私の屋根裏部屋を、あなたに見せられないとしたら - B-REVIEW
新規登録
ログイン
PICK UP - REVIEW

体験記『呆気ない宣告』

それはあなたの現実かもしれない。

大概のことは呆気なくドラマティックではない。そうした現実の丁寧な模写が作品に厚みを増している。

ほば

世界は自由だ━不死━

わかるということ

あなたにとっては何が、その理解が起きるピースになるだろうか?

ほば

ふたつの鐘がなるころは

鐘は明くる日に鳴る! いつでもそうだ!

運営在任中に出会った多くの作品の中のベスト。決して忘れない。

yasu.na

B-REViEWは終わった

詩を愛するすべての方へ

詩投稿サイトは終わったのか、そもそも始まっていたのか、ただひとつわかっているのは、作品をとおした交流が求められているということ——

沙一

良い

シンプルに好き

あっす

パパの日曜日

パパの日曜日

いい

明林

終着点

生きる、その先に死地はない!

美しくさわやか、そして深い意味が込められたシーン、均衡の取れた心情と思想、強い意志で最終連へと迫る引き締まった展開、我が胸にこの詩文を抱いて!

yasu.na

九月の終わりを生きる

呼び覚ます声

夏の名残の暑さが去ろうとする頃、九月の終わりになると必ずこの作品のことを思い出す。

afterglow

こっちにおいで

たれかある

たそがれに たれかある さくらのかおりがする

るる

時の名を考える

奇妙な味わい

時の名前、おもしろい発想です。黒髪ワールド炸裂です。

yamabito

声明 流木から

詩人の生きざま

言葉と詩に、導かれ救われ、時に誤りながらも、糧にしていく。 赤裸々に描写した生きざまは、素晴らしいとしか言いようがない。

羽田恭

喘息の少年の世界

酔おう。この言葉に。

正直意味は判然としない。 だが、じんわりあぶり出される情景は、良い! 言葉に酔おう!

羽田恭

魔法はある 犬ver

うまいと感じました(内容は15禁)

レスが少ない順から眺めていったんですが、埋もれてましたので掘り出しました。

yamabito

誰かがドアをノックしたから

久しぶりにビーレビ来たんだけどさ

この作品、私はとても良いと思うんだけど、まさかの無反応で勿体ない。文にスピードとパワーがある。押してくる感じが良いね。そしてコミカル。面白いってそうそう出来ないじゃん。この画面見てるおまえとか、そこんとこ足りないから読んどけ。

カオティクルConverge!!貴音さん

あなたへ

最高です^ ^ありがとうございます!

この詩は心に響きました。とても美しく清らかな作品ですね。素晴らしいと思いました。心から感謝申し上げます。これからも良い詩を書いて下さい。私も良い詩が書ける様に頑張りたいと思います。ありがとうございました。

きょこち(久遠恭子)

これ大好き♡

読み込むと味が出ます。素晴らしいと思います。

きょこち(久遠恭子)

初恋

輝き

海の中を照らしているのですね。素晴らしいと思います☆

きょこち(久遠恭子)

アオゾラの約束

憧れ

こんなに良い詩を書いているのに、気付かなくてごめんね。北斗七星は君だよ。いつも見守ってくれてありがとう。

きょこち(久遠恭子)

藤の花

紫の香り

少し歩くと川の音が大きくなる、からがこの作品の醍醐味かと思います。むせかえる藤の花の匂い。落ちた花や枝が足に絡みつく。素敵ですね。

きょこち(久遠恭子)

冬の手紙

居場所をありがとう。

暖かくて、心から感謝申し上げます。 この詩は誰にでも開かれています。読んでいるあなたにも、ほら、あなたにも、 そうして、私自身にも。 素晴らしいと思います。 ありがとうございます。みんなに読んでもらいたいです。

きょこち(久遠恭子)

犬のしっぽ

カッパは黄色いのだから

良く目立ちます。 尻尾だけ見えているという事ですが、カッパには手足を出す穴がありますよね。 フードは、普通は顔が見えなくなるのであまり被せません。 それを見て、僕はきっと嬉しかったのでしょう。健気な可愛い姿に。ありがとうございました。

きょこち(久遠恭子)

あなたのために

永訣の詩

あなたが出発していく 光あれ

羽田恭

十月

あなたには「十月」が足りていますか?

もし、あなたが「今年は、十月が足りてない」と お感じでしたら、それは『十月の質』が原因です。 詩の中に身を置くことで『短時間で十分な十月』を得ることができます。この十月の主成分は、百パーセント自然由

るる

だれのせいですか

どんな身体でも

どんな自分であっても愛してくれるか、抱きしめてくれるか、生きてくれるか SNSできらきらした自分だけを見せてそんな見た目や上辺で物事を判断しやすいこんな世の中だからこそ響くものがありました。例えばの例も斬新でとても魅力的です。

sorano

死んだベテルギウス

衝撃を受けました

ベテルギウス。まずそれに注目する感性もですが、詩の内容が衝撃。 猫。木。家族。犬(のようなもの)。女の子……。など、身近にあふれている極めて馴染み深いものベテルギウスというスケールの大きいものと対比されているように感じられました。

