その空間を愛で埋める男〜静かな底と天井 - B-REVIEW
新規登録
ログイン
PICK UP - REVIEW

あなたとどんぐりとハナミズ……

悪意のないホローポイント弾

ここには○○の残酷さが描かれている。 ○○が何なのかは、読めばわかる… …かもしれないし、わからないかもしれない。 感じ方は「人それぞれ」だから。

R

祖父の痕跡

黙想を貫いた彼が最後にみたものは…

祖父の遺物が並んだ「私」だけの世界… 彼の深層に踏み込むべく「私」は宝物箱に触れてしまうのか…祖父とは一体何なのか…

つつみ

直列つなぎ-うんこ!!(……

青春の現代詩

青春はいつも、エロくて汗臭い。そして切ないけど優しいところもあり、美しい瞬間もあるけど、昆虫たちも僕らも命を捨てて夫婦になることを受け入れる。それが生きるということだから。個人的には、僕は飯田華子さんの紙芝居を観に行きたい。

蛾兆ボルカ

ちがう星

ピッチャーとキャッチャーみたいだね

それから時々 おなじ星

のいえられこーず

いつまでもあいさつをしてゆ……

伝説の流行語はここから始まった

「かきかきたぶんしない」は伝説になった。わからない人には永遠にミューズは来ない。

のいえられこーず

粘土

こんにゃろっというやり場のない怒れる者よ

ほの暗い系男子がたどり着いた極北のモノローグがきみにはわかるまい

のいえられこーず

菊の花

2020年10月の裏番長/裏大賞

これの良さがわかるまで詩を書くんじゃない

のいえられこーず

死んだベテルギウス

地球は退屈な諦念に埋め尽くされてる

重力に支配された地球人にはわかるまい

のいえられこーず

風吹き抜ける青

残酷なロマンティズムがきみにはわかるまい

そのまま生き地獄で野垂れ死にするといいという孤高の美

のいえられこーず

ぢんせぃ

その喪失感は夢かうつつか

ネットとリアルがボーダーレスな、デジタルネイティブ世代の感性──

沙一

潮風

潮の香りにのまれるように

不思議な気配が手招きをしている

帆場 蔵人@⚰

空の下

大自然という舞台への出奔

二人が走り出す。広大な大自然という舞台へ。

羽田恭

明るい朝の歌

明るい朝のうらには、暗い夜があった

外をみつめることが、内をみつめることにつながっている──

沙一

震え 揺れ 回る

一気に詩情が注ぎ込まれていく。 それが 震え 揺れ 回る。 詩を詠み終えても、止まらない。

羽田恭

生きるためにパイを焼く

どうしようもなく生きていくということ

ただパイを焼く。それだけなのだけれど、衒いも奇抜さもなく心にぶつかってきて揺さぶられる。

帆場 蔵人@⚰

別れ

靴の哀しみ

歩くための存在でありながら、誰かが履いてくれないと歩き出せない存在が、絶望して待機してる

蛾兆ボルカ

パパの日曜日

しがない日常に飽きてしまったすべての人へ

ごく平凡な日曜日のパパが、壮大で絢爛豪華な世界へ旅立つ——

沙一

「中央公園より」

わかりあえなくたっていい

人種、国籍、性別、年齢、人間同士のわかりあえないディスタンス、そんなことよりも、おたがいに笑っていよう、ここはみんなの公園だから——

沙一

わたしの髪は生きているのか……

心を亡くしてしまいそうなときに

ささやかなお洒落をたのしむ、それは自分が自分であることをわすれないために、ひつようだったのかもしれない——

沙一

angel coffee?……

一瞬と、永遠

幸せなコーヒーと、降りやまない雨、好きな人といるとき、あなたならどちらを選びたいですか?

