ビールみたいに運ばれて - B-REVIEW
新規登録
ログイン
PICK UP - REVIEW

食べ物と死ぬ人

目が付いているうちに読みたまえ諸君

傑作。 目が付いているうちに読みたまえ、諸君。他に言うべきことはない。

石村利勝

別れ

余りにも挑戦的、だがそれがいい

数ある一行詩の中でも、想像力/表現力がとても高い作品。最初は(え、これだけ?)と感じることだろう。しかし、これだけ?からの作中世界の広がり方は、これだけ?発言が恥ずかしくなるほど広すぎるのだ。

ふじりゅう

ママンへ

散り際にも見えるママンの後ろ姿

無駄なくそつなく、それでいて大胆にママンに語りかける。「ママンへ」あなたはこの書き出しで何を思い、連ねますか?

stereotype2085

名残の雪

美しいと思える作品だった

美しい空間を、踏む。踏むことで、汚す。踏むことで汚す、明示のされない寂しさ。本作にとって、雪を踏む行為、それだけが個の存在の証明なのだ。

ふじりゅう

例えば鳥の教え

色が付いたばかりの映画のように

情景の転調あるいは繋がりが「色彩」を基調にして、境界をあいまいにしながら広がる。

鈴木歯車

おかあさん

史上最強のタイトル回収

本文たったの6行、造作もなく読み切れ、詩人よ。 そして再度タイトルを見返し驚愕せよ、詩人よ。

眠い人

空なんか見てんじゃないよ

淘汰

この詩はあるタイプの詩と詩人を淘汰するべく書かれている と言えば言い過ぎか。 要注目。

stereotype2085

はずしわすれた風鈴が鳴る

やさしくせつない短歌集

かたづけられない想い出、それでもめぐりくる季節——

沙一

春風に吹かれてる

だいじょうぶだあ

《なんてこたあ ないんだよ》 天国から呼びかける声が、聴こえる。

stereotype2085

永遠の反射

名作?それともただの習作?

ただの習作なのかもしれない。が、ここには作者当人も気付いていないかもしれない、天才がいる。俺の直観は当たるんだよ。人生で二回くらいは。

石村利勝

こんにちは まっさらな世界

「まっさら」の優れた表現

あなたの世界も「まっさら」ではないかな? 「まっさら」なのに、書けますか?

南雲 安晴

imagine

パンチング。

今からリーディング界隈を、ノックアウト。

stereotype2085

はっかといちご

詩における視覚要素の決定版

いわゆる視覚詩的なものは作ろうとするとパッと見の奇抜さで満足してしまい、それを行った理由に乏しくなってしまうことが往々にある。しかし「はっかといちご」はその域を超え、結晶の造形だからそこの効果を成せている。

渡辺八畳

独言少女

いつも終電に間に合う人生生きてますか

少女の独言は胸に刺さる。というか萌える。条件があって、少女は本当に少女でなくてはならず独言は本当に独言でなくてはならない。なのでこの詩は刺さるし萌える。

石村利勝

MY 9090 OF NO……

最先端ノスタルジア

なつかしみが 超えてゆく 未来という名のノスタルジイ 

真清水るる

骸骨スフィア

プラトニックな求愛の舞踏

ほろびたゆえに、もうほろびることのない、永遠の愛。それは、幸せか、囚われか——

沙一

人魚性

海、たましいの故郷

素直さゆえに、なじめない人間のせかいにたいする、異邦のかんかく——

沙一

宇宙飛行士の解剖

死因は、孤独

二重の夜に、追い詰められた、かれは、涯のない闇のなか、吊るされた——

沙一

家庭の檄文

悲運

そこには笑顔の絶えない、家庭があった。

stereotype2085

あす

ミのシャープはファ

「ミのシャープ/響かせる笹舟にのせて/送り出してみる」って、やりますねえ。ひねりが利いてて鮮やか軽やか、清新なリリシズム。これぞ令和の”もののあはれ”じゃないですか?

石村利勝

バナナはおやつに入りますか

たもつワールド全開

これはバナナですか いいえ詩です たもつザ・ワールドです

羽田恭

TOKYO

不良天使の幻像

広大さと、小さなもの、神聖さと、世俗的なものの、コントラストに富んだミニチュア——

沙一

風景を食む

我々も本作の出来に食まれていく

この良さは読まぬと分からぬが、読むと確実に心が仕留められる。独特の風景の描写は人の記述がないからこそ冷涼な空気を作り出す。

ふじりゅう

失踪

現代詩が現代であることを実感できる

古風な詩作品から一線を画した作風に我々は驚く。

ふじりゅう

お別れの挨拶

&氏による待望の一作

ロシヤ、という響きの不思議さに、貴方はもう逃れられない。。。

ふじりゅう

この作品は読んだことがありません。


作品を
別枠表示

ビールみたいに運ばれて    

ビルがビールみたいに運ばれて 泡をくっ付けて聳えてるけど 飲み干しても 飛び降りても 埒があかない ビルのなかで泡吹いて仕事することも 何階ですかと尋ねられることも ビールみたいに運ばれてくるだけで 最後はどんどん片付いて 長いテーブルの向こうの絵みたいに一枚 僕が掛けられている 次の宴会が始まって 絵は人のように見ている ビールみたいに人もどんどん運ばれて どんどん片付いて 泡みたいに爽やかな白になる 新しいビルが聳える頃に 絵も捨てられて 僕は結局ビルのなかで 運ばれてくるビールみたいに泡吹いて 綺麗に片付いていくだけ そんなのは嫌だ という 泡みたいなはなし。


