1KHzの正弦波 - B-REVIEW
新規登録
ログイン
PICK UP - REVIEW

着順は知らない

まるでショートフィルム

駆け抜ける風を感じて

ピム

伝記びりびり

言語と身体のきしみ

緘黙のぼくは祖父母の目の前で伝記を破ることにした。

r

明るい朝の歌

明るい朝のうらには、暗い夜があった

外をみつめることが、内をみつめることにつながっている──

沙一

犬のしっぽ

    遍界不曾藏  犬がしっぽを振る世界

湯煙

震え 揺れ 回る

一気に詩情が注ぎ込まれていく。 それが 震え 揺れ 回る。 詩を詠み終えても、止まらない。

羽田恭

生きるためにパイを焼く

どうしようもなく生きていくということ

ただパイを焼く。それだけなのだけれど、衒いも奇抜さもなく心にぶつかってきて揺さぶられる。

帆場 蔵人@⚰

別れ

靴の哀しみ

歩くための存在でありながら、誰かが履いてくれないと歩き出せない存在が、絶望して待機してる

蛾兆ボルカ

パパの日曜日

しがない日常に飽きてしまったすべての人へ

ごく平凡な日曜日のパパが、壮大で絢爛豪華な世界へ旅立つ——

沙一

「中央公園より」

わかりあえなくたっていい

人種、国籍、性別、年齢、人間同士のわかりあえないディスタンス、そんなことよりも、おたがいに笑っていよう、ここはみんなの公園だから——

沙一

わたしの髪は生きているのか……

心を亡くしてしまいそうなときに

ささやかなお洒落をたのしむ、それは自分が自分であることをわすれないために、ひつようだったのかもしれない——

沙一

angel coffee?……

一瞬と、永遠

幸せなコーヒーと、降りやまない雨、好きな人といるとき、あなたならどちらを選びたいですか?

沙一

食べ物と死ぬ人

目が付いているうちに読みたまえ諸君

傑作。 目が付いているうちに読みたまえ、諸君。他に言うべきことはない。

石村利勝

別れ

余りにも挑戦的、だがそれがいい

数ある一行詩の中でも、想像力/表現力がとても高い作品。最初は(え、これだけ?)と感じることだろう。しかし、これだけ?からの作中世界の広がり方は、これだけ?発言が恥ずかしくなるほど広すぎるのだ。

ふじりゅう

ママンへ

散り際にも見えるママンの後ろ姿

無駄なくそつなく、それでいて大胆にママンに語りかける。「ママンへ」あなたはこの書き出しで何を思い、連ねますか?

stereotype2085

名残の雪

美しいと思える作品だった

美しい空間を、踏む。踏むことで、汚す。踏むことで汚す、明示のされない寂しさ。本作にとって、雪を踏む行為、それだけが個の存在の証明なのだ。

ふじりゅう

例えば鳥の教え

色が付いたばかりの映画のように

情景の転調あるいは繋がりが「色彩」を基調にして、境界をあいまいにしながら広がる。

鈴木歯車

おかあさん

史上最強のタイトル回収

本文たったの6行、造作もなく読み切れ、詩人よ。 そして再度タイトルを見返し驚愕せよ、詩人よ。

name

空なんか見てんじゃないよ

淘汰

この詩はあるタイプの詩と詩人を淘汰するべく書かれている と言えば言い過ぎか。 要注目。

stereotype2085

はずしわすれた風鈴が鳴る

やさしくせつない短歌集

かたづけられない想い出、それでもめぐりくる季節——

沙一

春風に吹かれてる

だいじょうぶだあ

《なんてこたあ ないんだよ》 天国から呼びかける声が、聴こえる。

stereotype2085

永遠の反射

名作?それともただの習作?

