天井にドア - B-REVIEW
新規登録
ログイン
PICK UP - REVIEW

書かざる言わざる、雄弁に水銀を

黙って笑ってろ、沈黙は金

これを見ているあなた、恥ずかしくはないんですか? 答えられないのですか。 なんでですか。 理由があるという訳でもないのですか? ああ、そうか。 全部、冗談だというのですね。

鳴海幸子

夏は夜。月のころはさらなり

田舎の夜道は暗くとも、恋は華やかで明るい——

沙一

あなたとどんぐりとハナミズ……

悪意のないホローポイント弾

ここには○○の残酷さが描かれている。 ○○が何なのかは、読めばわかる… …かもしれないし、わからないかもしれない。 感じ方は「人それぞれ」だから。

R

祖父の痕跡

黙想を貫いた彼が最後にみたものは…

祖父の遺物が並んだ「私」だけの世界… 彼の深層に踏み込むべく「私」は宝物箱に触れてしまうのか…祖父とは一体何なのか…

つつみ

直列つなぎ-うんこ!!(……

青春の現代詩

青春はいつも、エロくて汗臭い。そして切ないけど優しいところもあり、美しい瞬間もあるけど、昆虫たちも僕らも命を捨てて夫婦になることを受け入れる。それが生きるということだから。個人的には、僕は飯田華子さんの紙芝居を観に行きたい。

蛾兆ボルカ

ちがう星

ピッチャーとキャッチャーみたいだね

それから時々 おなじ星

のいえられこーず

いつまでもあいさつをしてゆ……

伝説の流行語はここから始まった

「かきかきたぶんしない」は伝説になった。わからない人には永遠にミューズは来ない。

のいえられこーず

粘土

こんにゃろっというやり場のない怒れる者よ

ほの暗い系男子がたどり着いた極北のモノローグがきみにはわかるまい

のいえられこーず

菊の花

2020年10月の裏番長/裏大賞

これの良さがわかるまで詩を書くんじゃない

のいえられこーず

死んだベテルギウス

地球は退屈な諦念に埋め尽くされてる

重力に支配された地球人にはわかるまい

のいえられこーず

風吹き抜ける青

残酷なロマンティズムがきみにはわかるまい

そのまま生き地獄で野垂れ死にするといいという孤高の美

のいえられこーず

ぢんせぃ

その喪失感は夢かうつつか

ネットとリアルがボーダーレスな、デジタルネイティブ世代の感性──

沙一

潮風

潮の香りにのまれるように

不思議な気配が手招きをしている

帆場 蔵人@⚰

空の下

大自然という舞台への出奔

二人が走り出す。広大な大自然という舞台へ。

羽田恭

明るい朝の歌

明るい朝のうらには、暗い夜があった

外をみつめることが、内をみつめることにつながっている──

沙一

震え 揺れ 回る

一気に詩情が注ぎ込まれていく。 それが 震え 揺れ 回る。 詩を詠み終えても、止まらない。

羽田恭

生きるためにパイを焼く

どうしようもなく生きていくということ

ただパイを焼く。それだけなのだけれど、衒いも奇抜さもなく心にぶつかってきて揺さぶられる。

帆場 蔵人@⚰

別れ

靴の哀しみ

歩くための存在でありながら、誰かが履いてくれないと歩き出せない存在が、絶望して待機してる

蛾兆ボルカ

パパの日曜日

しがない日常に飽きてしまったすべての人へ

ごく平凡な日曜日のパパが、壮大で絢爛豪華な世界へ旅立つ——

沙一

「中央公園より」

わかりあえなくたっていい

人種、国籍、性別、年齢、人間同士のわかりあえないディスタンス、そんなことよりも、おたがいに笑っていよう、ここはみんなの公園だから——

沙一

わたしの髪は生きているのか……

心を亡くしてしまいそうなときに

ささやかなお洒落をたのしむ、それは自分が自分であることをわすれないために、ひつようだったのかもしれない——

沙一

angel coffee?……

一瞬と、永遠

幸せなコーヒーと、降りやまない雨、好きな人といるとき、あなたならどちらを選びたいですか?

沙一

食べ物と死ぬ人

目が付いているうちに読みたまえ諸君

傑作。 目が付いているうちに読みたまえ、諸君。他に言うべきことはない。

石村利勝

別れ

余りにも挑戦的、だがそれがいい

数ある一行詩の中でも、想像力/表現力がとても高い作品。最初は(え、これだけ?)と感じることだろう。しかし、これだけ?からの作中世界の広がり方は、これだけ?発言が恥ずかしくなるほど広すぎるのだ。

ふじりゅう

ママンへ

散り際にも見えるママンの後ろ姿

無駄なくそつなく、それでいて大胆にママンに語りかける。「ママンへ」あなたはこの書き出しで何を思い、連ねますか?

