相対性地獄理論-日記 - B-REVIEW
新規登録
ログイン
PICK UP - REVIEW

着順は知らない

まるでショートフィルム

駆け抜ける風を感じて

ピム

伝記びりびり

言語と身体のきしみ

緘黙のぼくは祖父母の目の前で伝記を破ることにした。

r

明るい朝の歌

明るい朝のうらには、暗い夜があった

外をみつめることが、内をみつめることにつながっている──

沙一

犬のしっぽ

    遍界不曾藏  犬がしっぽを振る世界

湯煙

震え 揺れ 回る

一気に詩情が注ぎ込まれていく。 それが 震え 揺れ 回る。 詩を詠み終えても、止まらない。

羽田恭

生きるためにパイを焼く

どうしようもなく生きていくということ

ただパイを焼く。それだけなのだけれど、衒いも奇抜さもなく心にぶつかってきて揺さぶられる。

帆場 蔵人@⚰

別れ

靴の哀しみ

歩くための存在でありながら、誰かが履いてくれないと歩き出せない存在が、絶望して待機してる

蛾兆ボルカ

パパの日曜日

しがない日常に飽きてしまったすべての人へ

ごく平凡な日曜日のパパが、壮大で絢爛豪華な世界へ旅立つ——

沙一

「中央公園より」

わかりあえなくたっていい

人種、国籍、性別、年齢、人間同士のわかりあえないディスタンス、そんなことよりも、おたがいに笑っていよう、ここはみんなの公園だから——

沙一

わたしの髪は生きているのか……

心を亡くしてしまいそうなときに

ささやかなお洒落をたのしむ、それは自分が自分であることをわすれないために、ひつようだったのかもしれない——

沙一

angel coffee?……

一瞬と、永遠

幸せなコーヒーと、降りやまない雨、好きな人といるとき、あなたならどちらを選びたいですか?

沙一

食べ物と死ぬ人

目が付いているうちに読みたまえ諸君

傑作。 目が付いているうちに読みたまえ、諸君。他に言うべきことはない。

石村利勝

別れ

余りにも挑戦的、だがそれがいい

数ある一行詩の中でも、想像力/表現力がとても高い作品。最初は(え、これだけ?)と感じることだろう。しかし、これだけ?からの作中世界の広がり方は、これだけ?発言が恥ずかしくなるほど広すぎるのだ。

ふじりゅう

ママンへ

散り際にも見えるママンの後ろ姿

無駄なくそつなく、それでいて大胆にママンに語りかける。「ママンへ」あなたはこの書き出しで何を思い、連ねますか?

stereotype2085

名残の雪

美しいと思える作品だった

美しい空間を、踏む。踏むことで、汚す。踏むことで汚す、明示のされない寂しさ。本作にとって、雪を踏む行為、それだけが個の存在の証明なのだ。

ふじりゅう

例えば鳥の教え

色が付いたばかりの映画のように

情景の転調あるいは繋がりが「色彩」を基調にして、境界をあいまいにしながら広がる。

鈴木歯車

おかあさん

史上最強のタイトル回収

本文たったの6行、造作もなく読み切れ、詩人よ。 そして再度タイトルを見返し驚愕せよ、詩人よ。

name

空なんか見てんじゃないよ

淘汰

この詩はあるタイプの詩と詩人を淘汰するべく書かれている と言えば言い過ぎか。 要注目。

stereotype2085

はずしわすれた風鈴が鳴る

やさしくせつない短歌集

かたづけられない想い出、それでもめぐりくる季節——

沙一

春風に吹かれてる

だいじょうぶだあ

《なんてこたあ ないんだよ》 天国から呼びかける声が、聴こえる。

stereotype2085

永遠の反射

名作?それともただの習作?

ただの習作なのかもしれない。が、ここには作者当人も気付いていないかもしれない、天才がいる。俺の直観は当たるんだよ。人生で二回くらいは。

石村利勝

こんにちは まっさらな世界

「まっさら」の優れた表現

あなたの世界も「まっさら」ではないかな? 「まっさら」なのに、書けますか?

yasu.na

imagine

パンチング。

今からリーディング界隈を、ノックアウト。

stereotype2085

はっかといちご

詩における視覚要素の決定版

いわゆる視覚詩的なものは作ろうとするとパッと見の奇抜さで満足してしまい、それを行った理由に乏しくなってしまうことが往々にある。しかし「はっかといちご」はその域を超え、結晶の造形だからそこの効果を成せている。

