ヘルタースケルター - B-REVIEW
新規登録
ログイン
PICK UP - REVIEW

エセ詩人

いでよ、エセ詩人!

コトダマ とはよく言ったものだ。 ハキダセ と 男は言う。 おまえは誰だ? わたしは何者だ?   

湯煙

硬派な作品

萩原朔太郎や中原中也のエッセンスを感じます。

千治

体験記『呆気ない宣告』

それはあなたの現実かもしれない。

大概のことは呆気なくドラマティックではない。そうした現実の丁寧な模写が作品に厚みを増している。

ほば

世界は自由だ━不死━

わかるということ

あなたにとっては何が、その理解が起きるピースになるだろうか?

ほば

ふたつの鐘がなるころは

鐘は明くる日に鳴る! いつでもそうだ!

運営在任中に出会った多くの作品の中のベスト。決して忘れない。

yasu.na

良い

シンプルに好き

あっす

パパの日曜日

パパの日曜日

いい

明林

終着点

生きる、その先に死地はない!

美しくさわやか、そして深い意味が込められたシーン、均衡の取れた心情と思想、強い意志で最終連へと迫る引き締まった展開、我が胸にこの詩文を抱いて!

yasu.na

九月の終わりを生きる

呼び覚ます声

夏の名残の暑さが去ろうとする頃、九月の終わりになると必ずこの作品のことを思い出す。

afterglow

こっちにおいで

たれかある

たそがれに たれかある さくらのかおりがする

るる

詩人の生きざま

言葉と詩に、導かれ救われ、時に誤りながらも、糧にしていく。 赤裸々に描写した生きざまは、素晴らしいとしか言いようがない。

羽田恭

喘息の少年の世界

酔おう。この言葉に。

正直意味は判然としない。 だが、じんわりあぶり出される情景は、良い! 言葉に酔おう!

羽田恭

誰かがドアをノックしたから

久しぶりにビーレビ来たんだけどさ

この作品、私はとても良いと思うんだけど、まさかの無反応で勿体ない。文にスピードとパワーがある。押してくる感じが良いね。そしてコミカル。面白いってそうそう出来ないじゃん。この画面見てるおまえとか、そこんとこ足りないから読んどけ。

カオティクルConverge!!貴音さん

あなたへ

最高です^ ^ありがとうございます!

この詩は心に響きました。とても美しく清らかな作品ですね。素晴らしいと思いました。心から感謝申し上げます。これからも良い詩を書いて下さい。私も良い詩が書ける様に頑張りたいと思います。ありがとうございました。

きょこち(久遠恭子)

これ大好き♡

読み込むと味が出ます。素晴らしいと思います。

きょこち(久遠恭子)

輝き

海の中を照らしているのですね。素晴らしいと思います☆

きょこち(久遠恭子)

アオゾラの約束

憧れ

こんなに良い詩を書いているのに、気付かなくてごめんね。北斗七星は君だよ。いつも見守ってくれてありがとう。

きょこち(久遠恭子)

紫の香り

少し歩くと川の音が大きくなる、からがこの作品の醍醐味かと思います。むせかえる藤の花の匂い。落ちた花や枝が足に絡みつく。素敵ですね。

きょこち(久遠恭子)

冬の手紙

居場所をありがとう。

暖かくて、心から感謝申し上げます。 この詩は誰にでも開かれています。読んでいるあなたにも、ほら、あなたにも、 そうして、私自身にも。 素晴らしいと思います。 ありがとうございます。みんなに読んでもらいたいです。

きょこち(久遠恭子)

カッパは黄色いのだから

良く目立ちます。 尻尾だけ見えているという事ですが、カッパには手足を出す穴がありますよね。 フードは、普通は顔が見えなくなるのであまり被せません。 それを見て、僕はきっと嬉しかったのでしょう。健気な可愛い姿に。ありがとうございました。

きょこち(久遠恭子)

永訣の詩

あなたが出発していく 光あれ

羽田恭

あなたには「十月」が足りていますか?

