ライチと花 - B-REVIEW
新規登録
ログイン
PICK UP - REVIEW

B-REViEWは終わった

詩を愛するすべての方へ

詩投稿サイトは終わったのか、そもそも始まっていたのか、ただひとつわかっているのは、作品をとおした交流が求められているということ——

沙一

良い

シンプルに好き

あっす

パパの日曜日

パパの日曜日

いい

明林

終着点

生きる、その先に死地はない!

美しくさわやか、そして深い意味が込められたシーン、均衡の取れた心情と思想、強い意志で最終連へと迫る引き締まった展開、我が胸にこの詩文を抱いて!

yasu.na

九月の終わりを生きる

呼び覚ます声

夏の名残の暑さが去ろうとする頃、九月の終わりになると必ずこの作品のことを思い出す。

afterglow

こっちにおいで

たれかある

たそがれに たれかある さくらのかおりがする

るる

時の名を考える

奇妙な味わい

時の名前、おもしろい発想です。黒髪ワールド炸裂です。

yamabito

声明 流木から

詩人の生きざま

言葉と詩に、導かれ救われ、時に誤りながらも、糧にしていく。 赤裸々に描写した生きざまは、素晴らしいとしか言いようがない。

羽田恭

喘息の少年の世界

酔おう。この言葉に。

正直意味は判然としない。 だが、じんわりあぶり出される情景は、良い! 言葉に酔おう!

羽田恭

魔法はある 犬ver

うまいと感じました(内容は15禁)

レスが少ない順から眺めていったんですが、埋もれてましたので掘り出しました。

yamabito

誰かがドアをノックしたから

久しぶりにビーレビ来たんだけどさ

この作品、私はとても良いと思うんだけど、まさかの無反応で勿体ない。文にスピードとパワーがある。押してくる感じが良いね。そしてコミカル。面白いってそうそう出来ないじゃん。この画面見てるおまえとか、そこんとこ足りないから読んどけ。

カオティクルConverge!!貴音さん

あなたへ

最高です^ ^ありがとうございます!

この詩は心に響きました。とても美しく清らかな作品ですね。素晴らしいと思いました。心から感謝申し上げます。これからも良い詩を書いて下さい。私も良い詩が書ける様に頑張りたいと思います。ありがとうございました。

きょこち❤️久遠恭子 アーティスト

これ大好き♡

読み込むと味が出ます。素晴らしいと思います。

きょこち❤️久遠恭子 アーティスト

初恋

輝き

海の中を照らしているのですね。素晴らしいと思います☆

きょこち❤️久遠恭子 アーティスト

アオゾラの約束

憧れ

こんなに良い詩を書いているのに、気付かなくてごめんね。北斗七星は君だよ。いつも見守ってくれてありがとう。

きょこち❤️久遠恭子 アーティスト

藤の花

紫の香り

少し歩くと川の音が大きくなる、からがこの作品の醍醐味かと思います。むせかえる藤の花の匂い。落ちた花や枝が足に絡みつく。素敵ですね。

きょこち❤️久遠恭子 アーティスト

冬の手紙

居場所をありがとう。

暖かくて、心から感謝申し上げます。 この詩は誰にでも開かれています。読んでいるあなたにも、ほら、あなたにも、 そうして、私自身にも。 素晴らしいと思います。 ありがとうございます。みんなに読んでもらいたいです。

きょこち❤️久遠恭子 アーティスト

犬のしっぽ

カッパは黄色いのだから

良く目立ちます。 尻尾だけ見えているという事ですが、カッパには手足を出す穴がありますよね。 フードは、普通は顔が見えなくなるのであまり被せません。 それを見て、僕はきっと嬉しかったのでしょう。健気な可愛い姿に。ありがとうございました。

きょこち❤️久遠恭子 アーティスト

あなたのために

永訣の詩

あなたが出発していく 光あれ

羽田恭

十月

あなたには「十月」が足りていますか?

もし、あなたが「今年は、十月が足りてない」と お感じでしたら、それは『十月の質』が原因です。 詩の中に身を置くことで『短時間で十分な十月』を得ることができます。この十月の主成分は、百パーセント自然由

るる

だれのせいですか

どんな身体でも

どんな自分であっても愛してくれるか、抱きしめてくれるか、生きてくれるか SNSできらきらした自分だけを見せてそんな見た目や上辺で物事を判断しやすいこんな世の中だからこそ響くものがありました。例えばの例も斬新でとても魅力的です。

sorano

死んだベテルギウス

衝撃を受けました

ベテルギウス。まずそれに注目する感性もですが、詩の内容が衝撃。 猫。木。家族。犬(のようなもの)。女の子……。など、身近にあふれている極めて馴染み深いものベテルギウスというスケールの大きいものと対比されているように感じられました。

