anthem - B-REVIEW
新規登録
ログイン
PICK UP - REVIEW

食べ物と死ぬ人

目が付いているうちに読みたまえ諸君

傑作。 目が付いているうちに読みたまえ、諸君。他に言うべきことはない。

石村利勝

別れ

余りにも挑戦的、だがそれがいい

数ある一行詩の中でも、想像力/表現力がとても高い作品。最初は(え、これだけ?)と感じることだろう。しかし、これだけ?からの作中世界の広がり方は、これだけ?発言が恥ずかしくなるほど広すぎるのだ。

ふじりゅう

ママンへ

散り際にも見えるママンの後ろ姿

無駄なくそつなく、それでいて大胆にママンに語りかける。「ママンへ」あなたはこの書き出しで何を思い、連ねますか?

stereotype2085

名残の雪

美しいと思える作品だった

美しい空間を、踏む。踏むことで、汚す。踏むことで汚す、明示のされない寂しさ。本作にとって、雪を踏む行為、それだけが個の存在の証明なのだ。

ふじりゅう

例えば鳥の教え

色が付いたばかりの映画のように

情景の転調あるいは繋がりが「色彩」を基調にして、境界をあいまいにしながら広がる。

鈴木歯車

おかあさん

史上最強のタイトル回収

本文たったの6行、造作もなく読み切れ、詩人よ。 そして再度タイトルを見返し驚愕せよ、詩人よ。

さ、さ、さ、

空なんか見てんじゃないよ

淘汰

この詩はあるタイプの詩と詩人を淘汰するべく書かれている と言えば言い過ぎか。 要注目。

stereotype2085

はずしわすれた風鈴が鳴る

やさしくせつない短歌集

かたづけられない想い出、それでもめぐりくる季節——

沙一

春風に吹かれてる

だいじょうぶだあ

《なんてこたあ ないんだよ》 天国から呼びかける声が、聴こえる。

stereotype2085

永遠の反射

名作?それともただの習作?

ただの習作なのかもしれない。が、ここには作者当人も気付いていないかもしれない、天才がいる。俺の直観は当たるんだよ。人生で二回くらいは。

石村利勝

こんにちは まっさらな世界

「まっさら」の優れた表現

あなたの世界も「まっさら」ではないかな? 「まっさら」なのに、書けますか?

南雲 安晴

imagine

パンチング。

今からリーディング界隈を、ノックアウト。

stereotype2085

はっかといちご

詩における視覚要素の決定版

いわゆる視覚詩的なものは作ろうとするとパッと見の奇抜さで満足してしまい、それを行った理由に乏しくなってしまうことが往々にある。しかし「はっかといちご」はその域を超え、結晶の造形だからそこの効果を成せている。

渡辺八畳

独言少女

いつも終電に間に合う人生生きてますか

少女の独言は胸に刺さる。というか萌える。条件があって、少女は本当に少女でなくてはならず独言は本当に独言でなくてはならない。なのでこの詩は刺さるし萌える。

石村利勝

MY 9090 OF NO……

最先端ノスタルジア

なつかしみが 超えてゆく 未来という名のノスタルジイ 

真清水るる

骸骨スフィア

プラトニックな求愛の舞踏

ほろびたゆえに、もうほろびることのない、永遠の愛。それは、幸せか、囚われか——

沙一

人魚性

海、たましいの故郷

素直さゆえに、なじめない人間のせかいにたいする、異邦のかんかく——

沙一

宇宙飛行士の解剖

死因は、孤独

二重の夜に、追い詰められた、かれは、涯のない闇のなか、吊るされた——

沙一

家庭の檄文

悲運

そこには笑顔の絶えない、家庭があった。

stereotype2085

あす

ミのシャープはファ

「ミのシャープ/響かせる笹舟にのせて/送り出してみる」って、やりますねえ。ひねりが利いてて鮮やか軽やか、清新なリリシズム。これぞ令和の”もののあはれ”じゃないですか?

