逡巡とした - B-REVIEW
新規登録
ログイン
PICK UP - REVIEW

夏は夜。月のころはさらなり

田舎の夜道は暗くとも、恋は華やかで明るい——

沙一

あなたとどんぐりとハナミズ……

悪意のないホローポイント弾

ここには○○の残酷さが描かれている。 ○○が何なのかは、読めばわかる… …かもしれないし、わからないかもしれない。 感じ方は「人それぞれ」だから。

R

祖父の痕跡

黙想を貫いた彼が最後にみたものは…

祖父の遺物が並んだ「私」だけの世界… 彼の深層に踏み込むべく「私」は宝物箱に触れてしまうのか…祖父とは一体何なのか…

つつみ

直列つなぎ-うんこ!!(……

青春の現代詩

青春はいつも、エロくて汗臭い。そして切ないけど優しいところもあり、美しい瞬間もあるけど、昆虫たちも僕らも命を捨てて夫婦になることを受け入れる。それが生きるということだから。個人的には、僕は飯田華子さんの紙芝居を観に行きたい。

蛾兆ボルカ

ちがう星

ピッチャーとキャッチャーみたいだね

それから時々 おなじ星

のいえられこーず

いつまでもあいさつをしてゆ……

伝説の流行語はここから始まった

「かきかきたぶんしない」は伝説になった。わからない人には永遠にミューズは来ない。

のいえられこーず

粘土

こんにゃろっというやり場のない怒れる者よ

ほの暗い系男子がたどり着いた極北のモノローグがきみにはわかるまい

のいえられこーず

菊の花

2020年10月の裏番長/裏大賞

これの良さがわかるまで詩を書くんじゃない

のいえられこーず

死んだベテルギウス

地球は退屈な諦念に埋め尽くされてる

重力に支配された地球人にはわかるまい

のいえられこーず

風吹き抜ける青

残酷なロマンティズムがきみにはわかるまい

そのまま生き地獄で野垂れ死にするといいという孤高の美

のいえられこーず

ぢんせぃ

その喪失感は夢かうつつか

ネットとリアルがボーダーレスな、デジタルネイティブ世代の感性──

沙一

潮風

潮の香りにのまれるように

不思議な気配が手招きをしている

帆場 蔵人@⚰

空の下

大自然という舞台への出奔

二人が走り出す。広大な大自然という舞台へ。

羽田恭

明るい朝の歌

明るい朝のうらには、暗い夜があった

外をみつめることが、内をみつめることにつながっている──

沙一

震え 揺れ 回る

一気に詩情が注ぎ込まれていく。 それが 震え 揺れ 回る。 詩を詠み終えても、止まらない。

羽田恭

生きるためにパイを焼く

どうしようもなく生きていくということ

ただパイを焼く。それだけなのだけれど、衒いも奇抜さもなく心にぶつかってきて揺さぶられる。

帆場 蔵人@⚰

別れ

靴の哀しみ

歩くための存在でありながら、誰かが履いてくれないと歩き出せない存在が、絶望して待機してる

蛾兆ボルカ

パパの日曜日

しがない日常に飽きてしまったすべての人へ

ごく平凡な日曜日のパパが、壮大で絢爛豪華な世界へ旅立つ——

沙一

「中央公園より」

わかりあえなくたっていい

人種、国籍、性別、年齢、人間同士のわかりあえないディスタンス、そんなことよりも、おたがいに笑っていよう、ここはみんなの公園だから——

沙一

わたしの髪は生きているのか……

心を亡くしてしまいそうなときに

ささやかなお洒落をたのしむ、それは自分が自分であることをわすれないために、ひつようだったのかもしれない——

沙一

angel coffee?……

一瞬と、永遠

幸せなコーヒーと、降りやまない雨、好きな人といるとき、あなたならどちらを選びたいですか?

