野菜スープ - B-REVIEW
新規登録
ログイン
PICK UP - REVIEW

食べ物と死ぬ人

目が付いているうちに読みたまえ諸君

傑作。 目が付いているうちに読みたまえ、諸君。他に言うべきことはない。

石村利勝

別れ

余りにも挑戦的、だがそれがいい

数ある一行詩の中でも、想像力/表現力がとても高い作品。最初は(え、これだけ?)と感じることだろう。しかし、これだけ?からの作中世界の広がり方は、これだけ?発言が恥ずかしくなるほど広すぎるのだ。

ふじりゅう

ママンへ

散り際にも見えるママンの後ろ姿

無駄なくそつなく、それでいて大胆にママンに語りかける。「ママンへ」あなたはこの書き出しで何を思い、連ねますか?

stereotype2085

名残の雪

美しいと思える作品だった

美しい空間を、踏む。踏むことで、汚す。踏むことで汚す、明示のされない寂しさ。本作にとって、雪を踏む行為、それだけが個の存在の証明なのだ。

ふじりゅう

例えば鳥の教え

色が付いたばかりの映画のように

情景の転調あるいは繋がりが「色彩」を基調にして、境界をあいまいにしながら広がる。

鈴木歯車

おかあさん

史上最強のタイトル回収

本文たったの6行、造作もなく読み切れ、詩人よ。 そして再度タイトルを見返し驚愕せよ、詩人よ。

さ、さ、さ、

空なんか見てんじゃないよ

淘汰

この詩はあるタイプの詩と詩人を淘汰するべく書かれている と言えば言い過ぎか。 要注目。

stereotype2085

はずしわすれた風鈴が鳴る

やさしくせつない短歌集

かたづけられない想い出、それでもめぐりくる季節——

沙一

春風に吹かれてる

だいじょうぶだあ

《なんてこたあ ないんだよ》 天国から呼びかける声が、聴こえる。

stereotype2085

永遠の反射

名作?それともただの習作?

ただの習作なのかもしれない。が、ここには作者当人も気付いていないかもしれない、天才がいる。俺の直観は当たるんだよ。人生で二回くらいは。

石村利勝

こんにちは まっさらな世界

「まっさら」の優れた表現

あなたの世界も「まっさら」ではないかな? 「まっさら」なのに、書けますか?

南雲 安晴

imagine

パンチング。

今からリーディング界隈を、ノックアウト。

stereotype2085

はっかといちご

詩における視覚要素の決定版

いわゆる視覚詩的なものは作ろうとするとパッと見の奇抜さで満足してしまい、それを行った理由に乏しくなってしまうことが往々にある。しかし「はっかといちご」はその域を超え、結晶の造形だからそこの効果を成せている。

渡辺八畳

独言少女

いつも終電に間に合う人生生きてますか

少女の独言は胸に刺さる。というか萌える。条件があって、少女は本当に少女でなくてはならず独言は本当に独言でなくてはならない。なのでこの詩は刺さるし萌える。

石村利勝

MY 9090 OF NO……

最先端ノスタルジア

なつかしみが 超えてゆく 未来という名のノスタルジイ 

真清水るる

骸骨スフィア

プラトニックな求愛の舞踏

ほろびたゆえに、もうほろびることのない、永遠の愛。それは、幸せか、囚われか——

沙一

人魚性

海、たましいの故郷

素直さゆえに、なじめない人間のせかいにたいする、異邦のかんかく——

沙一

宇宙飛行士の解剖

死因は、孤独

二重の夜に、追い詰められた、かれは、涯のない闇のなか、吊るされた——

沙一

家庭の檄文

悲運

そこには笑顔の絶えない、家庭があった。

stereotype2085

あす

ミのシャープはファ

「ミのシャープ/響かせる笹舟にのせて/送り出してみる」って、やりますねえ。ひねりが利いてて鮮やか軽やか、清新なリリシズム。これぞ令和の”もののあはれ”じゃないですか?