二酸化窒素

この作品は読んだことがありません。


作品を
別枠表示

私の屋根裏部屋を、あなたに見せられないとしたら    

 人生は演技だと誰かが言って、丁寧にお茶を啜るような時間をかけて簡単に納得した。そうして人は枯葉の混ざった紅葉のような季節を得ることができる。だれかが丸くなったねと安全地帯からささやいて、さらに深みのある丸みを観察していく。そこにはなんの批評性もないし、僕もいま批評性があることをまるで書かないし書きたくない。そのメイン・ポイントだけを教科書から切り抜いて冷蔵庫に貼り付けている。  僕はつまり、演技ではない言葉を書きたい時がよくあって、それを柔らかく飾れる棚はきっとほんの少しだけこの世に近く、ほんの少しだけ手に届かない距離だった。そんなことをぼんやりと想うことが増えた。要は曖昧な線だけで構成された曼荼羅ってエモいよねってお話なのかもしれない。  文芸にあまり興味がない。学生の時は字が汚かったこともあって、文章を褒められたことなんて一回もなかったけど、文章を褒められる猫を書いて妄想しているのなら、あなたは内職の時間を懐かしく思うタイプの人かもしれない。仮定ってつまりは小さな音量の嘘だから、みんな頻繁に嘘をついているらしいねって次はうわさ話をついてみる。嘘をつける人のほうが人生を生きやすい、なんていう人を恋人にした人を身近に知っている。  書いては、言ってはいけないことを屋根裏部屋に隠す習慣を身につけて何年が経っただろう。おかげで今日も膨れたお腹で生きていけます。だからたまには換気をしようと思う。換気をする場所の外に、きれいな空気があるって信じられるほどの世界観ってまだ持ってるの?と言われるとそれって実は音楽的な質問だよねって感心しちゃう。あなたはきっと、オノマトペの使い方に研究的な人なんだろう。そういえばあの部屋にそもそも窓なんてあっけ?  あったかな。うん。まあ。きっとあったさ。きっとさ。みんな忘れているだけで。


作成日時 2023-01-14
コメント日時 2023-01-15

私の屋根裏部屋を、あなたに見せられないとしたら ポイントセクション

作品データ

コメント数 : 8
P V 数 : 668.2
お気に入り数: 1
投票数   : 5
ポイント数 : 5
#現代詩
項目全期間(2023/03/22現在)投稿後10日間
叙情性22
前衛性00
可読性00
エンタメ00
技巧22
音韻00
構成11
総合ポイント55
 平均値  中央値 
叙情性22
前衛性00
可読性00
 エンタメ00
技巧22
音韻00
構成11
総合55
閲覧指数:668.2
2023/03/22 08時54分44秒現在
※ポイントを入れるにはログインが必要です
※自作品にはポイントを入れられません。

    作品に書かれた推薦文

私の屋根裏部屋を、あなたに見せられないとしたら コメントセクション

コメント数(8)
室町礼
室町礼
作品へ
(2023-01-14)

批評性っていうのはたぶん詩そのものでもあるわけですが、 この詩の語り口は音楽的で構えることがなく読める。 がさつでな書き方しかできないわたしにはうらやましいが 真似ができるようなものじゃない。 屋根裏部屋にはどんなものが仕舞われているのか、 たぶんじぶんに愛情をもっている方にしか見せられませんよね、

0
鈴木 海兎 ??
作品へ
(2023-01-14)

読んだあとになんとなく四角い部屋の四角い窓を眺めている、閉塞感の漂う空間といっても静かさとはかけ離れている。 それは騒がしい歌詞のヴォーカルとギター音が弾むライブハウスだったり、文字いっぱいの漫画のコマにちかい。 朝、ビル街を歩くとき、朝礼中の美容師達が世辞を言い合う訓練を行っている。 僕はその姿をときどきせせら笑い、それからお店のイスに座って美容師達の緊張感を隠した口元を眺めたりして、美容師の学校を出ても、美容師で残る確率は1割ないよと断言した友達の言葉は本当なんだろうなってことを思い出しながら美容師達の実戦の場でせせら笑ったさっき自分の顔を鏡で思い出している。 本当の言葉も演技めいた言葉も自分に声かけてきた。その言葉がヒリヒリしている。何故かはじめてお付き合いした女の子を思い出している。 口の中は自戒のオノマトペでいっぱいな読後感でやんした。

0
三浦果実
作品へ
(2023-01-14)

この作品はポテンシャル感じるという感想にとどめておきたいです。なんだろうな、たしかに自分も匿名で投稿して作家性をあんまし意識させずに読まれる反応を希望したりしてるんで、匿名投稿作品の良さはわかるんだけど、最近、今作と同類系統の短編までいかないがほぼ詩じゃない小説くずれのショートショートの投稿作品が多くて食傷気味なんですよね。だから、オリジナルさを感じない。オリジナルさがなくても作家性がわかれば、「ああなるほど、この作者の文脈からいくとこの作品わかるわ」みたいな読みにもなるんですよね。匿名じゃなきゃよかったとも思うし、初投稿者なら次の作品を読んでみたい。 すみません、ビーレビのコメントって、時にイジワルっぽいんです。