もし、あなたが「今年は、十月が足りてない」と お感じでしたら、それは『十月の質』が原因です。 詩の中に身を置くことで『短時間で十分な十月』を得ることができます。この十月の主成分は、百パーセント自然由

るる

だれのせいですか

どんな身体でも

どんな自分であっても愛してくれるか、抱きしめてくれるか、生きてくれるか SNSできらきらした自分だけを見せてそんな見た目や上辺で物事を判断しやすいこんな世の中だからこそ響くものがありました。例えばの例も斬新でとても魅力的です。

sorano

衝撃を受けました

ベテルギウス。まずそれに注目する感性もですが、詩の内容が衝撃。 猫。木。家族。犬(のようなもの)。女の子……。など、身近にあふれている極めて馴染み深いものベテルギウスというスケールの大きいものと対比されているように感じられました。

二酸化窒素

ずっと待っていた

渇いた心を満たす雨に満たされていく

afterglow



作品を
別枠表示

ヘルタースケルター    

頭の中に本がたくさんあって一冊ずつ緑の目の男がかいがいしく整理しているオブジェがだだっ広い部屋のすみっこで濡れそぼって甘く光っているの。私はたぶんそれを見つけてやわらかい布でくるんでから胸のまん中に持っていって抱きしめた。言葉なんていらなくていいし、会話なんていらなくていいし、足場があればいいし、それを支える理由があればいい。ないものとあるものを誠実に分別していく。きっと夢の中はさむい。洋服を探しにいく。煙のように自由に。下着はあとまわし。まずはスカートから探しにいく。そういう木があるんだって。今それにのぼったところ。 ここでピクニックができたならたぶん最高だって思うの。風はないし、小鳥の鳴き声しか聞こえないくらい静かな場所だから。誰かを気にしなくてもいい、ということは誰かから気にされることもなく、体温が空気を濡らして、それをまた太陽が暖める。差し込んでくるまぶしさのように、ここなら唾液だって笑っていられる。サンドイッチと水筒。忘れものだろうか?目の前に。おそるおそる手にとって。他にもあるのかもしれない。私はバランスを保って、はやあしで、針できつく縫うようにうごきだす。あまりはしゃぎすぎると、おちてしまうことになるけれど、どちらにしても、最低はない。木の上は見晴らしがいいの。ずっといたいな。ずっとここにいるには、どうすればいいんだろう。 このままいくともう大丈夫というところまでくるとそれとなく安心してしまい手に持っていたものをなくす。そして満たされていたという感かくだけを手のひらが教えてくれる。はらぺこだった。何を食べたいか考えてキャベツにしたらそれをふっとうした鍋の中に入れてふたをして煮込み終えたころに私は肉を食べていて一言もしゃべらない。発音とかそういうのに頼ってばかばかしいわーってくらい肉がうまい。なんかうそみたい。動物は肉になるけど、素直さとか関係なくて、人間が勝手に皮とかはいで包丁とか使って肉にするだけ。それを私がもぐもぐ食ってる。つけあわせの草とかまずくて食べたくないの。草の血は緑で苦くて皿のすみっこでぐったりしてもしそれに生まれかわれたらいい。誰とも話さず、話しかけられず、何も共有したくない。心を共有したくない。それを思うの。肉を食べながら、草を食べながら、お風呂に入って、ひび割れたお化粧をおとしながら。 気づいたら眠っている。眠ることは、目ざめることは、死ぬことに、生まれることに似ている。おやすみなさいで私の意識、他人のところにとんでって、その人のものになる。その人が眠ると(かわりに私が目ざめる)また、私の中に戻ってくる。だから時間の進みぐあいや感じかたは人それぞれちがうことになるし、同じ時間を過ごしているようでそうでない。つまり眠るということは、意識がだん線するというか、そう、私が一度死ぬ。そういう機能は自動的に、自分の意志とは関係なく、身体中にあらかじめ備わっている地図みたいなもので、意識がそれを見ながら、あちこちとんでいくところを想像する私はまだ、眠っていて。 低いタンスがひとりでに動きだし、上に乗っていた緑の目の人形が差しだした両手をすり抜けてぽとりとおちた。赤いしずくも一緒におちて、床を見ると血がわだかまっていて、それがやがて訪れるべきことも本を読んで知っていたから、人形が赤くなってもちっとも怖くなんてなかったの。緑と赤は混ざりあわずにお互いのままだから、私はじっとして、ながれでる音がぽろぽろとすり切れるまでそこにいる。 どなり声がちらほらと聞こえた。太陽の光も通す薄いガラスのせいだ。ふたりくらいいるかな。高い声と低い声。黙って聞いている人もいるのかもしれない。耳が見えるようになったら、人数が分かるのに。耳は聞くだけのもの。聞きたくなければ耳をふさげばいいよと低い声がいった。だから私の耳はふさがれていてもうない。 この身体は私のものだけど、頭はきっと他人のものだ。他人の視線とか他人のしぐさとかがうんと気になる。ここで遊んではいけないよ。どうして?葬式をしているからだよ。そうしきってなに?亡くなった人をとむらうことだよ。とむらうって?ずっといてくれた人にありがとうをいって永遠のさようならをすることだよ。 えいえんってしってる? 知ってる。 にんげんはえいえんにいきられないんだよ。 それからわたしはとおくのこうえんにいきました。すべりだいがながくてゆうめいです。なまえはしりません。すべりだいのうえにつうじるかいだんをのぼっていきました。いちばんうえまでいってだれかいたらじゅんばんをまたなければなりません。わたしはそれがいやでした。はやくすべりたいきもちと、もしだれかいたらいやだなというきもちがごちゃごちゃになってやがてゆっくりとむねのなかにしずんでいきました。けっきょくすべりだいのちょうじょうにはだれもいませんでした。ほっとしてすべりだいのてすりにてをかけてしたのようふくをおりこんでしゃがみました。あとはすべりおりるだけでした。


