野菜スープ - B-REVIEW
新規登録
ログイン
PICK UP - REVIEW

エセ詩人

いでよ、エセ詩人!

コトダマ とはよく言ったものだ。 ハキダセ と 男は言う。 おまえは誰だ? わたしは何者だ?   

湯煙

硬派な作品

萩原朔太郎や中原中也のエッセンスを感じます。

千治

体験記『呆気ない宣告』

それはあなたの現実かもしれない。

大概のことは呆気なくドラマティックではない。そうした現実の丁寧な模写が作品に厚みを増している。

ほば

世界は自由だ━不死━

わかるということ

あなたにとっては何が、その理解が起きるピースになるだろうか?

ほば

ふたつの鐘がなるころは

鐘は明くる日に鳴る! いつでもそうだ!

運営在任中に出会った多くの作品の中のベスト。決して忘れない。

yasu.na

良い

シンプルに好き

あっす

パパの日曜日

パパの日曜日

いい

明林

終着点

生きる、その先に死地はない!

美しくさわやか、そして深い意味が込められたシーン、均衡の取れた心情と思想、強い意志で最終連へと迫る引き締まった展開、我が胸にこの詩文を抱いて!

yasu.na

九月の終わりを生きる

呼び覚ます声

夏の名残の暑さが去ろうとする頃、九月の終わりになると必ずこの作品のことを思い出す。

afterglow

こっちにおいで

たれかある

たそがれに たれかある さくらのかおりがする

るる

詩人の生きざま

言葉と詩に、導かれ救われ、時に誤りながらも、糧にしていく。 赤裸々に描写した生きざまは、素晴らしいとしか言いようがない。

羽田恭

喘息の少年の世界

酔おう。この言葉に。

正直意味は判然としない。 だが、じんわりあぶり出される情景は、良い! 言葉に酔おう!

羽田恭

誰かがドアをノックしたから

久しぶりにビーレビ来たんだけどさ

この作品、私はとても良いと思うんだけど、まさかの無反応で勿体ない。文にスピードとパワーがある。押してくる感じが良いね。そしてコミカル。面白いってそうそう出来ないじゃん。この画面見てるおまえとか、そこんとこ足りないから読んどけ。

カオティクルConverge!!貴音さん

あなたへ

最高です^ ^ありがとうございます!

この詩は心に響きました。とても美しく清らかな作品ですね。素晴らしいと思いました。心から感謝申し上げます。これからも良い詩を書いて下さい。私も良い詩が書ける様に頑張りたいと思います。ありがとうございました。

きょこち(久遠恭子)

これ大好き♡

読み込むと味が出ます。素晴らしいと思います。

きょこち(久遠恭子)

輝き

海の中を照らしているのですね。素晴らしいと思います☆

きょこち(久遠恭子)

アオゾラの約束

憧れ

こんなに良い詩を書いているのに、気付かなくてごめんね。北斗七星は君だよ。いつも見守ってくれてありがとう。

きょこち(久遠恭子)

紫の香り

少し歩くと川の音が大きくなる、からがこの作品の醍醐味かと思います。むせかえる藤の花の匂い。落ちた花や枝が足に絡みつく。素敵ですね。

きょこち(久遠恭子)

冬の手紙

居場所をありがとう。

暖かくて、心から感謝申し上げます。 この詩は誰にでも開かれています。読んでいるあなたにも、ほら、あなたにも、 そうして、私自身にも。 素晴らしいと思います。 ありがとうございます。みんなに読んでもらいたいです。

きょこち(久遠恭子)

カッパは黄色いのだから

良く目立ちます。 尻尾だけ見えているという事ですが、カッパには手足を出す穴がありますよね。 フードは、普通は顔が見えなくなるのであまり被せません。 それを見て、僕はきっと嬉しかったのでしょう。健気な可愛い姿に。ありがとうございました。

きょこち(久遠恭子)

永訣の詩

あなたが出発していく 光あれ

羽田恭

あなたには「十月」が足りていますか?

