便 - B-REVIEW
新規登録
ログイン
PICK UP - REVIEW

書かざる言わざる、雄弁に水銀を

黙って笑ってろ、沈黙は金

これを見ているあなた、恥ずかしくはないんですか? 答えられないのですか。 なんでですか。 理由があるという訳でもないのですか? ああ、そうか。 全部、冗談だというのですね。

鳴海幸子

夏は夜。月のころはさらなり

田舎の夜道は暗くとも、恋は華やかで明るい——

沙一

あなたとどんぐりとハナミズ……

悪意のないホローポイント弾

ここには○○の残酷さが描かれている。 ○○が何なのかは、読めばわかる… …かもしれないし、わからないかもしれない。 感じ方は「人それぞれ」だから。

R

祖父の痕跡

黙想を貫いた彼が最後にみたものは…

祖父の遺物が並んだ「私」だけの世界… 彼の深層に踏み込むべく「私」は宝物箱に触れてしまうのか…祖父とは一体何なのか…

つつみ

直列つなぎ-うんこ!!(……

青春の現代詩

青春はいつも、エロくて汗臭い。そして切ないけど優しいところもあり、美しい瞬間もあるけど、昆虫たちも僕らも命を捨てて夫婦になることを受け入れる。それが生きるということだから。個人的には、僕は飯田華子さんの紙芝居を観に行きたい。

蛾兆ボルカ

ちがう星

ピッチャーとキャッチャーみたいだね

それから時々 おなじ星

のいえられこーず

いつまでもあいさつをしてゆ……

伝説の流行語はここから始まった

「かきかきたぶんしない」は伝説になった。わからない人には永遠にミューズは来ない。

のいえられこーず

粘土

こんにゃろっというやり場のない怒れる者よ

ほの暗い系男子がたどり着いた極北のモノローグがきみにはわかるまい

のいえられこーず

菊の花

2020年10月の裏番長/裏大賞

これの良さがわかるまで詩を書くんじゃない

のいえられこーず

死んだベテルギウス

地球は退屈な諦念に埋め尽くされてる

重力に支配された地球人にはわかるまい

のいえられこーず

風吹き抜ける青

残酷なロマンティズムがきみにはわかるまい

そのまま生き地獄で野垂れ死にするといいという孤高の美

のいえられこーず

ぢんせぃ

その喪失感は夢かうつつか

ネットとリアルがボーダーレスな、デジタルネイティブ世代の感性──

沙一

潮風

潮の香りにのまれるように

不思議な気配が手招きをしている

帆場 蔵人@⚰

空の下

大自然という舞台への出奔

二人が走り出す。広大な大自然という舞台へ。

羽田恭

明るい朝の歌

明るい朝のうらには、暗い夜があった

外をみつめることが、内をみつめることにつながっている──

沙一

震え 揺れ 回る

一気に詩情が注ぎ込まれていく。 それが 震え 揺れ 回る。 詩を詠み終えても、止まらない。

羽田恭

生きるためにパイを焼く

どうしようもなく生きていくということ

ただパイを焼く。それだけなのだけれど、衒いも奇抜さもなく心にぶつかってきて揺さぶられる。

帆場 蔵人@⚰

別れ

靴の哀しみ

歩くための存在でありながら、誰かが履いてくれないと歩き出せない存在が、絶望して待機してる

蛾兆ボルカ

パパの日曜日

しがない日常に飽きてしまったすべての人へ

ごく平凡な日曜日のパパが、壮大で絢爛豪華な世界へ旅立つ——

沙一

「中央公園より」

わかりあえなくたっていい

人種、国籍、性別、年齢、人間同士のわかりあえないディスタンス、そんなことよりも、おたがいに笑っていよう、ここはみんなの公園だから——

沙一

わたしの髪は生きているのか……

心を亡くしてしまいそうなときに

ささやかなお洒落をたのしむ、それは自分が自分であることをわすれないために、ひつようだったのかもしれない——

沙一

angel coffee?……

一瞬と、永遠

幸せなコーヒーと、降りやまない雨、好きな人といるとき、あなたならどちらを選びたいですか?

