B-REVIEW作品投稿掲示板


BABY NEAPOLITANS   

カオティクルConverge!!貴音さん 
作成日時 2017-11-18
コメント日時 2017-11-23

 

【俺にくれよ】 世の中の屑を大気圏に集めて投げ入れれば 眩い夜に覆われ 願いは叶うし地上は清潔だろうな だけどその後は幾ら騒いでも直ぐに静まって 各地じゃ天使が交通渋滞を起こす天国に成り果てる 瓶詰めの船は海の肌を知らずに航海に出され 丘から少年は木々の絡みにセックスを学ぶ ぶら下げたショットガンは1発で1億に相当 咥えないで受け止めてくれ 当たる数は少ないんだ 更に脱ぎ捨てた裸のお前はドアの向こうに居て 踊る様にノックを繰り返す 君が出てくれるまで 詮を抜かれて羊水の無い宇宙も再び満たされ 惑星が出来た時の公転なんかを考えている 割れた空気 セックスレス 猿の鼓笛隊 俺にくれよ 人を喰って吐き出さない都会の建築物 俺にくれよ 産声を鳴らす目覚まし時計 カメレオンスーツ 俺にくれよ 俺は退屈な餓鬼の国の王様なんだ 回転ブランコで脱げたサンダルが空へと落ちていく それは流線型の鉄となって加速を抱え込んでく 数光年kmも離れた陽射しを浴びる やっぱり埃臭くって嗅げたもんじゃないなぁ サイコキネシスでバナナみたいに身包み剥がして 綿を詰め込んで抱き心地を良くしよう 萎んでしまうなら穴を塞ごう コルクと口吻はある サルベージも準備は出来てる 溺れたって構わない 情報の螺旋 その芯を抜いて解いたかの様にしてくれ このままじゃ生命の大洪水だ システム整備してくれ 光と手を繋いでこれから何処に行くんだ 晴れている筈の午前だってのに真っ暗じゃんか 剥製の満月 一直線の迷路 澄んだ瞳 俺にくれよ お前らの記憶の最も美味しい部分 俺にくれよ 砂糖水に溶ける猫 肉を欲する骨だけの犬 俺にくれよ 俺は富裕都市の隙間に住む乞食なんだ 目的地の分からないパトランプには同情するよ 閉じられた物語は押し潰されて窒息寸前だ 開いて世界を呼吸をさせてあげよう これは炎を育てる為には必要なんだ 神のお告げってのを果実にしてみたんだ 啄まれ糞になり 土に還り養分になったのかね バーチャルな宗教は顔を出す事で刷り込まれて 発祥地の定かじゃない価値を植え付けてるのかね 淫らな重力は前後か上下の動きしかしないし 創造者は独自のラマーズ法にしか従わない 宇宙人みたいな難民の両手 マスコットが自由を奪う 運ばれた施設で展示されない歴史を語らされる 感度の良い女体 蓋された傷口 記された肌 俺にくれよ 満足して餓死を望んだ不食の獏 俺にくれよ 洗い落とした油絵 固定された影 俺にくれよ 俺はもう王様なのか乞食なのか自分で分からない 虹の川を登り 魚達は雲の水槽を目指す 遅れた奴は全て縮まる端から落ちて助からない アライグマが子孫の支配者は万物をベタベタ触る 世界を知りやがては牛耳るのだろう 瀕死の幽霊にカフェイン飲ませてあげよう 生命力の爆発は シックスセンスで見るとパレードだ 陰謀論はアルコールみたいに飲まれている だけど決して呑まれちゃいけないんだ 考え事をし過ぎて頭が痛いんだ ドラム式に回ってる 幾ら洗っても落ちない汚れ 価値観って名の偏見だ 論理を司る左脳が慣れない労働に血管を拡げる 此処から出せと叫んでる 此処から出せと叫んでる 糸の無い操り人形 アナーキー 輸血パック 俺にくれよ 殺戮を繰り返し黄色く膿んだ海域 俺にくれよ オブジェみたいな標本 軍隊蟻の行進 俺にくれよ 俺を中心とした方角 俺にくれよ スプーンで扱き混ぜた熊ん蜂の羽音 俺にくれよ 考えてやる事に対する正しさを 俺にくれよ 徒労と無駄遣いに終わる募金を 俺にくれよ 全てを知りそして忘れる権利を 俺にくれよ 散らないし枯れもしない生花 俺にくれよ 快楽を流し込んだプール 俺にくれよ この世をぶっ壊すブラックボックス 俺にくれよ アカシックレコードへのアクセス 俺にくれよ 心身を包み込んでしまう程の柔らかい膣 俺にくれよ 子供の頃の時間の流れる感覚 俺にくれよ 皇帝を撃ち抜いた銃弾 俺にくれよ 逃げ水が包囲されて出来たオアシス 俺にくれよ そうやって活かせられないのなら 俺にくれよ カルチャーショックを何度でも 俺にくれよ 文明や文化に敷かれた常識を潰して 俺にくれよ 突き動かす動詞の言葉を 俺にくれよ 使いきれていないその感性を 俺にくれよ 先端や現象に名前を授ける権利を 俺にくれよ 自分らしさや相応しいさを俺にくれよ 俺にくれよ… くれよ! 【逃げない光】 未開のジャングル 開拓していると先住民が住んでいた 彼等は俺がこれからやる事を既にやり尽くしていた 何かを言っている様だが 俺には鳴き声にしか聞こえなかった 先住民に紛れて 民族研究家が俺に近づいて来て小突く 聞いてもない歴史や慣習を話出し 有り触れてると戒める そんなの知らない 俺は思い付いた最先端をするだけだと黙殺した 確かクオリアを知った時もそうだった気がする 小さい頃から考えていた事を 誰かが昔から有った そんなの知らないだけで 皆やってると言った 俺に訴えてそいつは何をしたかったのだろう 密林の隙間を潜る逃げない光を広げたいのに 先は無いとでも言いたいのだろうか お前らはそうやって主張だけしてろ 俺は思い付いた最先端をしたいだけ 起源なんて茂みから窺わないね 【ベーション・ルーパー】 トーテムポールを抱いて 滑り落ちる それが俺の新しい自慰だ アッパーする快楽 天にも昇る気持ちで繰り出される 液化した愛を見てくれ なのに繰り返す 君は 繰り返す事を選んだ それは鳥達の囀ずる終わらない命の歌の様に まるで浜辺で聞こえる波のスピーチの様に 【筆の糸】 君は綴るだろう 君は決してそれを止めないだろう 君は様々な理由を付けるが縋りたいだけなのだ 君は綴るだろう 君は決してそれを止めないだろう 君は様々な理由を付けるが縋りたいだけなのだ 君は綴るだろう 君は決してそれを止めないだろう 君は様々な理由を付けるが縋りたいだけなのだ 君は綴るだろう 君は決してそれを止めないだろう 君は様々な理由を付けるが縋りたいだけなのだ 君は綴るだろう 君は決してそれを止めないだろう 君は様々な理由を付けるが縋りたいだけなのだ 君は綴るだろう 君は決してそれを止めないだろう 君は様々な理由を付けるが縋りたいだけなのだ


