精神の放浪者 The Mental Traveller - B-REVIEW
新規登録
ログイン
PICK UP - REVIEW

潮風

潮の香りにのまれるように

不思議な気配が手招きをしている

帆場 蔵人@⚰

空の下

大自然という舞台への出奔

二人が走り出す。広大な大自然という舞台へ。

羽田恭

明るい朝の歌

明るい朝のうらには、暗い夜があった

外をみつめることが、内をみつめることにつながっている──

沙一

犬のしっぽ

    遍界不曾藏  犬がしっぽを振る世界

湯煙

震え 揺れ 回る

一気に詩情が注ぎ込まれていく。 それが 震え 揺れ 回る。 詩を詠み終えても、止まらない。

羽田恭

生きるためにパイを焼く

どうしようもなく生きていくということ

ただパイを焼く。それだけなのだけれど、衒いも奇抜さもなく心にぶつかってきて揺さぶられる。

帆場 蔵人@⚰

別れ

靴の哀しみ

歩くための存在でありながら、誰かが履いてくれないと歩き出せない存在が、絶望して待機してる

蛾兆ボルカ

パパの日曜日

しがない日常に飽きてしまったすべての人へ

ごく平凡な日曜日のパパが、壮大で絢爛豪華な世界へ旅立つ——

沙一

「中央公園より」

わかりあえなくたっていい

人種、国籍、性別、年齢、人間同士のわかりあえないディスタンス、そんなことよりも、おたがいに笑っていよう、ここはみんなの公園だから——

沙一

わたしの髪は生きているのか……

心を亡くしてしまいそうなときに

ささやかなお洒落をたのしむ、それは自分が自分であることをわすれないために、ひつようだったのかもしれない——

沙一

angel coffee?……

一瞬と、永遠

幸せなコーヒーと、降りやまない雨、好きな人といるとき、あなたならどちらを選びたいですか?

沙一

食べ物と死ぬ人

目が付いているうちに読みたまえ諸君

傑作。 目が付いているうちに読みたまえ、諸君。他に言うべきことはない。

石村利勝

別れ

余りにも挑戦的、だがそれがいい

数ある一行詩の中でも、想像力/表現力がとても高い作品。最初は(え、これだけ?)と感じることだろう。しかし、これだけ?からの作中世界の広がり方は、これだけ?発言が恥ずかしくなるほど広すぎるのだ。

ふじりゅう

ママンへ

散り際にも見えるママンの後ろ姿

無駄なくそつなく、それでいて大胆にママンに語りかける。「ママンへ」あなたはこの書き出しで何を思い、連ねますか?

stereotype2085

名残の雪

美しいと思える作品だった

美しい空間を、踏む。踏むことで、汚す。踏むことで汚す、明示のされない寂しさ。本作にとって、雪を踏む行為、それだけが個の存在の証明なのだ。

ふじりゅう

例えば鳥の教え

色が付いたばかりの映画のように

情景の転調あるいは繋がりが「色彩」を基調にして、境界をあいまいにしながら広がる。

鈴木歯車

おかあさん

史上最強のタイトル回収

本文たったの6行、造作もなく読み切れ、詩人よ。 そして再度タイトルを見返し驚愕せよ、詩人よ。

name

空なんか見てんじゃないよ

淘汰

この詩はあるタイプの詩と詩人を淘汰するべく書かれている と言えば言い過ぎか。 要注目。

stereotype2085

はずしわすれた風鈴が鳴る

やさしくせつない短歌集

かたづけられない想い出、それでもめぐりくる季節——

沙一

春風に吹かれてる

だいじょうぶだあ

《なんてこたあ ないんだよ》 天国から呼びかける声が、聴こえる。

stereotype2085

永遠の反射

名作?それともただの習作?

ただの習作なのかもしれない。が、ここには作者当人も気付いていないかもしれない、天才がいる。俺の直観は当たるんだよ。人生で二回くらいは。

石村利勝

こんにちは まっさらな世界

「まっさら」の優れた表現

あなたの世界も「まっさら」ではないかな? 「まっさら」なのに、書けますか?

yasu.na

imagine

パンチング。

今からリーディング界隈を、ノックアウト。

stereotype2085

はっかといちご

詩における視覚要素の決定版

いわゆる視覚詩的なものは作ろうとするとパッと見の奇抜さで満足してしまい、それを行った理由に乏しくなってしまうことが往々にある。しかし「はっかといちご」はその域を超え、結晶の造形だからそこの効果を成せている。

