千絵ちゃん - B-REVIEW
新規登録
ログイン
PICK UP - REVIEW

パパの日曜日

しがない日常に飽きてしまったすべての人へ

ごく平凡な日曜日のパパが、壮大で絢爛豪華な世界へ旅立つ——

沙一

「中央公園より」

わかりあえなくたっていい

人種、国籍、性別、年齢、人間同士のわかりあえないディスタンス、そんなことよりも、おたがいに笑っていよう、ここはみんなの公園だから——

沙一

わたしの髪は生きているのか……

心を亡くしてしまいそうなときに

ささやかなお洒落をたのしむ、それは自分が自分であることをわすれないために、ひつようだったのかもしれない——

沙一

angel coffee?……

一瞬と、永遠

幸せなコーヒーと、降りやまない雨、好きな人といるとき、あなたならどちらを選びたいですか?

沙一

食べ物と死ぬ人

目が付いているうちに読みたまえ諸君

傑作。 目が付いているうちに読みたまえ、諸君。他に言うべきことはない。

石村利勝

別れ

余りにも挑戦的、だがそれがいい

数ある一行詩の中でも、想像力/表現力がとても高い作品。最初は(え、これだけ?)と感じることだろう。しかし、これだけ?からの作中世界の広がり方は、これだけ?発言が恥ずかしくなるほど広すぎるのだ。

ふじりゅう

ママンへ

散り際にも見えるママンの後ろ姿

無駄なくそつなく、それでいて大胆にママンに語りかける。「ママンへ」あなたはこの書き出しで何を思い、連ねますか?

stereotype2085

名残の雪

美しいと思える作品だった

美しい空間を、踏む。踏むことで、汚す。踏むことで汚す、明示のされない寂しさ。本作にとって、雪を踏む行為、それだけが個の存在の証明なのだ。

ふじりゅう

例えば鳥の教え

色が付いたばかりの映画のように

情景の転調あるいは繋がりが「色彩」を基調にして、境界をあいまいにしながら広がる。

鈴木歯車

おかあさん

史上最強のタイトル回収

本文たったの6行、造作もなく読み切れ、詩人よ。 そして再度タイトルを見返し驚愕せよ、詩人よ。

name

空なんか見てんじゃないよ

淘汰

この詩はあるタイプの詩と詩人を淘汰するべく書かれている と言えば言い過ぎか。 要注目。

stereotype2085

はずしわすれた風鈴が鳴る

やさしくせつない短歌集

かたづけられない想い出、それでもめぐりくる季節——

沙一

春風に吹かれてる

だいじょうぶだあ

《なんてこたあ ないんだよ》 天国から呼びかける声が、聴こえる。

stereotype2085

永遠の反射

名作?それともただの習作?

ただの習作なのかもしれない。が、ここには作者当人も気付いていないかもしれない、天才がいる。俺の直観は当たるんだよ。人生で二回くらいは。

石村利勝

こんにちは まっさらな世界

「まっさら」の優れた表現

あなたの世界も「まっさら」ではないかな? 「まっさら」なのに、書けますか?

yasu.na

imagine

パンチング。

今からリーディング界隈を、ノックアウト。

stereotype2085

はっかといちご

詩における視覚要素の決定版

いわゆる視覚詩的なものは作ろうとするとパッと見の奇抜さで満足してしまい、それを行った理由に乏しくなってしまうことが往々にある。しかし「はっかといちご」はその域を超え、結晶の造形だからそこの効果を成せている。

渡辺八畳

独言少女

いつも終電に間に合う人生生きてますか

少女の独言は胸に刺さる。というか萌える。条件があって、少女は本当に少女でなくてはならず独言は本当に独言でなくてはならない。なのでこの詩は刺さるし萌える。

石村利勝

MY 9090 OF NO……

最先端ノスタルジア

なつかしみが 超えてゆく 未来という名のノスタルジイ 

真清水るる

骸骨スフィア

プラトニックな求愛の舞踏

ほろびたゆえに、もうほろびることのない、永遠の愛。それは、幸せか、囚われか——

沙一

人魚性

海、たましいの故郷

素直さゆえに、なじめない人間のせかいにたいする、異邦のかんかく——

沙一

宇宙飛行士の解剖

死因は、孤独

二重の夜に、追い詰められた、かれは、涯のない闇のなか、吊るされた——

沙一

家庭の檄文

悲運

そこには笑顔の絶えない、家庭があった。

stereotype2085

あす

ミのシャープはファ

「ミのシャープ/響かせる笹舟にのせて/送り出してみる」って、やりますねえ。ひねりが利いてて鮮やか軽やか、清新なリリシズム。これぞ令和の”もののあはれ”じゃないですか?

