【必読】B-REVIEW3.0企画書の公開 - B-REVIEW
新規登録
ログイン
PICK UP - REVIEW

食べ物と死ぬ人

目が付いているうちに読みたまえ諸君

傑作。 目が付いているうちに読みたまえ、諸君。他に言うべきことはない。

石村利勝

別れ

余りにも挑戦的、だがそれがいい

数ある一行詩の中でも、想像力/表現力がとても高い作品。最初は(え、これだけ?)と感じることだろう。しかし、これだけ?からの作中世界の広がり方は、これだけ?発言が恥ずかしくなるほど広すぎるのだ。

ふじりゅう

ママンへ

散り際にも見えるママンの後ろ姿

無駄なくそつなく、それでいて大胆にママンに語りかける。「ママンへ」あなたはこの書き出しで何を思い、連ねますか?

stereotype2085

名残の雪

美しいと思える作品だった

美しい空間を、踏む。踏むことで、汚す。踏むことで汚す、明示のされない寂しさ。本作にとって、雪を踏む行為、それだけが個の存在の証明なのだ。

ふじりゅう

例えば鳥の教え

色が付いたばかりの映画のように

情景の転調あるいは繋がりが「色彩」を基調にして、境界をあいまいにしながら広がる。

鈴木歯車

おかあさん

史上最強のタイトル回収

本文たったの6行、造作もなく読み切れ、詩人よ。 そして再度タイトルを見返し驚愕せよ、詩人よ。

眠い人

空なんか見てんじゃないよ

淘汰

この詩はあるタイプの詩と詩人を淘汰するべく書かれている と言えば言い過ぎか。 要注目。

stereotype2085

はずしわすれた風鈴が鳴る

やさしくせつない短歌集

かたづけられない想い出、それでもめぐりくる季節——

沙一

春風に吹かれてる

だいじょうぶだあ

《なんてこたあ ないんだよ》 天国から呼びかける声が、聴こえる。

stereotype2085

永遠の反射

名作?それともただの習作?

ただの習作なのかもしれない。が、ここには作者当人も気付いていないかもしれない、天才がいる。俺の直観は当たるんだよ。人生で二回くらいは。

石村利勝

こんにちは まっさらな世界

「まっさら」の優れた表現

あなたの世界も「まっさら」ではないかな? 「まっさら」なのに、書けますか?

南雲 安晴

imagine

パンチング。

今からリーディング界隈を、ノックアウト。

stereotype2085

はっかといちご

詩における視覚要素の決定版

いわゆる視覚詩的なものは作ろうとするとパッと見の奇抜さで満足してしまい、それを行った理由に乏しくなってしまうことが往々にある。しかし「はっかといちご」はその域を超え、結晶の造形だからそこの効果を成せている。

渡辺八畳

独言少女

いつも終電に間に合う人生生きてますか

少女の独言は胸に刺さる。というか萌える。条件があって、少女は本当に少女でなくてはならず独言は本当に独言でなくてはならない。なのでこの詩は刺さるし萌える。

石村利勝

MY 9090 OF NO……

最先端ノスタルジア

なつかしみが 超えてゆく 未来という名のノスタルジイ 

真清水るる

骸骨スフィア

プラトニックな求愛の舞踏

ほろびたゆえに、もうほろびることのない、永遠の愛。それは、幸せか、囚われか——

沙一

人魚性

海、たましいの故郷

素直さゆえに、なじめない人間のせかいにたいする、異邦のかんかく——

沙一

宇宙飛行士の解剖

死因は、孤独

二重の夜に、追い詰められた、かれは、涯のない闇のなか、吊るされた——

沙一

家庭の檄文

悲運

そこには笑顔の絶えない、家庭があった。

stereotype2085

あす

ミのシャープはファ

「ミのシャープ/響かせる笹舟にのせて/送り出してみる」って、やりますねえ。ひねりが利いてて鮮やか軽やか、清新なリリシズム。これぞ令和の”もののあはれ”じゃないですか?

