依存でGO! PLANET REMIX - B-REVIEW
新規登録
ログイン
PICK UP - REVIEW

書かざる言わざる、雄弁に水銀を

黙って笑ってろ、沈黙は金

これを見ているあなた、恥ずかしくはないんですか? 答えられないのですか。 なんでですか。 理由があるという訳でもないのですか? ああ、そうか。 全部、冗談だというのですね。

鳴海幸子

夏は夜。月のころはさらなり

田舎の夜道は暗くとも、恋は華やかで明るい——

沙一

あなたとどんぐりとハナミズ……

悪意のないホローポイント弾

ここには○○の残酷さが描かれている。 ○○が何なのかは、読めばわかる… …かもしれないし、わからないかもしれない。 感じ方は「人それぞれ」だから。

R

祖父の痕跡

黙想を貫いた彼が最後にみたものは…

祖父の遺物が並んだ「私」だけの世界… 彼の深層に踏み込むべく「私」は宝物箱に触れてしまうのか…祖父とは一体何なのか…

つつみ

直列つなぎ-うんこ!!(……

青春の現代詩

青春はいつも、エロくて汗臭い。そして切ないけど優しいところもあり、美しい瞬間もあるけど、昆虫たちも僕らも命を捨てて夫婦になることを受け入れる。それが生きるということだから。個人的には、僕は飯田華子さんの紙芝居を観に行きたい。

蛾兆ボルカ

ちがう星

ピッチャーとキャッチャーみたいだね

それから時々 おなじ星

のいえられこーず

いつまでもあいさつをしてゆ……

伝説の流行語はここから始まった

「かきかきたぶんしない」は伝説になった。わからない人には永遠にミューズは来ない。

のいえられこーず

粘土

こんにゃろっというやり場のない怒れる者よ

ほの暗い系男子がたどり着いた極北のモノローグがきみにはわかるまい

のいえられこーず

菊の花

2020年10月の裏番長/裏大賞

これの良さがわかるまで詩を書くんじゃない

のいえられこーず

死んだベテルギウス

地球は退屈な諦念に埋め尽くされてる

重力に支配された地球人にはわかるまい

のいえられこーず

風吹き抜ける青

残酷なロマンティズムがきみにはわかるまい

そのまま生き地獄で野垂れ死にするといいという孤高の美

のいえられこーず

ぢんせぃ

その喪失感は夢かうつつか

ネットとリアルがボーダーレスな、デジタルネイティブ世代の感性──

沙一

潮風

潮の香りにのまれるように

不思議な気配が手招きをしている

帆場 蔵人@⚰

空の下

大自然という舞台への出奔

二人が走り出す。広大な大自然という舞台へ。

羽田恭

明るい朝の歌

明るい朝のうらには、暗い夜があった

外をみつめることが、内をみつめることにつながっている──

沙一

震え 揺れ 回る

一気に詩情が注ぎ込まれていく。 それが 震え 揺れ 回る。 詩を詠み終えても、止まらない。

羽田恭

生きるためにパイを焼く

どうしようもなく生きていくということ

ただパイを焼く。それだけなのだけれど、衒いも奇抜さもなく心にぶつかってきて揺さぶられる。

帆場 蔵人@⚰

別れ

靴の哀しみ

歩くための存在でありながら、誰かが履いてくれないと歩き出せない存在が、絶望して待機してる

蛾兆ボルカ

パパの日曜日

しがない日常に飽きてしまったすべての人へ

ごく平凡な日曜日のパパが、壮大で絢爛豪華な世界へ旅立つ——

沙一

「中央公園より」

わかりあえなくたっていい

人種、国籍、性別、年齢、人間同士のわかりあえないディスタンス、そんなことよりも、おたがいに笑っていよう、ここはみんなの公園だから——

沙一

わたしの髪は生きているのか……

心を亡くしてしまいそうなときに

ささやかなお洒落をたのしむ、それは自分が自分であることをわすれないために、ひつようだったのかもしれない——

沙一

angel coffee?……

一瞬と、永遠

幸せなコーヒーと、降りやまない雨、好きな人といるとき、あなたならどちらを選びたいですか?

沙一

食べ物と死ぬ人

目が付いているうちに読みたまえ諸君

傑作。 目が付いているうちに読みたまえ、諸君。他に言うべきことはない。

石村利勝

別れ

余りにも挑戦的、だがそれがいい

数ある一行詩の中でも、想像力/表現力がとても高い作品。最初は(え、これだけ?)と感じることだろう。しかし、これだけ?からの作中世界の広がり方は、これだけ?発言が恥ずかしくなるほど広すぎるのだ。

ふじりゅう

ママンへ

散り際にも見えるママンの後ろ姿

無駄なくそつなく、それでいて大胆にママンに語りかける。「ママンへ」あなたはこの書き出しで何を思い、連ねますか?