石村利勝

バナナはおやつに入りますか

たもつワールド全開

これはバナナですか いいえ詩です たもつザ・ワールドです

羽田恭

TOKYO

不良天使の幻像

広大さと、小さなもの、神聖さと、世俗的なものの、コントラストに富んだミニチュア——

沙一

風景を食む

我々も本作の出来に食まれていく

この良さは読まぬと分からぬが、読むと確実に心が仕留められる。独特の風景の描写は人の記述がないからこそ冷涼な空気を作り出す。

ふじりゅう

失踪

現代詩が現代であることを実感できる

古風な詩作品から一線を画した作風に我々は驚く。

ふじりゅう

お別れの挨拶

&氏による待望の一作

ロシヤ、という響きの不思議さに、貴方はもう逃れられない。。。

ふじりゅう

この作品は読んだことがありません。


作品を
別枠表示

野菜スープ    

  雨が降っているから ここにいろ、と温かい野菜スープを出されて 何もない郊外・・・・・・、針の雨も降らない。 と考えつつ、さっきまでの憤怒が 冷たい体が、ずずっ。幽体より 人間に帰るころ 少し腰の螺子が痛い、 けれど 目をつむり湯気のなか、 おいしいよ と告げる。 想像したことがあるのか?と親父は言って 妄想ならいつもしている、と応える。 どこにいるんだ?お前は 旅をしている、 紙の上で 動かせない体、唯一眼と耳と指を使って。 無理なんだ、どこにもいけないんだ 針の雨が降っているんだから、 お前の体はいずれ錆びる。 本当に何もできなくなるぞ、 頑張る、 頑張って楽園へいく。 っていうか行ってる。 妄想じゃないか。 匂い。 匂い? 眠りやすくなるんだ。 それだけが救いなんだ。 それで仕事ができる。 感謝している、本当に。 桃の匂い。 東洋か、西洋か知れない、 妄想を定義できるほど、頭良くないから。 本を読んでいるじゃないか。 欲しいものは本当に数行、聖書も食い足りない、 原著で読みたい、でもそんなに頭が良くない。 遺伝じゃない、親父は生活できている、 動くこともままならない僕とは違う、 川があるでしょ、あれを渡って仕事に行ってた あそこでゾーンが切り替わる。 ゾーン? 僕は演技しはじめる。言葉を書く妄想男から 肉体労働者に演技する。仕事に必要な肉体は 仕事で得られる。 それで吸ってるのか? 何を? 煙草だよ! そう。 肉体労働者は煙草を吸う、そんなことなかったけど 実際働いてみたら。 そうだろう。 病人が煙草を吸うな! 後悔している。でも止められない。 もう完全な依存症だし、医者も喫った方がいいって。 嘘つけ。 御免、嘘ついた。医者には相談している。ねぇ、親父。 何だ、 ゾーンからこっちに来ると、家庭の匂いがする。 桃の匂いと遠い、苦しい匂い。幽霊の匂いみたいな。 働いているとき、汗してるとき、それは忘れている。 だから、何も考えず川を渡って帰ってきたとき、 この家が嫌なのか? 深い溜息をついてしまうんだ。 幻聴の方はどうなんだ? ときどき聞こえる。でも肯定的なことを言ってる。 死ねとかそういうことじゃないんだな。 煙草を吸え、って言ってくるよ なんども なんども 煙草を吸えって。 酷い話だ。 親父、俺はさ、ここにいていいのかな 他にいくところがないんだからしょうがないだろう 仕事も順調になってきたんだし。 スパルタ式なんだ。 なんだ、スパルタって。 鍛え抜かれる仕事。一瞬の隙。事故のもとだから。 そうだろうな。 でも叱責されててるの俺だけなんね。 お前が悪いんじゃないのか。 わからない。他のひとも何か言われたりはする、 でもハラスメントじゃないか、って思うときがある。 虐められてるのか? いや、僕の頭が悪いから、仕方ないのかもしれない、 お前は気ぃ使いなところがあるからな。 だから演技している。 ゾーンの向こうで俺、あんま喋らないから。 家でもあんまり喋らないじゃないか。 桃の匂い。 勝ちとれるものがないから、 そんなもののことばかり考えてる。 と、 野菜スープはすっかり冷えてしまった、と 僕は父親の椅子に腰掛け書いていた。 外を眺めればふりそうな空だ。 階層、 を否定した階層に生きて 泳いでいく、 斬り捨てていく、 手を伸ばしていく、 祈りの為に冷水を浴びる 悪寒がする。 すると 親父が肩を叩いて 野菜スープが温まった、 久々話そう、という あー、 俺の引っ越しの話どうなったの? って告げると まだそんな夢みたいなこと言ってるのか、 と笑いながら 困ったような顔をして、 厨の方へ向かっていった  