沙一

食べ物と死ぬ人

目が付いているうちに読みたまえ諸君

傑作。 目が付いているうちに読みたまえ、諸君。他に言うべきことはない。

石村利勝

別れ

余りにも挑戦的、だがそれがいい

数ある一行詩の中でも、想像力/表現力がとても高い作品。最初は(え、これだけ?)と感じることだろう。しかし、これだけ?からの作中世界の広がり方は、これだけ?発言が恥ずかしくなるほど広すぎるのだ。

ふじりゅう

ママンへ

散り際にも見えるママンの後ろ姿

無駄なくそつなく、それでいて大胆にママンに語りかける。「ママンへ」あなたはこの書き出しで何を思い、連ねますか?

stereotype2085

名残の雪

美しいと思える作品だった

美しい空間を、踏む。踏むことで、汚す。踏むことで汚す、明示のされない寂しさ。本作にとって、雪を踏む行為、それだけが個の存在の証明なのだ。

ふじりゅう

この作品は読んだことがありません。


作品を
別枠表示

逡巡とした    

 鉄粉のせいか油のせいかも分からない汚れたちは、もう二度と取れない。不要な作業服を破いたパッチが膝と尻の部分に縫い付けてある。  時代はITだというのに、この業界は高度成長期と何ひとつ変わっていない気がする。そんな時代など教科書で習っただけなのだが。  ネットで見かける仕事の苦労はたいがいオフィスや接客の人間たちが書き込んだもので、荷崩れを起こして死にかけたとか作業服が燃えて火傷したとかそんな類の苦労話なんて見かけもしない。なんだか俺たちは時代に置き去りにされているような気さえしてくる。あと二十年すればコンピュータエンジニアたちに『職人』の座を明け渡さなきゃならない時が来ると本気で考えている。  昼休みのチャイムが工場こうばに鳴り響き、八人足らずの男達が各々散ってゆく。  八月の気温と湿度に犯されながらの溶接は何年経っても慣れやしない。防護具の類を全部取り去り、Tシャツ一枚になっても、濡れきったズボンとパンツまで脱ぐわけにはいかない。  外に出た途端なめらかに地肌を這う盛夏の生ぬるい風すらもクーラーのようだ。  俺は社用車と呼ぶチャリンコにまたがり、すぐそこのコンビニへ弁当を買いに行く日課。そこには毎日数台の一トントラックが停められ、車中にはタバコを吸いながらスマホを弄ったり腕組して寝入る土方連中がフロントガラス越しに薄く見える。  工場仕事しかしてこなかった俺には奴らの苦労が知れない。空調の効いたオフィスで働く人間には同類に見えるだろうが、俺と奴らには決定的な隔たりがあるものだ。フロントガラス一枚分の隔たりが。  ――あと三時間はいるな。  隣の児童公園にあるブランコに座り、脚長二十五ミリの指示が入った架台を思い出しながらささみサラダを口に放り込んだ。  まるでクーラーのようだった風も、あるべき八月の風に還り俺の体を蝕む。紫外線が痛い。それでもあのコンプレッサーの音が響く工場にいるよりずっといい。休憩時間は静かな方が好きだ。  ランドセルを背負った子どもたちが大人しく歩いている。手提げ袋を提げながら。  ――終業式か。  自分も子供の頃はその日にとてつもない背徳感を感じていたが、その実長い長い夏休みは退屈な一秒の連続だったと思い出し、過去の自分に同情した。 「先生にいってやるからな!!」  四人組の中から一人距離を置く子がそう叫んだ。驚いた。もう忘れ去られた過去の常套句だと思っていたそのセリフはまだ死んではいなかったのだ。  それがなんだか嬉しくなって、俺は歌を歌う。  ラ〜ラ〜ラ〜  に〜じが〜 にじが〜  そ〜らにかか〜って〜…‥  大人になって改めて聴き直した『にじ』の歌詞は、天と地がひっくり返っても子供では決して理解できない普遍の美しさを持っていた。  俺が今、汗だくになりながらクソ暑い夏にさらされているのも、土方がエアコンを効かせた車中で体を休めるのも、何をされたか知らんが機嫌を悪くしているあの子供も、虹を見ればちょっとは嬉しいのだ。  夏はコールドジンを三杯、冬は湯割りを五杯。毎夜酒に溺れる俺の気分もその瞬間晴れる。中学生の時、帰りのHRで両端も背景も見えないほどクッキリと、正しく青空に『浮かび上がった』虹に、クラスメイトも担任教師も、他の教室からも歓声が挙がっていたあの日のように。  子供たちの喧騒だけが居残る公園で汗にまみれるTシャツ姿の工員は俺だ。追憶にある俺たちの果てに俺がいる。何ひとつ大業を成せそうな兆しもなく、築五十年程のコンクリートアパートに住んで、職も暮らしも時代に置き去りにされた廃退的極まりない俺がいる。  父方、母方双方の祖父は俺が十二の年に一人暮らす家で孤独死した。実家暮らしの二十歳の時、その年から続けざまに慣れ親しんだ一人暮らしの婆ちゃんたちが三人死んだ。  人生が分からない。  富を得ても、名誉を授かっても、人徳に恵まれても、俺たちは自身の暮らししか知れず、自分よりも生活水準の低い人間に対して哀れみや優越をおぼえ、同じ程度の人間の庭を羨み、虹を見れば何だか嬉しくなる。  そして崩れ去るカウントダウンを思い出すと、虹を見る暇を忘れまた歩みを始める。  十三時三分。  今の俺のように。

