アルコール何色 愛せよ、何を? - B-REVIEW
新規登録
ログイン
PICK UP - REVIEW

食べ物と死ぬ人

目が付いているうちに読みたまえ諸君

傑作。 目が付いているうちに読みたまえ、諸君。他に言うべきことはない。

石村利勝

別れ

余りにも挑戦的、だがそれがいい

数ある一行詩の中でも、想像力/表現力がとても高い作品。最初は(え、これだけ?)と感じることだろう。しかし、これだけ?からの作中世界の広がり方は、これだけ?発言が恥ずかしくなるほど広すぎるのだ。

ふじりゅう

ママンへ

散り際にも見えるママンの後ろ姿

無駄なくそつなく、それでいて大胆にママンに語りかける。「ママンへ」あなたはこの書き出しで何を思い、連ねますか?

stereotype2085

名残の雪

美しいと思える作品だった

美しい空間を、踏む。踏むことで、汚す。踏むことで汚す、明示のされない寂しさ。本作にとって、雪を踏む行為、それだけが個の存在の証明なのだ。

ふじりゅう

例えば鳥の教え

色が付いたばかりの映画のように

情景の転調あるいは繋がりが「色彩」を基調にして、境界をあいまいにしながら広がる。

鈴木歯車

おかあさん

史上最強のタイトル回収

本文たったの6行、造作もなく読み切れ、詩人よ。 そして再度タイトルを見返し驚愕せよ、詩人よ。

さ、さ、さ、

空なんか見てんじゃないよ

淘汰

この詩はあるタイプの詩と詩人を淘汰するべく書かれている と言えば言い過ぎか。 要注目。

stereotype2085

はずしわすれた風鈴が鳴る

やさしくせつない短歌集

かたづけられない想い出、それでもめぐりくる季節——

沙一

春風に吹かれてる

だいじょうぶだあ

《なんてこたあ ないんだよ》 天国から呼びかける声が、聴こえる。

stereotype2085

永遠の反射

名作?それともただの習作?

ただの習作なのかもしれない。が、ここには作者当人も気付いていないかもしれない、天才がいる。俺の直観は当たるんだよ。人生で二回くらいは。

石村利勝

こんにちは まっさらな世界

「まっさら」の優れた表現

あなたの世界も「まっさら」ではないかな? 「まっさら」なのに、書けますか?

南雲 安晴

imagine

パンチング。

今からリーディング界隈を、ノックアウト。

stereotype2085

はっかといちご

詩における視覚要素の決定版

いわゆる視覚詩的なものは作ろうとするとパッと見の奇抜さで満足してしまい、それを行った理由に乏しくなってしまうことが往々にある。しかし「はっかといちご」はその域を超え、結晶の造形だからそこの効果を成せている。

渡辺八畳

独言少女

いつも終電に間に合う人生生きてますか

少女の独言は胸に刺さる。というか萌える。条件があって、少女は本当に少女でなくてはならず独言は本当に独言でなくてはならない。なのでこの詩は刺さるし萌える。

石村利勝

MY 9090 OF NO……

最先端ノスタルジア

なつかしみが 超えてゆく 未来という名のノスタルジイ 

真清水るる

骸骨スフィア

プラトニックな求愛の舞踏

ほろびたゆえに、もうほろびることのない、永遠の愛。それは、幸せか、囚われか——

沙一

人魚性

海、たましいの故郷

素直さゆえに、なじめない人間のせかいにたいする、異邦のかんかく——

沙一

宇宙飛行士の解剖

死因は、孤独

二重の夜に、追い詰められた、かれは、涯のない闇のなか、吊るされた——

沙一

家庭の檄文

悲運

そこには笑顔の絶えない、家庭があった。

stereotype2085

あす

ミのシャープはファ

「ミのシャープ/響かせる笹舟にのせて/送り出してみる」って、やりますねえ。ひねりが利いてて鮮やか軽やか、清新なリリシズム。これぞ令和の”もののあはれ”じゃないですか?

石村利勝

バナナはおやつに入りますか

たもつワールド全開

これはバナナですか いいえ詩です たもつザ・ワールドです

羽田恭

TOKYO

不良天使の幻像

広大さと、小さなもの、神聖さと、世俗的なものの、コントラストに富んだミニチュア——

沙一

風景を食む

我々も本作の出来に食まれていく

この良さは読まぬと分からぬが、読むと確実に心が仕留められる。独特の風景の描写は人の記述がないからこそ冷涼な空気を作り出す。

ふじりゅう

失踪

現代詩が現代であることを実感できる

古風な詩作品から一線を画した作風に我々は驚く。

ふじりゅう

お別れの挨拶

&氏による待望の一作

ロシヤ、という響きの不思議さに、貴方はもう逃れられない。。。

ふじりゅう

この作品は読んだことがありません。


作品を
別枠表示

アルコール何色 愛せよ、何を?    

