DELETE。 - B-REVIEW
新規登録
ログイン
PICK UP - REVIEW

永遠の反射

名作?それともただの習作?

ただの習作なのかもしれない。が、ここには作者当人も気付いていないかもしれない、天才がいる。俺の直観は当たるんだよ。人生で二回くらいは。

石村利勝

こんにちは まっさらな世界

「まっさら」の優れた表現

あなたの世界も「まっさら」ではないかな? 「まっさら」なのに、書けますか?

南雲 安晴

imagine

パンチング。

今からリーディング界隈を、ノックアウト。

stereotype2085

大人

ただ  納豆  は苦手

生き返る、 笑いながら、 台所で、 さばかれるキミ、さあ、明日から食わず嫌いはやめよう。

湯煙

はっかといちご

詩における視覚要素の決定版

いわゆる視覚詩的なものは作ろうとするとパッと見の奇抜さで満足してしまい、それを行った理由に乏しくなってしまうことが往々にある。しかし「はっかといちご」はその域を超え、結晶の造形だからそこの効果を成せている。

渡辺八畳

独言少女

いつも終電に間に合う人生生きてますか

少女の独言は胸に刺さる。というか萌える。条件があって、少女は本当に少女でなくてはならず独言は本当に独言でなくてはならない。なのでこの詩は刺さるし萌える。

石村利勝

MY 9090 OF NO……

最先端ノスタルジア

なつかしみが 超えてゆく 未来という名のノスタルジイ 

真清水るる

骸骨スフィア

プラトニックな求愛の舞踏

ほろびたゆえに、もうほろびることのない、永遠の愛。それは、幸せか、囚われか——

沙一

人魚性

海、たましいの故郷

素直さゆえに、なじめない人間のせかいにたいする、異邦のかんかく——

沙一

宇宙飛行士の解剖

死因は、孤独

二重の夜に、追い詰められた、かれは、涯のない闇のなか、吊るされた——

沙一

家庭の檄文

悲運

そこには笑顔の絶えない、家庭があった。

stereotype2085

あす

ミのシャープはファ

「ミのシャープ/響かせる笹舟にのせて/送り出してみる」って、やりますねえ。ひねりが利いてて鮮やか軽やか、清新なリリシズム。これぞ令和の”もののあはれ”じゃないですか?

石村利勝

ヘビと戦う

家に蛇は、居つくことがある。

子どもの頃、蛇は家を守るから 粗末にしてはいけないと、聴きました。 なるほど、そういうことか。

真清水るる

バナナはおやつに入りますか

たもつワールド全開

これはバナナですか いいえ詩です たもつザ・ワールドです

羽田恭

TOKYO

不良天使の幻像

広大さと、小さなもの、神聖さと、世俗的なものの、コントラストに富んだミニチュア——

沙一

風景を食む

我々も本作の出来に食まれていく

この良さは読まぬと分からぬが、読むと確実に心が仕留められる。独特の風景の描写は人の記述がないからこそ冷涼な空気を作り出す。

ふじりゅう

失踪

現代詩が現代であることを実感できる

古風な詩作品から一線を画した作風に我々は驚く。

ふじりゅう

お別れの挨拶

&氏による待望の一作

ロシヤ、という響きの不思議さに、貴方はもう逃れられない。。。

ふじりゅう

フィラデルフィアの夜に Ⅻ

フィラデルフィアシリーズ最新作!

