お知らせ

なさけない人   

作成日時 2017-07-15
コメント日時 2017-07-19

空の血が 降ってくる 白いおべべを 染めていく 化石になった 私の心を ふよふよと 干ししいたけみたいに 戻していくのだ けれども なさけない私の心は 弱くてもろいものだから ぱきんぱきんとかけている ざあざあ当たったところから ぶしう、と噴き出す 私の血潮 あまりに痛いものだから 欠けてしまった なにかを 探してみはするが、 不器用で なさけない 私は また 新しいところに 心をぶつけて 欠けさせて あろう事か そのまんま 置いてきてしまう あゝ、雨は嫌いだ さわやかで 生き返るようで 大嫌いだ


項目全期間(2019/05/25現在)投稿後10日間
叙情性00
前衛性00
可読性00
エンタメ00
技巧00
音韻00
構成00
総合ポイント00
 平均値  中央値 
叙情性00
前衛性00
可読性00
 エンタメ00
技巧00
音韻00
構成00
総合00
閲覧指数:25.7
2019/05/25 05時08分21秒現在
※ポイントを入れるにはログインが必要です
※自作品にはポイントを入れられません。


コメント数(2)
花緒 (2017-07-16):

渋い一作ですね。民謡のような音律も感じます。ふよふよと干ししいたけみたいに、など、面白いオノマトペがたくさん使われていますね。

まりも (2017-07-19):

リズムや韻律が、なつかしいような心地よいような感覚に連れて行ってくれますね。 百均さんのツイキャスでもコメントしたのですが、心が乾いてしまっているから、脆く折れてしまうのであるなら・・・その心を生き返らせる雨、水、思いやりや優しさ・・・は、惠の雨のはず、なのですが。 既に、乾いた心はその脆さゆえに傷ついていて・・・乾いている時には、その痛みに気付かずにいられるのに、雨で生き返っていくと、その痛みを思い出してしまう、そんなジレンマを、体感的に感じました。 あの時の痛み、この時の痛み・・・それが、かさぶたのように乾いているのに、またはがれてしまう、そんな感覚にも似ているけれど・・・もっと全体が、バラバラと壊れていくような切実さを感じます。

投稿作品数: 1