狂いそうな朝 救済のラジオを掻き消す雨 秋雨の死を祈るは神前 神棚  否否 首を落とした てるてる坊主の前 ――おお労しや お前がやったのか? 色のない巨人共が  感情も無く問いかける 無言の死体と僕  止まない雨が埋める空白 雨音鳴りやまぬバー 太陽と青空を忘れた生活 壮年の右手に揺らぐ  ボンベイ・サファイア  いつか彼が夢見た シャウエンの蒼すぎる景色 いま彼が視ているのは 無表情で無機質な透明の薬液   酔いの余韻 クーラーの唸り 耳鳴り 怒鳴るのは灰色を纏う  獣性を隠した異性 然して此処は密林 偽りの緑色の地獄 高層ビル44階 変死体のオブジェ 一つ二つ三つ それとも1人2人3人 四つの子供が見たら哀しいね  青と赤が交わり生まれた 文系でも理系でも無い  僕らは葉緑体の世代 痛みのない太陽を求め 透き通った水を求め 嘘のない救いを求め 僕らは巡礼者のように 凍てついた山手線を輪廻する   一周目 朝焼けの列車に詰めこまれる人 人 体温或は 情念の焔から沸き立つ白煙 匿名の肉の臭い 無言の車内は 火葬場か 火刑の執行中か 二周目 白昼夢の世界も遥か遠く 誰もが微睡む 揺籠のなか 眠りを忘れた鋼鉄は  止まることすら忘れて 匿名の少女を容赦なく轢き潰した 藍を喪失した窓 無軌道に溢れだす紅 目覚まし時計のような外界の悲鳴 それでも彼らは眠っている  それとも彼らは眠るふり それから僕らは笑っている 意味もなく 虚ろなまま 声も無く 心も無く―― ――もう何周目だろうか 肥大化し 巨大化した僕ら 濁る視覚 鈍る思考 感性も化膿 手に持つのは 淡く青いラムネではなく 淫らに澱んだ ロゼの熟れた液になった


作成日時 2017-06-25
コメント日時 2017-07-04

アルコール何色 愛せよ、何を? ポイントセクション

作品データ

コメント数 : 8
P V 数 : 252.4
お気に入り数: 0
ポイント数 : 0
項目全期間(2020/06/04現在)投稿後10日間
叙情性00
前衛性00
可読性00
エンタメ00
技巧00
音韻00
構成00
総合ポイント00
 平均値  中央値 
叙情性00
前衛性00
可読性00
 エンタメ00
技巧00
音韻00
構成00
総合00
閲覧指数:252.4
2020/06/04 22時30分56秒現在
※ポイントを入れるにはログインが必要です
※自作品にはポイントを入れられません。

    作品に書かれた推薦文

アルコール何色 愛せよ、何を? コメントセクション


コメント数(8)
花緒 (2017-06-27):

本作は、わたしには読めない一作でした。いまいち読めていないので、内容まで踏み込んで語り難いという状況です。山手線と輪廻を重ねる書き振りだとか、有名ジンと、巨人を重ねていく書き振りなど、非常に雰囲気があるのですが、わたしにはいまいち読めない。なんとなく言葉が上滑りしている感じはしています。読めていない奴がレスつけるなと怒られてしまうかもしれませんが、斯様な<感想>も何かの役にたつことがあるかとも思い。とりあえず、一旦上げさせて頂きます。

0
まりも (2017-06-29):