渡辺八畳

独言少女

いつも終電に間に合う人生生きてますか

少女の独言は胸に刺さる。というか萌える。条件があって、少女は本当に少女でなくてはならず独言は本当に独言でなくてはならない。なのでこの詩は刺さるし萌える。

石村利勝

この作品は読んだことがありません。


作品を
別枠表示

相対性地獄理論-日記    

 朝。私の体の中には密度の大きい夜がまだ潜んでいて、きっとそれが体を重くしてるんだな。気怠さを切り裂くようにしてカーテンをひらけば、朝日すらも疲れたみたいに日に日に起き上がるのが遅くなっていて、多分ですが、間もなく冬至なのでは?  季節はあっという間に過ぎ去っていくけれど、私はいつまでも平行線の上に横たわって、宇宙、点O上で永遠に静止しながら地球の公転を眺めている気分。でもはっきり言って、顔を洗えば、歯を磨けば、制服を着ればそんな思考もどこか薄れて消えてしまって、後に残るのは女子中学生。全ての大人が欲しがるような物を軽々と浪費する青春デイズ。そこそこに楽しくて辛くてエモい生活を送って、ウィーアーハッピー世界。そう叫べるくらいには元気。  今日も朝ごはんがシャケで、何かの命を消費して生きて行くことを、平凡。と思えるくらいには、私は麻痺してしまっているのだろうか。お母さんは今朝もヨガをしていて、チャクラを開いて健康増進。ユーチューブから流れるうるさいヒーリング音楽withうるさい広告。  テレビで特集されたのはこの前の台風の被災者たちで、私の地域は平和で良かったな。なんて、本当にそうなの? 私みたいな人なんて、生きていても、いなくてもどうせ大して変わりはしないことは十分に知ってるし聞き飽きてるから、テレビでは被災地出身のスポーツ選手が被災者にエールを送って、それは私にはエールは送られていないということ。に感じてしまう、悪い子、だなんて知ってる。  思想の自由が私に与えてくれたのは、現実の不条理で、私は今日も、弱くもなく、強くもなく、1万人単位、もしくはそれ以上で扱われるような準・人類として生きてて、扉を開いて今日の天気予報。そういえば、最高気温9度。誰にも平等に、こうやって冷たい風が吹き付けられるような瞬間が、肌の震えの行く末を想像する瞬間が好きだったけれど、それすら嘘で、今北極では、シロクマさんが困ってるんですってよ。そう、私と同じくらいの女の子が叫んでるのを見た。その子は性的マイノリティでもあるんだって。かわいそうに、無敵に生まれたんだね。心の中でだけ、あくまで、心の中でだけそう思って。  さあ、駆け出せ、少女。女子中学生。全身全霊で、今日も学校。嫌だなあと思いながら、行ってしまえば平然と友達と笑い合ってしまう自分が嫌いだ。私は何者でもない、なんて、ツイッター見れば何万人も同じこと思ってるけど。透明で、それでいて、少女で、中学生で、思春期で、普通だった。そういう何重にもなったスカートで自己防衛をしている。私はその度に、冬の空気に溶け込んだ何者かの命に怯えて鳥肌を立てて。  好きな季節はなんですか? 冬です。雪が降るから。雪は、地上で最も冷たい愛の象徴だと、妄想をするのは危険。臆病さが、時空を歪ませて一瞬が、1秒に、1分に、1時間に、永遠に膨らんで、その分だけ私は縮小してしまう。ちっぽけた善悪とか好き嫌いとか、そういう命題の精算が私というものなら、消えてしまった方が楽だと、思ったのはいつからだったっけな。  通学路が姿を変えないまま距離だけが学校に近づいて行く。おはよう、私の優しい友だち。けして、親友とは呼べないような友だち。それでも友だちと名付けて、今日も会話をする。 「おはよ」「おはよー」「寒いね」「うん、やばいよね。体育館とか絶対凍え死ぬって」「それ。昨日の朝練とか、ついにマイナス行ったらしいよ?」「本当!? もうさあ、そんな中でバスケとかやったら凍傷になるじゃん。痛いってレベルでなく生死に関わるタイプの奴じゃん」「わかる〜」「せめて朝練さえ無くなってくれれば……」  白い巨大な建物との近づきがついに最高潮に達して、やがて私と同化する。今日も平凡な1日が始まって、きっと終わるんだろうね。なんて、未来の想像ができない。それは、未来がまるで今みたいな顔をして私を見つめるから。いたたまれない気持ちになって、自分が自分であることの証明、美しい鳴き声で表現できるような動物に生まれたかった。  ここは地獄だ。  私は一人で、そう思って、また同時にこの世界のどこかでは、厭世的な若者が同じように、思っていて、また同時にこの世界のどこかでは、私みたいな普通の人が、同じように、地獄だと、思っているんだろうね。隣の君も、思っているのかもしれないね。その事実が地獄です。地獄が、地獄と名づけられて、一般化されて、私たちがそれを自衛の道具みたいに振りかざすこと。私は何者でもない、という考えそのものが、私を何者にしている。実は、世界中で、もっと、もっと地獄みたいなことが起きていることを知っています。もっと、もっと苦しんでいる人がいることを知っています。破廉恥ね。誰か、私を罵ってください。この相対的地獄に、何か、絶対の終わりを、与えてください。  嘘よ。今日もどうせ、のうのうと生き延びてしまうのだから。


