店主のおまかせ定食 - B-REVIEW
新規登録
ログイン
PICK UP - REVIEW

B-REViEWは終わった

詩を愛するすべての方へ

詩投稿サイトは終わったのか、そもそも始まっていたのか、ただひとつわかっているのは、作品をとおした交流が求められているということ——

沙一

良い

シンプルに好き

あっす

パパの日曜日

パパの日曜日

いい

明林

終着点

生きる、その先に死地はない!

美しくさわやか、そして深い意味が込められたシーン、均衡の取れた心情と思想、強い意志で最終連へと迫る引き締まった展開、我が胸にこの詩文を抱いて!

yasu.na

九月の終わりを生きる

呼び覚ます声

夏の名残の暑さが去ろうとする頃、九月の終わりになると必ずこの作品のことを思い出す。

afterglow

こっちにおいで

たれかある

たそがれに たれかある さくらのかおりがする

るる

時の名を考える

奇妙な味わい

時の名前、おもしろい発想です。黒髪ワールド炸裂です。

yamabito

声明 流木から

詩人の生きざま

言葉と詩に、導かれ救われ、時に誤りながらも、糧にしていく。 赤裸々に描写した生きざまは、素晴らしいとしか言いようがない。

羽田恭

喘息の少年の世界

酔おう。この言葉に。

正直意味は判然としない。 だが、じんわりあぶり出される情景は、良い! 言葉に酔おう!

羽田恭

魔法はある 犬ver

うまいと感じました(内容は15禁)

レスが少ない順から眺めていったんですが、埋もれてましたので掘り出しました。

yamabito

誰かがドアをノックしたから

久しぶりにビーレビ来たんだけどさ

この作品、私はとても良いと思うんだけど、まさかの無反応で勿体ない。文にスピードとパワーがある。押してくる感じが良いね。そしてコミカル。面白いってそうそう出来ないじゃん。この画面見てるおまえとか、そこんとこ足りないから読んどけ。

カオティクルConverge!!貴音さん

あなたへ

最高です^ ^ありがとうございます!

この詩は心に響きました。とても美しく清らかな作品ですね。素晴らしいと思いました。心から感謝申し上げます。これからも良い詩を書いて下さい。私も良い詩が書ける様に頑張りたいと思います。ありがとうございました。

きょこち❤️久遠恭子 アーティスト

これ大好き♡

読み込むと味が出ます。素晴らしいと思います。

きょこち❤️久遠恭子 アーティスト

初恋

輝き

海の中を照らしているのですね。素晴らしいと思います☆

きょこち❤️久遠恭子 アーティスト

アオゾラの約束

憧れ

こんなに良い詩を書いているのに、気付かなくてごめんね。北斗七星は君だよ。いつも見守ってくれてありがとう。

きょこち❤️久遠恭子 アーティスト

藤の花

紫の香り

少し歩くと川の音が大きくなる、からがこの作品の醍醐味かと思います。むせかえる藤の花の匂い。落ちた花や枝が足に絡みつく。素敵ですね。

きょこち❤️久遠恭子 アーティスト

冬の手紙

居場所をありがとう。

暖かくて、心から感謝申し上げます。 この詩は誰にでも開かれています。読んでいるあなたにも、ほら、あなたにも、 そうして、私自身にも。 素晴らしいと思います。 ありがとうございます。みんなに読んでもらいたいです。

きょこち❤️久遠恭子 アーティスト

犬のしっぽ

カッパは黄色いのだから

良く目立ちます。 尻尾だけ見えているという事ですが、カッパには手足を出す穴がありますよね。 フードは、普通は顔が見えなくなるのであまり被せません。 それを見て、僕はきっと嬉しかったのでしょう。健気な可愛い姿に。ありがとうございました。

きょこち❤️久遠恭子 アーティスト

あなたのために

永訣の詩

あなたが出発していく 光あれ

羽田恭

十月

あなたには「十月」が足りていますか?