沙一

食べ物と死ぬ人

目が付いているうちに読みたまえ諸君

傑作。 目が付いているうちに読みたまえ、諸君。他に言うべきことはない。

石村利勝

別れ

余りにも挑戦的、だがそれがいい

数ある一行詩の中でも、想像力/表現力がとても高い作品。最初は(え、これだけ?)と感じることだろう。しかし、これだけ?からの作中世界の広がり方は、これだけ?発言が恥ずかしくなるほど広すぎるのだ。

ふじりゅう

ママンへ

散り際にも見えるママンの後ろ姿

無駄なくそつなく、それでいて大胆にママンに語りかける。「ママンへ」あなたはこの書き出しで何を思い、連ねますか?

stereotype2085

この作品は読んだことがありません。


作品を
別枠表示

便    

                          *     不思議だ  のたうつ腸  肉眼では見えない 誰も見ることができない  便意を催し、便意そのものを隠す。無表情を装うとも耐えきれず、半笑いと泣きべそと怒りの滲む面をぶら下げては小走りに突き進み、こわばる股を気にしながらさまよう。  そして海原の果て、草原に屹立する白亜の直方体。ドアのノブに手を掛けドアを開け錠を掛ける。      ベルトを緩めパンツをずらす、     腰を下ろす、    気張る、  捻り出す、    踏ん張る、     堪える唸る、  自ら己を隔離すべく遂行した、閉ざされた絶対にあり全集中する。   何を逃れる何を望む。臍を中心に体が屈服するように前傾に折れ曲がる。便が望んでいる、便が叫んでいる、便が夢を見ている、便が腸を道連れにして脱出したがっている、便が堪えている、便が見られたがっている、便が祈っている、便が浣腸する、便が尻を叩く、便が尻に愛嘸する、便が肛門を押し開き突き刺してくる、便が首をもたげ頭を反らし歌い始める、大激臭とともに一発の爆砲を上げ、鼻濁半濁入り交じり喉を振り絞る。        心なしか悲愴なる、   腸内交響楽便 大57000腸回定期交便   」 独便無重奏曲大1穴ブアuさ'nブp, 「  ゆったり       極小空間をとろけさせ                  ………イク。   不可思議で間抜けな音色を放ち身を捩り、徐々に緩慢な回転が繰り返し繰り返し繰り返され、腸壁を這う、這う、這う、そしてとぐろを巻きながらついに飛び出す。    笑っている。  便は、笑う。  仰ぐ。そして、頷く。  禍々しい白熱の照射、その下の喜悦。   厳かにたぎるマグマの沸々と温やかな蒸気のなかで、見ている、私の肛門を、じっと見ている。              。  //閉ざ/される/  閉ざされ/もの/  閉ざし/た//閉ざ/たち/        。  祈る、猫を  悟る、雪は    、        。  インスピレーションの泉、イマジネーションを支配する至上の、唯一無二のクリエーター。  地獄のような痛み臭みを与え撒き散らしながら、同時に安楽へと逃れる術を授けてやろうと身を賭けて享受する実。  体への、苦痛への、大教授である。  便を振るい便を励まし、便解は与えず、詭便は切り捨てる。昼休みは自前の便当で済ます。  白紙答案は認めない。ネピアシリーズダブル、一巻き80m単位の各スーパーの棚の最前列に整然と陳列された、ほのかな香りを放つブチセレプ系、のみとする。  便をなすりつけこすりつけしっかり提出させる。便を大きく激しく、かつ強く濃くこびりつかせたなら便として称える。完全抜き打ちによる試験を繰り返し、無事にクリアできたなら修学とする。本年の卒論のテーマは「尻を拭く習慣について」である。  さまざまな国、民族、宗教、あるいは生き物たちや人間、森や川や土や沼地、落ち葉やどんぐりやバクテリアからクマムシまで。彼らがいかにして便を処理し、明日の健全な食物連鎖を保ち、役割を担っているのか、何を思い尻を拭くのか、拭かないか。記述し論じ、確かな情報と気づき、発見や仮定や推定をも含めプレゼンテーションせしめることができるか。  