子牛 和牛 - B-REVIEW
新規登録
ログイン
PICK UP - REVIEW

死ね、ニュートン

こいつはいい

こいつはいいよ。文体とイメージは翻訳ランボーの剽窃だが詩の勢いはホンモノ。

豆大福の日

ひとつ私に くださいな。

仮に、お伽噺のような平和があるとしても 敵は、存在するする。人には 雉、猿、そして犬のようなタイプの人のように個性が色々であっても、共通する敵が いる。敵に勝つために、もっとも大事なことは、共通する喜びに きがつくこと

真清水るる

ひらいて、とがって

ひらひらとひらかれひかれて

ひざこぞう、に出逢ってください。そして手をのばして作品の言葉にためすすがめつ、触れてほしい。

帆場 蔵人@⚰

薬売り

胡散臭さがたまらない

怪しいものや不思議なものが好きな方におすすめしたい、世にも奇妙な掌編——

沙一

書かざる言わざる、雄弁に水銀を

黙って笑ってろ、沈黙は金

これを見ているあなた、恥ずかしくはないんですか? 答えられないのですか。 なんでですか。 理由があるという訳でもないのですか? ああ、そうか。 全部、冗談だというのですね。

鳴海幸子

夏は夜。月のころはさらなり

田舎の夜道は暗くとも、恋は華やかで明るい——

沙一

あなたとどんぐりとハナミズ……

悪意のないホローポイント弾

ここには○○の残酷さが描かれている。 ○○が何なのかは、読めばわかる… …かもしれないし、わからないかもしれない。 感じ方は「人それぞれ」だから。

R

祖父の痕跡

黙想を貫いた彼が最後にみたものは…

祖父の遺物が並んだ「私」だけの世界… 彼の深層に踏み込むべく「私」は宝物箱に触れてしまうのか…祖父とは一体何なのか…

つつみ

直列つなぎ-うんこ!!(……

青春の現代詩

青春はいつも、エロくて汗臭い。そして切ないけど優しいところもあり、美しい瞬間もあるけど、昆虫たちも僕らも命を捨てて夫婦になることを受け入れる。それが生きるということだから。個人的には、僕は飯田華子さんの紙芝居を観に行きたい。