石村利勝

バナナはおやつに入りますか

たもつワールド全開

これはバナナですか いいえ詩です たもつザ・ワールドです

羽田恭

TOKYO

不良天使の幻像

広大さと、小さなもの、神聖さと、世俗的なものの、コントラストに富んだミニチュア——

沙一

風景を食む

我々も本作の出来に食まれていく

この良さは読まぬと分からぬが、読むと確実に心が仕留められる。独特の風景の描写は人の記述がないからこそ冷涼な空気を作り出す。

ふじりゅう

失踪

現代詩が現代であることを実感できる

古風な詩作品から一線を画した作風に我々は驚く。

ふじりゅう

お別れの挨拶

&氏による待望の一作

ロシヤ、という響きの不思議さに、貴方はもう逃れられない。。。

ふじりゅう

この作品は読んだことがありません。


作品を
別枠表示

anthem    

腕に 足に 首に 唇に 爪先に 額に 指先に 踝に まだ なお 幼い体の隅々に 貴方のイメージの欠片 幸福な夢 夜の中に 硝子の音 潰れた左目が宇宙を見てる頃だよ 君の左手にそっと火をつけたげる 内緒だよ 君の故郷を燃やしてあげる ふふふ。内緒 光 透け 夜の海の広さ まだ硝子の胸を裂いて 溢れる 声は 夜を往く渡り鳥の交わす 響く 髪 揺れ 要らない 愛しい 血を落として歩いてきたんでしょう 鐘が鳴って 誰もが祈り乞う声を 常に殺しながら 愛しいと抱いた 指 白 は 夜に溶ける 残像 鏡の中の僕 角と耳と尾 神様の獣 君もそう? あぁ、君が切ない鳥の声で鳴くから たまんない たまんない 君の苦鳴が どれだけ 僕の幸せを呼んだか 僕が何度心の中で涙を落としたか もっと深く刺したかった 1mmも傷つけたくないな ナイフの刃に映る新月 ベッドから落ちる死者のような腕 張り詰めるものを殺さないで 張り詰めたままでそこに受け入れて ちゃんと傷つこう?違う? 傷、欲しいでしょう これまでの 惨めと傷みと悲しみを 僕の咥内に押し込めて 飲んであげる 失敗 失敗 失敗 君の右目に映る空 焦がしたかった 焦がしたげる 嫉妬で黒くなった肺で笑った ハイんなってね あれ、また、嘘? ふふふ。 僕 嘘つかないよ さよなら 信じていて 震えてしまう すれ違ってしまう僕らを 君のその不細工な命を 裸足で辿る道を 左目から生える翼を どうか 裏切らないで ほどいたげる 逃がしたげる 僕が叫ぶ 笑う 願う 君も 夢見てる


作成日時 2017-06-04
コメント日時 2017-06-23

anthem ポイントセクション

作品データ

コメント数 : 7
P V 数 : 227.1
お気に入り数: 0
ポイント数 : 0
項目全期間(2020/06/04現在)投稿後10日間
叙情性00
前衛性00
可読性00
エンタメ00
技巧00
音韻00
構成00
総合ポイント00
 平均値  中央値 
叙情性00
前衛性00
可読性00
 エンタメ00
技巧00
音韻00
構成00
総合00
閲覧指数:227.1
2020/06/04 22時18分35秒現在
※ポイントを入れるにはログインが必要です
※自作品にはポイントを入れられません。

    作品に書かれた推薦文

anthem コメントセクション


コメント数(7)
白犬 (2017-06-04):

すみません、ミスがありました。信じていて 震えてしまうの間を半角スペースを、全角スペースにして下さい。お忙しいところ、お手数をおかけします。

0
花緒 (2017-06-05):

マナーガイドライン(http://breview.main.jp/index/guideline/)にもあるように、修正は受け付けない。のですが、ご指摘の点は、誤字脱字の類とは異なり、こちらのシステムの問題の可能性もあるため、修正しました。確認くださいまし。 ざっと読みましたが、前半の良さが、中盤以降、息切れしている印象を受けました。ポエム感がそこはかとなく漂う作品だと思うのですが、そのバランス調整が、中盤以降、やや崩れているような。精読した上での感想ではなく、修正がてら確認した感じなので、まあ、聞き流していただければとは存じますが。はい。