stereotype2085

この作品は読んだことがありません。


作品を
別枠表示

天井にドア    

袋開けたスナック 昨日の夕飯の残り 読みかけでもう読んでないマンガ なぜか聖書 使い方のわからないヘッドホン 汚れたマーガリン ずっと昔旅行で買ったオカリナ すべてが色あせてゆく 何もできずに年月ばかり過ぎて 夢はみんなただの夢になるんだって心の中つぶやいて 何か楽しい仕事をしたかったんだ  疲れてベッドに倒れこんだ 真夜中の高い高い天井に ドアがあるんだ ぽつり白い光を届けてくれる ドアが開いているんだ そしてそのドアは遠すぎて 絶対に届かないんだ いつも闇の中見つけて 涙が出る程 見つめてしまうんだ もう何を言ったってどうせろくでもない ただのツイートまたはつぶやきでしかない この思いをわかってくれる人なんてどこにもいない 小さい頃から夢があって  でも夢があっただけで何もしなくて ノーベル賞とれるかもなんて 天才になったつもりでいて きっと何もかも夢で 終わるんだろうとかまだ若いのに言って 無駄に冷めた飯をかんでいる  何か楽しい仕事がしたかったんだ それが何かわからないまま 昼が終わったらすぐ夜が待ちかまえていて 太陽を引きずり落とす 大切な毎日がどんどんチープになってゆく まくらの近くに置いてある  このマンガどこまで読んだんだろう? 主人公の強さが悲しくて途中でやめたんだろう なぜ聖書なんか買ったんだろう? 生きるのがちょっとイヤになるだけだろう ほこりをかぶったヘッドホン 汚い飯 オレンジ色だったオカリナ いつの間にか年をとって 現実の見えない空想気味の老人になるのならば このまま目が覚めなければいいのに ガラクタとわけのわからない夢を抱えて眠る 悪い方ばかりに思考が行くんだ  そんな時はせめて上を向いて寝るんだ 真夜中の高い高い天井に開いた ドアを見つめるんだ 絶対に届かないのに 光がこぼれてくるんだ 涙がこぼれてくるんだ そこから見ていてくれるんだ 宇宙の天井から


作成日時 2021-01-26
コメント日時 2021-02-09

天井にドア ポイントセクション

作品データ

コメント数 : 11
P V 数 : 758.1
お気に入り数: 0
投票数   : 3
ポイント数 : 8
#現代詩
項目全期間(2021/03/01現在)投稿後10日間
叙情性11
前衛性00
可読性11
エンタメ55
技巧00
音韻11
構成00
総合ポイント88
 平均値  中央値 
叙情性0.50.5
前衛性00
可読性0.50.5
 エンタメ2.52.5
技巧00
音韻0.50.5
構成00
総合44
閲覧指数:758.1
2021/03/01 03時48分30秒現在
※ポイントを入れるにはログインが必要です
※自作品にはポイントを入れられません。

    作品に書かれた推薦文

天井にドア コメントセクション

コメント数(11)
福まる
福まる
作品へ
(2021-01-26)

強い意志を感じます現状にけっして負けない強い意志が登場人物に申し上げられることがあるとすれば「人生はいいことばかりじゃないけど悪いことばかりじゃない」祖母のことばです

0
yasu.na
作品へ
(2021-01-26)

 まず最初の第一連、身のまわりの雑多な現実を列挙してあるだけなのに、この悲しい詩情はすばらしい。 >でも夢があっただけで何もしなくて >何か楽しい仕事がしたかったんだ >それが何かわからないまま  分かります。 >そこから見ていてくれるんだ  ここに一番胸を打たれました。突然、自分以外の何者かが登場する。見ていてくれる何者かが。  全篇通して悲しいリズムが脈打っていて、読者を引きこむ力があると思いました。

0
沙一
作品へ
(2021-01-26)

社会でもまれていると、十代のころにいだいていた夢や楽しいことも、色褪せて感じられてくる、その気持ちわかります。 でも、このまま生活に埋もれてしまいたくはなくて、だからこそ眠っていたクリエイティビティが疼いて、詩を書かせるのかもしれないなとも思います。 天井に開いたドアからこぼれてくる光、それは暗に、自分がほんとにやりたいことがあることを啓示しているように感じられました。 仕事ではなくても趣味としてクリエイティビティを活かすこともできるはずで、光の差すほうに向かっていけたらいいなと思わずにいられません。

0
雨野小夜美
雨野小夜美
作品へ
(2021-01-27)

福まるさん、コメントをありがとうございます。 この詩は若い頃の作品で、人生や将来について迷いがあったときに書いていたものです。でも、その頃の自分には、何かやりたいという意志があったんでしょうね。今は、登場人物(自分)もわりと悪いことばっかりじゃないと思えるようになりました。

0
雨野小夜美
雨野小夜美
福まるさんへ
(2021-01-27)

福まるさん、間違えて「作品へ」のコメントになっていました。申し訳ございません。訂正します。

0
雨野小夜美
雨野小夜美
yasu.naさんへ
(2021-01-27)

yasu.naさん、コメントをありがとうございます。 自分以外の何者かが登場する。そこは書いていてあまり気にしていなかったところだけど、結果的に良い効果があった部分のようです。「胸を打たれる」という言葉が、うれしい。むしろ私が、コメントに胸を打たれました。