渡辺八畳

独言少女

いつも終電に間に合う人生生きてますか

少女の独言は胸に刺さる。というか萌える。条件があって、少女は本当に少女でなくてはならず独言は本当に独言でなくてはならない。なのでこの詩は刺さるし萌える。

石村利勝

この作品は読んだことがありません。


作品を
別枠表示

精神の放浪者 The Mental Traveller    

I travell’d thro’ a land of men, A land of men and women too; And heard and saw such dreadful things As cold earth-wanderers never knew. 人の地を我、旅したもの。 男達の土地に女達の土地、 見聞せしは恐ろしく畏るべき事共、 こご彷徨さまよえる者等も知り得なかった。 For there the Babe is born in joy That was begotten in dire woe; Just as we reap in joy the fruit Which we in bitter tears did sow. とある処、赤子は喜びの内に生る そは艱難辛苦かんなんしんくの始まりなりき。 喜びの内に果実の収穫をなすは 辛い涙の種まきにるが如く。 And if the Babe is born a boy He’s given to a Woman Old, Who nails him down upon a rock, Catches his shrieks in cups of gold. して、生まれたこの子が男の子なら 彼は老女に引き渡されて。 女は彼を岩に釘付け、 苦鳴を黄金こがねの杯に受け。 She binds iron thorns around his head, She pierces both his hands and feet, She cuts his heart out at his side, To make it feel both cold and heat. 鉄の茨を頭にいましめ、 両手両足打ちつらぬき。 脇に心臓えぐり出す、 暑さ寒さを知らしめるべく。 Her fingers number every nerve, Just as a miser counts his gold; She lives upon his shrieks and cries, And she grows young as he grows old. 女が指先、筋という筋なぶる、 守銭奴の銭を数えるが如し。 彼が苦痛と悲鳴に女は居座り、 彼が年取るや女の若返り。 Till he becomes a bleeding Youth, And she becomes a Virgin bright; Then he rends up his manacles, And binds her down for his delight. 遂に男は血もしたたる青年となり、 女は輝く処女となり。 即ち男は枷を引き裂き、 喜びに満ちて女を縛り倒す。 He plants himself in all her nerves, Just as a husbandman his mould; And she becomes his dwelling-place And garden fruitful seventyfold. 女の筋という筋に男のものを植え付ける、 農夫が畑にするように。 かくて女は男の住まう場所、 70倍に実る庭となる。 An agèd Shadow, soon he fades, Wandering round an earthly cot, Full fillèd all with gems and gold Which he by industry had got. 老いたる影、消え行く彼、 平屋の周りを歩き回る、 家じゅう満杯宝石黄金 彼が勤めのもたらした。 And these are the gems of the human soul, The rubies and pearls of a love-sick eye, The countless gold of the aching heart, The martyr’s groan and the lover’s sigh. これなる宝石、人の魂にして 紅玉真珠は愛と病の目、 計り知れぬ黄金は苦痛の心臓、 殉教の呻き、恋人のため息。 They are his meat, they are his drink; He feeds the beggar and the poor And the wayfaring traveller: For ever open is his door. そは彼がかて、そは彼が飲み物、 男が恵むは乞食貧民 及び徒歩かちせる旅行者にも。 いつまでも開くは彼の扉。 His grief is their eternal joy; They make the roofs and walls to ring; Till from the fire on the hearth A little Female Babe does spring. 彼が苦しみこそ彼等が尽きざる宴、 屋根を壁を鳴り響かす。 やがて暖炉のその火から 女の赤子が弾け出るまで。 And she is all of solid fire And gems and gold, that none his hand Dares stretch to touch her baby form, Or wrap her in his swaddling-band. そは燃え盛る焔の女 宝石黄金から成る、誰もその手を 伸べて赤子の身体に触れようとも、 産着に包んでやろうともせぬほどの。 But she comes to the man she loves, If young or old, or rich or poor; They soon drive out the Agèd Host, A beggar at another’s door. されど女は愛する男の元へ走る、 老若貧富もお構い無し。 やがて二人は老いたる主を追い出し、 他所の戸口で物乞いさせる。 He wanders weeping far away, Until some other take him in; Oft blind age-bent, sore distrest, Until he can a Maiden win. 男は泣きつつ遥か彷徨う、 誰か迎え入れてくれるまで。 ほぼ目はかすみ腰は曲がり、辛苦がさいなむ、 男が乙女を勝ち得るまでは。 And to allay his freezing age, The poor man takes her in his arms; The cottage fades before his sight, The garden and its lovely charms. 寄る年波を和らげるべく、 哀れな男は女をかき抱く。 かの小屋、彼が眼前に消え行く、 その庭もその心地良さも。 The guests are scatter’d thro’ the land, For the eye altering alters all; The senses roll themselves in fear, And the flat earth becomes a ball; 地のおもてに散らさる客人たち、 変わり行く目が全てを変える。 五感は彼等を恐怖に堕とす、 平らな大地も丸くなる。 The stars, sun, moon, all shrink away A desert vast without a bound, And nothing left to eat or drink, And a dark desert all around. 星、月、太陽、みな縮みゆき 沙漠は広く限りなく、 食べるものも飲むものも何も残らず、 暗い沙漠が広がるばかり。 The honey of her infant lips, The bread and wine of her sweet smile, The wild game of her roving eye, Does him to infancy beguile; 女の無邪気な唇の蜜、 女の微笑みパンと葡萄酒、 悪戯っぽくくるくる回る目、 男を思わずその気にさせる。 For as he eats and drinks he grows Younger and younger every day; And on the desert wild they both Wander in terror and dismay. 男が飲み食い歳重ねるに 段々と日々若返りゆく。 さても厳しき沙漠に二人して 恐怖と不安に彷徨える。 Like the wild stag she flees away, Her fear plants many a thicket wild; While he pursues her night and day, By various arts of love beguil’d; 野の鹿の如くに女は逃げ回り、 怖れのあまりに山ほど茂みを作る。 夜も昼も女を男が追いかけるからには、 ありとあらゆる愛の手管に惑わされ。 By various arts of love and hate, Till the wide desert planted o’er With labyrinths of wayward love, Where roams the lion, wolf, and boar. ありとあらゆる愛憎の手管を以て、 広い沙漠も埋め立てらるる 気まぐれな愛の迷宮に。 そこに彷徨うろつく獅子やら狼やら大蛇やら。 Till he becomes a wayward Babe, And she a weeping Woman Old. Then many a lover wanders here; The sun and stars are nearer roll’d; 遂に男が頑是無い赤子と成るや、 女はすすり泣く老女と化す。 此処に恋人たちは多く彷徨い。 太陽や星の巡りも近くなり。 The trees bring forth sweet ecstasy To all who in the desert roam; Till many a city there is built, And many a pleasant shepherd’s home. 木々は甘美な恍惚齎す 沙漠を彷徨さまよえる者全てに。 やがてそこに多く街が建ち、 愉快な羊飼いたちの家も多く建つ。 But when they find the Frowning Babe, Terror strikes thro’ the region wide: They cry ‘The Babe! the Babe is born! And flee away on every side. しかし彼のしかめ面な赤子が見つかるや、 辺り一帯恐怖が打ちのめす。 「赤子が!彼の赤子生る!」皆絶叫し 四方八方逃げ散らす。 For who dare touch the Frowning Form, His arm is wither’d to its root; Lions, boars, wolves, all howling flee, And every tree does shed its fruit. 彼の顰め面な身体に触れんとした者は、 その腕、根から枯らさるる。 獅子や大蛇や狼の皆が吼え猛り、 木という木はその果実を落す。 And none can touch that Frowning Form, Except it be a Woman Old; She nails him down upon the rock, And all is done as I have told. 彼の顰め面な身体に触るる者なし、 独りとある老女あるのみ。 女は男を岩に釘付け、 以上に我が語れる全てがた為さる。 By William Blake(翻訳:萩原學)


