古びたデジタル時計への愛の詩 - B-REVIEW
新規登録
ログイン
PICK UP - REVIEW

あなたとどんぐりとハナミズ……

悪意のないホローポイント弾

ここには○○の残酷さが描かれている。 ○○が何なのかは、読めばわかる… …かもしれないし、わからないかもしれない。 感じ方は「人それぞれ」だから。

R

祖父の痕跡

黙想を貫いた彼が最後にみたものは…

祖父の遺物が並んだ「私」だけの世界… 彼の深層に踏み込むべく「私」は宝物箱に触れてしまうのか…祖父とは一体何なのか…

つつみ

直列つなぎ-うんこ!!(……

青春の現代詩

青春はいつも、エロくて汗臭い。そして切ないけど優しいところもあり、美しい瞬間もあるけど、昆虫たちも僕らも命を捨てて夫婦になることを受け入れる。それが生きるということだから。個人的には、僕は飯田華子さんの紙芝居を観に行きたい。

蛾兆ボルカ

ちがう星

ピッチャーとキャッチャーみたいだね

それから時々 おなじ星

のいえられこーず

いつまでもあいさつをしてゆ……

伝説の流行語はここから始まった

「かきかきたぶんしない」は伝説になった。わからない人には永遠にミューズは来ない。

のいえられこーず

粘土

こんにゃろっというやり場のない怒れる者よ

ほの暗い系男子がたどり着いた極北のモノローグがきみにはわかるまい

のいえられこーず

菊の花

2020年10月の裏番長/裏大賞

これの良さがわかるまで詩を書くんじゃない

のいえられこーず

死んだベテルギウス

地球は退屈な諦念に埋め尽くされてる

重力に支配された地球人にはわかるまい

のいえられこーず

風吹き抜ける青

残酷なロマンティズムがきみにはわかるまい

そのまま生き地獄で野垂れ死にするといいという孤高の美

のいえられこーず

ぢんせぃ

その喪失感は夢かうつつか

ネットとリアルがボーダーレスな、デジタルネイティブ世代の感性──

沙一

潮風

潮の香りにのまれるように

不思議な気配が手招きをしている

帆場 蔵人@⚰

空の下

大自然という舞台への出奔

二人が走り出す。広大な大自然という舞台へ。

羽田恭

明るい朝の歌

明るい朝のうらには、暗い夜があった

外をみつめることが、内をみつめることにつながっている──

沙一

震え 揺れ 回る

一気に詩情が注ぎ込まれていく。 それが 震え 揺れ 回る。 詩を詠み終えても、止まらない。

羽田恭

生きるためにパイを焼く

どうしようもなく生きていくということ

ただパイを焼く。それだけなのだけれど、衒いも奇抜さもなく心にぶつかってきて揺さぶられる。

帆場 蔵人@⚰

別れ

靴の哀しみ

歩くための存在でありながら、誰かが履いてくれないと歩き出せない存在が、絶望して待機してる

蛾兆ボルカ

パパの日曜日

しがない日常に飽きてしまったすべての人へ

ごく平凡な日曜日のパパが、壮大で絢爛豪華な世界へ旅立つ——

沙一

「中央公園より」

わかりあえなくたっていい

人種、国籍、性別、年齢、人間同士のわかりあえないディスタンス、そんなことよりも、おたがいに笑っていよう、ここはみんなの公園だから——

沙一

わたしの髪は生きているのか……

心を亡くしてしまいそうなときに

ささやかなお洒落をたのしむ、それは自分が自分であることをわすれないために、ひつようだったのかもしれない——

沙一

angel coffee?……

一瞬と、永遠

幸せなコーヒーと、降りやまない雨、好きな人といるとき、あなたならどちらを選びたいですか?

沙一

食べ物と死ぬ人

目が付いているうちに読みたまえ諸君

傑作。 目が付いているうちに読みたまえ、諸君。他に言うべきことはない。

石村利勝

別れ

余りにも挑戦的、だがそれがいい

数ある一行詩の中でも、想像力/表現力がとても高い作品。最初は(え、これだけ?)と感じることだろう。しかし、これだけ?からの作中世界の広がり方は、これだけ?発言が恥ずかしくなるほど広すぎるのだ。

ふじりゅう

ママンへ

散り際にも見えるママンの後ろ姿

無駄なくそつなく、それでいて大胆にママンに語りかける。「ママンへ」あなたはこの書き出しで何を思い、連ねますか?

stereotype2085

名残の雪

美しいと思える作品だった

美しい空間を、踏む。踏むことで、汚す。踏むことで汚す、明示のされない寂しさ。本作にとって、雪を踏む行為、それだけが個の存在の証明なのだ。

ふじりゅう

例えば鳥の教え

色が付いたばかりの映画のように

情景の転調あるいは繋がりが「色彩」を基調にして、境界をあいまいにしながら広がる。

鈴木歯車

この作品は読んだことがありません。


作品を
別枠表示

古びたデジタル時計への愛の詩    

デジタル時計の突然の疲弊 何の音もない空間に何の音もせず 徒に静止して何の表情も示さない ごめんねの一言は喉から出ない ごめんねの震えを喉ぼとけは感知しない だってそれはデジタル時計 命令に忠実なだけのデジタル時計 たまにミスするデジタル時計 時間の相対性が証明されたあとで 淡々と生まれた時計のひとつ くるくる針がまわっちゃあ 三半規管が壊れちゃいそうだって そうやってぼくはデジタル時計だけを 愛することに決めたんだっけ そうだっけ 君の液晶はダークマターのように 何一つ皮膚で感じられない smartphoneで見る時計は綺麗で アイツがたまにする計算ミスもなくて 世界中の時間を瞬時に計算してくれて 就寝時刻にそっと声をかけてくれて アイツにできない実務をしてくれて 疲れてもすぐに回復するパートナーらしい オーロラ色の夕日が差し込む時間帯 君の角ばった頭を撫でてみた それは、ただのデジタル時計 それは、たまに計算ミスをする それは、この場所の時間しか計算できない それは、就寝時刻にも私を無視する それは、突然疲れ果て、突然だんまりだ それは、おおよそ、過去の遺産のような扱いらしい


