ショートホープ - B-REVIEW
新規登録
ログイン
PICK UP - REVIEW

あなたとどんぐりとハナミズ……

悪意のないホローポイント弾

ここには○○の残酷さが描かれている。 ○○が何なのかは、読めばわかる… …かもしれないし、わからないかもしれない。 感じ方は「人それぞれ」だから。

R

祖父の痕跡

黙想を貫いた彼が最後にみたものは…

祖父の遺物が並んだ「私」だけの世界… 彼の深層に踏み込むべく「私」は宝物箱に触れてしまうのか…祖父とは一体何なのか…

つつみ

直列つなぎ-うんこ!!(……

青春の現代詩

青春はいつも、エロくて汗臭い。そして切ないけど優しいところもあり、美しい瞬間もあるけど、昆虫たちも僕らも命を捨てて夫婦になることを受け入れる。それが生きるということだから。個人的には、僕は飯田華子さんの紙芝居を観に行きたい。

蛾兆ボルカ

ちがう星

ピッチャーとキャッチャーみたいだね

それから時々 おなじ星

のいえられこーず

いつまでもあいさつをしてゆ……

伝説の流行語はここから始まった

「かきかきたぶんしない」は伝説になった。わからない人には永遠にミューズは来ない。

のいえられこーず

粘土

こんにゃろっというやり場のない怒れる者よ

ほの暗い系男子がたどり着いた極北のモノローグがきみにはわかるまい

のいえられこーず

菊の花

2020年10月の裏番長/裏大賞

これの良さがわかるまで詩を書くんじゃない

のいえられこーず

死んだベテルギウス

地球は退屈な諦念に埋め尽くされてる

重力に支配された地球人にはわかるまい

のいえられこーず

風吹き抜ける青

残酷なロマンティズムがきみにはわかるまい

そのまま生き地獄で野垂れ死にするといいという孤高の美

のいえられこーず

ぢんせぃ

その喪失感は夢かうつつか

ネットとリアルがボーダーレスな、デジタルネイティブ世代の感性──

沙一

潮風

潮の香りにのまれるように

不思議な気配が手招きをしている

帆場 蔵人@⚰

空の下

大自然という舞台への出奔

二人が走り出す。広大な大自然という舞台へ。

羽田恭

明るい朝の歌

明るい朝のうらには、暗い夜があった

外をみつめることが、内をみつめることにつながっている──

沙一

震え 揺れ 回る

一気に詩情が注ぎ込まれていく。 それが 震え 揺れ 回る。 詩を詠み終えても、止まらない。

羽田恭

生きるためにパイを焼く

どうしようもなく生きていくということ

ただパイを焼く。それだけなのだけれど、衒いも奇抜さもなく心にぶつかってきて揺さぶられる。

帆場 蔵人@⚰

別れ

靴の哀しみ

歩くための存在でありながら、誰かが履いてくれないと歩き出せない存在が、絶望して待機してる

蛾兆ボルカ

パパの日曜日

しがない日常に飽きてしまったすべての人へ

ごく平凡な日曜日のパパが、壮大で絢爛豪華な世界へ旅立つ——

沙一

「中央公園より」

わかりあえなくたっていい

人種、国籍、性別、年齢、人間同士のわかりあえないディスタンス、そんなことよりも、おたがいに笑っていよう、ここはみんなの公園だから——

沙一

わたしの髪は生きているのか……

心を亡くしてしまいそうなときに

ささやかなお洒落をたのしむ、それは自分が自分であることをわすれないために、ひつようだったのかもしれない——

沙一

angel coffee?……

一瞬と、永遠

幸せなコーヒーと、降りやまない雨、好きな人といるとき、あなたならどちらを選びたいですか?