ただの習作なのかもしれない。が、ここには作者当人も気付いていないかもしれない、天才がいる。俺の直観は当たるんだよ。人生で二回くらいは。

石村利勝

こんにちは まっさらな世界

「まっさら」の優れた表現

あなたの世界も「まっさら」ではないかな? 「まっさら」なのに、書けますか?

yasu.na

imagine

パンチング。

今からリーディング界隈を、ノックアウト。

stereotype2085

はっかといちご

詩における視覚要素の決定版

いわゆる視覚詩的なものは作ろうとするとパッと見の奇抜さで満足してしまい、それを行った理由に乏しくなってしまうことが往々にある。しかし「はっかといちご」はその域を超え、結晶の造形だからそこの効果を成せている。

渡辺八畳

独言少女

いつも終電に間に合う人生生きてますか

少女の独言は胸に刺さる。というか萌える。条件があって、少女は本当に少女でなくてはならず独言は本当に独言でなくてはならない。なのでこの詩は刺さるし萌える。

石村利勝

この作品は読んだことがありません。


作品を
別枠表示

1KHzの正弦波    

iPhoneに幻のように見える私の顔は振り返ります(貴様に)。ですが、それは過去のものではありません。 明日、私は昨日激しく嘔吐しました。(14歳の夜。それは英語の教科書に這いつくばりながら、ひたすらに凝視しています。未来圏へと流れるコマーシャルに映る土屋太鳳の腋の匂いを嗅いでいたいと思います(ミツカン酢に似ていました)。老人はそれにクワガタの亡霊を見た、と言いました(ボケの初期症状)。 部屋全体を青い水に浸してください。必要があります。戯け、いりません(Fワード)(死ね)(?)。YouTubeでエロ動画が見たいです。(YouTubeで見るエロ動画が一番股間にダイレクトします)。パラパラに降る肉片の雨、それは貴様が見るものすべての××××であり、ソニックブームの振動で、煙は真っ直ぐには空に溶けません。生命線は解けてイヤフォンの紐と絡まって大変不快です(人生、ワイヤレス・イヤフォンを素直にねだれません)。家を出る人は誰でも蒸気波のようになり、より幸せに暮らすことができます(幸せとは、個人の価値観ですが、私たちはそれにエンパシーを覚えます/それを私は嫌います)。夢蟋蟀の交尾は儚い残像です。√√√泳げ! よもや仕方ありません。負んぶに抱っこのこの時代、ネットの海を漂流できる勇気を持つ者が女体を掌握することができます(誰か、iPhoneの充電器を持っていませんか?)。私は忘れてきてしまいました。居心地の良いおかあさんのお腹の中に(そいつはベッドの脇にあるコンセントに、だらしなく繋がったまま眠っていることです)。私は腹を立てます。   ソファの上に一頭のロバがいて、そいつと一緒に『ベルリン天使の詩』を観ましょう。何も考えないで、何も感じないで。ただ今日はもう生きてることにだけ集中してください。 貴様が毒を吸い込んでしまう前に、さっさと顔にラップをぐるぐる巻いて自分の身を守りなさい。そして私は、生と死の彼岸に咲く徒花を踏み付けます。私が今、生きている証を尊い命によって報せるのです。そして、知らしめるのです。私の危うさと、脆さ。貴様といるこの時間を。マジックミラーより向こうに住む人々は誰もが無関心です。彼らを今からこちら側に呼んでください (災いの再来には、一滴の幼いの血があれば良いです)。昨夜の森は少し寒かったでしょうから、温かいコーンスープを作ってあげましょう(幸いの再来は引潮の波の揺らめきとよく似ています)。ここからの景色は動きませんが、一枚の絵画として、ここからいつまでも見守っています。静かに。夕暮れ時に、揺蕩うよう。自分に暗示をかけるように。貴様が信じているよりも神様はずっと安っぽく、ダサいビタミンカラーのインクが塗られています。穏やかな夜に(シュッ、パッ!)(Twitterの更新音)(軽快な(耳障り(鼓膜を細かく震わせる(innocence)→→→→→)反対側が理解していなくても私には分かることがあります。 私は反対側を知っていますが、私の反対の反対は私でそのまた反対は貴様です。そのまた反対の反対は貴様で、そう。つまり私は貴様について行くことはないでしょう。新しい命が今、爆ぜようとしている。この立方体の中は、とても温かいくせに、やけには底冷えするから、この部屋は自殺者が絶えないのだと私は見解します。 14歳の部屋には、心の虫食った者たちばかりが棲みつき、やがて人形へと変わります。貴様もその中の一人です。私は悲しいふりをして、本当の悲しさに鈍感になりました。ふわふわのソファは所々ちぎれてぼろぼろ、中の綿が溢れています。 ふわふわのクッションも茶色いシミがたくさん付いていて、臭いです。トローチを舐めるたびに、貴様は舌でその文字を読み取ろうとしますが、いつだって呪詛です(すなわち、私と、貴様の病気の名前です)。/寝る直前にブルーライトを摂取するから、夜、正常に眠れなくなります(不眠症ではないと自己診断します)。@の後ろに続く文字には、意味不明な言葉が散乱して、夜泣きで起きる母の足に突き刺さるでしょう。 もうじき居なくなってしまうすべての住人たちに告ぐ。すべての悲しいことが嘘をつく街で、波紋は法則に従って広がり、いつか消えてなくなるだけのものです。 #うん #大丈夫。 TVは放送を中止して、貴様の悲報を嘆いています。1khのトーンだけがずっと流れている宇宙。そこで私は神です。ダサいビタミングリーンの衣装を身に纏い、プラスチックの杖を持つ塩化ビニルの髭を生やした小さな宇宙を統べる神です。 私は貴様を処女地へ送ります。種となり転がりなさい。身を尽くし冴え渡りなさい。透明宇宙の際で歌いなさい。天井、襖にタガメの目)。 「うるさい」 明日が今日へと乾く


