聴こえる。

stereotype2085

永遠の反射

名作?それともただの習作?

ただの習作なのかもしれない。が、ここには作者当人も気付いていないかもしれない、天才がいる。俺の直観は当たるんだよ。人生で二回くらいは。

石村利勝

こんにちは まっさらな世界

「まっさら」の優れた表現

あなたの世界も「まっさら」ではないかな? 「まっさら」なのに、書けますか?

yasu.na

imagine

パンチング。

今からリーディング界隈を、ノックアウト。

stereotype2085

はっかといちご

詩における視覚要素の決定版

いわゆる視覚詩的なものは作ろうとするとパッと見の奇抜さで満足してしまい、それを行った理由に乏しくなってしまうことが往々にある。しかし「はっかといちご」はその域を超え、結晶の造形だからそこの効果を成せている。

渡辺八畳

独言少女

いつも終電に間に合う人生生きてますか

少女の独言は胸に刺さる。というか萌える。条件があって、少女は本当に少女でなくてはならず独言は本当に独言でなくてはならない。なのでこの詩は刺さるし萌える。

石村利勝

この作品は読んだことがありません。


作品を
別枠表示

ふる ゆき の やまい    

いっせいに死んでいく わたしたちのかけらというかけらが ただひとつの空という造語をめざして ふりつもっていく こんなにも無関心な あなたたちの静脈が すずしげな顔でわらべうたを模写していて 急行が止まらなくなった駅 咳をして振り向いても だれもいない 第三関節が少し荒れてしまったね それが たとえば さいごのことばだった いっせいにひらいていく とうとつなことなどなにひとつなく わたしたちはふりつもる 病の丘に いくせんの言葉の いくせんの無力をだいて ただかんしょうに ふりつもっていく わたしたちのからだは もう古びてしまったから 台所で踊るチキンをスープへと変換して それからまた back spaceして そうしてなかったかのように いきる きょうは晴れだったよ

scroll


作成日時 2020-10-10
コメント日時 2020-11-10
ログインしてコメントを書く
ログイン







新規ユーザー登録はこちら

パスワードを忘れた方はこちら

ふる ゆき の やまい ポイントセクション

作品データ

コメント数 : 9
P V 数 : 782.9
お気に入り数: 2
投票数   : 3
ポイント数 : 9
#現代詩 #縦書き
項目全期間(2020/11/24現在)投稿後10日間
叙情性33
前衛性00
可読性42
エンタメ00
技巧21
音韻00
構成00
総合ポイント96
 平均値  中央値 
叙情性0.81
前衛性00
可読性11
 エンタメ00
技巧0.50.5
音韻00
構成00
総合2.32
閲覧指数:782.9
2020/11/24 01時31分21秒現在
※ポイントを入れるにはログインが必要です
※自作品にはポイントを入れられません。

    作品に書かれた推薦文

ふる ゆき の やまい コメントセクション

コメント数(9)
沙一
作品へ
(2020-10-10)

「ただひとつの空という造語をめざして」とは、秀逸ですね。人間によって造られる世界平和という観念を思わせます。現実には、人種や文化の差異による対立は鮮明になってきていますが。 無関心であることも、back space キーを押すことも、心理的な防衛本能ともいえそうで、辛い現実をみつめることなく暢気そうに生きている人がいてもしかたないんじゃないかと思うこともあります。ましてやどんなに猛威をふるうとしても自然現象や病原体を責めることはできないわけで。そんな誰に何を訴えることもできないけどやむにやまれぬ気持ち、それが作者にこの詩を書かせているのではないかという気がしました。 「きょうは晴れだったよ」という最後の一文が、無力感を表しているようで、なんとも侘しい。

2
武田地球
作品へ
(2020-10-10)

描かれた情景の静けさが際立つ、さみしくうつくしい詩だと思いました。 細い糸がピンと張ってあるような、氷がわれてしまいそうな緊張感があって、ひらがなの多用もちゃんと意味があってそれが伝わってきて、すごいです。 何かの終わりや冬に読みたくなるとおもいました。 また作品を読みたいです。