二酸化窒素

七月の雨

ずっと待っていた

渇いた心を満たす雨に満たされていく

afterglow

桃太郎の神殿

幻想的な具体、具体的な幻想

時刻、刻々、刻むということは生きるということである。生きる、生まれる、死を予感する全ての事象が望む新たな幻想、書かれるべき詩、読まれるべき詩がここにある。

狂詩人

優しい人が好き

淡くうかびあがる差異のせつなさ

自分にとって「優しい人」と他者にとって「優しい人」は同じ「優しい人」だろうか。同じ言葉を使っていながら思いうかべるものは同じだといえるだろうか——

沙一

この作品は読んだことがありません。


作品を
別枠表示

ライチと花    

窓の近くに立っていた、ときどきライチの名を呼んだ、花がよく咲く家だった ライチは空想上の犬だった、それなのによく懐いた いつもわたしたちについてきて、ダルメシアンと何かの雑種だった 模様がすこし変わっていた、脚が短くまるかった、なぜだか一度も吠えなかった 花が咲かなくなったから、ライチはいなくなった 逃げてしまったのだろうか、あるいは死んでしまったのだろうか あれから何十年も経って、 机の引き出しの奥、もっとも大切なものをしまってある箱に、わたしは一枚の絵を見つけた 誰かが書いたライチの絵、模様がすこし変わっている、脚が短くまるいあの犬 ライチ、 井の頭恩賜公園を駆け抜け、ほそい路地の階段をあがると、 数え切れない花々が降る わたしたちは今もあの街の中で暮らしている 遠くで犬がひとつ吠え、 わたしはたしかに永遠を見た

scroll


作成日時 2022-11-22
コメント日時 2022-11-23
ログインしてコメントを書く
ログイン







新規ユーザー登録はこちら

パスワードを忘れた方はこちら

ライチと花 ポイントセクション

作品データ

コメント数 : 12
P V 数 : 591.8
お気に入り数: 3
投票数   : 9
ポイント数 : 40
#現代詩 #縦書き #受賞作
項目全期間(2022/12/01現在)
叙情性4
前衛性0
可読性3
エンタメ30
技巧2
音韻0
構成1
総合ポイント40
 平均値  中央値 
叙情性1.31
前衛性00
可読性10
 エンタメ100
技巧0.71
音韻00
構成0.30
総合13.37
閲覧指数:591.8
2022/12/01 05時04分37秒現在
※ポイントを入れるにはログインが必要です
※自作品にはポイントを入れられません。

ライチと花 コメントセクション

コメント数(12)
沙一
作品へ
(2022-11-22)

「音」を「観る」と書いて観音様。犬の吠え声から、永遠を見る、最終行からそのことを想い起こしました。空想上とされているものの、なぜかそれがかえって反語のように実感を帯びて語られる、懐いていた犬。それは一個の生命体であるものの、生命そのものは、もっと普遍的で、永遠といえるのかもしれません。一から全へ、日常から宇宙大へ、向けられているまなざし。

1
ゼンメツ
作品へ
(2022-11-22)

僕にとって優れた詩人とはどういったものを言うんだろうなあって考えると、筆頭に浮かんでくるのが地球さん。 僕はその人が「何を見ているのか」ってことにはまあほとんど興味がなくて、「どう見ているのか」という部分に魅力を感じたい。 で、「どう見ているのか」を知る前提として「何を見ているのか」が想像できる内容であってほしい。そういう意味で地球さんのはその辺りの塩梅が最高にいー感じなのです。だから読んでいて自分との見えかたの違いを明確に読み取れ、そのあまりのイマジネーションの瑞々しさにドキッとさせられるわけです。毎回ちょっと寂しげな雰囲気(それなのに陰鬱ではない)なところもめっちゃ好み。 >誰かが書いたライチの絵、 からの一文がイケてる。何十年もの時の流れが「過去の自分」をまう「誰か」へ変えてしまったとしても、「ライチ」は「ライチ」のままある。 永遠てね。なんでしょうね。僕なんかスーパーアホなので不老不死になりたいんですけど、まあそういうのは永遠とは言えなさそう。だって側からみても自分からしても、そのときそのときの僕がそこにあるだけだし。 「永遠を比喩えて誰かに見せる」って、簡単なようですげー難しくて、現実にあるようなものだと永遠なんてない、って言われちゃうし。かといってそいつにしかわからない謎の不変性の例えでは伝え切れず。だからこそこの「ライチ」という半現実の存在がいいんだよなあ。 >ライチは空想上の犬だった、それなのによく懐いた >いつもわたしたちについてきて、ダルメシアンと何かの雑種だった >模様がすこし変わっていた、脚が短くまるかった、なぜだか一度も吠えなかった なんだかんだ語ったけど、まあそれよりなにより、とにかくこういう「ちょっといい感じ」な描写がまじでちゃんと「ちょっといい感じ」に置かれてて、そこがすごく良いのです。

