風景を食む - B-REVIEW
新規登録
ログイン
PICK UP - REVIEW

はずしわすれた風鈴が鳴る

やさしくせつない短歌集

かたづけられない想い出、それでもめぐりくる季節——

沙一

春風に吹かれてる

だいじょうぶだあ

《なんてこたあ ないんだよ》 天国から呼びかける声が、聴こえる。

stereotype2085

狂気、ファック、バイ、そし……

自由 暴力 そして 輝き

虹がある。 邂逅と官能、詩。  現場からでした。

湯煙

永遠の反射

名作?それともただの習作?

ただの習作なのかもしれない。が、ここには作者当人も気付いていないかもしれない、天才がいる。俺の直観は当たるんだよ。人生で二回くらいは。

石村利勝

こんにちは まっさらな世界

「まっさら」の優れた表現

あなたの世界も「まっさら」ではないかな? 「まっさら」なのに、書けますか?

南雲 安晴

imagine

パンチング。

今からリーディング界隈を、ノックアウト。

stereotype2085

大人

ただ  納豆  は苦手

生き返る、 笑いながら、 台所で、 さばかれるキミ、さあ、明日から食わず嫌いはやめよう。

湯煙

はっかといちご

詩における視覚要素の決定版

いわゆる視覚詩的なものは作ろうとするとパッと見の奇抜さで満足してしまい、それを行った理由に乏しくなってしまうことが往々にある。しかし「はっかといちご」はその域を超え、結晶の造形だからそこの効果を成せている。

渡辺八畳

独言少女

いつも終電に間に合う人生生きてますか

少女の独言は胸に刺さる。というか萌える。条件があって、少女は本当に少女でなくてはならず独言は本当に独言でなくてはならない。なのでこの詩は刺さるし萌える。

石村利勝

MY 9090 OF NO……

最先端ノスタルジア

なつかしみが 超えてゆく 未来という名のノスタルジイ 

真清水るる

骸骨スフィア

プラトニックな求愛の舞踏

ほろびたゆえに、もうほろびることのない、永遠の愛。それは、幸せか、囚われか——

沙一

人魚性

海、たましいの故郷

素直さゆえに、なじめない人間のせかいにたいする、異邦のかんかく——

沙一

宇宙飛行士の解剖

死因は、孤独

二重の夜に、追い詰められた、かれは、涯のない闇のなか、吊るされた——

沙一

家庭の檄文

悲運

そこには笑顔の絶えない、家庭があった。

stereotype2085

あす

ミのシャープはファ

「ミのシャープ/響かせる笹舟にのせて/送り出してみる」って、やりますねえ。ひねりが利いてて鮮やか軽やか、清新なリリシズム。これぞ令和の”もののあはれ”じゃないですか?

石村利勝

ヘビと戦う

家に蛇は、居つくことがある。

子どもの頃、蛇は家を守るから 粗末にしてはいけないと、聴きました。 なるほど、そういうことか。

真清水るる

バナナはおやつに入りますか

たもつワールド全開

これはバナナですか いいえ詩です たもつザ・ワールドです

羽田恭

TOKYO

不良天使の幻像

広大さと、小さなもの、神聖さと、世俗的なものの、コントラストに富んだミニチュア——

沙一

風景を食む

我々も本作の出来に食まれていく

この良さは読まぬと分からぬが、読むと確実に心が仕留められる。独特の風景の描写は人の記述がないからこそ冷涼な空気を作り出す。

ふじりゅう

失踪

現代詩が現代であることを実感できる

古風な詩作品から一線を画した作風に我々は驚く。

ふじりゅう

お別れの挨拶

&氏による待望の一作

ロシヤ、という響きの不思議さに、貴方はもう逃れられない。。。

ふじりゅう

フィラデルフィアの夜に Ⅻ

フィラデルフィアシリーズ最新作!

