B-REVIEW作品投稿掲示板


女の心   

エイクピア 
作成日時 2017-08-31
コメント日時 2017-09-02

 

自他の区別を付けたから 雨の降る森で報酬を受け取る ユリアの見て居る前で盗人は出来ないから 小さな角を隠して 役者の様に報酬を受け取る 顔をくしゃくしゃにして ジュガールの様な気分だ ラノベを読んでも句点が無くて 読み辛い 女の心が空を焦がして 激しく盛り蕎麦を降らせた


コメント欄を隠す
まりも (2017-09-01):

なぜか、いつも月末に投稿されるエイクピアさん・・・ ~を付けたから/~を受け取る 文法的にも文脈的にも違和感は無いのに、なぜ、「自他の区別を付けた」から、なのか、なぜ「雨の降る森」なのか、「報酬」とは何か・・・など、なぞだらけ。 謎だらけなのに、言葉のリズムで❝読まされて❞しまう、不思議。 ユリア、わからなくて調べたのですが・・・「北斗の拳」の登場人物、でしょうか? 私は見ていないので、具体的なイメージが湧かないのですが、響きから大人っぽい、しっとりした女性をイメージしました。ちなみに、ジュガール、もわからない・・・わからないけれど、間に合わせ、その場しのぎ、というような❝意味❞がある言葉のようなので・・・そんな❝意味❞を擬人化されたのかな、と拝察。 雨の降る森(もり)から始まり、激しく盛り(もり)蕎麦を降らせた、というエンディング。ナンセンスなようでいて、音で収束する遊び心、とでも言えばいいのか・・・ 自他の区別をつける、というところから、自意識と他者の視線を想起。他者(それも、憧れの人)の前で、〈盗人〉(ずるいこと、偽善、悪意を持った行為)はできない、という青年期の潔癖さのようなものを覚え・・・他方、〈小さな角を隠して〉〈役者のように報酬を受け取る〉と言ったフレーズから、他者を意識して自身の欲望(協調性を乱す欲望や、社会的には抑制しなくてはいけない欲望)を隠し、仮面をつけるように「自分」を演じて、〈報酬〉を受け取る、という自己批判的・・・自身を揶揄するような諧謔精神・・・に富んだ視線を感じました。 最近の「ラノベ」は、句点が無くてズルズル連なっているような文章、なのでしょうか・・・なんとなく、会話体が多くて余白の多いページをイメージするのですが・・・それとも、息継ぎする場を見いだせないような、そんな圧迫されるような感覚、なのか・・・。 〈女の心〉の収まり具合が何とも捉え難いのですが・・・それなのに、存在感がスゴイ。他者の視線に〈女〉を強く感じる作品でした。

花緒 (2017-09-02):

この作品でそれだけ長く書けるまりもさんを尊敬。意味不明な文字の連なりなのに、なんとなく分かった気がしなくもないからすごい。ナンセンス詩の書き手として、頭一つ二つ突き抜けておられるような印象受けてます。月末2連投もI LOVE IT! です。


投稿作品数: 1

© B-REVIEW 2018