恥ずかしいったらありゃしない - B-REVIEW
新規登録
ログイン
PICK UP - REVIEW

書かざる言わざる、雄弁に水銀を

黙って笑ってろ、沈黙は金

これを見ているあなた、恥ずかしくはないんですか? 答えられないのですか。 なんでですか。 理由があるという訳でもないのですか? ああ、そうか。 全部、冗談だというのですね。

鳴海幸子

夏は夜。月のころはさらなり

田舎の夜道は暗くとも、恋は華やかで明るい——

沙一

あなたとどんぐりとハナミズ……

悪意のないホローポイント弾

ここには○○の残酷さが描かれている。 ○○が何なのかは、読めばわかる… …かもしれないし、わからないかもしれない。 感じ方は「人それぞれ」だから。

R

祖父の痕跡

黙想を貫いた彼が最後にみたものは…

祖父の遺物が並んだ「私」だけの世界… 彼の深層に踏み込むべく「私」は宝物箱に触れてしまうのか…祖父とは一体何なのか…

つつみ

直列つなぎ-うんこ!!(……

青春の現代詩

青春はいつも、エロくて汗臭い。そして切ないけど優しいところもあり、美しい瞬間もあるけど、昆虫たちも僕らも命を捨てて夫婦になることを受け入れる。それが生きるということだから。個人的には、僕は飯田華子さんの紙芝居を観に行きたい。

蛾兆ボルカ

ちがう星

ピッチャーとキャッチャーみたいだね

それから時々 おなじ星

のいえられこーず

いつまでもあいさつをしてゆ……

伝説の流行語はここから始まった

「かきかきたぶんしない」は伝説になった。わからない人には永遠にミューズは来ない。

のいえられこーず

粘土

こんにゃろっというやり場のない怒れる者よ

ほの暗い系男子がたどり着いた極北のモノローグがきみにはわかるまい

のいえられこーず

菊の花

2020年10月の裏番長/裏大賞

これの良さがわかるまで詩を書くんじゃない

のいえられこーず

死んだベテルギウス

地球は退屈な諦念に埋め尽くされてる

重力に支配された地球人にはわかるまい

のいえられこーず

風吹き抜ける青

残酷なロマンティズムがきみにはわかるまい

そのまま生き地獄で野垂れ死にするといいという孤高の美

のいえられこーず

ぢんせぃ

その喪失感は夢かうつつか

ネットとリアルがボーダーレスな、デジタルネイティブ世代の感性──

沙一

潮風

潮の香りにのまれるように

不思議な気配が手招きをしている

帆場 蔵人@⚰

空の下

大自然という舞台への出奔

二人が走り出す。広大な大自然という舞台へ。

羽田恭

明るい朝の歌

明るい朝のうらには、暗い夜があった

外をみつめることが、内をみつめることにつながっている──

沙一

震え 揺れ 回る

一気に詩情が注ぎ込まれていく。 それが 震え 揺れ 回る。 詩を詠み終えても、止まらない。

羽田恭

生きるためにパイを焼く

どうしようもなく生きていくということ

ただパイを焼く。それだけなのだけれど、衒いも奇抜さもなく心にぶつかってきて揺さぶられる。

帆場 蔵人@⚰

別れ

靴の哀しみ

歩くための存在でありながら、誰かが履いてくれないと歩き出せない存在が、絶望して待機してる

蛾兆ボルカ

パパの日曜日

しがない日常に飽きてしまったすべての人へ

ごく平凡な日曜日のパパが、壮大で絢爛豪華な世界へ旅立つ——

沙一

「中央公園より」

わかりあえなくたっていい

人種、国籍、性別、年齢、人間同士のわかりあえないディスタンス、そんなことよりも、おたがいに笑っていよう、ここはみんなの公園だから——

沙一

わたしの髪は生きているのか……

心を亡くしてしまいそうなときに

ささやかなお洒落をたのしむ、それは自分が自分であることをわすれないために、ひつようだったのかもしれない——

沙一

angel coffee?……

一瞬と、永遠

幸せなコーヒーと、降りやまない雨、好きな人といるとき、あなたならどちらを選びたいですか?

