作品投稿掲示板 - B-REVIEW
お知らせ

星辰   

作成日時 2019-07-07
コメント日時 2019-07-15

ふれあった指が はなれて 天体の、流れる音階の 羅針盤の先の ヤバいね 発声器官が心についてるみたいだね 隠したいね 赤裸々な感覚が 直にあたって 聖典から産み落ちた星雲が 体を通過して 一時、名前さえ消失する 辰砂しんしゃ どうしたって数えなきゃならない 命があって もう何カウントしたかわからない 僕の手には罪が刻まれていて だからって、投げ出さない 命のレプリカなんてないから せめてひこばえを育むんだ 辰砂 幼いころ一人で歩いた畦道を 今も思い出すよ 目をつぶればどこまで行っても田んぼで 早稲がのびて りー、りー、って虫が鳴くんだ 辰砂 人は脳細胞をデジタライズしていって 0と1の虚数の海に 中道を歩けなくなりはじめている でもね 辰砂 人はまだ土に還れるんだよ 流転する回路のなかで 息づいているんだよ ねえ、辰砂 愚かさの暗黒の夜を目に映して そこには何が見える、何を見てる 辰砂 緋百合がね、咲くんだ 腕を広げて この世に不吉なものはない そんな風に、咲くんだ


項目全期間(2019/11/22現在)投稿後10日間
叙情性88
前衛性00
可読性88
エンタメ00
技巧11
音韻55
構成55
総合ポイント2727
 平均値  中央値 
叙情性2.72
前衛性00
可読性2.72
 エンタメ00
技巧0.30
音韻1.70
構成1.70
総合95
閲覧指数:1026.5
2019/11/22 20時18分01秒現在
※ポイントを入れるにはログインが必要です
※自作品にはポイントを入れられません。


コメント数(10)
るるりら (2019-07-11):

おはようございます。 音階は 神聖で特別な数である7音を基準としてつくられているという話をキリスト教の方の文章で読んだことがあります。この作品に於いては 様々な神聖さが満ち溢れているのですが、音もまた 神聖なのですね。 この作品に出てくる【聖典から産み落ちた星雲】の聖典とは どのような聖典なのかなと思いながら拝読しました。うつくしいですね。 そして、題名の【辰砂】を 何度もリフレインをしておられるのですね。 【辰砂】を存じ上げなかったので 検索してもると 日本の神社などで見かける「朱」の原材料でした。 辰砂は中国の辰州で多く生産されたことからその名が付けられており、硫化水銀から成る鉱物だとのこと。赤色系は血の色でもあるので 様々な宗教で生命力を表す色として重宝されているという記述がありました。日本でも鳥居など朱色に彩られているのは、生命を示す色だから神聖さを喚起するのかもしれません。 わたしには日本的な色な感じられる神社のあの朱色を想いながら 本作品を拝読すると、より味わい深いものがありました。 とくに↓この部分に 色味が炸裂している気がします。 >どうしたって数えなきゃならない >命があって >もう何カウントしたかわからない >僕の手には罪が刻まれていて >だからって、投げ出さない >命のレプリカなんてないから >せめてひこばえを育むんだ 「ひこばえ」、素敵ですね。わたしは山道入り口に住んでいるので 切り株の脇から ひこばえが育っているのを、よく見ます。【聖典から産み落ちた星雲】の聖典とは、おそらく輪廻カルマといった考え方を軸にしいる聖典なのだろうなあと思いました。 緋百合も、素敵です。 緋色の百合とは、今の季節に 私の住んでいる地域では「忘れ草」がいたるところに咲いています。 鮮やかな朱色をしており、和歌に「忘れ草」と詠まれている花で、嫌なことを忘れさせると言われている花で、英名は"daylily"は一日花。夕焼けの色のようでもあり しかも一日でしぼんでしまう花なので、いろんなことを いい具合に「わすれそう」な花だなあと 眺めている今日この頃です。 朝から、とても うつくしい詩文を拝読できました。ありがとうございます。

るるりら (2019-07-11):

最後のほうで緋色の百合とは、なんて 書いてしまいました。きめつけはよくなかったです。 ×緋色の百合とは 〇緋色の百合で思いあたるのは に、訂正します。失礼しました。

田中修子 (2019-07-14):