蛾兆ボルカ

ちがう星

ピッチャーとキャッチャーみたいだね

それから時々 おなじ星

neue Ära records

いつまでもあいさつをしてゆ……

伝説の流行語はここから始まった

「かきかきたぶんしない」は伝説になった。わからない人には永遠にミューズは来ない。

neue Ära records

粘土

こんにゃろっというやり場のない怒れる者よ

ほの暗い系男子がたどり着いた極北のモノローグがきみにはわかるまい

neue Ära records

菊の花

2020年10月の裏番長/裏大賞

これの良さがわかるまで詩を書くんじゃない

neue Ära records

死んだベテルギウス

地球は退屈な諦念に埋め尽くされてる

重力に支配された地球人にはわかるまい

neue Ära records

風吹き抜ける青

残酷なロマンティズムがきみにはわかるまい

そのまま生き地獄で野垂れ死にするといいという孤高の美

neue Ära records

ぢんせぃ

その喪失感は夢かうつつか

ネットとリアルがボーダーレスな、デジタルネイティブ世代の感性──

沙一

潮風

潮の香りにのまれるように

不思議な気配が手招きをしている

帆場 蔵人@⚰

空の下

大自然という舞台への出奔

二人が走り出す。広大な大自然という舞台へ。

羽田恭

明るい朝の歌

明るい朝のうらには、暗い夜があった

外をみつめることが、内をみつめることにつながっている──

沙一

震え 揺れ 回る

一気に詩情が注ぎ込まれていく。 それが 震え 揺れ 回る。 詩を詠み終えても、止まらない。

羽田恭

生きるためにパイを焼く

どうしようもなく生きていくということ

ただパイを焼く。それだけなのだけれど、衒いも奇抜さもなく心にぶつかってきて揺さぶられる。

帆場 蔵人@⚰

別れ

靴の哀しみ

歩くための存在でありながら、誰かが履いてくれないと歩き出せない存在が、絶望して待機してる

蛾兆ボルカ

パパの日曜日

しがない日常に飽きてしまったすべての人へ

ごく平凡な日曜日のパパが、壮大で絢爛豪華な世界へ旅立つ——

沙一

「中央公園より」

わかりあえなくたっていい

人種、国籍、性別、年齢、人間同士のわかりあえないディスタンス、そんなことよりも、おたがいに笑っていよう、ここはみんなの公園だから——

沙一

わたしの髪は生きているのか……

心を亡くしてしまいそうなときに

ささやかなお洒落をたのしむ、それは自分が自分であることをわすれないために、ひつようだったのかもしれない——

沙一

この作品は読んだことがありません。


作品を
別枠表示

子牛 和牛    

朝 子牛たちを見回る。 肉になる 子牛の瞳 輝きて 「ミルクくれ」 股間に頭突き 激痛よ じっと見つめてくる。 毎日何度も出会うのに。匂いを嗅ぎ、舌を伸ばし、知らない世界を知ろうとする。 舐め回す ツナギの味は 何度目だ 舐め回す 外とツナギし 知らぬ味 世界広げし 牛舎の中 生後三か月から七か月は、この牛舎と近くの牛舎だけが世界だ。 二年後、大体肉になる。 走り出す 壁に阻まれ 引き返し 息を弾ませ 走りくるう 不幸なのかどうかはわからない。ただ安らかに眠り、食べては、走り出す。 飛び掛かる 体重100キロ やめてくれ 脱走だ 人員集合 血眼に 逃げた本牛 草をはむはむ 牛どつき 作業中 またどつき 根性据えて ヤジ牛来たり 柔らかい コラーゲン鼻 押し付けて 肺炎で 暴れ逃げて また走る 投げ縄投げても 逃げ走る 走り出せ。 肉になる、その日までは。 この子牛 いつか死なす だけど今 「安楽で」 「安穏で」 「幸せであれ」 体重が増え、肉が付き、いずれ別な牛舎へ行って、この手から離れる。 幸せに、そこで眠れ。 何であれ 苦難は越えて 牛たちへ 今日明日 その後もまた 肉にする 肉になる その日まで その日まで その日まで


作成日時 2021-04-12
コメント日時 2021-04-27

子牛 和牛 ポイントセクション

作品データ

コメント数 : 8
P V 数 : 1015.7
お気に入り数: 3
投票数   : 3
ポイント数 : 9
#現代詩
項目全期間(2021/06/18現在)投稿後10日間
叙情性54
前衛性00
可読性22
エンタメ00
技巧00
音韻10
構成10
総合ポイント96
 平均値  中央値 
叙情性1.71
前衛性00
可読性0.70
 エンタメ00
技巧00
音韻0.30
構成0.30
総合33
閲覧指数:1015.7
2021/06/18 17時52分19秒現在
※ポイントを入れるにはログインが必要です
※自作品にはポイントを入れられません。

    作品に書かれた推薦文

子牛 和牛 コメントセクション

コメント数(8)
龍子@ゆるふわが良いよね
作品へ
(2021-04-12)

何かとても深いですね 子牛達の躍動感がまた何かの切なさを感じさせます

0
羽田恭
龍子@ゆるふわが良いよねさんへ
(2021-04-12)

実は今の仕事の様子になります。 今は肉牛(和牛)の子供を世話しています。 同じ敷地の牧場で生まれて、三か月から七か月の子牛が相手です。 それ以上は基本的に、また同じ牧場の別な牛舎に移され、その後肥育の系列牧場に行くことになります。 子牛の成長は早く七か月で大きいのは200キロ超えますね。 で、七五調の部分はその子牛とのやりとりほぼそのままになります。 いつかは死なせてしまう、自分が食べてしまうかもしれない牛を最大限幸せにしようとする日々です。

0
福まる
福まる
作品へ
(2021-04-13)

確かに「肉になる」ために生まれた牛は人間にとって必要な存在なのですが、当の牛たちの意思は無視なので私に出来ることは食事の前に「いただきます」食事の後に「ごちそうさま」は言うようにしています。

0
羽田恭
福まるさんへ
(2021-04-13)

確かにできる事はそれくらいになりますね。 そして当の牛にそれを聞いたところで答えてくれませんし。 「いただきます」「ごちそうさま」せめてそう言いましょうか。

0
杜 琴乃
作品へ
(2021-04-24)

羽田さんの「肉になる」フレーズは本当に強いなぁと思います。 >朝 子牛たちを見回る。 のなんてことの無い一言から >肉になる 子牛の瞳 輝きて の唐突な七五調が「ただ事じゃない」感をだしていて、自然と崩していた足を正座に直しました。どつかれたり、逃げられたりしてとても大変そうなのに、愛情を感じるのは「草をはむはむ」とか「柔らかい コラーゲン鼻」の「柔らかい」とかそういう筆者の感覚や眼差しのためなのだろうと思い居ました。 私も日々感謝して、いただきます。

0
羽田恭
杜 琴乃さんへ
(2021-04-24)

>自然と崩していた足を正座に直しました。 まさかそのように読んでいただけるとは。 書いた甲斐がありました。 どつかれたり捕まえたりで大変ですがなんだかんだ楽しくやっています。 では感謝しましょう。 「いただきます」「ごちそうさま」

1
AB
作品へ
(2021-04-27)

毎回、まともな評が書けなくて申し訳ないのですが、 歌とつぶやきでつながれている、行間からしみだしてくるのが、くりかえして読むと味が増してきます。 フレーズとして、ツナギやコラーゲンなどは五感すべてのリアリティがあっていいです。このあたりは、作者(名)と作品と切り離せないことかもしれません。

0
羽田恭
ABさんへ
(2021-04-27)

実際、これでもかと言うほど子牛と戯れ、どつきどつかれ、餌をやって、治療し続ける毎日です。 こんな日々だからこそこの詩が書けました。 ちなみに牛の鼻は本当に柔らかいです。 最早、自分の構成要素の一つが牛なのかもしれないので、自分とこういった作品は切り離せないかもしれないです。

0

B-REVIEWに参加しよう!

新規登録
ログイン

作品をSNSで紹介しよう→

投稿作品数: 1