もし、あなたが「今年は、十月が足りてない」と お感じでしたら、それは『十月の質』が原因です。 詩の中に身を置くことで『短時間で十分な十月』を得ることができます。この十月の主成分は、百パーセント自然由

るる

だれのせいですか

どんな身体でも

どんな自分であっても愛してくれるか、抱きしめてくれるか、生きてくれるか SNSできらきらした自分だけを見せてそんな見た目や上辺で物事を判断しやすいこんな世の中だからこそ響くものがありました。例えばの例も斬新でとても魅力的です。

sorano

衝撃を受けました

ベテルギウス。まずそれに注目する感性もですが、詩の内容が衝撃。 猫。木。家族。犬(のようなもの)。女の子……。など、身近にあふれている極めて馴染み深いものベテルギウスというスケールの大きいものと対比されているように感じられました。

二酸化窒素

ずっと待っていた

渇いた心を満たす雨に満たされていく

afterglow



作品を
別枠表示

野菜スープ    

  雨が降っているから ここにいろ、と温かい野菜スープを出されて 何もない郊外・・・・・・、針の雨も降らない。 と考えつつ、さっきまでの憤怒が 冷たい体が、ずずっ。幽体より 人間に帰るころ 少し腰の螺子が痛い、 けれど 目をつむり湯気のなか、 おいしいよ と告げる。 想像したことがあるのか?と親父は言って 妄想ならいつもしている、と応える。 どこにいるんだ?お前は 旅をしている、 紙の上で 動かせない体、唯一眼と耳と指を使って。 無理なんだ、どこにもいけないんだ 針の雨が降っているんだから、 お前の体はいずれ錆びる。 本当に何もできなくなるぞ、 頑張る、 頑張って楽園へいく。 っていうか行ってる。 妄想じゃないか。 匂い。 匂い? 眠りやすくなるんだ。 それだけが救いなんだ。 それで仕事ができる。 感謝している、本当に。 桃の匂い。 東洋か、西洋か知れない、 妄想を定義できるほど、頭良くないから。 本を読んでいるじゃないか。 欲しいものは本当に数行、聖書も食い足りない、 原著で読みたい、でもそんなに頭が良くない。 遺伝じゃない、親父は生活できている、 動くこともままならない僕とは違う、 川があるでしょ、あれを渡って仕事に行ってた あそこでゾーンが切り替わる。 ゾーン? 僕は演技しはじめる。言葉を書く妄想男から 肉体労働者に演技する。仕事に必要な肉体は 仕事で得られる。 それで吸ってるのか? 何を? 煙草だよ! そう。 肉体労働者は煙草を吸う、そんなことなかったけど 実際働いてみたら。 そうだろう。 病人が煙草を吸うな! 後悔している。でも止められない。 もう完全な依存症だし、医者も喫った方がいいって。 嘘つけ。 御免、嘘ついた。医者には相談している。ねぇ、親父。 何だ、 ゾーンからこっちに来ると、家庭の匂いがする。 桃の匂いと遠い、苦しい匂い。幽霊の匂いみたいな。 働いているとき、汗してるとき、それは忘れている。 だから、何も考えず川を渡って帰ってきたとき、 この家が嫌なのか? 深い溜息をついてしまうんだ。 幻聴の方はどうなんだ? ときどき聞こえる。でも肯定的なことを言ってる。 死ねとかそういうことじゃないんだな。 煙草を吸え、って言ってくるよ なんども なんども 煙草を吸えって。 酷い話だ。 親父、俺はさ、ここにいていいのかな 他にいくところがないんだからしょうがないだろう 仕事も順調になってきたんだし。 スパルタ式なんだ。 なんだ、スパルタって。 鍛え抜かれる仕事。一瞬の隙。事故のもとだから。 そうだろうな。 でも叱責されててるの俺だけなんね。 お前が悪いんじゃないのか。 わからない。他のひとも何か言われたりはする、 でもハラスメントじゃないか、って思うときがある。 虐められてるのか? いや、僕の頭が悪いから、仕方ないのかもしれない、 お前は気ぃ使いなところがあるからな。 だから演技している。 ゾーンの向こうで俺、あんま喋らないから。 家でもあんまり喋らないじゃないか。 桃の匂い。 勝ちとれるものがないから、 そんなもののことばかり考えてる。 と、 野菜スープはすっかり冷えてしまった、と 僕は父親の椅子に腰掛け書いていた。 外を眺めればふりそうな空だ。 階層、 を否定した階層に生きて 泳いでいく、 斬り捨てていく、 手を伸ばしていく、 祈りの為に冷水を浴びる 悪寒がする。 すると 親父が肩を叩いて 野菜スープが温まった、 久々話そう、という あー、 俺の引っ越しの話どうなったの? って告げると まだそんな夢みたいなこと言ってるのか、 と笑いながら 困ったような顔をして、 厨の方へ向かっていった  