羽田氏のフィラデルフィアシリーズ最新作が公開された。その完成度には毎度驚かされるばかりだ。

ふじりゅう

この作品は読んだことがありません。


風景を食む    

ひとつの風景の動きが 瓶に詰められてゆるやかに はっこう、していく 風景は酵母となりシジョウとざわめき 月明かりが窓から注がれて神々の手が 攪拌を始めれば乳白色の神話の海になる 言葉に掬い上げられ幾層にも重なり 地となり山となり、形作られる生命の糧に 意味が火をつけて焼き上げていくのだ 狂おしいほどの空腹を、生という空白を 埋め立てていく、追い立てていく、そのとき 生きているのだ、発光しているのだ てらてらと艶めき焼きあがった詩の 三日月を齧りとる、夜がゆき朝がくる


作成日時 2020-01-21
コメント日時 2020-02-06

風景を食む ポイントセクション

作品データ

コメント数 : 8
P V 数 : 1485.2
お気に入り数: 3
ポイント数 : 29
#テキスト
項目全期間(2020/04/09現在)投稿後10日間
叙情性73
前衛性20
可読性11
エンタメ21
技巧83
音韻41
構成52
総合ポイント2911
 平均値  中央値 
叙情性1.41
前衛性0.40
可読性0.20
 エンタメ0.40
技巧1.61
音韻0.81
構成11
総合5.85
閲覧指数:1485.2
2020/04/09 10時21分40秒現在
※ポイントを入れるにはログインが必要です
※自作品にはポイントを入れられません。

風景を食む コメントセクション


コメント数(8)
なゆた創a.k.a.NORANEKO (2020-01-24):

個人的に「おっ」となったのでコメントさせていただきます。 端的に言って私好みです。詩において詩を語る、詩のために捧げられた詩でしょうか。 >ひとつの風景の動きが >瓶に詰められてゆるやかに >はっこう、していく 私はこの「瓶」を「言葉」と捉えました。世界のある現象のふるまいを詩文のなかに籠めると、ゆるやかに発酵/発光してゆく。詩的言語の多義的なゆらぎのさなかに起こる、ひとつの世界のとらえ直し、胸のうちに何かが広がってゆくような感覚を想起しました。 >風景は酵母となりシジョウとざわめき >月明かりが窓から注がれて神々の手が >攪拌を始めれば乳白色の神話の海になる 世界は言語を詩的に発酵させ、発光する月明かりはツクヨミか或いはアルテミスか、見えざる女神の御手は窓辺より注がれ、まるでインドの創造神話のように甘露の乳海をかき混ぜる。月明かりから乳白の海という白のイメージの推移し、それがまたどぶろくやマッコリのような濁り酒と連鎖してゆくのがいいですね。 なお、“シジョウ”の擬音語的な用法もユニークかつちゃんと擬音としてよいので面白いです。 >言葉に掬い上げられ幾層にも重なり >地となり山となり、形作られる生命の糧に >意味が火をつけて焼き上げていくのだ 発酵した詩的言語のなかの世界という生地を、意味の火が焼き、一個の明確な形を与えてゆく。これは読者による詩の解釈の場面と読みました。 >狂おしいほどの空腹を、生という空白を >埋め立てていく、追い立てていく、そのとき >生きているのだ、発光しているのだ ここの独白には作者の実感がこもっているように思いました。精神的営みにおける空白を埋める、そのために詩を貪るという感覚は、こうした場に来る人ならばある程度共感出来るのではないかと思います。 てらてらと艶めき焼きあがった詩の 三日月を齧りとる、夜がゆき朝がくる クロワッサンと三日月、詩と世界の照応。詩を介して世界を食らい、世界の夜明けとともに自らの暗い飢餓を晴らす。重層性が綺麗にキマっていますね。 かなり巧みな一品だと思います。いい仕事してますね。

0
帆場 蔵人 (2020-01-26):

なゆた創a.k.a.NORANEKO 様 詩を読み書いていれば自分がしていることは一体、なんなのだろうか?と誰もが考えるものだと思います。書かずにはいられない、読まずにはいられない、生命維持に必須なわけでもないに、せずにはいられない。僕の中でこの衝動を詩にするとしたら自分が親しんできた料理の言葉が一番しっくり来るようです。

1
三文字(マグネット/なろう) (2020-01-26):

「はっこう」という言葉の表記から始まって、「意味」の意味について遡っていくような印象を受けました。

0
帆場 蔵人 (2020-01-31):

