書くということ(選評文) - B-REVIEW
新規登録
ログイン
PICK UP - REVIEW

夏は夜。月のころはさらなり

田舎の夜道は暗くとも、恋は華やかで明るい——

沙一

あなたとどんぐりとハナミズ……

悪意のないホローポイント弾

ここには○○の残酷さが描かれている。 ○○が何なのかは、読めばわかる… …かもしれないし、わからないかもしれない。 感じ方は「人それぞれ」だから。

R

祖父の痕跡

黙想を貫いた彼が最後にみたものは…

祖父の遺物が並んだ「私」だけの世界… 彼の深層に踏み込むべく「私」は宝物箱に触れてしまうのか…祖父とは一体何なのか…

つつみ

直列つなぎ-うんこ!!(……

青春の現代詩

青春はいつも、エロくて汗臭い。そして切ないけど優しいところもあり、美しい瞬間もあるけど、昆虫たちも僕らも命を捨てて夫婦になることを受け入れる。それが生きるということだから。個人的には、僕は飯田華子さんの紙芝居を観に行きたい。

蛾兆ボルカ

ちがう星

ピッチャーとキャッチャーみたいだね

それから時々 おなじ星

のいえられこーず

いつまでもあいさつをしてゆ……

伝説の流行語はここから始まった

「かきかきたぶんしない」は伝説になった。わからない人には永遠にミューズは来ない。

のいえられこーず

粘土

こんにゃろっというやり場のない怒れる者よ

ほの暗い系男子がたどり着いた極北のモノローグがきみにはわかるまい

のいえられこーず

菊の花

2020年10月の裏番長/裏大賞

これの良さがわかるまで詩を書くんじゃない

のいえられこーず

死んだベテルギウス

地球は退屈な諦念に埋め尽くされてる

重力に支配された地球人にはわかるまい

のいえられこーず

風吹き抜ける青

残酷なロマンティズムがきみにはわかるまい

そのまま生き地獄で野垂れ死にするといいという孤高の美

のいえられこーず

ぢんせぃ

その喪失感は夢かうつつか

ネットとリアルがボーダーレスな、デジタルネイティブ世代の感性──

沙一

潮風

潮の香りにのまれるように

不思議な気配が手招きをしている

帆場 蔵人@⚰

空の下

大自然という舞台への出奔

二人が走り出す。広大な大自然という舞台へ。

羽田恭

明るい朝の歌

明るい朝のうらには、暗い夜があった

外をみつめることが、内をみつめることにつながっている──

沙一

震え 揺れ 回る

一気に詩情が注ぎ込まれていく。 それが 震え 揺れ 回る。 詩を詠み終えても、止まらない。

羽田恭

生きるためにパイを焼く

どうしようもなく生きていくということ

ただパイを焼く。それだけなのだけれど、衒いも奇抜さもなく心にぶつかってきて揺さぶられる。

帆場 蔵人@⚰

別れ

靴の哀しみ

歩くための存在でありながら、誰かが履いてくれないと歩き出せない存在が、絶望して待機してる

蛾兆ボルカ

パパの日曜日

しがない日常に飽きてしまったすべての人へ

ごく平凡な日曜日のパパが、壮大で絢爛豪華な世界へ旅立つ——

沙一

「中央公園より」

わかりあえなくたっていい

人種、国籍、性別、年齢、人間同士のわかりあえないディスタンス、そんなことよりも、おたがいに笑っていよう、ここはみんなの公園だから——

沙一

わたしの髪は生きているのか……

心を亡くしてしまいそうなときに

ささやかなお洒落をたのしむ、それは自分が自分であることをわすれないために、ひつようだったのかもしれない——

沙一

angel coffee?……

一瞬と、永遠

幸せなコーヒーと、降りやまない雨、好きな人といるとき、あなたならどちらを選びたいですか?