作成日時 2019-12-01
コメント日時 2019-12-02

精神の放浪者 The Mental Traveller ポイントセクション

作品データ

コメント数 : 1
P V 数 : 607.9
お気に入り数: 0
投票数   : 0
ポイント数 : 0
#テキスト
項目全期間(2020/11/30現在)投稿後10日間
叙情性00
前衛性00
可読性00
エンタメ00
技巧00
音韻00
構成00
総合ポイント00
 平均値  中央値 
叙情性00
前衛性00
可読性00
 エンタメ00
技巧00
音韻00
構成00
総合00
閲覧指数:607.9
2020/11/30 22時36分11秒現在
※ポイントを入れるにはログインが必要です
※自作品にはポイントを入れられません。

    作品に書かれた推薦文

精神の放浪者 The Mental Traveller コメントセクション

コメント数(1)
萩原 學
萩原 學
(2019-12-02)

今回はウイリアム・ブレイクのバラッドを訳してみました。標題 The Mental Traveller に「心の旅人」と充てたものを見たことがありますが、そんな可愛いものではなくゴシックホラー感満載の変態ワールドで、僕の訳はゴシック調にしました。 バラッド ballads は物語詩なのだけど、ブレイクのそれは伝聞でなく自身の幻想を描いたものらしく、その物語自体が男女老幼貧富を対比し、更にはピンク・フロイドのアルバムみたいな循環構造になっていて、見た目以上に複雑。血と性の匂いも入り、まあ訳語に悩むこと。流石ブレイク、キチガイ扱いされただけのことはあります。The Wall に匹敵する……と言ってはジャンル違いかしらん?

0

B-REVIEWに参加しよう!

新規登録
ログイン

作品をSNSで紹介しよう→

投稿作品数: 1