作成日時 2017-06-19
コメント日時 2017-06-30

ビールみたいに運ばれて ポイントセクション

作品データ

コメント数 : 5
P V 数 : 223.7
お気に入り数: 0
ポイント数 : 0
項目全期間(2020/05/31現在)投稿後10日間
叙情性00
前衛性00
可読性00
エンタメ00
技巧00
音韻00
構成00
総合ポイント00
 平均値  中央値 
叙情性00
前衛性00
可読性00
 エンタメ00
技巧00
音韻00
構成00
総合00
閲覧指数:223.7
2020/05/31 04時23分18秒現在
※ポイントを入れるにはログインが必要です
※自作品にはポイントを入れられません。

    作品に書かれた推薦文

ビールみたいに運ばれて コメントセクション


コメント数(5)
花緒 (2017-06-20):

とてもうまくまとまっている一作ですね。サラリーマンといえば、ノミュニケーションが一般的ですが、宴会というと、必ず、とりあえずビールになります。私は、宴席もビールも好きではないので、ビールとビルの言葉遊びを使いながら、宴会の光景を諧謔を交えながら描く本作、響くものがありました。ビールの泡のように、軽妙なタッチが心地いい良作かと。

0
まりも (2017-06-23):

浅草のあたりにある、金色の火の玉のような「ビールの泡」を表すという飾り?を屋上に乗せたビル、を、一瞬連想しましたが・・・ビルがどんどん建てられていく「都市の歴史」をタイムラプス映像で見ているような感覚にもなりました。 〈長いテーブルの向こうの絵みたいに一枚 僕が掛けられている 次の宴会が始まって 絵は人のように見ている〉 この部分が秀逸と思いました。僕、自身を客観視して見つめる語り手の視点。それもまた、僕、であるには違いないのですが、創作者の僕ですよね。流れて来る仕事を片付けているのか、自分自身も片づけられていくのか・・・そうした、社会でもまれている働き手の僕、を見ている詩人の僕。

0
百均@B-REVIEW ON/ (2017-06-30):

 一読して、いい作品だなぁと思いました。  最初、ビルとビールというダジャレから始まって、それが泡で完結している。  そう、滑ってないんですね。単純な言葉遊びから始まる深刻さみたいなものを軽くする事に成功している。ビールの泡を口に付けて一気に飲み干した時の軽さに似た文体。 >ビルがビールみたいに運ばれて >泡をくっ付けて聳えてるけど >飲み干しても >飛び降りても >埒があかない  ビルをビールに見立てて、そこから吹き出る泡と、そこから飛び降りる人間が重ねられています。埒があかないと呆れている所もポイントです。そんなことよくあるよねみたいな軽さで重い事を語られている。 >長いテーブルの向こうの絵みたいに一枚 >僕が掛けられている > >次の宴会が始まって >絵は人のように見ている  ここが本当に不思議な感じです。「絵は人のように見ている」っていう距離感、ここはまりもさんも触れていると思いますが、秀逸だなぁと思います。  それから、泡の使い方が巧みです。 >泡をくっ付けて聳えてるけど >ビルのなかで泡吹いて仕事することも >泡みたいに爽や かな白になる >運ばれてくるビールみたいに泡吹いて >泡みたいなはなし。 全部出てくる泡の使い方。最初は泡がくっつている。次に泡吹きながら仕事する自分。次は、真っ白い泡みたいに白紙になる。つまり全部なかった事のようになってしまう事を指している。次に、運ばれてくるビールの泡が吹き出す状態に再度語り手が投影され、泡みたいに消えてしまう物語のオチとしての泡があります。 >そんなのは嫌だ >という >泡みたいなはなし。  ささやかな抵抗もビールの泡みたいに片付けられてしまう。というこのあっけなさが、凄く悲しい。でもそういうのが現実だよね、というドライさが、ビールでもあるよな。みたいな感じで凄く好きなオチです。

0
蛾兆ボルカ (2017-06-30):

こんにちは。 ちょっと面白い詩だな、と思いました。 比喩を逆にしてみると、しないより、よっぽしっくりくる場合があります。 たとえばビアガーデンでビールを飲んでいて、ふと、ビールのジョッキってビルみたいだなぁ、と思う。 でも、ビルみたいなビールってのは、詩としてはなんかイカシていないなあ、と思ったりして、逆にしてみる。 ビールみたいなビル、と言ってみる。 そんなことを僕は時々やってみたくなります。そうすると、思いがけなく、しつくりきたりも、時々は、します。 この詩は、もしかしたらそんなふうに書かれたのかな、と、楽しく空想したりしながら、僕は読みました。

0
エイクピア (2017-06-30):

長いテーブルの向こうの絵みたいに一枚 僕が掛けられている こんな箇所がユーモラスでした。ビールは夏の季語ですし、そういう意味でも読めた詩でした。

0

B-REVIEWに参加しよう!

新規登録
ログイン
投票不可

作品をSNSで紹介しよう→

投稿作品数: 1