そして卒論の出来をすみずみまで確認し互いに議論し、日々傾けた便学により取得した全単位のうち、わずかでも受け落としてはいないかを見極め吟味し、修了とする。  肛門をくぐり元気よく流れ出た便から卒論ごと水に沈め、勢いよく送り出すのである。  ブルーレットから滲み出す毒毒しい青い水と激しい水圧に押され巻かれ巻き込みながらペーパーから剥離し、送り先である浄水場へと到達を果たし、分解と撹拌と浄水により再生を図り、各家庭や各スーパーなど。和洋や自動手動を問わず、すべての便器、排水管、下水道、下水管を巡り続ける。    最後に。  昨年卒業を果たした便徒たちの中で、本年度ノーベル便利学賞にノミネートされた者がいる。  皆も負けず、挫けず、長く冷たい旅路を行くことを覚悟し、精一杯汚してほしい。                           ○ 「排便種々」 普通排便(futuu defecation 自然排便(omorasi defecation 速達排便(guerri defecation 出前排便(Vber defecation 共有排便(ture defecation 自動排便(ok defecation 便前排便(kai@ben defecation 帝王排便(harakiri defecation 強制排便(kancho defecation 無痛排便(omukae defecation 夢遊排便(     onetion 「便銀村」                                    枝の先にうんちを巻きつけて元気いっぱい走りまわるオンなのコもお巡りさんも火星人もすーぱーまんも博士もぐるぐるぐるぐるぐるぐる走りまわってきーんきんきんきんきんきーんてけてけてってっ天使もなまはげもこけしも水子も座敷童子も鬼太郎もねずみ男もぬりかべもきゅーちゃんもしんちゃんもふるちんで元気いっぱい走りまわりオンなのコの首は打ち上がりおひさんにかにかふたさんほうほけきょもりやまかわのとりいしきはなけものびしょうたちもはしりまわっていつまでもいつまでもくらくなるまではしりまわって   「便宜村」 量 だという 運 だという 「亻」  シンニユウセヨ、     シヨウカサセヨ、         ドウシヒキツ            、レ      ダツシユツハカ          、 レ      クサイ サダメ       フキ トバ                  せ                             ○    数学や物理科学、化学式など。日常のなかですっかり触れる機会がなかったものたちが意識の上下左右、現れては消えていく。遠い昔に学んだ教科書の記憶からのようだ。玩具のようにして描き組み合わせてみる。そして自ら問に意識を集中させてみる。  あるいは憧憬や崇敬、それらに近いような感情を想起させうる何者かや創作物の類。人ならば俗にカリスマやヒーローやスターとされうるもの、創作物なら名画や名曲など。腸を絞りながら、痛みが収まるまではこうしたものたちで意識一杯満たしてみる。  防衛本能や死などと結びつく働きなのだろうか。  その一方、噴射への願望も働く。創造のビッグベン、苦痛の奥にある飛び道具、温存された最終手段、究極の働き、なのか。この体こそ未知だらけだ。  恥辱そのもののような腹の痛み。   複雑に折れ曲がり、粉々となった骨の残骸が突き破り剥き出しになろうと、ぱっくり開いた傷口から肉や血管や神経がさらされようと、顔を削がれ髪を歯を抜かれようと、秘匿恍惚、陰翳の果てからの眼差しは生半可な痛みからは生まれそうにない。                           @ 「痛みの子」         ここに宿る   私の幼子よ   遊び疲れたか   すやすや眠り   (いたい        いたい)     あどけない子   痛みの幼子よ                                      *