1
杜 琴乃
作品へ
(2020-10-30)

>ただひとつの空という造語をめざして >ふりつもっていく 私はこの「空をめざしてふりつもる」という視点に驚きました!「降る雪」は空から地へ下に向かっているけれど、「積もる雪」は地から空へ向かっているのだなぁと。 三連目の >とうとつなことなどなにひとつなく も、雪って本当に静かに降るんですよね。雨は音があるからたくさん降っていればいるほどカーテンを閉めていても認識できるけれど、雪は音が無いからカーテンを開けて「え!?こんなに降ったの!?」と驚くことがある。その時、窓の外を見た私にとって雪が積もったことは唐突なんだけど、夜の間絶えず降っていた雪やカーテンの外側の世界にとっては「とうとつなことなどなにひとつない」んですよね。私の認識していない場所で粛々となにかが企てられているような予感がして、それが自身に関係するしないに関わらず不安になるような。 その感覚をおぼえたまま >いくせんの言葉の >いくせんの無力をだいて >ただかんしょうに >ふりつもっていく という思考がいっそう不穏な空気を誘っているように感じました。 最後の「きょうは晴れだったよ」もニヒルな感じがします。 雪が積もるのが年に1、2回あるかないかの地域に住んでいるのですが、たとえば、この冬はじめての積雪を目の当たりにしたときの、雪景色に単純にわくわくして「きれい」と感じる気持ちと、交通や生活の苦労を考えて「どうしよう」と途方に暮れる気持ちが拮抗しているときのことを思い出しました。

1
エイクピア
作品へ
(2020-10-30)

尾崎放哉の「咳をしても一人」と言う自由律の句を思い出しました。 私たちの体は古びてしまって踊るチキンをスープへと変える。 こんなところも、常識的にチキンスープを作っている場面だと思うのですが、 何かチキン自体がスープに代わっているようなそんな勘繰りさえ生じる詩だと思いました。 わたしたちがふりつもるや病の丘などの表現に解釈に挑みたいと言う気を起こさせるものがあり、 解釈したくなる詩だと思いました。

0
もなか
作品へ
(2020-11-01)

沙一さん 表現に関してお褒め頂きありがとうございます。 いろいろに解釈出来るよう書いたつもりでしたので、ご考察頂けた事、感謝いたします。 無力感、と読んでいただいた事が興味深く勉強になりました。

0
もなか
作品へ
(2020-11-01)

地球さん わたしは地球さんの詩がとても好きです。 人の生きている呼吸がしっとりとあって。 拙作において、静けさへの気づき、ひらがなの効果についての言及ありがとうございました。 わたしも地球さんの作品が読みたいです。

1
もなか
作品へ
(2020-11-01)

杜琴乃さん ご丁寧に読んでくださりありがとうございます。 視点の発見、それと不穏な雰囲気の発見に関して言及して頂きありがとうございます。 雪に触れる生活をしていると、その美しさと厄介さにいろいろ考えてしまいますよね。今年はどうなるのか。 また雪をみて、詩を書きたいと思います。

2
もなか
作品へ
(2020-11-01)

エクイピアさん 放哉を思い出して頂くなんて恐れ多い……。 解釈の余地そ示して頂きましてありがとうございます。 読まれる方がどう読んでもいいように設えておりますので、そう仰って頂ける事に感謝いたします。

0
こうだたけみ
作品へ
(2020-11-10)

最後の一行が好きです。 日常の風景を見ながら物思いにふけっては俯いていく語り手が、最後の一行ですいっと顔を上げた感じがして。

0
ログインしてコメントを書く
ログイン







新規ユーザー登録はこちら

パスワードを忘れた方はこちら

B-REVIEWに参加しよう!

新規登録
ログイン

作品をSNSで紹介しよう→

投稿作品数: 2