もし、あなたが「今年は、十月が足りてない」と お感じでしたら、それは『十月の質』が原因です。 詩の中に身を置くことで『短時間で十分な十月』を得ることができます。この十月の主成分は、百パーセント自然由

るる

だれのせいですか

どんな身体でも

どんな自分であっても愛してくれるか、抱きしめてくれるか、生きてくれるか SNSできらきらした自分だけを見せてそんな見た目や上辺で物事を判断しやすいこんな世の中だからこそ響くものがありました。例えばの例も斬新でとても魅力的です。

sorano

死んだベテルギウス

衝撃を受けました

ベテルギウス。まずそれに注目する感性もですが、詩の内容が衝撃。 猫。木。家族。犬(のようなもの)。女の子……。など、身近にあふれている極めて馴染み深いものベテルギウスというスケールの大きいものと対比されているように感じられました。

二酸化窒素

七月の雨

ずっと待っていた

渇いた心を満たす雨に満たされていく

afterglow

桃太郎の神殿

幻想的な具体、具体的な幻想

時刻、刻々、刻むということは生きるということである。生きる、生まれる、死を予感する全ての事象が望む新たな幻想、書かれるべき詩、読まれるべき詩がここにある。

狂詩人

優しい人が好き

淡くうかびあがる差異のせつなさ

自分にとって「優しい人」と他者にとって「優しい人」は同じ「優しい人」だろうか。同じ言葉を使っていながら思いうかべるものは同じだといえるだろうか——

沙一

この作品は読んだことがありません。


作品を
別枠表示

店主のおまかせ定食    

炊事場の朝は早い ひと足遅れてきた嫁は 髪どめと小言をたずさえて だまって冷や汁を平らげてしまう癖 なおしいや このぼんくらと 流しに小鍋を放りつけては ぐらぐらと わたしのだらしなさに業を煮やして たがは外れるし 回転釜も吹きこぼれるわの てんやわんやで いよいよ尖る三角巾 腹の虫がどうにもおさまらず ボウルの戻しひじきに 日ごろの鬱憤も飛び散らかして 跳ねあがる血圧 えいと叩き また叩いては叩く 落としごま油のたたききゅうりで しょうがないので すりおろしますかあなた チューブがあるやろ なんやて 残念それはねり胡麻です じじいがえらそうに そうや 小松菜に和えてごまかしたらええわ 人生は寸胴鍋に落ちた涙 わたしたちは 一番だしの上澄みを泳いでいく 生まれた川の匂いをたどる鮭のように 見事な流水紋をえがく白髪 べっ甲の髪どめに 醤油のぬくみを宿して こんにゃくを千切る痩けた指も ぐにゃりと曲がった腰も 実にいい塩梅で その雑味すらいとおしく もとより こいつの引き立て役に徹するのが わたしの務めなので

scroll


作成日時 2022-08-05
コメント日時 2022-08-10

店主のおまかせ定食 ポイントセクション

作品データ

コメント数 : 9
P V 数 : 561.4
お気に入り数: 0
投票数   : 3
ポイント数 : 0
#現代詩 #縦書き
項目全期間(2022/12/01現在)投稿後10日間
叙情性00
前衛性00
可読性00
エンタメ00
技巧00
音韻00
構成00
総合ポイント00
 平均値  中央値 
叙情性00
前衛性00
可読性00
 エンタメ00
技巧00
音韻00
構成00
総合00
閲覧指数:561.4
2022/12/01 04時40分31秒現在
※ポイントを入れるにはログインが必要です
※自作品にはポイントを入れられません。

    作品に書かれた推薦文

店主のおまかせ定食 コメントセクション

コメント数(9)
yamabito
作品へ
(2022-08-07)

音も良くて軽快でいて、愛が感じられる作品だと思います。知性的な部分もありますし。 ごま油とたたきキュウリ・寸胴鍋などは、御商売をされているのでしょうか。

0
エイクピア
作品へ
(2022-08-07)