沙一

食べ物と死ぬ人

目が付いているうちに読みたまえ諸君

傑作。 目が付いているうちに読みたまえ、諸君。他に言うべきことはない。

石村利勝

別れ

余りにも挑戦的、だがそれがいい

数ある一行詩の中でも、想像力/表現力がとても高い作品。最初は(え、これだけ?)と感じることだろう。しかし、これだけ?からの作中世界の広がり方は、これだけ?発言が恥ずかしくなるほど広すぎるのだ。

ふじりゅう

ママンへ

散り際にも見えるママンの後ろ姿

無駄なくそつなく、それでいて大胆にママンに語りかける。「ママンへ」あなたはこの書き出しで何を思い、連ねますか?

stereotype2085

名残の雪

美しいと思える作品だった

美しい空間を、踏む。踏むことで、汚す。踏むことで汚す、明示のされない寂しさ。本作にとって、雪を踏む行為、それだけが個の存在の証明なのだ。

ふじりゅう

例えば鳥の教え

色が付いたばかりの映画のように

情景の転調あるいは繋がりが「色彩」を基調にして、境界をあいまいにしながら広がる。

鈴木歯車

この作品は読んだことがありません。


作品を
別枠表示

ショートホープ    

残業帰りにコンビニに寄って私は 砂肝と豚焼き、ウィスキーと炭酸水、ショートホープを一箱。 気まぐれにちょっと体の事を考えて、サラダとドレッシングもついでに買いコンビニを出た。 ポイントは貯まるけど、貯金は貯まらない。 不満は積もるけど、風が吹いても飛んでは行かず、夜だとまだ肌寒い。 こんな生活で良いのだろうかと私は考える。 お菓子作りの専門学校に入学したけど、何処も採用してくれなかった。 本当は洋菓子屋さんで、甘いクリームの香りに包まれながら働きたかった。 だけど、コンビニ業界がスイーツに目を付けて力を入れ出してしまったせいで お菓子屋さんへ足を運ばなくても、美味しいケーキが食べられる時代になってしまった。 次々と有名なチェーン店も、個人で昔からやっているお店もどんどん閉店していった。 もう慣れてしまったけど、増税の影響で財布の紐が固くなってしまっているのも原因だ。 ちゃんとしたお菓子屋さんは食材や製法に手間暇を掛けるから高いのだ。 コンビニは、私にとって夢を潰した存在であるが、そこまで憎んではいない。 だって憎んで、もう行きませんと誓っても、私の生活が不便になるだけだ。 仮にその生き方を貫いたとしても誰も褒めないし、コンビニには影響なんてない。 グダグダと考えていると、もうボロアパートまで着いてしまった。 クタクタの状態で鉄の階段を踏み鳴らし、一番奥の私の部屋のドアを開けた。 すると真っ暗な部屋の真ん中に、黒い人影が浮かんでいた。 私は買い物した晩御飯を投げ付けて、「誰だ!?」と正体も分からずに取っ組み合いをした。 「いだだだ!いだい!いだいです!離して下さい!」それは若い女の声だった。 ただですら驚いたのに、まさか暴漢ではなく女だったとは…。 私は女を足で踏みつけたまま立ち上がり、部屋の明かりを付けた。 そこには10代の羽を生やして、環形蛍光灯を頭に浮かべている女がいた。 「お前は誰だ!何処から私の部屋に入って来た!?」 嗚咽を吐きながら女は「わだしは…てんじでず…。」と言った。 確かに天使みたいな姿をしているけど、そんなのがいる訳が無い きっとこいつは、頭がおかしくなった不審者だと私は思い警察に通報しようと思った。 「あ、待って下さい!