作成日時 2020-03-17
コメント日時 2020-03-26

古びたデジタル時計への愛の詩 ポイントセクション

作品データ

コメント数 : 7
P V 数 : 1137.8
お気に入り数: 1
投票数   : 0
ポイント数 : 18
#現代詩
項目全期間(2021/01/20現在)投稿後10日間
叙情性55
前衛性44
可読性22
エンタメ22
技巧22
音韻00
構成33
総合ポイント1818
 平均値  中央値 
叙情性11
前衛性0.80
可読性0.40
 エンタメ0.40
技巧0.40
音韻00
構成0.61
総合3.63
閲覧指数:1137.8
2021/01/20 06時21分56秒現在
※ポイントを入れるにはログインが必要です
※自作品にはポイントを入れられません。

    作品に書かれた推薦文

古びたデジタル時計への愛の詩 コメントセクション

コメント数(7)
千才森 万葉
千才森 万葉
作品へ
(2020-03-22)

 お邪魔します。  どうしてこんなにも難しい話題を選んだのだろうか、と言うのが最初の印象でした。わたしなら、この話題を作品に出来る腕がないので、まず手を出さないです。  デジタル時計とスマートフォン。一昔前なら、チクタクのアナログ時計と無音のデジタル時計の対比だったんでしょうけども。正直、すこぶる難しいです。使い古されたネタですし、半分まで読むと恐らく大抵の人が最後までの流れを読めてしまうので、読ませる作品まで昇華させようとすれば人並み以上、更に数段上の視点や発想を求められるでしょう。平易ゆえに、とんでもなく難しい。  本作品は技術の練習を兼ねているのかなと読めました。  説明→感情→説明→感情の流れから入って、雰囲気に鋭さを射し込むダークマターやsmartphoneの単語。よそよそしいスマホの説明と、デジタル時計の現実味の籠もった説明。繰り返しの「それは、」。 らしい、の使い方もスマホとデジタル時計では違いますね。誰かから聞いて述べているかのような自分の意見と、自分とは異なる周囲の感想。  色々な手法が使われています。  わたしの感覚ですけども、形は間違っては無いんですよ。ただ、いまいち効果を発揮できていないように見えます。用法用量を間違っているような。どこがどう機能していないのかを書ければ良いんですけど、わたしも正確にはわかってないのです。あ、ただ、「らしい」の使い方は凄く上手だなと思いました。  日常を作品に出来たら、間違いなく有利に働く。ネタが尽きることは無いですからね。普段見聞きしているものを興味深く書けたら最高だとわかってはいるんですけど、わたしはよく諦めてファンタジーに逃げてます。ふじりゅうさんは現実の話題の方が強そうですね。これは羨ましいです。

0
AB
作品へ
(2020-03-23)

おそらく30年以上前に、世の中に液晶デジタルが浸透した頃に、あの人はアナログ、デジタルと呼び分けはじめたことが、これからもくりかえされてくのかな。と感じました。

0
AB
作品へ
(2020-03-23)

あ、万葉さんのコメントとにかぶってますね。すみません。

0
ふじりゅう
千才森 万葉さんへ
(2020-03-24)

ありがとうございます。 確かに難しい題材かもですが、それをものにしたかった悔しさが非常にあります。 分析痛み入ります。恐らく、何となく培った技巧的な何かはあるのですけれど、そんな小手先で作品を纏めようとしてしまっていて、自分が目指している、捻れた世界と感情と人、を全く意識していなかったような気がします。 勉強になります。頑張ります。

0
ふじりゅう
ABさんへ
(2020-03-24)

ありがとうございます。 優しい世界、或いは、いわゆるラブアンドピース的な何かを書こうとした、つもりの作品です。忘れられていく時計への、忘れられることへの情を、失念したくない気持ちで書きました。ただ、作品へもうひとつ向き合えていなかったのかもしれません。 今一歩頑張ってみます。

0
せいろん
作品へ
(2020-03-26)

>それは、この場所の時間しか計算できない >それは、就寝時刻にも私を無視する >それは、突然疲れ果て、突然だんまりだ この「過去の遺産」とふじりゅうさんが仰っているもの、その通りだと思います。 過去に活躍していたスポーツ選手の持っていた記録のようなものですよね。いずれ塗り替えられるのがほぼ確定しているような… ふじりゅうさんの着眼がとても冴えているなあと驚きました! そして、とても読みやすく優しい作品でした。 また読ませてください。

0
ふじりゅう
せいろんさんへ
(2020-03-26)

ありがとうございます。ある先輩は、自分の部屋に時計をひとつも設置していない、時間の把握は全てスマホで行っているというお話をされたことがあり、自分にとってかなりの衝撃だったことを覚えています。そのエピソードが土台となっておりますが、もう少し濃密な展開にできたのではないかと、自己反省をしております。とはいえ、おほめにあずかり光栄です。

1

B-REVIEWに参加しよう!

新規登録
ログイン

作品をSNSで紹介しよう→

投稿作品数: 1