細腕繁盛記とは全然違うと思うのですが、何となく、朝の連続テレビ小説の登場人物が、ナレーションまでもやり始めたようなそんな印象、ちょっと違うかもですね、メタフィジカルな意識、多分朝の連続小説ではありえない意識、引き立て役云々の部分みたいな意識は。ちょっと前の時代の、竈で飯を炊いていた時代の様な、そんな感じなのかもしれません。或いは大家族的な悲哀、そんなことも思いました。

0
藤 一紀
作品へ
(2022-08-07)

あ、いいですね。語りのテンポに炊事場のせわしさが見えてくるような印象があります。 夫婦で食事処でもやってきたのかな、それで働き手でもある奥さまよりも早く起き出して、朝食も早々と流しこんで仕込みに入る旦那さんと、そういう生活面での落ち度に悪態つきながらも追いかけで仕事をはじめる奥さま、そんな老夫婦の長年にわたる「共同作業」を想像してしまいます。 お互いの応酬が、堪えて大人しいよりも活き活きして感じられるのが微笑ましく印象的ですが、そこには苦い感情を経て得られるものを「わたし」が大事にしているからでしょう。連の展開もめりはりがあって、いい味がでていると思います。 ごちそうさまでした。

0
湖湖
湖湖
作品へ
(2022-08-07)

生活感がたっぷりあって、食べ物に絡めて人生を例えるのは卑近さもあれど親密がまし、後者が勝っていたように思います。寸胴に落ちた涙の下りの連が好きです。

0
自由美学
自由美学
yamabitoさんへ
(2022-08-10)

そう言って頂けるとは嬉しいです。私自身意識していないところへのご指摘は新鮮で、実に勉強になります。ありがたいです。 和惣菜っぽい感情表現をしたくて、たたきキュウリになりました。個人的には叩くよりかじる専門です

0
自由美学
自由美学
エイクピアさんへ
(2022-08-10)

いいですね!おもしろいですそれ。連続テレビ小説のナレーションですか。さすが視点がアバンギャルドですねエイクピアさん。 今後の創作につながるヒントを頂き感謝です。朝の連続小説は盲点でしたね。くやしいな。 大家族的な悲哀はぜひともやってみたいです。韓流ドラマみたいなやつ。BGMは星野源の『くだらないの中に』ですね。く~だら~ない~の中に~ 愛が~ 人は 笑うように生~きる~

0
自由美学
自由美学
藤 一紀さんへ
(2022-08-10)

言わんとするところを全て代弁して頂いてるかのような解説文でした。首を縦に振りながら「それです。それがやりたかったのです!」と思わず鼻息を荒げてしまいました。 語りのテンポや連の展開などのご指摘はとくに嬉しいものでした。独りよがりになりすぎていなかったか不安だったので。ありがたいお言葉でした。 定食屋を営む老夫婦を描きたかったんです。しかしながら厨房でなく炊事場としたり、今見直すと我ながら軸のブレが気になりました。 まだまだ推敲が足りないのでしょう。ほんとに詩は難しいです。励みになるコメントをありがとうございました。

0
自由美学
自由美学
湖湖さんへ
(2022-08-10)

嬉しいコメントをありがとうございます。 寸胴に落ちた涙の連は、作り込みが足らなかったかなって正直自信なかったです。だって、一番だしを泳ぐって何。そんなことしたら2~3日は絶対ダシ臭いです身体。 年がら年中食べ物のことばかり考えてるので、気づくとこんな詩を書いてました。夏はそうめんに冷や汁ぶっかけるのやめられません。

1
エイクピア
作品へ
(2022-09-10)

夫婦で飲食店をやっているのかもしれません。身体的コンプレックス、病変の予兆、現実は素材に転移して居るほどなのかもしれません。調理するために使う調理道具にも詩の命があると思いました。

0

B-REVIEWに参加しよう!

新規登録
ログイン

作品をSNSで紹介しよう→

投稿作品数: 2