一行目の言葉の強さが際立つ作品ですね。救済のラジオ・・・聞こえて来るはずの、救済の声を掻き消す雨、それは心の内に容赦なく降り注ぐ土砂降りなのでしょうけれど・・・驟雨と音の重なる「秋雨の死を祈る」と続くと、その雨を掻き消してくれる何か、を必死に祈る、そんな景に思われてきます。 そこまで、語り手に窮迫しているものはなんだろう、語り手を脅かしているものはなんだろう・・・首を落とした(刎ねられた)てるてる坊主には、その雨を降りやまさせる力はない。〈色のない巨人共〉、見えない、しかし圧迫感で語り手に迫ってくるなにか、を言語化した、とでも言えばいいのでしょうか・・・言葉によって呼び出された、不安の形象化。〈無言の死体〉は、首を落とされたテルテル坊主、を暗喩しているのか・・・ と読み解いていくと、なんだか謎解きをしているみたいで、本当に作者が言いたかったのは、そこか?という疑問に突き当たります。二連目以降は、一連目のイメージを増幅させながら(変奏のように)奏でられる、〈雨〉の降りやまない、降りやませることができない日々の中で、一時の夢想(アルコールによる)に逃避する、その幻想の時間を描いているように感じました。 太陽と青空、赤と青。〈ボンベイ・サファイア〉の青。〈シャウエンの蒼すぎる景色 〉(どこなのか不明ながら)青ではなく、蒼の(死の?)風景。〈無表情で無機質な透明の薬液 〉とは、酒が単なる薬液としか感じられない心象であるように思います。 〈獣性を隠した異性 〉このあたりは・・・異性との関係のよじれ絡まっている、その状態、なのか・・・ごめんなさい、ここは読者として、置いて行かれた、そんな心細さを覚えます。 〈青と赤が交わり生まれた 〉ここから以降・・・太陽と青空、が生み出した葉緑体・・・植物のような僕たち、なのかな・・・酔いの回った体で、山手線を周回しているのか、あるいは日常生活(ルーティンワーク)の暗喩か。 あえてデフォルメした表現で、日常性を超脱する、これはとても重要なこと、だけれども・・・〈凍てついた山手線を輪廻する〉ここまで大仰な表現を使う必然性が、全体の流れの中から、出て来るか、どうか・・・ 〈藍を喪失した窓 無軌道に溢れだす紅 〉愛、に通じる藍、闇夜に通じる藍。自殺なのか事故なのか、一人の少女が命を失った、それなのに(時には、電車が遅れた、そのことに不平不満を述べる、というような)動じることもない乗客たち。それが、私たちの日常。無軌道に溢れる紅、それは少女の血であると同時に、悲しみや孤独、辛さや痛み、そうしたものに感応することのない社会に対する、言葉にならない叫びのように思われました。 このエピソードを、もっと中心に据えてもよかったのではないか、という気もします。 〈淡く青いラムネではなく /淫らに澱んだ ロゼの熟れた液になった〉鮮明な青と赤、が、透き通った青と、赤の刺激を失った透明な赤、に「熟れて」いく、ということ。感情が弛緩して、広がって膨張して・・・しかし、鈍感さが増していく(そうでなければ、外界の悲劇に対して対応できない、ということ、でもあるでしょう)ということ・・・ 後半のエピソードがあって、心の中に止むことのない驟雨が降り注いでいるのか。そう読んでいくと、全体がつながって来る気もするのですが・・・酒に逃げるようなシーンや、異性との関係性を暗示するシーンなどが盛り込まれて、全体に惑わされてしまう、そんな読後感が残りました。

0
北村灰色 (2017-07-02):

花緒さま 確かに読み返してみると、妙な浮遊の仕方をしているというか、滑りやすい場所を何故か滑りやすい靴を履いて転びそうになっているような感じがしました。

0
北村灰色 (2017-07-02):

まりもさま アルコール、雨、藍色、(心が)渇いてゆくことの四点を主眼に置いて、そこから想像できる事象をランダムに書いた作品なので、確かに言いたいことが不明だったり、幻惑されるような詩になっている気がします。 >社会に対する、言葉にならない叫び ご指摘頂いた、このエピソードを主軸にすれば、詩の輪郭や主張がもう少し明瞭になったのかもしれません。

0
yamabito (2017-07-02):

はじめまして。 これ、気に入りました。 語彙も素敵ですし、なんとなくラップをイメージしたかのようですね。 何となくですが、これを散文化したものを読んでみたい気分になりました。

0
黒髪 (2017-07-02):

「アルコール何色 愛せよ何を?」 静かな視界さんもおっしゃっておられますが、ラップのような、おしゃれで、真似のできない新しさを感じました。 そして、内容もすごくいいと思います。いきなり強い語句から始まり、バーとか薬液とか出てきて、圧倒的に さらっとしたおしゃれ感に、酔わせられてしまいます。かっこいいです。 >高層ビル44階 変死体のオブジェ >一つ二つ三つ それとも1人2人3人 こういう書き方ができるって、すごいことだと思いますよ。こういう書き方も、出来るんだなあと、 脳みそをやられました。 あらゆる語句が、意味のために、緊密に連関しあっている。その、密度と、独創性は、素晴らしいなと思いました。 器の大きさと、独創性の備わった、ネット詩という風に区分けされる限りの領域で、一番先の辺りで おられる人だ、というふうに、思いました。次の作品も読みたいです。

0
北村灰色 (2017-07-04):

静かな視界さま ラップの要素は結構あると思います。ヒップホップやラップを取り入れた、ミクスチャー・ロックやトリップホップといった音楽に傾倒していた時があり、それらの影響が少なからず出た作品なのかもしれません。 散文化、できたら作品の色彩や世界観がまた異なったものになれそうで興味深いです。

0
北村灰色 (2017-07-04):

黒髪さま 最初のフレーズは私も気に入っているのですが、其処から段々浄化というか、色合いや酩酊を深めていければという意図を念頭において綴りました。 自分も他人も死体みたいに見えるし、死にたくなるようなこの世界を構成する(為の)オブジェや無機質なモノにも見える、そうした日々の現実に於ける幻覚を描き出したのですが、そこに着目頂けてとても嬉しいです。

0

B-REVIEWに参加しよう!

新規登録
ログイン
投票不可

作品をSNSで紹介しよう→

投稿作品数: 1