1
AB 脂喰坊主
作品へ
(2022-11-22)

さみしそうな情景の中に、ゼロと永遠とか、一瞬と無限とか、記憶はうつつなのかとか、そんなことがじわじわとしてます。で、読後は私の中で花も咲いてて、ライチも存在してます。 やはりうまいなぁ、良かったです。

1
羽田恭
作品へ
(2022-11-22)

実家で飼っていた犬を思い出します。 天寿を全うした実在の犬ではありましたけど。 想像上の犬にここまで思い入れを抱き続けていたのが、驚きであり、しかも作品として仕上げているのがとんでもない。 思い入れの度合いは、もしや自分にとっての17年の付き合いがあったモサク(実家で飼っていた犬の名です)に匹敵するのではないのか。 想像だったけれど大切な存在だったのだと、感じさせます。

1
湖湖
湖湖
作品へ
(2022-11-22)

薄ら寒い感じがしました。空想の犬が永遠なんてさみしい。永遠なんて蹴っ飛ばす本物の犬をお勧めします。その短い命の精一杯に勝るものはないかと。

1
エイクピア
作品へ
(2022-11-23)

ああ、この作品、推薦批評を通じて読まさせて頂きました。ライチと言う名前が空想上の犬とは言え、重要な意味を持つと思いました。犬のイメージから来る臭みと言うのか、ステレオタイプなイメージを逆手に取ったのかもしれません。

1
武田地球
沙一さんへ
(2022-11-23)

ご無沙汰しております。 わたしは沙一さんのコメントがとてもすきです。うつくしい読み方をされるなと思って惚れ惚れしてしまいます。読んでくださってありがとうございます。 観音様、音を観る、はじめて知りました。 見えないものを見るということは、詩の役割のひとつでもあるのかもしれませんし、そういうことが少しでも書けていたらうれしくおもいます。

0
武田地球
ゼンメツさんへ
(2022-11-23)

ご無沙汰しています。 仕事帰りのすこしだけ混雑した電車の中で、ゼンメツさんからコメントが来ていることに気が付きました。 今月こちらで、数年ぶりに御作を拝見しました。それからずっと心が震えていました。 そういう流れがあっての投稿でしたので、ゼンメツさんに読んでもらったことがうれしいです。 もうずっと会えないのかと思っていたので、こうしてやり取りができることもうれしいです。 優れた詩人、イマジネーションの瑞々しさ、ちょっといい感じ、 勿体ないことばの数々、ほんとうにありがとうございます。 いつまで今のわたしでいられるかはわからないのですが、そのときそのとき正直にじぶんに向き合いながら、これからも書いて行くつもりです。 ゼンメツさんはわたしの尊敬する詩人のひとりです。また読んで頂けるような作品をかけるようにがんばります。ゼンメツさんの作品も読みたいです。 どうかお元気でいてくださいね。

0
武田地球
AB 脂喰坊主さんへ
(2022-11-23)

ご無沙汰しています。 ビーレビで投稿をし始めたときのわたしの作品は、あんまりうまくないのもたくさんあるように思います。 みなさんのご助言のおかげで、あの頃よりはうまくなったと、自分でも思えるようになりました。 よかったと感想くださって、ありがとうございます。また詩が書けるようにがんばって暮らして行きたいです。

0
武田地球
羽田恭さんへ
(2022-11-23)

モサクさん、とてもいいお名前ですね。賢そうです。 羽田さんの大事な想い出を想い起こすような詩が書けたこと、それをきくことができたこと、幸せに思います。 「作品として仕上げているのがとんでもない」すごくうれしかったです。 寒い季節になりますね、牛さんたちにもよろしくおつたえくださいませ。

0
武田地球
湖湖さんへ
(2022-11-23)

こんにちは。 「永遠なんて蹴っ飛ばす本物の犬」とてもよいことばで素敵だとおもいました。 いずれ、そんな力つよいエネルギーにあふれる詩を書いてみたいと思いました。 感想ありがとうございます。またがんばります。

1
武田地球
エイクピアさんへ
(2022-11-23)

推薦文は、ビーレビの優れたシステムのひとつだと思っています。そこから読んでいただき、ありがたく、またうれしく思います。 ライチはすこし考えて名づけました。 一生懸命かんがえましたので、なまえを気に留めて頂いたこともうれしいです。

0
ログインしてコメントを書く
ログイン







新規ユーザー登録はこちら

パスワードを忘れた方はこちら

B-REVIEWに参加しよう!

新規登録
ログイン
推薦文を書く

作品をSNSで紹介しよう→

投稿作品数: 3