stereotype2085

この作品は読んだことがありません。


作品を
別枠表示

依存でGO! PLANET REMIX    

電話は(鳴らさないで) ラインもね 気持ちさめちゃう♥ あなたを契る、 とき あなたを齧る プロメテウスの目 (火を盗み  腹を食い破られる永遠) (夏だった) (あなたを咀嚼し終えてまた獲物探す の) 羅列され文字打たれた沈黙に爪をかけて掘り起こして犯す 寂しいって悲しいって涙を流した鳥をまた鍋に沈め火にかける また私が剥がれていく アンテナ磨いて クリトリスも剝いて 幾千の死に似た声が何度私を犯しても 「気持ちさめちゃう」 人々のための人々 マックスまで使用します 命からがらじゃ無きゃ感じ無いし 遊んでやんよ 私の命に深く口づけてね 離脱します アナウンス ガイダンス またナンセンス 左半球と右半球がダンス 寂しいBOYが笑ってるから BOYSandGIRLS おっさんおばさん 爺ちゃん婆ちゃんも 撃ち殺せ 刺し殺せ 殴り殺せよ お前を苦しめる観念をだYO! SA☆TSU☆GA☆I☆ しろ♥ 突きつける銃口は自らの左側頭部へ 君を殺して私も死ぬ ずっと寂しかった 君と1つになりたいから君を殺す 違う私が死ぬ 永遠とか言うちょっとした地獄に私を埋葬する 君は幸せになれば良い ラムチョップを食べて甘いワインとペリエを飲んで真っ白なシーツの上で毎晩優しい誰かと交われば良い お願い、永遠に傍に居て、 輪舞 乱舞 それが狂おしい人々のlung あの織られ爛れた皮膚のように美しい、時に ジプシーのようにGPSのように 浮遊する眼球(形の無い記録) 。 血が滴る音だけを聴いていた 私の内か外、 あなたの内か外、 傷の深さを測るように 空を映した目が 虚しい掌を下手糞に言祝ごうする時 私の犬歯があなたを呼ぶ(呼んだ/呼んでる/呼ば無い)(壊して) (壊したい) その身に刻まれた夏を飲み干して 凍える生に癒着するための指を握り締める (嘘じゃ無いと良いなぁ) 「気持ち、熱いまんま」 「だったら、良い、ね」 雨と雪が火照った体を心地良く撃って 好き、 傷口が繰り返し囁いた言葉が 結んだ唇の裂け目から呟かれ落ちて黒土に佇む 好き。 好き好き好き好き好き好き、好き、好き、、、好きだよ!!!!! 宇宙 葉のひらめき 羊の喉を通過する優しい光る石 傷口のような瞳に滲んだ涙 好きだよ、 川岸で 最期に咲いてた花


作成日時 2021-01-23
コメント日時 2021-02-04

依存でGO! PLANET REMIX ポイントセクション

作品データ

コメント数 : 4
P V 数 : 927.5
お気に入り数: 1
投票数   : 3
ポイント数 : 7
#現代詩
項目全期間(2021/03/01現在)投稿後10日間
叙情性11
前衛性11
可読性00
エンタメ44
技巧00
音韻11
構成00
総合ポイント77
 平均値  中央値 
叙情性0.50.5
前衛性0.50.5
可読性00
 エンタメ22
技巧00
音韻0.50.5
構成00
総合3.53.5
閲覧指数:927.5
2021/03/01 04時10分57秒現在
※ポイントを入れるにはログインが必要です
※自作品にはポイントを入れられません。

    作品に書かれた推薦文

依存でGO! PLANET REMIX コメントセクション

コメント数(4)
帆場 蔵人@⚰
作品へ
(2021-01-24)

一見、陽気な語りと裏腹な内容。所々に、 >永遠とか言うちょっとした地獄に私を>埋葬する 引用したようなフレーズが読み手を引っ掻いてくる。 >好きだよ、 >川岸で >最期に咲いてた花 だからラスト3行の佇まいがとても切なく、僕のなかにも咲いていた花の、語り手とは違う痛みの記憶が蘇るようでした。

1
福まる
福まる
作品へ
(2021-01-24)

すげぇいい詩だと思います!なんか歌詞みたい狂っているようで全然狂ってない部分と直接訴えてくる部分のコントラストがもう最高です!

0
鳴海幸子
作品へ
(2021-01-24)

プロメテウスのところまで読んで、思わず開いてしまいました。プロメテウス、の目。目も血もクリトリスもlungも犬歯も喉も、体の一部分に執着しているみたい。あと「気持ちさめる/熱い」っていう対立が世界を快/不快としか認知できない赤ちゃんを思わせて、 >撃ち殺せ 刺し殺せ 殴り殺せよ お前を苦しめる観念をだYO! SA☆TSU☆GA☆I☆ しろ♥ なんてこと、どうせできないんだろうな、「好き」だって(笑)という不器用さというかおかしみがレトリックの裏にあるからでしょうか、読んでて愛着が湧いてきました。いや、そんな分析だとか読解は関係ない、単にレトリックやイメージのこのつなぎ方があるだけで、長くてまとまりのない文章に価値が出てる。だから、プロメテウスのところまで読んでその時点で投票するって決めた。それだけ。 最後の宇宙・葉・川・花っていうならびはブレークっぽいなと思いました、星の宇宙(PLANET)に執着している感じ。アンテナからクリトリスの流れはうげってなりました。なんかクリトリスって謎に微妙に詩にならない感じがします。なんでだろう。

0
なないろ
作品へ
(2021-02-04)

記号の使い方がとても上手いなあと思ったのと、言葉を色々と知ってるのはやはり強みだなあと感じました。 全体的にファンタジックで、そして生々しい世界観に、白犬さんは進化していると感じました。 もう少し詩の中で読者に対してその独特な世界観を疑似体験させることも大事だと感じました。 私自身読んでとても勉強になりました。

0

B-REVIEWに参加しよう!

新規登録
ログイン

作品をSNSで紹介しよう→

投稿作品数: 1