手のひらの宝石 - B-REVIEW
新規登録
ログイン
PICK UP - REVIEW

食べ物と死ぬ人

目が付いているうちに読みたまえ諸君

傑作。 目が付いているうちに読みたまえ、諸君。他に言うべきことはない。

石村利勝

別れ

余りにも挑戦的、だがそれがいい

数ある一行詩の中でも、想像力/表現力がとても高い作品。最初は(え、これだけ?)と感じることだろう。しかし、これだけ?からの作中世界の広がり方は、これだけ?発言が恥ずかしくなるほど広すぎるのだ。

ふじりゅう

ママンへ

散り際にも見えるママンの後ろ姿

無駄なくそつなく、それでいて大胆にママンに語りかける。「ママンへ」あなたはこの書き出しで何を思い、連ねますか?

stereotype2085

名残の雪

美しいと思える作品だった

美しい空間を、踏む。踏むことで、汚す。踏むことで汚す、明示のされない寂しさ。本作にとって、雪を踏む行為、それだけが個の存在の証明なのだ。

ふじりゅう

例えば鳥の教え

色が付いたばかりの映画のように

情景の転調あるいは繋がりが「色彩」を基調にして、境界をあいまいにしながら広がる。

鈴木歯車

おかあさん

史上最強のタイトル回収

本文たったの6行、造作もなく読み切れ、詩人よ。 そして再度タイトルを見返し驚愕せよ、詩人よ。

さ、さ、さ、

空なんか見てんじゃないよ

淘汰

この詩はあるタイプの詩と詩人を淘汰するべく書かれている と言えば言い過ぎか。 要注目。

stereotype2085

はずしわすれた風鈴が鳴る

やさしくせつない短歌集

かたづけられない想い出、それでもめぐりくる季節——

沙一

春風に吹かれてる

だいじょうぶだあ

《なんてこたあ ないんだよ》 天国から呼びかける声が、聴こえる。

stereotype2085

永遠の反射

名作?それともただの習作?

ただの習作なのかもしれない。が、ここには作者当人も気付いていないかもしれない、天才がいる。俺の直観は当たるんだよ。人生で二回くらいは。

石村利勝

こんにちは まっさらな世界

「まっさら」の優れた表現

あなたの世界も「まっさら」ではないかな? 「まっさら」なのに、書けますか?

南雲 安晴

imagine

パンチング。

今からリーディング界隈を、ノックアウト。

stereotype2085

はっかといちご

詩における視覚要素の決定版

いわゆる視覚詩的なものは作ろうとするとパッと見の奇抜さで満足してしまい、それを行った理由に乏しくなってしまうことが往々にある。しかし「はっかといちご」はその域を超え、結晶の造形だからそこの効果を成せている。

渡辺八畳

独言少女

いつも終電に間に合う人生生きてますか

少女の独言は胸に刺さる。というか萌える。条件があって、少女は本当に少女でなくてはならず独言は本当に独言でなくてはならない。なのでこの詩は刺さるし萌える。

石村利勝

MY 9090 OF NO……

最先端ノスタルジア

なつかしみが 超えてゆく 未来という名のノスタルジイ 

真清水るる

骸骨スフィア

プラトニックな求愛の舞踏

ほろびたゆえに、もうほろびることのない、永遠の愛。それは、幸せか、囚われか——

沙一

人魚性

海、たましいの故郷

素直さゆえに、なじめない人間のせかいにたいする、異邦のかんかく——

沙一

宇宙飛行士の解剖

死因は、孤独

二重の夜に、追い詰められた、かれは、涯のない闇のなか、吊るされた——

沙一

家庭の檄文

悲運

そこには笑顔の絶えない、家庭があった。

stereotype2085

あす

ミのシャープはファ

「ミのシャープ/響かせる笹舟にのせて/送り出してみる」って、やりますねえ。ひねりが利いてて鮮やか軽やか、清新なリリシズム。これぞ令和の”もののあはれ”じゃないですか?