沙一

食べ物と死ぬ人

目が付いているうちに読みたまえ諸君

傑作。 目が付いているうちに読みたまえ、諸君。他に言うべきことはない。

石村利勝

別れ

余りにも挑戦的、だがそれがいい

数ある一行詩の中でも、想像力/表現力がとても高い作品。最初は(え、これだけ?)と感じることだろう。しかし、これだけ?からの作中世界の広がり方は、これだけ?発言が恥ずかしくなるほど広すぎるのだ。

ふじりゅう

ママンへ

散り際にも見えるママンの後ろ姿

無駄なくそつなく、それでいて大胆にママンに語りかける。「ママンへ」あなたはこの書き出しで何を思い、連ねますか?

stereotype2085

この作品は読んだことがありません。


批評対象
作品を読む

恥ずかしいったらありゃしない    

<批評対象作品>


まったくやらかしちまったな……という感がある。私はこの作品にコメントを入れた。大抵いつもの長々しいやつだ。コメントを入れ終わってしばらく経ってから、この「やらかしちまった」はやってきた。誤読したかも。いや、誤読したにちがいない……。 もとより私は誤読というものはあるものだと考えている。だから普段はそれほど狼狽することはない。ところが今回は違った。これは誤読というか、「いや、それ以上だ」と言ってもいいくらいのもので、読んでいないに等しいくらいのミスだと思った。ということで、作品に対する自分のコメントを裏返す目的もかねて、改めて書いてみようと思う。 その前に、私がすでに書いたコメントを貼っておこう。というのも、他人のコメントには目を通さない人もいることを前提にしているからで、もしもう読んだよという方があれば、飛ばしてもらってもいい。では、はじめよう。 ● (以下コメント全文) こんにちは。ロウソクの長さが人の寿命を表していて、燃え尽きる時が人の死ぬ時という昔話を思い出しました。それでいうと燃えているロウソクはその人の命の表象なのでしょう。彼が人生を生きている時の。 個人的な話で、私はロウソクを「燃えながら溶ける」と喩えたことがあって、そこにはエロティックな含みをもたせていたのですが、それから考えるとこの作品のロウソクもそういうものととれなくもありません。しかし、そうではないというところに行き着きました。 ロウソクの炎は「燃える」ものですが、 >女の部屋で光っていたい とあるように、「燃えていたい」ではない。 >女の吐息の混じった空気を >黄色く青く白く燃やして と、ここでは「燃やす」のだけど、それは《空気を》であって、部屋の空気に変化を与えることです。その部屋の空気を《女》は吸って生活していて、時には溜めこんだ《吐息》も吐くのだけど、吸い込む空気は変化したそれになります。このことは直接的に《女》に対して働きかけるのでなく、間接的に、それと気づかれないよう、自然なこととして働きかけたいということを示しているように思います。単純には「《空気》を変えたい」ということになるでしょうか。 そうしながら、 >だんだん小さくなってゆき >最後は女の指で果てたい ということ。《燃やし》ながら、《小さくなって》、《果てる》、それが《僕》の願望であるとすれば、それをすること、そのために生きることが、《僕》が光るということになるのではないでしょうか。 >女の部屋で光っていたい が、なぜ「燃えていたい」ではなく、《光っていたい》なのか、その理由がここにあるように思います。雑に言うとすれば、《女》を動かす主人公としてではなく、《女》を主人公とした脇役的な位置に立つことに自分の人生を費やしたいということになるかもしれません。静かですが決して弱くはない、それこそ蝋燭の炎に似た愛情を感じます。 それは自己犠牲からくる愛情かと言うとそうではない。なぜなら、《女》は指に火傷の跡を残すかもしれないのだから。 