ヘルタースケルター ポイントセクション

作品データ

コメント数 : 4
P V 数 : 489.4
お気に入り数: 1
投票数   : 0
ポイント数 : 0

作成日時 2023-12-14
コメント日時 2023-12-15
項目全期間(2024/02/26現在)投稿後10日間
叙情性00
前衛性00
可読性00
エンタメ00
技巧00
音韻00
構成00
総合ポイント00
 平均値  中央値 
叙情性00
前衛性00
可読性00
 エンタメ00
技巧00
音韻00
構成00
総合00
閲覧指数:489.4
2024/02/26 23時47分46秒現在
※ポイントを入れるにはログインが必要です
※自作品にはポイントを入れられません。

    作品に書かれた推薦文

ヘルタースケルター コメントセクション

コメント数(4)
A・O・I
作品へ
(2023-12-15)

>・言葉なんていらなくていいし、会話なんていらなくていいし、足場があればいいし、それを支える理由があればいい。 ・あまりはしゃぎすぎると、おちてしまうことになるけれど、どちらにしても、最低はない ・何を食べたいか考えてキャベツにしたら~私は肉を食べていて一言もしゃべらない。・眠ることは、目ざめることは、死ぬことに、生まれることに似ている。 等々、兎角、考えさせられるワードがたくさんあって、素晴らしく、惚れ込んでしまった。これはまっすぐに死と読解するよりも、私がわたしを堕胎した、とそのような解釈と引き出された、だがこれがカラダなのか心なのかはどちらでも受け取れるのではないだろうか。または、なにごともなかったとしても時の経過でもなく思いの落とし所としても、どうとでも感じることが適うと思った。だから邪魔なものはもう何もなくて  >あとはすべりおりるだけでした。 とラスト締められる。 読後なんかさめざめとして、あげたくなります、「わたし」の代わりにね。とても良いものを読ませていただきました、ありがとうございます。

0
天才詩人2
天才詩人2
作品へ
(2023-12-15)

いつかこれはうそかほんとかもわからないのだけど。あるしまいがふたりそろってぜんせのきおくをもっていたらしくおねえさんのほうがいもうとのほうに。きっといっしょにうまれてこようねといってすべりだいをいっせいにすべったのだけどなにかのひょうしにいもうとのほうはひっかかってしまい、いちねんとかまたなければいけなかったこと。またくらいところでさみしいよとおもっていたということをおぼえている。 という話があって俺はなぜかそれをずっと覚えている。ヘルタースケルターというものはなんか威勢のいいビートルズの曲ということは浅学にも知らず今ググったらやたら威勢のいいアトラクション的なにかがでてきた。なるほどこのポエムはこういう感じかと。輪廻転生という言葉はなんか回るイメージがある。ニーチェは全部回ってまた戻ってきてながーーーい時間をかけて回ってまた戻ってくるんだって言っていた。そしたらえいえんしかなくないか。ってニーチェは言う。 えいえんはあるかないかえいえんにひとびとはえんえんとはなしはじめる。これはなんのポエムなんだろう。なんでこんな長いんだろう。なんの話をしてるんだろう。でもけっきょく結論がだいじなのかな。いやでもそうでもないか。家族と話してるみたいな詩だね。

0
1.5A
A・O・Iさんへ
(2023-12-17)

ありがとうございます。生と死は公園にある螺旋の遊具に似ていると思ったのがこの詩を書くきっかけでした。ぐるぐる回りながら生活をして、やがて下に到達する。そしてまた、順番を待っている次の人が滑り降りてくる。その循環がどこまでも続いていって、でも本当はどこへも続かないと知っているヘルタースケルターは、永遠を持たない人の歴史みたいなものかもしれないと、コメントを読ませて頂きそんなふうに思いました。

1
1.5A
天才詩人2さんへ
(2023-12-17)

ありがとうございます。僕に家族はひとりもいないんだと思わず書きたくなる素敵な形容でした。

0

B-REVIEWに参加しよう!

新規登録
ログイン

作品をSNSで紹介しよう→

投稿作品数: 1