scroll


作成日時 2021-01-15
コメント日時 2021-01-18
ログインしてコメントを書く
ログイン







新規ユーザー登録はこちら

パスワードを忘れた方はこちら

逡巡とした ポイントセクション

作品データ

コメント数 : 6
P V 数 : 694.0
お気に入り数: 2
投票数   : 7
ポイント数 : 70
#縦書き #受賞作
項目全期間(2021/02/25現在)投稿後10日間
叙情性155
前衛性40
可読性155
エンタメ100
技巧100
音韻70
構成91
総合ポイント7011
 平均値  中央値 
叙情性7.57.5
前衛性22
可読性7.57.5
 エンタメ55
技巧55
音韻3.53.5
構成4.54.5
総合3535
閲覧指数:694.0
2021/02/25 05時50分03秒現在
※ポイントを入れるにはログインが必要です
※自作品にはポイントを入れられません。

逡巡とした コメントセクション

コメント数(6)
沙一
作品へ
(2021-01-16)

読み応えのある散文詩、というよりは生き様でした。ここにえがかれている人物像が事実かフィクションかは知りませんしそんなことはあまり関係ないように思い、しかしリアリティを感じられたことは確かです。 一日を人生に喩えるなら、お日様が天頂から下り始める十三時は、まだまだ働き盛りとはいえ人生の下り坂を意識し始める年齢ではないでしょうか。このお昼の時間帯に人生観を重ねる構成も見事です。

1
みやび
みやび
沙一さんへ
(2021-01-17)

コメントありがとうございます。 ぶっちゃけどこまで実体験を盛り込んでどういう脚色したものか悩んでの結果ですが、リアリティを強く主張したかったのは確かですので良い結果ではあるかなと受け止めさせて頂きます。 自分は詩よりも掌編小説の方が書いていて楽しいんだと思います。

0
yamabito
作品へ
(2021-01-17)

 とても良い作品だと思いました。私も職種こそ違い(外仕事メインです)ますが、きつい作業の瞬間の自然の美しさや野鳥のさえずりに癒されることがしばしばあります。共感を得ることができましたし、文体もたいへん技巧的に詩情があふれています。

1
みやび
みやび
yamabitoさんへ
(2021-01-17)

こんにちは。 実は『伐採』に触発されて書いたモノなので、yamabitoさんの目に触れられて嬉しく思います。おかげさまでこんな感じに仕上がりました。ありがとうございます。

0
羽田恭
作品へ
(2021-01-17)

自分も今月、労働を詩にした「ナウ タイムス」なる作品を投稿していますが、この「逡巡とした」との差は”祈り”さらに言えば”恍惚” というのがあるかないかになるかと思いました。 例えば >築五十年程のコンクリートアパートに住んで、職も暮らしも時代に置き去りにされた廃退的極まりない俺がいる。 そうであってもあまり気にしないで労働を続けてしまうでしょうし、 >人生が分からない。 わからなくとも働けるなら働こう、作り上げた物が良いと言えるものであればそれでいい。 そうやって生きていってしまうでしょう。 いいか悪いかは別ですが。 いいように使われて、盲目的に働いてるだけだと言われたら否定できない所はありますし。 その人のスタンスによりますし。

1
みやび
みやび
羽田恭さんへ
(2021-01-18)

こんばんは。 「ナウ タイムス」読ませて頂きました。 確かに「逡巡とした」よりも俯瞰した目線で冷静に"労働"を見つめ、羽田さんの仰る祈りも表現の中にすくいやすく含まれていると同感します。 言い返すと書くと喧嘩売ってるようになっちゃいますが(笑)、僕自身は仕事は大好きですよ(笑)ほんとに(笑)毎日楽しく働いてます(笑)

0
ログインしてコメントを書く
ログイン







新規ユーザー登録はこちら

パスワードを忘れた方はこちら

B-REVIEWに参加しよう!

新規登録
ログイン

作品をSNSで紹介しよう→

投稿作品数: 2