そのようなあり方ができたら素晴らしいのかもしれないけど、そうはなかなかできないのが自我をもって生きている人間の哀しい性であって、でも、だからこそ願うことの美しさがあるのかもしれません。 最後に、《女》視点に立てば、火傷を顧みず消すことに隠された思いはどんなものなのか、想像したくなりました。 (ここまで) ● さて、作品テキストを私は以上のように読んだ。しかし、どうもおかしいのだ。何がというと、「《女》を動かす主人公としてではなく、《女》を主人公とした脇役的な位置に立つことに自分の人生を費やしたいということになるかもしれません。静かですが決して弱くはない、それこそ蝋燭の炎に似た愛情を感じます。」と私は書き、「願うことの美しさがあるのかもしれません。」とも書いた。だが、それは《僕》がどうありたいかという願望や《僕》の愛情についての話である。しかし、作品タイトルは『女』なのだ。なんとまあ、私が書いたコメントは作品タイトルと大きくズレている!『女』をまったく浮き彫りにすることができていない。おお、恥ずかしいったらありゃしない。というわけで、なんとも言い訳がましい前置きをつらつらと垂れ流してきたが、再度チャレンジといこう。 私はこの作品をエロティックなものではないと書いたが、いや、めっちゃエロいやん、エロいレベルかなり高いやん!と思い直した。いや、むしろ「エロい」などという言葉の範疇を超えているのではないか。そんなキレイなものではないようにさえ思う。 >女の部屋で光っていたい これは文字通り《僕》が《ローソク》だった場合の願望だ。《ローソク》は光らないが、《女の部屋》にいることで《僕》が《光っていたい》、つまり、《女の部屋》にいることは《僕》が光る、ということではないだろうか。《僕》にとって《女の部屋》にいるということは恐らくそういうことなのだ。これは《僕》にとって《女》という存在がどこか崇高なものとしてイメージされているような印象も与える。そして、 >女の吐息の混じった空気を >黄色く青く白く燃やして は、空気を介した交合の欲求。《女の吐息》は空気に入り混ざり込む。《僕/ローソク》は燃えることで空気に溶け込む。《黄色く青く白く燃やして》などめくるめく交合であるかのようだ。それを《僕》は望むのだ。ここでは《吐息》とでさえ交わりたい対象になっている。そうして、 >だんだん小さくなってゆき >最後は女の指で果てたい これはエロスとタナトス。「死」への欲求と読める。蝋燭は燃えながら溶ける。自ら消耗しながら交わり合い、《僕》は絶えることを厭わないどころか、《女》の手によって果てることを望む。それほどに《女》は、《僕》にとっては精神的に大きい存在なのだ。 そして最後には火は消されてしまう。これは私の想像だが、《僕》の願望がどうであれ、また《女》が《僕》にとってどんなにアツく見つめる対象であったにせよ、そんなことはお構いなしに《女》は火を指で消したのではないだろうか。火傷なども負わないかもしれない。というのも、《女》は《女》であると同時に、《僕》によって夢見られた非現実的存在であるからだ。そして、それでもなお《ローソク》である《僕》は満足に違いない。 まあ、しかし、これは仮定法であって現実の《僕》は《ローソク》ではないので、そうはいかないのだが、時としてそのような強い欲求を駆り立てる不思議な魅力を女性はもっているもので、この作品はそうした『女』の複層性を短いなかで臨場感をもって作られていると思う。ついでに言うと、そのような魅力を発する『女』の前では男は単なる直線的なローソクになってしまわないとも限らないので用心したいものだ。


作成日時 2021-01-26
コメント日時 2021-01-28

恥ずかしいったらありゃしない ポイントセクション

作品データ

コメント数 : 2
P V 数 : 499.9
お気に入り数: 1
投票数   : 1

恥ずかしいったらありゃしない コメントセクション

コメント数(2)
蛾兆ボルカ
作品へ
(2021-01-28)