何をするんですか!?」 「そりゃ、あんたを警察に突き出すんだよ!この変態!」 「変態じゃありません!私は…天使です!」 「あのね…この空間に…そんな格好をして居たら、もう変態と呼ぶしかないんだよ…。」 私は何でコイツは分からないんだと呆れてしまった。なんか、頭も痛くなって来た。 「だから変態じゃありません!私は…天使です!」溜めて強く言った所で私には響かない。 もうこの体勢で言い合うのに疲れた私は、何かあっても勝てそうだろうから話を聞くとした。 丸テーブルに向かい合うように座らせて、投げ付けた晩御飯を置いた。 なんか目の前で起こっている事なんだけど、自分の出来事じゃないような、そんな気分だった。 私はショートホープの封を切り、一本取り出して火を点けた。 不法侵入して来た奴ではあるが、煙を吹きかけるのは申し訳ないので上を向いて煙を吐いた。 「それで…天使さん。私の部屋に入って、何をしたかったんですか?盗みですか?」 「盗みなんかしません!私は、天使です!此処に来たのは…そう!あなたを幸せにする為です!」 「あぁーそうなの?じゃあ、出て行って貰えると私の幸せな日常が戻って来るかな?出口はこっちでーす。」 「出て行きません!私はあなたに尽くして、幸せにするんです!」 「いや別に、そんな事をされなくても…私、そんな困ってないし…。」 自分でも不思議だが、困ってないと断言を出来なかった。天使はそこを正確に突いて来た。 「困っていなければ良いのですか?それ以上の幸せをあなたは手に入れられるのに…良いんですか?」 さっきまで、散々言い負かして来たのに何も言い返せなかった。 「急な出来事で、疑う気持ちも、信じたくない気持ちも分かります。」 「いや…別に…良いよ…。」口にしてしまったが、本心でないと自分でも分かった。 「もしかして、幸せになる為に何かを変えるのが怖いのですか?」 図星だ…。そう私は、あの時からもう多くを望まない事にしたんだった。 このショートホープを選んで吸っている理由もそんなのが理由だった。 ショートホープは他の煙草と違って太くて短い。そして十本しか入っていない。 私はもう多くの事を望まないで生きるんだ。 希望なんて糞くらえ!全部、全部、灰にしてやる! 太く短く生きて死んでやるんだと思いながら吸っていたんだった。 それを思い出した時に私は涙がホロリと流れ、止まらなくなった。 「涙を流すという事は、本当は変わりたいのですね?」 「うん…変わりたい…でも、もう傷付きたくない…。」本心だった。 諦め癖が付いてからは泣くことも無かったから、ちゃんと言えたか分からないが、そう言った。 「大丈夫、心配しないで。その為に私はあなたの元にやって来たんです。」 天使は私の元に寄りギュッと抱きしめた。 そして…「イタダキマス!」と天使は私の頭を齧った。 ああ、そうね…そうだよね…私の人生なんて…そうだよね…。 そう言えば、ゲームかなんかで天使は人語を話せるけど、獣だって設定があったなぁ…。 可愛い見かけで人を油断させて捕食する。まぁ、そんなのもう…どうでも良いか…。 ………………………… ……………………… …………………… ……………… …………… ………… ……… …… … 「っていう、出会いをしたんだっけ?」 「何ですか!私を不審者や化け物みたいに扱って!」 私はあれから、天使と同居する事にした。 まだ特別、大きな幸せが起きているわけではないけれど 今、希望に溢れている。