トビラさん、おはようございます。 私がトビラさんの詩で一番ぎゅっときたのは、流氷を磨いて流す、のやつとこちらに投稿された「湖歩行」です。「湖歩行」はゾッとした。あんなに短いのに。あの二篇は名作ですね。 この詩は、巧い、んだと思う。 綺麗だし、レトリック・リフレインなどの技術も豊富なんじゃないかな。 それから最終連、トビラさんのおっしゃる「未来詩」私の思う「祈り」も込められていると思った。 辰砂、私がまっさきに思いだしたのは宝石の国という漫画の登場人物(漫画読むんですよー私)、検索して見つかったのが賢者の石、それからるるりらさんの調べられていた鉱物。 賢者の石、であれば、「どうしたって数えなきゃならない命があって」とか、「人は脳細胞をデジタライズしていって」行き過ぎた文明への警鐘とか。終連の緋百合(ひめゆりの花言葉は誇り、それからひめゆりから私が連想するのはひめゆりの塔、沖縄戦で消えざるを得なかった命と、ですね)と辰砂の生み出す朱色。 詩中の朱、それから、ひこばえの緑。 対比する色が効いてるのと、現代社会への警鐘とそれでも咲く花、希望と祈りと。 ただ、あんまり「ぎゅっ」とこなかったなー、私には。技巧が先走ってしまって、作者の衝動みたいなのがあんまり伝わってこないなあ、と。 とはいえ、私もそうなんだけど、詩や小説、つまり文字による作品というのの多くは練習作。というかそれは、美術や音楽など、芸術とされるものはみんな同じですよね。読んで、模写して、技巧がピタッとその人の指に張り付いて、技巧なんてものを感じさせないで技巧になっていて、しかも自分の中の衝動がだれかに伝わる作品、というのは、数年に一回書ければ上等なんだろうなあ。 たゆまずに書かれ続けている姿勢を見習わなければ。いつもありがとうございます。

帆場蔵人 (2019-07-14):

これは巧い!というのは褒め言葉にならないのかもしれないですが巧い、なぁ、と思う。辰砂、のリフレインのなかで、ねえ、と呼びかけが入ると朱を指してると思い読んでいたので、おや?とまた詩を振り返ってしまう。しかし、朱が出てくるし淡々としてみえて鮮やかですね。

ヨシバ (2019-07-15):

星座がはっきりと見える夜空を見た時、何か圧倒されるものがあって、少し命について考えたことを思い出しました。命の小ささを思い知ったというか、繰り返しのような感覚です。そして霞んだ常日頃の自分の中身が浄化されるかの様な変な感覚でした。星が何か言ってるようなそこら辺に咲いてる花も何か言ってるように考えたりと。シンプルな感想で申し訳ございませんが、辰砂が

ヨシバ (2019-07-15):

別の誰かであるかのように語りかけているようにも見え、また何かの言霊の様にも読み取れて、兎にも角にも美しい詩だと思いました。

トビラトビラ (2019-07-15):

るるりらさん、こんにちは。 丁寧に読んでくださり、また評もいただき、ありがとうございます。 正直に言えば、そんなに深く考えて書いていなかったので、我ながらそんな意味もあったのかと思いました。音階の神聖さや、辰砂が神社の鳥居の染料の原料になっていたなど、僕は知らなかったです。 ただ、全体を通して、神聖な感じは意識していたので、思った以上にうまくいったようで、よかったです。 るるりらさんに読み解いていただいて、自分の詩に新たな魅力を発見できました。ありがとうございます。 山道入り口とは、いいところにお住まいですね。 ただ昨今、土砂崩れなどもありますので、お気を付けください。

トビラトビラ (2019-07-15):

田中修子さん、こんにちは。 田中さんがぎゅっときてくれた二作は、自分にとって新しい一歩を踏め出せた作品ですね。なので、毎回かける類のものではないです。もっと経験値をためて、レベルアップしたときに書ける類のものかな。そのためには、筆写をした方がいいんだろうとは思うんですけど、怠けてますね。いかん、いかん。 技巧というのが、いまいち自分でもよくわからないのですが、今、色んな表現ができることを楽しんでいます。こんな表現もできるなとか、あっ、こう表現したら面白いなとか。そいう意味では、自分の衝動とか想いを表現するというより、表現それ自体を楽しんで書いたというところはあります。 最近、人は技巧や知性に感心や感嘆をしても、感動はしないんじゃないかと思ってきています。そして、やっぱり、芸術作品に大切なのは感動じゃないかと。 こちらこそ、いつもありがとうございます。

トビラトビラ (2019-07-15):

帆場蔵人さん、こんにちは。 自分でも技巧的なことはよくわからないんですけど、巧いと評していただき、ありがとうございます。 また、淡々としてみえて鮮やかとも評していただき、そういう味わいが出せたのだと知れて、嬉しく思います。 ありがとうございました。

トビラトビラ (2019-07-15):

ヨシバさん、こんにちは。 ヨシバさんが夜空を見て感じられた想い、それこそが感動なのかもしれませんね。 ヨシバさんにほんの少しでも感動を呼び起こせたのなら、これほど作者冥利につきるものはありません。 読んでくださり、評を寄せてくださり、ありがとうございました。

投稿作品数: 2