三文字(マグネット/なろう)様 意味の意味について遡る。面白いですね。ひらがな、で書くだけで僕らの頭は意味や漢字を浮かべてしまう。ある意味、それがこの詩の最初のフックのようなものかもしれないですね

0
奥間空 (2020-02-04):

読んだ後に神秘的かつ晴れやかな気分になりました。 洗練されていて、物凄く好きになっちゃいました。

0
ふじりゅう (2020-02-05):作品へのコメント

きれい。一読して、それで終わるならそういった感想に終息することだと思うが、何度も読むうちにどんどん広がっていく疑問、そしてあまりに日常的でありながら、あまりに深々とした表現力。一言では片づけられない、まさに「この詩句のこの表現でしか表せない情景」。これが本作の最大の魅力だと思います。 まず、なぜ「はっこう」なのだろうか。ここは別に「発酵していく」でも問題なく記述は可能だ。しかし、前文である「ゆるやかに」があることで、発酵されていく時間の進み具合を表現するためであると考えることが出来る。 「神話」「神々」「生命の糧」などの、いうなら大仰な言葉を使用しながらも、どうにも狭い範囲の物事を指しているように感じられる。そして、本作の大きなヒントというか、根幹ともいえるワードは「酵母」だ。 酵母とは様々な食品に使用される単細胞の菌である。ここで「おっ」と思った方も多いであろうが、本作は決して前半部で匂わせていた「自然と情景、その偉大さ」を指した内容ではないのではないだろうか、と考えるのだ。すなわち、ありていにいえば「なんか食いもん作ってるんじゃね?」という仮定が浮かびあがる。 本作では、瓶の中が何なのか、言葉に掬い上げられたものがなんなのかが明示的ではなく、確かな真相に迫ることは難しい。しかし、例えばパンとか、酵母を使用する食べ物を焼き、その出来上がりを楽しみに待つ主人公像が浮かび上がってきて仕方ない。 本作は限りなく日常的と(たぶん)思われる風景を、これでもかと言わんばかりに深く広い世界として演出した奥深い作品であり、紛れもない傑作だ。また仕上がりに手抜かりを微塵も感じさせないその完成度は細かい推敲を思わせるが、なにより本作の発想力と表現力にただただ称賛を贈るばかりである。

抒情:25% 前衛:17% 可読:0% エンタメ:8% 技巧:25% 音韻:8% 構成:17%  
0
藤 一紀 (2020-02-05):

おはようございます。調理して食べることと詩作とが味わえるように作られていると感じました。4連目と5連目は特に旨くできていると思います。3連目から「メタ詩」かな?と予想はついたのですが、食欲という本能的欲求と繋がっているところがよくて、身体で迫る勢いが理屈を押しのけています。

0
帆場 蔵人 (2020-02-06):

奥間空 様 お読みいただきありがとうございます。晴れやかな気分になって頂けたのならうれしいですね。 ふじりゅう 様 「なんか食いもん作ってるんじゃね?」という仮定が浮かびあがる。←まさにそこですね 笑。日常のなかのどこにでも詩情はあると思うんですよね。もしかするとどの靴を履こうなんて考えて靴を磨いているような風景も詩になるのではないか。ラーメン屋言って隣の席の男がちゃんぽん食っててうまそうだ、しかし今日俺は醤油ラーメンを食いに来たのだ、なんて詩を書いたこともあります。ボールペン一本から世界を語ることが出来る、なんて言ったのは誰だったかは忘れてしまいましたが、日常に生きる僕らはその日常から詩の世界の入り口や違う側面を常に気づかずに覗いているんやないかなぁ、と思う今日この頃です。 藤 一紀 様 メタ詩、なるほどそう言われたらそうですね。以前にパンを焼く詩を書いたのですがそれがあまりなかったんですよね。それで折に触れ、あれやこれやと考えていたのですが忘れたころに、あ、生きることは食べることで生きることは詩だよなぁ、などとおもったら筆が動き始めました。身体が理屈を押しのけて、というのは非常にうれしいです。

0

B-REVIEWに参加しよう!

新規登録
ログイン

作品をSNSで紹介しよう→

投稿作品数: 1