0
まりも (2017-06-19):

anthem、讃歌、祝歌、聖歌・・・辞書ではこうした意味が出てきますが・・・ロックミュージックなどでは、また異なった意味合いで用いられるのでしょうか。詳しい方に伺いたいです。 全身をくまなく愛おしまれている幼子・・・のイメージが、「硝子の音」「潰れた左目が」の辺りから、急に破壊されていくもの、不穏イメージ、に変化する。転調しているように感じます。 「君の故郷を燃やしてあげる」「誰もが祈り乞う声を/常に殺しながら/愛しいと抱いた」刹那的な、破壊衝動、嗜虐衝動、のようなもの。 「君の苦鳴が どれだけ 僕の幸せを呼んだか 僕が何度心の中で涙を落としたか/もっと深く刺したかった 1mmも傷つけたくないな」傷つけたい、傷つけたくない。アンビバレントな感情の中で、本来は共に生きたい、という感情が、共に滅びてしまいたい、というエネルギーに回収されていくように感じました。 左、には、何か特別なイメージがあるのか・・・中盤から後半にかけて、言葉があふれるままに絞り出しているような印象も受けるのですが(「あれ、また、嘘?/ふふふ。」というような挿入部分が、流れというか勢いを、むしろ削いでしまっているようにも感じます)前半から中盤にかけての転調部分が魅力的な作品だと思いました。

0
白犬 (2017-06-23):

花緒さん お読みくださり、ありがとうございます。 仰る通り、前半から中盤にかけてはすらすらと纏まって書けたのですが、後半は息切れした、というより、書きたい感情が様々に溢れて、巧く纏められなかった作品です。ポエム感はとても強いですね。特に、ご指摘の通り後半、「さよなら 信じていて 震えてしまう すれ違ってしまう僕らを 君のその不細工な命を 裸足で辿る道を」等は、私の嫌悪してきた、悪い意味でのポエムそのものだと思います。ただ、その時の気持ちを正直に書こうと思ったらこうなりました。巧い表現が見つからなく、ひねりも無くありきたりな表現に堕してしまいました。 最近、何故ポエムが悪いのかとも考えます。生の複雑な感情や状態を、知識や知性や工夫や敏感で繊細な感覚も無く、有り触れた、とってつけたような言葉で表してしまうからかな、とか。そんなものが人の琴線に触れるわけない、どころか、真剣に言葉と向き合っている人にとっては苛立たせてしまうだけかなとか。ただ、使われる言葉に罪はない。前から言っていますが、私はくさいフレーズ、ベタなフレーズを巧く使いこなしたいと考えています。それを効果的にやるには、やはり並々ならぬセンスがいるのでしょうね…。精進します。 実は、現状、この作品、B-REVIEWに投稿したものとしては、「ring」の次くらいに気に入っていています。問題の後半部分ですが、私は今まで詩作をするとき負の感情を前面に出してきた(出さざるを得なかった)のですが、この作品の、後半は痛みの中にも希望を見出そうとしています。おそらく、それが、バランス調整が崩れたことと関係がある。巧く言えないですが、希望を描くことは絶望を描くより難しいのかもしれません。絶望は有り触れているが、本当の意味での希望はどこにも無い、と思ってしまうくらいに、希少なものに思えるから。私の描いている「希望」も、人から見れば鼻で笑ってしまう程度の幻想なのかもしれないし、まだまだ私にはそれを描ける力が無いのか。そもそも、個人にとっての希望など、他人から見たらどうでも良い、下手したら憎らしいものなのではないかとか。色々考えてしまい、答えは出ません。巧く纏まりませんが、引き続き、考えて詩作に反映させられたらと思います。ポエム感も使いこなせる書き手になれたらなぁと思います。 お読みくださり、感想・ご批評をいただき、ありがとうございました。

0
白犬 (2017-06-23):