野菜スープ ポイントセクション

作品データ

コメント数 : 3
P V 数 : 907.5
お気に入り数: 0
投票数   : 0
ポイント数 : 0

作成日時 2017-06-01
コメント日時 2017-06-19
項目全期間(2024/04/21現在)投稿後10日間
叙情性00
前衛性00
可読性00
エンタメ00
技巧00
音韻00
構成00
総合ポイント00
 平均値  中央値 
叙情性00
前衛性00
可読性00
 エンタメ00
技巧00
音韻00
構成00
総合00
閲覧指数:907.5
2024/04/21 20時51分34秒現在
※ポイントを入れるにはログインが必要です
※自作品にはポイントを入れられません。

    作品に書かれた推薦文

野菜スープ コメントセクション

コメント数(3)
田中恭平
(2017-06-02)

鈴木 海飛さま 素晴らしいですね!幽体離脱しているんですか!驚きです。 自分は眠る前に丹田式腹式呼吸法を実践しています(どーでもええ)。 ちょっとノベルスをかじって、誰だっけ?村上春樹の訳した・・・レイモンド・カーヴァ―か。 レイモンド・カーヴァ―のテイストを実験的にやってみよう、ということで書きました。 まあ、三十で、まだまだヒヨッコですけど、人並仕事はいつも頑張ってやってきたので 少しくらいは仕事ネタやってみてもいいんじゃないかな、とも思いました。 恩恵をおくれよ、ということですね。 今までの人生経験が凝縮すると、妄想めく不思議な人生を送っておりますが 何かと愉しいです。 ありがとうございました。また会う日まで。

0
夏生
(2017-06-02)

田中恭平さま、御作にコメントさせて頂きます。 幽体離脱、という透明の存在から妄想、ゾーン、とあって。不思議な世界観でありながら、この詩に登場する父親の言葉は現実感があって、やり取りは幻想ではなく 現実のチグハグなもの、相容れないもの、ズレているものがあって。それでも親子の関係が悪いわけではないようで。面白いと思いました。最後は何かさみしい余韻がありました。

0
まりも
(2017-06-19)

最初の3行に惹かれたのですが、全体に分量が多いような気がします。 「と考えつつ、さっきまでの憤怒が/冷たい体が、ずずっ。幽体より/人間に帰るころ」などの部分を、「さっきまでの憤怒が/冷たい体が/人間に帰るころ」のように、言葉を絞っていきたくなります。好みなのかもしれませんが、今、自分は〇〇をしている、今、〇〇の状態である・・・という部分を、作者の側から積極的に提示されてしまっているので・・・読者の側から想像を働かせて、行間に入っていこう、という意識がそがれてしまうような印象を受けました。 読者の側に、作品がどんどん入って来る、流れ込んで、また流れ出していく、そんな受身の読み方に向いている作品かもしれない、と思います。 父と子の間の、思いやりつつ反発するような微妙な距離感を、もっとくっきり、感じたいと思います。

0

B-REVIEWに参加しよう!

新規登録
ログイン

作品をSNSで紹介しよう→

投稿作品数: 1