0
雨野小夜美
雨野小夜美
沙一さんへ
(2021-01-27)

沙一さん、温かいコメントをありがとうございます。 当時の私には、天井にドアが開くくらい、やりたい事があったんでしょうね。今の私は、詩を書いていますが、どういう方法であれ、光の差す方へ向かっていけたらいいとは思います。クリエイティビティも、発揮したいです。 何度かコメントをくださるので、いつも感謝しています。

0
白川ロイヨ
作品へ
(2021-01-27)

ネガティブな言葉が多い中で、不思議と全体の印象がポジティブであることに心が打たれました。 水彩色のような淡いイメージが詩全体を通して発揮されていて未来に希望を見出している様が感じとれる気がします。 楽しい読書体験でした。

0
雨野小夜美
雨野小夜美
白川ロイヨさんへ
(2021-01-28)

白川ロイヨさん、コメントをありがとうございます。 自分でも読み返して、決して暗い話ではなく、読者に希望を見せるような出来になっていたので、この詩を公開する機会をうかがっていました。楽しんで頂けて嬉しいです。

0
なかたつ
作品へ
(2021-02-07)

 「すべてが色あせてゆく」というのが作中の大きなスイッチとして役割を果たしているように感じました。  「袋開けたスナック」「昨日の夕飯」「マンガ」「聖書」「ヘッドホン」「マーガリン」「オカリナ」とあるのですが、「スナック」と「夕飯」には多少色合いがありながらも、他のものは元から単色系だなあと。そういえば、「夢」に色がついている人とついていない人がいるとかいないとか聞いたことがありますが、こういう想起をさせたのも「色あせてゆく」という表現が、他の名詞と必然的に結びついているように感じさせるからでしょう。  そして、「ドア」が出てきますが、ドアは人為的に「開ける」ものでもありますが、人の作用を離れて「開いている」ということ。つまりは、語り手のコントロール下にないことが表されています。冒頭の「袋」は「開けた」ものであり、「マンガ」とか「聖書」とかもページを「開く」ものですね。  そもそもドアの役割なのですが、一般的には、どこかとどこかとの境目を繋げるための道具だと僕は認識しています。つまりは、この作中における世界とどこがこのドアによって繋がっているのかと。 >この思いをわかってくれる人なんてどこにもいない という切実な想いは、僕は普段から考えていて、それを敷衍して、他人の想いを僕はどれだけわかることができるのだろうかとも考えます。無論、同じ経験や感覚を持っているわけではないので、真にわかることはできない、という前提のもとながらも、似たような経験や感覚を持つことによって、推測することはできるんですよね。  その後の「大切な毎日がどんどんチープになってゆく」は、最初の「色あせてゆく」の言い換えであって、身の回りにあるものがなぜ「いま・ここ」に置いてあるのかと、その意味を問うここの詩行の連なりが好きですね。「時間が経った」ことをきちんとものに目を向けて表現されていて、「ほこりをかぶっ」ているから丁寧に扱っていないのかもしれないですが、少なくとも作品内では丁寧に扱われているという印象を受けました。  そして、こうしたものらと同様に語り手自身が年をとった時のことに想いが馳せられます。「現実の見えない空想気味の老人」とまで述べ、自分がこうなってしまう可能性を感じているのでしょう。  希望と言えば、安直かもしれません。でも、「絶対に届かないのに 光がこぼれてくるんだ」と、その先に何が在るのかは、語り手も読み手も知ることはできません。なぜならそれは「絶対届かない」からです。それでも、ドアが全くなければ、この世界にただいることしかできません。たとえ見えなくても、ドアがあることによって、きっと「向こう側」があるということを思わせてくれるだけでも、ドアがある意義があるのでしょう。

0
雨野小夜美
雨野小夜美
なかたつさんへ
(2021-02-09)

 なかたつさん、とても丁寧なコメントをありがとうございます。  当時の私は、それほど深く深く考えてこの詩を書いたわけではなかったと思います。しかし、確かに「色あせてゆく」という言葉通り、色の無いものばかりですね。感覚的に、色の無い物体を詩の言葉に選んだんでしょう。  「天井にドアが開く」という発想は、どこかに救いを求めている登場人物の心情を表しているんだと思います。 >どこかとどこかとの境目を繋げるための道具  これも言われてみて気付きました。でも、ドアがあったとして、そこからどこかへ繋がっていないと考えるのは不自然だし、どこか宇宙の超自然的なものや生物(神様かもしれない)のいる場所に、繋がっているはずですよね。  「希望の詩」といってしまえば、ひとくくりにし過ぎな詩かもしれません。当時は、何で天井にドアがあると思ったんでしょう。

0

B-REVIEWに参加しよう!

新規登録
ログイン

作品をSNSで紹介しよう→

投稿作品数: 1