コメント欄を隠す
カオティクルConverge!!貴音さんカオティクルConverge!!貴音さん (2017-11-18):

ああ…タイトル間違えました。BABY NEAPOLITANSです。

湯煙 (2017-11-20):

・・・だそうです。どなたか修正してあげてください。 ギンズバーグだったかハンバーグだったかヌーベルバーグだったか、ビート詩の影響があったりするんですかね。一息に吐き出されてくるような饒舌さやコスモチックな円環詩形などからそんな感じがしますが。

カオティクルConverge!!貴音さんカオティクルConverge!!貴音さん (2017-11-20):

詩々16番地出身、詩学ハードコア一派、貴音でございます。 湯煙さん、こんばんわ。 ビート・ジェネレーションってのがあるとは知っていますが こんな感じなんですか?本屋にあれば読んでみたいです。 影響で言うと、ロック歌手。 チバユウスケ、浅井健一さんなんかの影響は受けてる筈です。 この詩は、仕事の鬱憤を酒飲んで書いた奴です。 その時、RHCP聴いていて、和訳を読んだ事ないんですけど 多分こんなん言ってんだろうなと思いながら書いてみました。

まりも (2017-11-23):

【俺にくれよ】の、ロックな感じ(ちょっと、ラップ風のところも)、ぐわーっと押し寄せて来ますね。 全体の構成や、クライマックスに持って行く盛り上げ方、音楽的な構成力を感じました。快楽を求めながら、常に醒め続けている精神の叫び、刺激を求めながら、冷静に事態を見詰めている精神、を感じました。 【逃げない光】、【ベーション・ルーパー】、【筆の糸】、この関連が、いまひとつ・・・ 連作とするなら、それなりの関連性が必要なのかな、とも思いました。一度に投稿してしまったら、もったいない!・・・という、感じ?

カオティクルConverge!!貴音さんカオティクルConverge!!貴音さん (2017-11-23):

まりもさん、こんばんわ。貴音です。 敢えて作品名を変えていただく際に消してもらったんですが おっしゃる通り、音楽的なものを意識してまして これはシングルディスクポジション なので あんまり関連性は入れないで、それぞれの色を楽しめ的な方が良いかなと思いました。 アルバムだと、テーマとか色の統一とかあるんでしょうけども。 後付けではありますが、酔いが醒めてこの詩を見ると、4つは欲求を書いてるように自分には見えました。


投稿作品数: 1

© B-REVIEW 2018