0
Snydam
Snydam
作品へ
(2023-01-14)

>それを柔らかく飾れる棚はきっとほんの少しだけこの世に近く、ほんの少しだけ手に届かない距離だった その棚はもしかして、図書館の受付奥の本棚、もしくは、コンビニのレジ奥のタバコ棚なのでしょうか? >あの部屋にそもそも窓なんてあっけ? > あったかな。うん。まあ。きっとあったさ。きっとさ。みんな忘れているだけで。 その窓はガラガラ開くタイプでしょうか?パタンと開くタイプでしょうか? 入ってくる空気はどよんとしてますか?さらさらしてますか?

0
AB
作品へ
(2023-01-14)

すごく好きです。というか、こういうの書きたいと思う。 ちょっとくやしいのが、筆者さんが力を抜いてこのちょうどいい雰囲気をさらっと書かれてるようで、琴線ふるわされた僕らを、ほんとはその裏からというか、まったく別の視点から俯瞰されてるような気もします。 なんにせよ、一票入れたくてのコメントです。

0
吸収
吸収
作品へ
(2023-01-14)

最初の部分はすごく丁寧に細かくリズミカルに書いている 確かに読んだ事のある進研ゼミでやった奴感はあるけど単純に上手さの方が優っているので嫌味な感じはないですね 後半は一つ一つのエピソードに対してどうかなと思うことは増えたな そうゆう人物像を敢えて書いてるならちょっと意図が分からない まあ、屋根裏部屋はみせれないんだろうけど、その見せれないと言う アレコレをこっちは知りたいんだから作品全体を倍ぐらいの長さにして 屋根裏部屋関連をアレコレしてほしかった 歌詞とかには良いかも しかしそうなると屋根裏部屋関連完全に要らなくなるけど

0
澤あづさ
作品へ
(2023-01-15)

なんだろ、この締まりのなさ。わざと下手に書いてませんか? 底力は感じるけど、その底力に文体が釣り合ってないと思う。 ●読解一例(題名のみ) 批評性とか私怨とか差別感情とか、溜め込んだものは隠したつもりでも漏れるわけですね、みんな忘れてる屋根裏の窓からね。 一方この窓からは、他者に入り込まれさらされもする。溜め込んでいる感情は、溜め込んでいるうちに、他者の影響を受けて変化してしまう。この不如意を自覚するのはさらに困難でしょうね。隠したつもりということは閉ざしたつもり、自己を堅持できてるつもりでいるわけだから。 >換気をする場所の外に、きれいな空気があるって信じられるほどの世界観ってまだ持ってるの?と言われるとそれって実は音楽的な質問だよねって感心しちゃう。あなたはきっと、オノマトペの使い方に研究的な人なんだろう。 音楽の精神からの悲劇の誕生(ニーチェ)。 「すべてを仮象のうちに形態化・個体化する造形芸術の原理としてのアポロン的なものが、個体を陶酔によって永遠の生のうちに解体する音楽芸術の原理としてのディオニソス的なものと結び付いて、ギリシア悲劇が誕生する。」 https://kotobank.jp/word/%E3%83%87%E3%82%A3%E3%82%AA%E3%83%8B%E3%82%BD%E3%82%B9%E7%9A%84%E3%83%BB%E3%82%A2%E3%83%9D%E3%83%AD%E3%83%B3%E7%9A%84-1566605 「音楽的な質問」と、きわめてアポロン的な「オノマトペの使い方」の撞着。そのような陥穽。 ●投票理由 上記のあいまいな読解の対象は題名と4-5聯だけですが、では1-3聯は蛇足かというとそんなことない。表面上にはなんの関聯もない、描写もなければ伏線もなく、なにを説いても匂わせてもいない。そのように露骨に隠蔽しても、漏れるものは漏れるんですよって主訴(とわたしに読まれたもの)がにじみ出ている。 あたかも散文的合理的な技術を破壊する実験。たぶん音楽的、刺さる人に刺さるだけの芸術。わたしの好みではない、それどころか揚げ足取ってでも否定したい作風(なぜなら努力で研鑽できる領域ではないから)なので、巧拙はよくわかりません。安っぽいとか、狙いすぎとか思う評者が多勢かも。 でも、わたしは読まされたので、お礼に1票おいていきます。

0
エイクピア
作品へ
(2023-02-10)

人生は演技と言う事は重いと思います。誰かが言っていたと言う事だとしても、詩作者は軽く反発し、精神現象学ではないですが、自分なりの回答を見出そうすると思うのです。正反合の展開。文芸も出て来ますがそれも一応の回答なのかもしれませんが、矢張り作者は拒絶的です。屋根裏部屋に隠す習慣はちょっとした異化なのかもしれません。オノマトペまで出て来て、詩に修飾が生じました。

0

B-REVIEWに参加しよう!

新規登録
ログイン

作品をSNSで紹介しよう→

投稿作品数: 1