拙作へのご批評ありがとうございます。 作者が批評に対して語ってしまって良いものか、という疑問が私にはあるのですけど、それは封印しまして、お礼と若干の感想をコメントさせて頂きます。 まず私の考えでは、詩は作品自体が、作者にとっても全体は描き難い(ときには認識すらし難い)大きなヴィジョンを、一本の糸のような言葉で綴り、特定方向から描いたものですから、多様な読みは実際に可能であり、一見誤読のように見えても、多くのケースで誤読ではないという事が起きると思います。 この場合、第一の読みは、まず作品に使われた言葉を字義通りに解釈する、限定的な意味の確認としても、誤読とは言えないように思っています。 より深い鑑賞としても、この場合ヴィジョンとして作者が得ていたものの一面にフォーカスしていたという事を私は知っており、そのような深さまで読んで頂いたことを深謝しております。 そして第2の批評ですけれども、読者の中で作品の読みが変わることは、私も度々経験しており、自然なことだと思います。 第2の批評も言葉の意味するところの確認としても、ヴィジョンを経験した者からの感想としても、誤読とは思えませんし、書いてくださったことに深謝します。ありがとうございます。 最後にひとつ。 この作品のクセとして、エロティシズムというものが、作者も読者も含めた1人1人にとって、だいぶ違うものだという点が、この作品の受け取り方をよく言えば多様に、悪く言えば混乱して起こす。と、いう面もあると思っています。 何をエロいと感じるかから人によって違いますし、エロいと感じることを心地よいと感じる人も、気持ち悪いとか不快とか感じる人も、その許容度も違います。 火を消す指についても、指でなければならないのか、火消しの金具で摘むのでも良いのかは、おそらくそうした事も関係あるかと。 その上で、指で消す「女」についての想いも鑑賞者によって感想は異なり、あなたの第2の批評も、作者としては嬉しく拝読しました。 以上、作者がコメントして良いのかどうか、わかりませんが、感謝を伝えたいと思いまして、コメントさせて頂きました。 ありがとうございました。

2
藤 一紀
蛾兆ボルカさんへ
(2021-01-28)

読んでくださってありがとうございます。選評文として書いたものの、これはコメントの続きみたいなつもりでした。こちらの本文にも書きましたが、自分が書いたコメントと作品タイトルにズレがあるように感じたからでした。最初のコメントが作品に沿っていたとしたら、恐らくタイトルは『女』ではなく、『女へ』とか『女に』となったのではないかと思ったのがまず一つ。 それから作品の最終行でだけ《女》に動きがあったのが一つ。これらからやはり『女』を書いたのだろうと思いました。それは例えば男性画家が女性の肖像画を描いたとしても、彼から見た(彼にとっての)女性として描きだされることがあるように、《僕》が作中での語りの中心になっていても《僕》から見た(僕にとっての)《女》が書かれたのだと思い当たったのです。それで、ああ、これは書き直したいな、と。 これが批評と呼べるものかどうかはわかりませんが、仮に批評的な散文であったとしても、作品ありきで、汲み取れたもの、読みながら自分のなかで構成されたものを、言語化できたところで、作品を作り上げている言葉(もしくは言葉によって作り上げられた作品空間)を語り尽くすことはできず、必ず取り零してしまうものと知りつつも、やはり残せるものは残しておきたい。というのも、こういう読みができるのも今だけかもしれないので。 最後に二つほど、この拙文を書いている中でボードレールの作品に、タイトルは忘れましたが、「巨大女」を書いたものがあったことを思い出したこと、また「性衝動」というものが肉体的のみならず精神的なものと関わっている意味において人間の生にとって他の欲求よりも最も本質的な欲求であるという説を思い出していたことを書き加えておきたく思います。 コメント一つ一つ頷きながら拝読しました。書いてよかったです。ありがとうございます。

2

B-REVIEWに参加しよう!

新規登録
ログイン

作品をSNSで紹介しよう→

投稿作品数: 3