まりもさん お読みくださり、ありがとうございます。 私はロック等を聴く中でアンセムという言葉を覚え、そこになんとなく、他者と共有する歌、1つの集団のシンボル的な歌、というイメージを持っていたのですが、改めて調べたところ、やはり教会での聖歌・讃歌・祝歌のようなところから転じて、何かの集団を賛美し応援する歌、そのミュージシャンの象徴的な、代表的な歌、という意味になっているようです。https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1448812999 私は、この詩を、「君」に代表される「誰か」と思いを共有する、またはそれに挑戦していく過程の詩と思っているので、1人ではなく2人、集団、「僕ら」を勇気づけ応援する歌という意味で、anthemとつけました。 転調部分を褒めてくださり、ありがとうございます。人生も人間関係も、転調していくものだと思います。刹那的な、破壊衝動、嗜虐衝動、と言っていただきましたが、どうしても人と関わる中で、建設的なばかりでない、破壊的な感情も出てしまうものだと思います。燃やす、に関しては、私は破壊的なイメージばかりを抱いているわけでは無いです。むしろ、燃焼させる、火が拡がる、など、こう、ばーにん!なイメージが(何を言っているんだ)火は、破壊的な一方で、人を温め、熱くもする。負のイメージばかりではないところを、この詩には込めたかった。それに、炎は綺麗なものです。 アンビバレントな感情は全くその通りで、その辺を的確に読んでいただけて嬉しいです。「本来は共に生きたい、という感情が、共に滅びてしまいたい、というエネルギーに回収されていく」は、私の中では少し違っていて、後半は「ほどいたげる/逃がしたげる」が入る通り、この詩の結末は「共に滅びてしまいたい」ではなく「別れてそれぞれに生きていくこと」です。だから、「さよなら 信じていて 震えてしまう すれ違ってしまう僕らを 君のその不細工な命を 裸足で辿る道を」が入るし、別れて生きていくこと、それでも何かを共有しているのだという願いや鼓舞を、anthemというタイトルには含ませたつもりでした。左に関しては、世間一般的に、右に対して負のイメージがありませんか?その程度のうっすらした象徴性ですが、私自身、まっとうでも正当でもない、負の生(?)を送ってきたという認識があるので、そうした、負い目を抱いている「君」(誰か)に対する肯定として、「左目から生える翼」等を入れてみたところがあります。 中盤以降は、花緒さんにもご指摘いただいてレスしたように、言葉や感情を巧く纏められませんでした。書く勢いはあったのですが、コントロールできず。却って勢いを殺してしまってみえる、というご指摘はその通りと思います。自分でも書いているうちから感じていました。それでも、書きたかったという後半ではあります。もう少し、推敲して、前半から後半までの流れを滑らかにすると、勢いが持続されたかもしれないな、とか。精進します。 前向きな詩は難しいですね。。。でも、気に入っている詩ですし、またチャレンジしたいなと考えています。 お読みくださり、感想・ご批評をいただき、ありがとうございました。

0
田中恭平 (2017-06-23):

こんにちは。 二度ほど拝読しましたが、最後の「夢見てる」をどう捉えるか。私は「夢見てる」って凄く希望感の ある言葉だな、と思いましたが、世間一般に「夢オチ」ってあるじゃないですか。なんだ、夢の話か、 で醒めてしまうといったような。これは希望を抱いている、の意の「夢見てる」だと思ったのですが、 この一語が重たくていいと思うんですね。 前述された暴力衝動みたいなものが、ふっと消える希望、又はアンビバレントな内心が 整う、といった有様が、この一語で想起させられて、嗚呼、読みに付き合って良かったかな、 と思いました。

0
まりも (2017-06-23):

白犬さん  >「本来は共に生きたい、という感情が、共に滅びてしまいたい、というエネルギーに回収されていく」は、私の中では少し違っていて、後半は「ほどいたげる/逃がしたげる」が入る通り、この詩の結末は「共に滅びてしまいたい」ではなく「別れてそれぞれに生きていくこと」です。 こうした、作者の側からの「思い」を聞けるということ、それが、双方向メディア(といっていいのかな)の投稿掲示板の醍醐味だと思います。なるほど、と納得しながら読みました。 「ばーにん」・・・私も否定的な感覚ではなく、魂を燃やす、燃焼させる、生き切る、というような、情熱を掻き立てるイメージとして、肯定的な意味でも捉えています。その意識が高じて、私も自分の詩の中に燃える、燃やす、焼き尽くす、といったイメージを持ち込むことが多く・・・コワイなどと言われますが(笑) ありがとうございました。

0

B-REVIEWに参加しよう!

新規登録
ログイン
投票不可

作品をSNSで紹介しよう→

投稿作品数: 1