沙一

食べ物と死ぬ人

目が付いているうちに読みたまえ諸君

傑作。 目が付いているうちに読みたまえ、諸君。他に言うべきことはない。

石村利勝

別れ

余りにも挑戦的、だがそれがいい

数ある一行詩の中でも、想像力/表現力がとても高い作品。最初は(え、これだけ?)と感じることだろう。しかし、これだけ?からの作中世界の広がり方は、これだけ?発言が恥ずかしくなるほど広すぎるのだ。

ふじりゅう

ママンへ

散り際にも見えるママンの後ろ姿

無駄なくそつなく、それでいて大胆にママンに語りかける。「ママンへ」あなたはこの書き出しで何を思い、連ねますか?

stereotype2085

名残の雪

美しいと思える作品だった

美しい空間を、踏む。踏むことで、汚す。踏むことで汚す、明示のされない寂しさ。本作にとって、雪を踏む行為、それだけが個の存在の証明なのだ。

ふじりゅう

例えば鳥の教え

色が付いたばかりの映画のように

情景の転調あるいは繋がりが「色彩」を基調にして、境界をあいまいにしながら広がる。

鈴木歯車

この作品は読んだことがありません。


批評対象
作品を読む

その空間を愛で埋める男〜静かな底と天井    

<批評対象作品>
静かな底と天井


尾田さんの作品は恋愛ばかりでつまらないと言い切ってしまった過去があるだけに、尾田和彦作品における恋愛については落とし前をつけなければならい。先に申し上げると、大きな見誤りがあったと懺悔しておく。その誤読の要因になっていたのはネット詩の猥雑さへの私の嫌悪感だ。「こんな変態なことネットだから書いてんでしょ?」という下世話な邪推。恋愛に対してはずっとピュアでありたいと私は思っているし、それを尾田氏にも求めていた。だから平気で恋愛を詩にする氏の作品がつまらなかった。ところが、尾田和彦作品における恋愛は猥褻なものではなくて、純度を明らかにするための猥褻があることに気がついた。純粋な愛はたしかに変態的にあるものだ。しかし他人の変態を見せられても、変態は変態でしかない。ただ優れた詩はそのレトリックによってピュアな愛をハイコンテクストさせる。それは()内の固有名詞であり、氏のピュアさが満載されている。「経験値」がぶっこまれていて、あざといと云えばあざとい。けれども、彼はそれを同時に否定もしている。 >脱がしたばかりのレトリックで >女は風邪をひき >男は客体を挿入することによって無名となる みうらのいつもの思い込み解釈を述べるが、「男は性行為をやる時は無名(ピュア)になる」と言っていて、それは経験の否定ということ。もう一つ引用する。 >剥がした傷口を >その瘡蓋を >ドストエフスキーという男に >小説で書かせた >それは主人公の不在を示す 瘡蓋とは失恋であり、片想いの恋であり、ドストエフスキーが書いた宗教的な絶望感だし、でもそれこそが純度100の自己完結する妄想(主人公の不在)だということ。もう一つ付記すれば、文学を持ち出しているのが、己の経験ではなくて、夢想する恋愛としてのメタファーになっている。 誰もがご承知の通り、尾田さんほどネット詩を知り尽くし、ネットの空間にリアリティを持ち込む拘りを持つポエマーはいない。だからこそ尾田和彦作品には純度の高い愛があるのだと思う。なぜならばネットはどこまでいったって仮想だし、リアルなのは、その拘ろうとする無限体の妄想だけだから。その妄想を氏の言葉を借りていえば、一つの矢印、つまり誰かが共有してくれるかもしれない仮のシンボルであり、文学の希望がたくさん詰まっていて好ましい。


作成日時 2020-03-05
コメント日時 2020-03-05

その空間を愛で埋める男〜静かな底と天井 ポイントセクション

作品データ

コメント数 : 1
P V 数 : 642.7
お気に入り数: 0
投票数   : 0

その空間を愛で埋める男〜静かな底と天井 コメントセクション

コメント数(1)
湯煙
作品へ
(2020-03-11)

カッコよすぎるぜ!ーーー批評も尾田作品も。 真似てパクってみたいです。

0

B-REVIEWに参加しよう!

新規登録
ログイン

作品をSNSで紹介しよう→

投稿作品数: 3