沙一

食べ物と死ぬ人

目が付いているうちに読みたまえ諸君

傑作。 目が付いているうちに読みたまえ、諸君。他に言うべきことはない。

石村利勝

別れ

余りにも挑戦的、だがそれがいい

数ある一行詩の中でも、想像力/表現力がとても高い作品。最初は(え、これだけ?)と感じることだろう。しかし、これだけ?からの作中世界の広がり方は、これだけ?発言が恥ずかしくなるほど広すぎるのだ。

ふじりゅう

ママンへ

散り際にも見えるママンの後ろ姿

無駄なくそつなく、それでいて大胆にママンに語りかける。「ママンへ」あなたはこの書き出しで何を思い、連ねますか?

stereotype2085

名残の雪

美しいと思える作品だった

美しい空間を、踏む。踏むことで、汚す。踏むことで汚す、明示のされない寂しさ。本作にとって、雪を踏む行為、それだけが個の存在の証明なのだ。

ふじりゅう

この作品は読んだことがありません。


批評対象
作品を読む

書くということ(選評文)    

<批評対象作品>
打刻


>砂浜を踏み込んだ >その感触はいつまでも足裏にあるけれど >砂たちは >この体の重たさを忘れていく つねに波の侵蝕にさらされ、時間の経過とともに不可逆的な変化を繰り返す場である「砂浜」を踏み込むという行為、あるいは「砂浜」に〈足跡をつける〉という行為は、《砂たちは/この体の重たさを忘れていく》ことをわかっている者にとってはいくらか悲しみを含むものであろう。その感触が自分自身には《いつまでも》残っているものならばなおさらのことだ。自分には感触が、あるいは感触としての記憶が残っているにもかかわらず、それを証しする対象は失われてしまうのだから。しかし、記憶は不変か。そうではない。記憶もまた時間という波にさらされて少しずつ変化していく。その時確かに感じていた〈実感〉などというものも時間の経過、目まぐるしく変化しながら繰り返す日常と関わっている間に気づくと感情的な強度を失ってしまうことは珍しくない。波によって洗われ変化していく砂浜、ひいては絶え間なく訪れる日常のなかで変化していく記憶、ここに〈足跡をつけること〉、言い換えれば〈痕跡を残す〉ということは、〈書く〉ということ、あるいは文字によって〈刻みつける〉ということであると言えまいか。こうして見ていくと二連、三連には強い目の働きを感じる。目に焼き付いた/書きつけられた、記憶。 しかし、こうした記録(=記述)という行為もその上から積み重なる多くの言葉のなかに埋もれて忘れられないとはいえまい。どのみち無常の営みという部分は消えないのだ。だが、いや、だからこそというべきか、そうした寄る辺ない時間への抵抗として、なお、言葉によって「書く」ことへの意志をもつのが詩人という人種ではないかと本作は語りかけているように思う。そう読んだ時に、 >時がどのように流れたのかを見るために >砂浜を歩いている >砂たちに >もう一度きみの体の重たさを刻み込ませる という四行のなんと美しく響くことだろうか。


作成日時 2021-01-09
コメント日時 2021-01-09
ログインしてコメントを書く
ログイン







新規ユーザー登録はこちら

パスワードを忘れた方はこちら

書くということ(選評文) ポイントセクション

作品データ

コメント数 : 1
P V 数 : 570.5
お気に入り数: 1
投票数   : 0

書くということ(選評文) コメントセクション

コメント数(1)
なかたつ
作品へ
(2021-01-09)

ありがとうございます。 主旨は書いていただいたとおりだと思います。具体と抽象を織り交ぜて書くこと、私たちひとりひとりはそれぞれに「私」がおり、それは具体であり、書くと言う行為はその「私」がどう在るかを切り取る行為でありつつも、「私」という存在は他の「私」によっても規定されるということ。常に他者がいるということ、つまり、「私」の外にも「私」がいるということ。生きている以上は「私」から「私」は逃れることができませんが、他の「私」にだったらなれるかもしれない。 あと、一つの出来事を同じ場所で同じ空間で共有したとしても、それを感じたり、考えたりしたことは、それこそ「私」の数だけあると信じているんですね。だからこそ、他者の「声」が僕にとっては大切で。記憶の祖語、それを記録するために僕は書いているようなものです。つまり、この評は実に的を射ているということですが、それこそ、他者の「声」によって再起された想いを記したに過ぎない。つまり、これは僕が語っているようでいて、他者によって語らされました。

1
ログインしてコメントを書く
ログイン







新規ユーザー登録はこちら

パスワードを忘れた方はこちら

B-REVIEWに参加しよう!

新規登録
ログイン

作品をSNSで紹介しよう→

投稿作品数: 3