石村利勝

バナナはおやつに入りますか

たもつワールド全開

これはバナナですか いいえ詩です たもつザ・ワールドです

羽田恭

TOKYO

不良天使の幻像

広大さと、小さなもの、神聖さと、世俗的なものの、コントラストに富んだミニチュア——

沙一

風景を食む

我々も本作の出来に食まれていく

この良さは読まぬと分からぬが、読むと確実に心が仕留められる。独特の風景の描写は人の記述がないからこそ冷涼な空気を作り出す。

ふじりゅう

失踪

現代詩が現代であることを実感できる

古風な詩作品から一線を画した作風に我々は驚く。

ふじりゅう

お別れの挨拶

&氏による待望の一作

ロシヤ、という響きの不思議さに、貴方はもう逃れられない。。。

ふじりゅう

この作品は読んだことがありません。


作品を
別枠表示

【必読】B-REVIEW3.0企画書の公開    

お世話様です、渡辺八畳@祝儀敷です。 B-REVIEWも転換期に入っていることは皆様も感じているかと思います。次の時代でもB-REVIEWを確実に続けるため、そしてなにより詩の隆盛を成すために長い間B-REVIEWのリニューアルを構想していました。この度企画書が完成したのでユーザーの皆様にも公開したいと思います。ぜひご覧ください。特に、企画書内には方針がまだ定まっていないところもありますのでそこへの意見をいただけたら有り難いです。 https://www.breview.org/201902BREVIEW3.pdf ※3MBありますのでモバイル通信量に注意してください


作成日時 2019-02-16
コメント日時 2019-03-03

【必読】B-REVIEW3.0企画書の公開 ポイントセクション

作品データ

コメント数 : 18
P V 数 : 453.8
お気に入り数: 0
ポイント数 : 0
#運営より
項目全期間(2020/06/02現在)投稿後10日間
叙情性00
前衛性00
可読性00
エンタメ00
技巧00
音韻00
構成00
総合ポイント00
 平均値  中央値 
叙情性00
前衛性00
可読性00
 エンタメ00
技巧00
音韻00
構成00
総合00
閲覧指数:453.8
2020/06/02 07時06分58秒現在
※ポイントを入れるにはログインが必要です
※自作品にはポイントを入れられません。

    作品に書かれた推薦文

【必読】B-REVIEW3.0企画書の公開 コメントセクション


コメント数(18)
渡辺八畳 (2019-02-16):

>引用符は先行して >実装してみました  >作品内の引用をして  > コメントを書く際に > お使いください

0
まりも (2019-02-16):

大賛成です。 技術的に可能ならば、「読んだよ」ボタンと、内容ごとのポイント評価ボタン、併用はとても良い案だと思います。

0
沙一 (2019-02-16):

提案された一つひとつのアイデアを、よりきめ細かく思案or具体化されていて、その労力に頭が下がります。 企画書の内容には、概ね賛成です。ただ、詰め込みすぎてサイトが重たくなりませんように。できるかぎり快適に閲覧したいものです。 運営の皆様、いつもありがとうございます。

0
渡辺八畳 (2019-02-17):

まりもさん、沙一さん コメントほんとにありがとうございます。結局金銭的にはまだ報われない業界ですから、それでもモチベーションを保たせるのはレスポンスです。詩でもなんでも人がなんで発表するのかって、自分の行いによって世界に影響を与えたいからだと思っています。顕在的潜在的関わらず発表する人は皆そうだろう。この企画書を完成させるのに非常に長い時間を費やしているわけですから、反応が無いと正直くたびれて辛いわけですよ。特別賞賛してくれとまでは言わないが、せめて読了の反応ぐらいは欲しい。なので、ありがとうございます本当に。

0
渡辺八畳 (2019-02-17):

まりもさん コメントに「読んだよ」機能と評価用機能の二つを実装、ということでしょうか? 沙一さん そうですね、数々の機能があってもサイトが遅くなってしまってはむしろマイナスですし。そこらへんはかるべさんとかに頑張っていただきたいなと。

0
かるべまさひろ (2019-02-17):

少しずつ作業を始めているのですが、 ポイント投票について、投票したポイントをやっぱりなしで…みたいな「マイナスボタン」の機能は必要でしょうか? ライトな参加という面で、 1回ポイントを入れたあと、 後日さらにポイントを入れる、みたいなことはありかなと思いつつ 後日入れた分のポイントを減らすというのは、あまり良い効果が感じられず… ポイントも一度入れたら、原則修正不可にするのか 加算のみいつでもできるようにするのか いつでも評価を変動できるようにするのか… みなさんの考えを聞いてみたいです。

0
社町 迅 (2019-02-17):

かるべさん 評価の確定というか、反応の記録(固定?)は期間内であれば可変にしてほしいです。初読からしばらく経ったあとについたコメントを読んで、より良く魅力を感じる作品はこれまでにもたくさんあったので。 減点機能を付けないといのは賛成です。上記とは反対に初読後の他人の意見で減点するというのは評価者の感性が矮小になってしまう可能性があると思います。誰しも好評には自信を持ってほしいです。

0
帆場 蔵人 (2019-02-17):