作成日時 2017-06-01
コメント日時 2017-06-19

野菜スープ ポイントセクション

作品データ

コメント数 : 4
P V 数 : 308.4
お気に入り数: 0
ポイント数 : 0
項目全期間(2020/06/04現在)投稿後10日間
叙情性00
前衛性00
可読性00
エンタメ00
技巧00
音韻00
構成00
総合ポイント00
 平均値  中央値 
叙情性00
前衛性00
可読性00
 エンタメ00
技巧00
音韻00
構成00
総合00
閲覧指数:308.4
2020/06/04 23時35分38秒現在
※ポイントを入れるにはログインが必要です
※自作品にはポイントを入れられません。

    作品に書かれた推薦文

野菜スープ コメントセクション


コメント数(4)
鈴木 海飛 (2017-06-01):

ぽややんと、 この詩は3重の妄想での構成なのかなぁと何度か読み直しています。 仮現実、妄想、ゾーンといった風に 時折、私は仕事が楽すぎて眠れない夜に、 幽体離脱を試みますが、朝になったら幽体離脱の記憶はなくなってるか、もしくはいつも幽体離脱失敗してるのかもしれません。 ゆえに妄想男のスタミナとテクニックに幅の広さに感嘆しています。本当に幽体離脱して他人の人生を歩むゾーンにむかっているんじゃないかと思わせるほどの妄想力を現実に書き留めている。 特に目を引いたのが、 ゾーンでの若手の、経験の浅い、もしくは転職したばかりてあろう肉体労働者の煙草についてのセリフが、妄想にしちゃ現実感がありすぎる。(ここで若手と書いたのは、中堅、ベテランか怒られたときのふてぶてしさがないからでしょうね。) たぶん、ゾーンの向こう側でベテラン労働者の喫煙のジョークを聞いたのでしょう。 医者から喫煙をすすめられたという話を父親は聞いて即、若手のジョークとして看破している。すぐ嘘だよと訂正するのもカワイイ。 そういったやり取りが我々の業界では、会社は違っても、よくあります。 たとえば、わたしの知り合いに、よくしゃべる男がいます。仕事中もプライベートでも、 ひっきりなしに喋る。寝ているときも寝言でよおしゃべる。 わたしが 「いつでも、しゃべっていますね。」と笑うと 彼は 「おお、医者に(しゃべらないことを)とめられとる。」と笑い返してくる。 妄想のなかの親父は、すてきな、リアリストの親父といっていいほどよき聞き上手であり、 そして、一緒にゾーンにいっているのじゃないのかな。と思うところがありました。 「お前は気ぃつかいなところがあるからな。」というところです。 まるで、労働者の現場での働きを見てきたかのようです。もしくは、労働者が「現場でもそう言われたよ。」と声が聞こえるような。 もちろん、その親父は父親ではないからこその自然にでてくる優しいセリフかもしれません。 もちろん、ここで私がつたえたいのは、労働現場にあふれる言葉にわたしのなかで共鳴したんだよという意味だけです。 勝ち取れるものがないから、いろいろぼんやりしたり、考え込んだりしてる。 その姿に身に覚えがある人はおおいでしょうね。 きっとそれはジェネラリスト(総合職)でもスペシャリスト(肉体労働者)でも同じでしょう。 誰にも憤怒はどこにでもある。 ベテランになってくると、憤怒の表し方にも知恵を使うようです。総合職であれ、肉体労働者であれ。 幽体離脱について パウロ・コエーリョ 「ヴェロニカは死ぬことにした」を読んだときに幽体離脱について書かれてあったのが印象的でした。それを読まなかったら私も時おり幽体離脱を試すこともなかったでしょう。たぶん、わたしがそれに成功したことはないとおもいますが。 俗世から離れた幽体というものは、 どこにでもいけるらしい。 東洋なら桃源郷にでもいくのかもしれない。 西洋は天国にいくと聞いたことがある。 みたことはない。 幽体同士が集まって何を話してるかとおもえば 現実離れした浮世のことが多い。 隠者めいてるのかもしれない。 それにしては、この幽体はあまりに現実のことを仮想体験してきたことを話しているのが好ましい。。 さいごの階層の否定について、 書き出したいところですが、 肉体労働者の妄想が終わってからの階層の否定なんだろうなと読み取っているので 肉体労働者としての仕事によって 身体と心も手に入れた節が私にはあるので それしかないのかも、よけいな持論を展開させるのはよすとします。 今日はここらで、また会う日まで