石村利勝

バナナはおやつに入りますか

たもつワールド全開

これはバナナですか いいえ詩です たもつザ・ワールドです

羽田恭

この作品は読んだことがありません。


作品を
別枠表示

千絵ちゃん    

「なんだ、大丈夫そうですね」  千絵ちゃんはシにたくてシにたくて仕方がなくなってカウンセリングに行った、午前九時三十五分、いつもならまだお布団にくるまれている時間なのに、運がいいのか悪いのか予約ができたのが保健センターに駆け込んだ二週間後のこの日この時間帯だったので、千絵ちゃんは頑張って、それはもうとてもとっても頑張って、午前九時三十五分、人間みたいな恰好を、ちゃんと、して、保健センターの二階の薄暗い小部屋に座っていた。 「相談できる人が思いのほかいるようですし。家庭環境も、良さそうですね」  カッターナイフを持っていなくてよかった、窓が遠くてよかった、ちょうどいい紐がなくてよかった、舌をかみ切る勇気がなくてよかった、よかった、よかった、よかった、千絵ちゃんはとっても運がいいのかもしれない、ラッキー・ガールってやつ、うん、よかった、って千絵ちゃんは思った。瞳がゆらゆら頼りなさげに揺れて、口元にはきっと惨めな愛想笑いが張り付いている、って、千絵ちゃんは鏡を見なくてもわかるし、だからシにたくてシにたくて仕方がなかった。  人間がたくさんいるから、千絵ちゃんは大学がすきになれなかった。もう五年も通っているというのに、毎朝人とすれ違うたびに後悔と嫌悪が喉を駆け巡り脳細胞が壊死していくのを感じてしまう、どうして、こんなにも人間が嫌いなんだろうって千絵ちゃんは不思議で仕方がないけれども、けれどもけれも、理由も接点もなにもなくても、千絵ちゃんは大学がすきにはなれないし、うじゃうじゃいる人間に自傷行為のように傷ついていた。  へらへら笑うのが得意だし、たまになめられているのを感じてしまったときは夜に枕を涙で濡らしながらありったけの被害妄想を織り交ぜて憎悪を募らせる毎日だった、過去のことものこのこ思い出すのが千絵ちゃんの悪い癖で、一年も前のできごとだって千絵ちゃんはいまだに執念深く許せなくって、それなのに、それなのにどうしてって思う出来事があって、とにもかくにも千絵ちゃんはシにたくてシにたくて仕方がなくなった。ふざけるなよって千絵ちゃんは思うしかない、罵詈雑言吐き出したいし握りしめた小さなこぶしで非力でいいからめったくったに殴って暴力で解決したいって思ったりもしたけれども、千絵ちゃんはダメな人間だからそのどちらを行う勇気も出なくて、だからへらへら愛想笑いを張り付けてぐちぐちっと解決できないくせに中途半端な行動をとるしかなかった、それで、また千絵ちゃんは夜に枕を濡らして憎悪を募っていくのだし、本当にばかみたい。  もう何度目かわからないけれども、千絵ちゃんは人間関係の形成をまた間違えてしまっていた、それは一年前のことを引き摺っているからとかもあるかもしれないけれども、とにかく、千絵ちゃんは人間関係の形成を大失敗した環境に毎日通わなくてはいけなくって、その中で造り上げた自分のキャラクターにもうわけがわからなくなってしまって千絵ちゃんは故障寸前だった、って言うと千絵ちゃんだけが被害者みたいだけれども本当のところは千絵ちゃんは独り相撲をしているにすぎなくって千絵ちゃんはセルフで傷ついてセルフで生きづらくってセルフで絶望を募らせているだけだって、千絵ちゃんはどうしようもない馬鹿だけれどもわかっていた、わかっているからなおさらシにたくてシにたくて仕方がなかった。  出張で飛行機に乗るときに、一緒に行く先輩は行きも帰りも墜落事故の話をしていて、千絵ちゃんはもういっそここでシんでしまえればいいのになって罪を感じながらも考えてしまっていた、し、もしシんだときには誰も悲しんでくれるなって千絵ちゃんはいつもいつも願いながら生きている。愛想笑いを浮かべてやりすごすしかなくって、それでたまになめられてしまって、理不尽に理解できないことにあって、シにたくてシにたくて仕方がない夜を一週間くらい続けて絶望しても誰にも言えなくて、でもカウンセラー的には大丈夫って言葉が首を絞めるし、千絵ちゃんは千絵ちゃんはわかっているけれどもいつまでも甘えているだけかもしれなくって、だから、だから、千絵ちゃんは臓器提供意思表示カードに〇をつけて、そのいつかを、夢見て生きている。  


作成日時 2019-07-02
コメント日時 2019-07-25

千絵ちゃん ポイントセクション

作品データ

コメント数 : 1
P V 数 : 990.8
お気に入り数: 0
ポイント数 : 0
#テキスト #酷評OK
項目全期間(2020/09/19現在)投稿後10日間
叙情性00
前衛性00
可読性00
エンタメ00
技巧00
音韻00
構成00
総合ポイント00
 平均値  中央値 
叙情性00
前衛性00
可読性00
 エンタメ00
技巧00
音韻00
構成00
総合00
閲覧指数:990.8
2020/09/19 14時58分07秒現在
※ポイントを入れるにはログインが必要です
※自作品にはポイントを入れられません。

    作品に書かれた推薦文

千絵ちゃん コメントセクション


コメント数(1)
ふじりゅう (2019-07-25):

これは凄くおもしろい。 千絵ちゃんの心境がめちゃくちゃ分かるというのもありますが、まず分量があるのに読みやすいというのが一点。あともうひとつ、シにたくて、が死にたくて、じゃないところが秀逸だなと。なんか切迫した感じはなく、結局千絵ちゃんは今後不器用ながらも生きていくのだろうなと感じるところではありますが、それはひとえに「シにたくて」の死にたくない感が引っ張っていってるのが大きいと思います。 こういった、言葉ひとつの広がりが大きく、かつ読みやすい文は読み解いて楽しいなと感じました。

0

B-REVIEWに参加しよう!

新規登録
ログイン
投票不可

作品をSNSで紹介しよう→

投稿作品数: 2