作成日時 2019-12-15
コメント日時 2020-01-06

相対性地獄理論-日記 ポイントセクション

作品データ

コメント数 : 8
P V 数 : 1401.0
お気に入り数: 1
投票数   : 0
ポイント数 : 27
#テキスト
項目全期間(2020/11/24現在)投稿後10日間
叙情性85
前衛性42
可読性42
エンタメ41
技巧43
音韻11
構成22
総合ポイント2716
 平均値  中央値 
叙情性1.62
前衛性0.81
可読性0.81
 エンタメ0.81
技巧0.80
音韻0.20
構成0.40
総合5.45
閲覧指数:1401.0
2020/11/24 09時41分32秒現在
※ポイントを入れるにはログインが必要です
※自作品にはポイントを入れられません。

    作品に書かれた推薦文

相対性地獄理論-日記 コメントセクション

コメント数(8)
夢うつつ
(2019-12-15)

ごめんなさい。これを詩に昇華させることが今の私にはできないので、日記、短編小説、エッセイとしてお楽しみください。よろしくお願いします。

0
右肩ヒサシ
(2019-12-16)

こんにちは。作者の方は今現在中学生なのでしょうか。もしそうなら、とんでもないリアリティが迫ってきます。もしそうでないのなら、その鮮度ある魅力は失われてしまうように思えるのですが。 詩の「中身」の一つとして考えられるのは、この世の地獄っぷりをその人に即して明らかにすることだと僕は思います。幸福に比べて不幸のあり方はヴァリエーションに富んでいるそうですから。中学校時代の、ある種の不幸は、僕自身の生活に即してみると実に幸せな不幸だったと思います。この作品を読んでそんな感覚を思い出しました。

0
夢うつつ
(2019-12-16)

右肩ひさしさん ありがとうございます。私は現役中学生です。

0
右肩ヒサシ
(2019-12-22)

夢うつつさん、僕が中学生の頃にはとてもここまで自分の生活を表現できませんでした。語彙力、しっかりついていますね。自分を、ある意味で、嫌味なく対象化できていることにも驚きました。 「白い巨大な建物〜動物に生まれたかった」は大人でもなかなかこうは書けません。本当に中学生ならどんな人の本を読んでいるのか気になります。 詩を書き続けてください。いや、書き続けなくてもいいから、しっかり自分のことを見続けてください。上から目線なものいいですが、ついそんなことも言ってしまう魅力を持っています。

0
夢うつつ
(2019-12-23)

右肩ヒサシさん ありがとうございます、めちゃ嬉しいです。ヘルマンヘッセが好きです。これからも詩は多分書きます。

0
あああ
あああ
(2020-01-04)

率直に、とてもうらやましいと思いました。私が中学生の時にこんな語彙力はなく、渦巻くだけの思考を燻ぶらせることしかできなかったので。私はもう少しで高校生を終える身でありますが、その年齢になった時の貴女の作品がとても見てみたいと思うような作品でした。(?重複っぽいですね) 普通から外れたい人が大衆を占めてきている今の世をガツンと書かれているなあと思いました。 そういうことを書いている作品はほかにも星の数ほどあるのに、リアリティや貴女独特の言葉選びのおかげでしょうか、少なくとも私には埋もれる作品には見えない輝きがありました。

0
こうだたけみ
(2020-01-05)

とてもよかったです。好きです。コメント見たら、現役の中学生なのですね。中学生でこれだけ書けるってすごいことだ。と、素直に思いました。読めてよかったです。

0
めぐる
(2020-01-06)

おなじく。 自分の時間軸を戻してみたところで、このような表現はできなかった。 ただただ言葉をパズルのように組み立てるのに精一杯で、自分ではなく、結局は借り物だったように思う。 心がワクワクしました。 ありがとうございます。

0

B-REVIEWに参加しよう!

新規登録
ログイン

作品をSNSで紹介しよう→

投稿作品数: 1