0
田中恭平 (2017-06-02):

鈴木 海飛さま 素晴らしいですね!幽体離脱しているんですか!驚きです。 自分は眠る前に丹田式腹式呼吸法を実践しています(どーでもええ)。 ちょっとノベルスをかじって、誰だっけ?村上春樹の訳した・・・レイモンド・カーヴァ―か。 レイモンド・カーヴァ―のテイストを実験的にやってみよう、ということで書きました。 まあ、三十で、まだまだヒヨッコですけど、人並仕事はいつも頑張ってやってきたので 少しくらいは仕事ネタやってみてもいいんじゃないかな、とも思いました。 恩恵をおくれよ、ということですね。 今までの人生経験が凝縮すると、妄想めく不思議な人生を送っておりますが 何かと愉しいです。 ありがとうございました。また会う日まで。

0
夏生 (2017-06-02):

田中恭平さま、御作にコメントさせて頂きます。 幽体離脱、という透明の存在から妄想、ゾーン、とあって。不思議な世界観でありながら、この詩に登場する父親の言葉は現実感があって、やり取りは幻想ではなく 現実のチグハグなもの、相容れないもの、ズレているものがあって。それでも親子の関係が悪いわけではないようで。面白いと思いました。最後は何かさみしい余韻がありました。

0
まりも (2017-06-19):

最初の3行に惹かれたのですが、全体に分量が多いような気がします。 「と考えつつ、さっきまでの憤怒が/冷たい体が、ずずっ。幽体より/人間に帰るころ」などの部分を、「さっきまでの憤怒が/冷たい体が/人間に帰るころ」のように、言葉を絞っていきたくなります。好みなのかもしれませんが、今、自分は〇〇をしている、今、〇〇の状態である・・・という部分を、作者の側から積極的に提示されてしまっているので・・・読者の側から想像を働かせて、行間に入っていこう、という意識がそがれてしまうような印象を受けました。 読者の側に、作品がどんどん入って来る、流れ込んで、また流れ出していく、そんな受身の読み方に向いている作品かもしれない、と思います。 父と子の間の、思いやりつつ反発するような微妙な距離感を、もっとくっきり、感じたいと思います。

0

B-REVIEWに参加しよう!

新規登録
ログイン
投票不可

作品をSNSで紹介しよう→

投稿作品数: 1