石村利勝

バナナはおやつに入りますか

たもつワールド全開

これはバナナですか いいえ詩です たもつザ・ワールドです

羽田恭

TOKYO

不良天使の幻像

広大さと、小さなもの、神聖さと、世俗的なものの、コントラストに富んだミニチュア——

沙一

風景を食む

我々も本作の出来に食まれていく

この良さは読まぬと分からぬが、読むと確実に心が仕留められる。独特の風景の描写は人の記述がないからこそ冷涼な空気を作り出す。

ふじりゅう

失踪

現代詩が現代であることを実感できる

古風な詩作品から一線を画した作風に我々は驚く。

ふじりゅう

お別れの挨拶

&氏による待望の一作

ロシヤ、という響きの不思議さに、貴方はもう逃れられない。。。

ふじりゅう

この作品は読んだことがありません。


作品を
別枠表示

手のひらの宝石    

今日、立ち尽くしている人に 声をかけることができないわたくしは 潤いで保護された黒目を震わすだけで あたたかな洋服を脱ぐことはできない しとやかに球面をきらめかす こんな自分が嫌になって 「せめて痛みを」と ぎゅっと手のひらの宝石を握りしめ あなたの痛みに、近づこうと/する 「どうぞこれを」 そう手放すことができない血まみれの宝石が染め上がる頃 通りすがりの神様が、指をさして笑って、る


作成日時 2017-06-26
コメント日時 2017-06-29

手のひらの宝石 ポイントセクション

作品データ

コメント数 : 4
P V 数 : 205.9
お気に入り数: 0
ポイント数 : 0
項目全期間(2020/06/04現在)投稿後10日間
叙情性00
前衛性00
可読性00
エンタメ00
技巧00
音韻00
構成00
総合ポイント00
 平均値  中央値 
叙情性00
前衛性00
可読性00
 エンタメ00
技巧00
音韻00
構成00
総合00
閲覧指数:205.9
2020/06/04 23時07分18秒現在
※ポイントを入れるにはログインが必要です
※自作品にはポイントを入れられません。

    作品に書かれた推薦文

手のひらの宝石 コメントセクション


コメント数(4)
エイクピア (2017-06-27):

通りすがりの神様が気に成りますね。指をさして笑って居るのは、実際現実ではあまりないシチュエーションなのかも知れません。指をさしているだけ、嗤っているだけなら無数にあるでしょうが。勿論立ち尽くしている人も気に成りました。宝石と痛みの相関関係なども思いました。

0
花緒 (2017-06-27):

書かれてある内容はとても単純で、他人の痛みを傍観することしかできない痛みについて書かれているに過ぎないように思うのですが、語の選択や描き方が非常に巧みで、小品でありながらも、読み応えがあるように思いました。実力を感じさせる一作ですね。

0
まりも (2017-06-27):

なめらかな言葉、静かな筆致が、とても上質の叙情を奏でていると思いました。 手放すことのできない宝石、とはなんだろう。自らの魂、だろうか。 己の魂を握りつぶして、血まみれのまま差し出す、そんな思いのまっすぐさ、に対して・・・おいおいおい、生き生きと輝いている魂をそのまんま見せてくれる方が、どれだけ美しいか・・・と苦笑している神様・・・そんな景色が浮かびました。 わたくし、という言葉がまとう、宮沢賢治的なまっすぐさに想いを馳せつつ。

0
なかたつ (2017-06-29):

 誰しもが誰しもなりに、他人には譲れない宝石(のようなもの)を自分の中に孕んでおり、それは大切なものです。その宝石は大切なものでありながらも、イメージとして、角ばっています。宝石は大抵眺めるものとして在るのですが、ぎゅっと握りしめることで、その角で人を痛めつける道具にもなりうるのです。  なぜ、その宝石を握りしめる必要があったのか。それは、立ち尽くしている人に対しての罪悪感をごまかすためです。「黒目を震わす」「球面をきらめかす」と、目が潤んでいる様子がわかります。それは、心が作用させたことですが、内的な要因で生じた目の潤みを、外的な要因=宝石を握りしめることによる痛みに変換することで、やり場のない罪悪感をごまかそうとしているのではないかと捉えました。  最終行は、神様がそんなごまかしに気づいているからこそ、指をさして笑うことができるのではないでしょうか。  そもそもこんな罪悪感が生まれたのは、「わたくし」と「立ち尽くしている人」との関係性が重要になるのでしょう。その関係性を解きほぐすことはできませんが、立ち尽くしているのは、街中で通りすがりの知らない人なのか、大学のキャンパスで見かけた知り合いなのか、何かを喪失した恋人なのか。そのいずれかはわかりませんが、「わたくし」は、その立ち尽くしている人の立ち尽くしている理由を思うことができる存在であることは間違いありません。そして、それに痛みを感じられる人であり、勝手な推測がそこにはあるかもしれませんが、人の気持ちを読み取ろうとする意思を感じられました。

0

B-REVIEWに参加しよう!

新規登録
ログイン
投票不可

作品をSNSで紹介しよう→

投稿作品数: 1