scroll


作成日時 2020-03-18
コメント日時 2020-04-02

ショートホープ ポイントセクション

作品データ

コメント数 : 10
P V 数 : 1068.4
お気に入り数: 0
投票数   : 0
ポイント数 : 35
#縦書き
項目全期間(2021/01/24現在)投稿後10日間
叙情性55
前衛性00
可読性102
エンタメ154
技巧33
音韻00
構成22
総合ポイント3516
 平均値  中央値 
叙情性11
前衛性00
可読性20
 エンタメ31
技巧0.60
音韻00
構成0.40
総合76
閲覧指数:1068.4
2021/01/24 05時24分41秒現在
※ポイントを入れるにはログインが必要です
※自作品にはポイントを入れられません。

    作品に書かれた推薦文

ショートホープ コメントセクション

コメント数(10)
ゆい
ゆい
作品へ
(2020-03-18)

「ショートホープ」というタイトルに惹かれて読み始めたら、面白くて、何だか少しだけ悲しくて、やっぱり面白くて、、今は、この感情のままいたいので、考えるのはまた読みに帰ってきた時にします!

0
沙一
作品へ
(2020-03-18)

おもしろかったです。天使がなぜ主人公のまえにあらわれたのかとか、こまかい事情なんかは本題ではなく、重要なのはおそらく、幸運はとつぜんに舞い降りてくることもある、という示唆だと思うんですね。そのとき人は、変化をおそれて躊躇し、幸運をみすみす見逃してしまうこともあるでしょうが、前向きであれば、幸運を掴むこともできる。人生にたいせつなのは、ノリ、なのかもしれないな、と思わされました。 それに、ノリのいい気分でいられるなら、たばこやお酒といった嗜好品も、案外わるくないんじゃないかなと思います。まあ、健康を損なわない程度に。

0
AB
作品へ
(2020-03-19)

おもしろかったです。 ささやかな望み、みたいなものが見え隠れしてるのがじんわりといいです。

0
カオティクルConverge!!貴音さん
ゆいさんへ
(2020-03-19)

希望と実物の煙草を混ぜてみました。 短い希望(HOPE)をどう扱うか私は考えた事があります。 案外、ゆっくり根元までガッツリと吸うんです。 諦めてるくせに縋ってるんですね。 笑えて来ます。 その辺の私成分が入っていたら嬉しいです。

0
カオティクルConverge!!貴音さん
沙一さんへ
(2020-03-19)

傘子地蔵や鶴の恩返しみたいに理由があっての幸福は それを理由に受け入れられます。 挫折もそうです。 ハッキリとしたものは目に見えているから克服できるし だから私はダメなんだと言い訳も出来るんです。 だけど、今回みたいに決定的じゃないぼやーとした挫折は 擦り傷を水に浸けるかのように完治せず グジュグジュとその人腐らせます。 そして、自分は最初からこんな奴だったと堕落させます。 そんな人が救われて欲しいってのと 理由のない幸福、不条理や理不尽ともいえる形でやって来た時に 人はどうするのか?私はどうしてしまうのかを書いてみました。 読んでいただきありがとうございます。

0
カオティクルConverge!!貴音さん
ABさんへ
(2020-03-19)

なんか詩ってよりはラノベみたいな感じだなーと思いましたけど どんな形であれ、面白かったら嬉しいです! 書き終わって思ったのは、中原岬ちゃんを求めていたのかも知れません

0
IHクッキングヒーター(2.5kW)
作品へ
(2020-03-28)

>溜めて強く言ったところで私には響かない。 ここ好き。 僕はラノベはほとんど、いやまったく読まないのですが、なにかが違っていたらラノベにどはまりしていた世界線もあったかもしれない、と思いました。

0
カオティクルConverge!!貴音さん
IHクッキングヒーター(2.5kW)さんへ
(2020-03-31)

私もラノベは呼んだ事ないです。 西尾維新がラノベ扱いなら、読んだことになります。 なんか、散文にしても小説にしても 良くも悪くも半端なので、これがラノベって奴なのかなと思いました。

0
藤 一紀
作品へ
(2020-03-31)

こんばんは。昔、 「短い希望と長い平和」みたいなことを書いたことがあって、無論ショートホープ、ロングピースのことだったのですが、その記憶があったのでどこかしら「希望」につながってくるのかな、という予想はありました。しかし、話の展開が高額セミナーや新興宗教の勧誘などの常套話法に似ていて、主人公の崩れ方もそれに近く、型にはまっているように思っていたのですが、……まさか、かじりつくとは笑 予想外の展開で笑えました。そこそこ満足しているとはいえどこか中途半端でもやもやを抱えている前半に比べるとラストの明るさは晴れ晴れしていてよいですね。

0
カオティクルConverge!!貴音さん
藤 一紀さんへ
(2020-04-02)

良いですねぇ。煙草は詩にすることありますが、何気にその2つを組み合わせて書いたことないので、ネタ保存しますね。 今思うと寄生獣のパロディみたいですね。頭かじりついてますから。 とにかく、飛びきり不幸でもなく特別良い思いもしてない。ある意味、平和で順調なんだけど、何かモヤモヤしていて+-で言うとちょっと-な状態が晴れる。+に動き出すを書けていたら良かったです。

0

B-REVIEWに参加しよう!

新規登録
ログイン

作品をSNSで紹介しよう→

投稿作品数: 1