評価のポイントが具体的に示せるポイント制は面白いですね。次のステップとしてコメントとして書いていくときの指針になりますし。非常にわかりやすくい企画書でした。読んだよ、ボタンは必要ですかね。評価ポイントで現せばいいと思います。

0
渡辺八畳 (2019-02-18):

ポイントは、実質上限なしならいつでも追加のみ可能で、段階評価なら一定期間なら下方含め修正可能ってのがいいのかなと思います その気になれば10も100もつけられるポイントと上限があるポイントとでは他の作品同士でのポイントの相対価値が変わってくるなというか(うまく説明できない)。上限なしでのポイントって推し行為で、段階評価だと自己内での評価軸に則った審査、、、、って言えばいいのか、、、、、、 とここまで書いてみて、ライトな参加方法って観点から見れば上限なしのほうが合ってるのかなと感じた。推し行為はいいよね(いいよね) 「読んだよ」ボタンはコメント書いた人も報われてほしいなって思いがありまして。詩の作者がレス入れてくれればいいけどさ、それでも結局1人からしか反応が返ってきていないわけじゃん。やっぱ行為にはそれによっての他者の反応を感じられた方がいいし、反応は多く可視化されていたほうがいい。なので必ずしも読んだよボタンでなくてもいいのですが、コメントへの反応を示せる機能は入れたい。

0
沙一 (2019-02-18):

ポイントもおもしろそうなのですけど、自分としては、評価よりもコメントによる交流が(他者作品についたものを見ても)楽しいので、ポイントの気安さに流れてコメントが減ってしまったら、さびしく思います。ただ、やってみる価値はあるでしょうし、その試みを応援したいです。

0
渡辺八畳 (2019-02-18):

気持ちはとてもわかります。企画書にも書いてあるよう私としてもコメントや批評文での活動をユーザーにはしてもらいたいと思っていまして。 しかしビーレビの母数を増やしつまり詩の読者を増やすためにはライト層の居場所も確保しなくちゃなんですよ。最初から玄人な人だけが存在を許される場っては一定以下の隆盛しか望めないし、なによりそういうサイトは既に他所でありますし。入り口は広く、されど奥は深くが理想です。ポイントオンリーなユーザーを如何にうまくコメントや批評文にまで昇華させるかは課題になるでしょう。

0
渡辺八畳 (2019-02-18):

企画書書く前のスケッチも一応載せておきますね https://hachijo.wixsite.com/toppage

0
渡辺八畳 (2019-02-18):

あげます

0
ふじりゅう (2019-02-19):

運営の皆様、3.0案お疲れ様です。 充実した内容で楽しみに感じております。 渡辺さんの >コメントや批評文での活動をユーザーにはしてもらいたい >ライト層の居場所も確保 また、ニコニコのコメントのようなレス入れを、 に関しまして、ポイント付与等の際に一言「~が良いと思った」などの簡単な文を添えるようにするのは如何でしょうか。 コメント付けのハードルを下げる効果もある気がします。 ただ、ライト層へのハードルはより上がる気もする(折角のポイント制の良点が薄れる)ので、3.0案を拝読しての思いつきです。 野外からの提案で申し訳ないです。

0
渡辺八畳 (2019-02-19):

ふじりゅうさん コメントありがとうございます。 ポイントとコメントを一体させることの利点は正直感じませんね。それはもう普通にコメントを書く段階だろう。ハードルは既に超えた状態だ。 実は運営チャット内で「ポイントの項目の中に他の7つに当てはまらない評価軸でのポイント付与をするフリー欄を作る」という案があったのですが、「そういうのがあったらそれこそコメントで書くべきだろう」ということで没になりました。企画書内の図式にもあるようポイントはあくまで低次な行動であって、その上にあるコメント書きへ至れるチャンスが来たらすかさず昇ってほしいと思っている。

0
かるべまさひろ (2019-02-19):

コメント雛形?みたいなのもあるとうれしい層がいるかも…?でしょうか。 定型文とか。 偶数行が引用表示されないバグは修正できました。

0
渡辺八畳 (2019-02-21):

さて、批評文でのポイントの扱いをどうするか。詩のように音韻とかで評価するわけにもいかないし。批評文のポイントは無しか、別項目を設けるか。 企画書には書いていないが、前月に批評文を○作投稿&コメントを一定量以上書くと次の月は詩の投稿で3作目解禁、ってアイデアもある。これはシステム的に実装が難しいと既にわかっているので実現したとしても後々だが、こういった案もあるため批評文を書くよう促せる方策があれば採用をしたい。

0
渡辺八畳 (2019-03-03):

age

0

B-REVIEWに参加しよう!

新規登録
ログイン
投票不可

作品をSNSで紹介しよう→

投稿作品数: 1