作成日時 2020-12-02
コメント日時 2020-12-19

便 ポイントセクション

作品データ

コメント数 : 8
P V 数 : 660.6
お気に入り数: 0
投票数   : 6
ポイント数 : 0
#現代詩 #受賞作
項目全期間(2021/03/01現在)投稿後10日間
叙情性00
前衛性00
可読性00
エンタメ00
技巧00
音韻00
構成00
総合ポイント00
 平均値  中央値 
叙情性00
前衛性00
可読性00
 エンタメ00
技巧00
音韻00
構成00
総合00
閲覧指数:660.6
2021/03/01 03時18分47秒現在
※ポイントを入れるにはログインが必要です
※自作品にはポイントを入れられません。

便 コメントセクション

コメント数(8)
田中宏輔
田中宏輔
作品へ
(2020-12-02)

齢をとったのか、ここ数年、毎年、年に数回、うんこを漏らします。 たいていの場合、飲みに行った帰り道で便意を催し、玄関の扉を開け、トイレの前にきたときに ブリブリとしてしまいます。 ゆるんでいるのでしょうね。 うんこの詩、すばらしい試みだと思いました。

1
羽田恭
作品へ
(2020-12-02)

疾走感が凄いですね。 いい感じに力んだのでしょうか。 自分も「糞便」なる詩を投稿したことがありますが、まったく別角度からなる糞便詩を見る事ができうれしく(それもどうなんだ?)思います。 力む人 垂れ流す牛 糞便し

1
湯煙
田中宏輔さんへ
(2020-12-02)

田中宏輔さん ありがとうございます。 年を重ねるとやはりそうした変化が起こるのでしょうか。私の体はまだおそらくお漏らしまでは至ってはいないようですが、どこか気持ちの上ではゆるみがちになっているかな?と感じることはありますね。便(うんち、糞等)としましたが、腹の痛みについてなにかコキおろしたい気持ちからの作品でしたね。

1
湯煙
羽田恭さんへ
(2020-12-02)

羽田恭さん ありがとうございます。 どうしたものか?と迷いましたが、散文と定型のごちゃまぜ、便ソロじーな実のままとしました。おそらくだらしないものとなっているかと。 羽田さんの作品へは私も寒月さんの作ともどもコメントをさせてもらいましたね。同じようなタイトルの作品ですが、私のものは苦痛のあまり脱線、脱糞といった妄想めいた感じになりましたかね。痛みについて思うところからでしたね。 自由律俳句を頂きました。人と牛とが踏ん張り、牛人一体の命が生きる、ですね。

0
r
r
作品へ
(2020-12-13)

0
楽子
楽子
作品へ
(2020-12-19)

どういう気分で読めばいいんだ…と思ったんですが、普通に笑ってしまったので笑っていいのかな…という気分で読みました。 最初と最後に「*」をおいてあるのは狡い 詩のリズムと緩急がウンコにしか見えなくてほんと笑ってしまうし、 キリッ…と絞めているのもほんと「ああ出し切ったな」感の良さがあり良かったです。

0
湯煙
楽子さんへ
(2020-12-20)

ありがとうございます。 笑い、考え耐える人状態、そして動の泣きから安らぎへ、みたいな感じでしょうか。 腹痛ですね。日常のなかのら"痛み" についてつらつらといったところです。 *などはあくまで遊びになりますね。やりすぎかもしれませんが(笑 そうですね。本当はまだいくつか入れたい、出したい?ものがありましたが、 またの機会にといったところでしょうか。 はい、きりの良い出し切り感があれば良かったです。

0
湯煙
楽子さんへ
(2020-12-20)

*コメントの訂正    日常のなかのら痛み→日常のなかの"痛み" です。失礼しました。

0

B-REVIEWに参加しよう!

新規登録
ログイン

作品をSNSで紹介しよう→

投稿作品数: 2