羽田氏のフィラデルフィアシリーズ最新作が公開された。その完成度には毎度驚かされるばかりだ。

ふじりゅう

この作品は読んだことがありません。


DELETE。    

朝つゆの落ちる目覚め。肌の感覚なんて失われてもう久しく。君も僕も初めから存在しなかったかのように。一日は明けて、終わる。忍び足で近づいてきた想い出は、振り返れば舌を出して立ち去っていて。それが無性に寂しくて、僕らは。 未来とか今とか関係ない時間と場所にいて。 はるか遠くに見えるのは子供たちの影で。 壊れてしまったAIと遊んでいるのは誰ですか? 僕が見たかったのは守られるべき魂で、 ビジネスパーソンが利益をあげる間に、友だちが戦争に駆り出される光景じゃなかった。ザンネンデス。涙ながらに話をしているのだけれど、貴方にはただの笑い話、世迷言にしか聞こえないのでしょうね。 一生懸命僕たちは生きてきたつもりだけど、 多分これで最後です。貴方と話をするのは。 何も通じず何も分かり合えなかった。遠くで聞こえたのは泣き声。 すべてが時間の無駄で徒労でどうしようもなく無価値な代物で。 残念ながら「ボクタチは時代と結ばれるウンメイになかったのです」 嘆くしかないが、ガラクタはガラクタとして生きていくしかない。 人間は削られていく。跡形もなく。野良猫はどこかへ消えた。 人間は削られて。空を飛んでいたのはいつの頃か。そんな記憶さえなくしてしまった。雲を突き抜けるブランコは一回転して、僕らにアッカンベーをしたのさ。まだ足りないかい? 人間は削られていく。どうしても避けられない。君が何をしたかったのかなんて今さら思い出せないよ。悲しいことにね。あー。ナミダだ。 人工猫の誕生日を迎えても、何も奇跡なんて起こらないことを知って。 感情とか息遣いとかましてや個性なんてどうでもいいと罵られる時代ですよ。 それでも何がしか足跡を残したくてもがいてるんでしょう。冷めたフリをしてくすぶってるんですよ、腹の底では情熱とか呼ばれた何かが。遊んでいるフリをして考えているのは僕たちの行く末、進むべき道で、狂っていると言われようが稚拙だと言われようがそれは揺るぎないマッコトで。 ワカッテマス。僕たちが異常なんでしょう。引きずったのは昨日口説きそこねた女の話じゃなくて、ただただ何も成し遂げられなかった後悔。後悔。大後悔ですよ。ザンネンデスネ。僕らの人生を全削除です。なのにたかぶるのは詩情。上々なテンションで落下。容態は悪化。 カンラカンラと笑う声。カンラカンラと笑う声。カンラカンラと笑う声。遠くへ逃げていく子供たちは今でも陽気です。きっと僕たちが台無しにした将来を信じているんでしょう。今この瞬間にも僕たちはその間違いに気づけますか? 色、匂い、輪郭、手触り、そのすべてを信じてイノチを注ぎ込みたい。 君の歌声を聴きたいです。野ざらしにされた舞台の上で。 君の声を、言葉を聴きたいです。回りつづける時計の針は決して僕らのベクトルとは一致しないかもしれない。それでも。 君の歌声を聴きたいです。いつも通りになることなんて何一つないけれど、君の笑顔が笑い声が、そんなものが僕を幸せにしてくれるんです。 君の声を、言葉を。 何を探していますか?何を求めていますか?オシエテイタダケマスカ?あー。これも血だ。 伸びていく声は何かの道しるべで、僕たちはその指し示す通り歩いてきたつもりだけど、やがてそれも終わる。全DELETE。


作成日時 2019-12-12
コメント日時 2019-12-27

DELETE。 ポイントセクション

作品データ

コメント数 : 3
P V 数 : 772.1
お気に入り数: 0
ポイント数 : 18
#テキスト
項目全期間(2020/03/31現在)投稿後10日間
叙情性77
前衛性00
可読性55
エンタメ00
技巧00
音韻33
構成33
総合ポイント1818
 平均値  中央値 
叙情性3.53.5
前衛性00
可読性2.52.5
 エンタメ00
技巧00
音韻1.51.5
構成1.51.5
総合99
閲覧指数:772.1
2020/03/31 04時03分44秒現在
※ポイントを入れるにはログインが必要です
※自作品にはポイントを入れられません。

DELETE。 コメントセクション


コメント数(3)
真清水るる (2019-12-13):

stereotype2085 さんの詩の世界に溺れ死んでしまったので、今日の私の世界は、またも終わりました。私も 今日も めでたく、ご愁傷さまになりました。ありがとうございます。 この詩の最後は「君の声を、言葉を。」というように 君の声や笑顔を求めていますが、読者自身の発語を 声を 誘発する作品であると、私は感じました。 この詩を読むことで、私は、なにか、なになんだかは、うまくいえませんが、なにかが言いたくなる。 この詩は、読点【、】あろう箇所が、句点【。】でしめされており、【。】から【。】までの文章量が、実際に朗読をおこなったとして おそらく適切な文章量で区切られていますね。これは、つまり。この詩文の骨をレントゲンのような心で透かせてみれば、今月のほうひとつの作品と 本作品は、おなじことが おっしゃりたかったのだと、私は感じました。おわりからやさしみのしとねでとけてまた、めざめる……みたいな……。 >僕らの人生を全削除です。なのにたかぶるのは詩情。上々なテンションで落下。容態は悪化。 ↑ ここなんて、発音したい!です。ラップですか? けれど、この詩は、人生を終えるかのように一日をささやきながらクローズさせる今月のほうひとつの作品【また明日】のように、おわることから結ばれようとしている。てそのように、たかぶる詩情だと思いました。全作【また明日】は朗読ありきの作品でしたが、この作品もまた 朗読であるべき作品だと個人的には思いました。

0
真清水るる (2019-12-13):

×今月のほうひとつの作品【また明日】 〇今月のもうひとつの作品 誤字訂正いたします。

0
stereotype2085 (2019-12-27):

るるさん、コメントありがとうございます。返信遅れに遅れました。この詩は、そうですね。何か一つの方向性の終わりを自覚しながら書いたものです。でもまだその方向性に未練というか、執着があるから嘆き節のようになっている。構造としては若さや衝動性が一欠けらずつ失われていく最中、それでももがいて「君」を求めていると言ったら格好つけすぎでしょうか。とにかくこの詩は「DELETE。」というタイトルが表すように、何かの終わり、一つの物語の終焉、削除される何かを指し示したものです。まだまだ足りないものが多いですが、この詩は次の詩的な世界観へのステップ、足がかりとなることでしょう。 「。」の使い方とか、朗読であるべき作品ではないかとの指摘はさすがるるりらさんだな、と思いました。深く読み取っていただきありがとうございます。ラップも意識しましたね。やはり。

0

B-REVIEWに参加しよう!

新規登録
ログイン

作品をSNSで紹介しよう→

投稿作品数: 1