作成日時 2019-12-24
コメント日時 2019-12-31

1KHzの正弦波 ポイントセクション

作品データ

コメント数 : 3
P V 数 : 1073.5
お気に入り数: 1
投票数   : 0
ポイント数 : 5
#テキスト
項目全期間(2020/11/24現在)投稿後10日間
叙情性11
前衛性11
可読性00
エンタメ10
技巧11
音韻00
構成11
総合ポイント54
 平均値  中央値 
叙情性0.50.5
前衛性0.50.5
可読性00
 エンタメ0.50.5
技巧0.50.5
音韻00
構成0.50.5
総合2.52.5
閲覧指数:1073.5
2020/11/24 09時17分56秒現在
※ポイントを入れるにはログインが必要です
※自作品にはポイントを入れられません。

    作品に書かれた推薦文

1KHzの正弦波 コメントセクション

コメント数(3)
絡刻
(2019-12-25)

すみません。文章を読み込むのが下手な私ではこの詩に対して何も書けなさそうなので、とりあえず好きな言葉を挙げさせてもらいます。 >(YouTubeで見るエロ動画が一番股間にダイレクトします) >√√√泳げ! >(シュッ、パッ!)(Twitterの更新音) >私は悲しいふりをして、本当の悲しさに鈍感になりました。 >明日が今日へと乾く スマホの予測変換を連打したときに出来るような文章を思い出します。漠然とした感想になってしまいますが、味わい深い詩だなあと思いました。

0
沙一
(2019-12-25)

高い感受性を窺えます。それは過敏なほどで、現実に生きづらさを覚えることもありはしないでしょうか。  生命線は解けてイヤフォンの紐と絡まって大変不快です(人生、ワイヤレス・イヤフォンを素直にねだれません)。  居心地の良いおかあさんのお腹の中に(そいつはベッドの脇にあるコンセントに、だらしなく繋がったまま眠っていることです)。 こうした詩行に、イメージの横断的な発想あるいは思考が顕れていて、秀れていると感じます。 素材を切り出してきたままのような文章で、その無為な乱雑さがいいのですが、一つの方向性をもった作品に仕上げることができたら、さらに良いと思います。とはいえ、たゆたう意識の流れをえがいたような今作を、タイトルはうまく表象していると思いました。

0
元澤一樹
(2019-12-31)

絡刻 様 コメントありがとうございます! この詩では、できるだけ瞬発的な、それでいてステレオタイプ的な連なりではない言葉を見繕って繋げて構築していくよう気をつけながら書いていましたので、「予測変換を連打したときに出来るような文章」というのはまさに狙い通りでした。ご指摘ありがとうございます。 はじめてのビーレビでの投稿だったので、かなり緊張しましたが、コメントをいただけて嬉しかったです

0

B-REVIEWに参加しよう!

新規登録
ログイン

作品をSNSで紹介しよう→

投稿作品数: 1