シュール - B-REVIEW
新規登録
ログイン
PICK UP - REVIEW

食べ物と死ぬ人

目が付いているうちに読みたまえ諸君

傑作。 目が付いているうちに読みたまえ、諸君。他に言うべきことはない。

石村利勝

別れ

余りにも挑戦的、だがそれがいい

数ある一行詩の中でも、想像力/表現力がとても高い作品。最初は(え、これだけ?)と感じることだろう。しかし、これだけ?からの作中世界の広がり方は、これだけ?発言が恥ずかしくなるほど広すぎるのだ。

ふじりゅう

ママンへ

散り際にも見えるママンの後ろ姿

無駄なくそつなく、それでいて大胆にママンに語りかける。「ママンへ」あなたはこの書き出しで何を思い、連ねますか?

stereotype2085

名残の雪

美しいと思える作品だった

美しい空間を、踏む。踏むことで、汚す。踏むことで汚す、明示のされない寂しさ。本作にとって、雪を踏む行為、それだけが個の存在の証明なのだ。

ふじりゅう

例えば鳥の教え

色が付いたばかりの映画のように

情景の転調あるいは繋がりが「色彩」を基調にして、境界をあいまいにしながら広がる。

鈴木歯車

おかあさん

史上最強のタイトル回収

本文たったの6行、造作もなく読み切れ、詩人よ。 そして再度タイトルを見返し驚愕せよ、詩人よ。

さ、さ、さ、

空なんか見てんじゃないよ

淘汰

この詩はあるタイプの詩と詩人を淘汰するべく書かれている と言えば言い過ぎか。 要注目。

stereotype2085

はずしわすれた風鈴が鳴る

やさしくせつない短歌集

かたづけられない想い出、それでもめぐりくる季節——

沙一

春風に吹かれてる

だいじょうぶだあ

《なんてこたあ ないんだよ》 天国から呼びかける声が、聴こえる。

stereotype2085

永遠の反射

名作?それともただの習作?

ただの習作なのかもしれない。が、ここには作者当人も気付いていないかもしれない、天才がいる。俺の直観は当たるんだよ。人生で二回くらいは。

石村利勝

こんにちは まっさらな世界

「まっさら」の優れた表現

あなたの世界も「まっさら」ではないかな? 「まっさら」なのに、書けますか?

南雲 安晴

imagine

パンチング。

今からリーディング界隈を、ノックアウト。

stereotype2085

はっかといちご

詩における視覚要素の決定版

いわゆる視覚詩的なものは作ろうとするとパッと見の奇抜さで満足してしまい、それを行った理由に乏しくなってしまうことが往々にある。しかし「はっかといちご」はその域を超え、結晶の造形だからそこの効果を成せている。

渡辺八畳

独言少女

いつも終電に間に合う人生生きてますか

少女の独言は胸に刺さる。というか萌える。条件があって、少女は本当に少女でなくてはならず独言は本当に独言でなくてはならない。なのでこの詩は刺さるし萌える。

石村利勝

MY 9090 OF NO……

最先端ノスタルジア

なつかしみが 超えてゆく 未来という名のノスタルジイ 

真清水るる

骸骨スフィア

プラトニックな求愛の舞踏

ほろびたゆえに、もうほろびることのない、永遠の愛。それは、幸せか、囚われか——

沙一

人魚性

海、たましいの故郷

素直さゆえに、なじめない人間のせかいにたいする、異邦のかんかく——

沙一

宇宙飛行士の解剖

死因は、孤独

二重の夜に、追い詰められた、かれは、涯のない闇のなか、吊るされた——

沙一

家庭の檄文

悲運

そこには笑顔の絶えない、家庭があった。

stereotype2085

あす

ミのシャープはファ

「ミのシャープ/響かせる笹舟にのせて/送り出してみる」って、やりますねえ。ひねりが利いてて鮮やか軽やか、清新なリリシズム。これぞ令和の”もののあはれ”じゃないですか?

石村利勝

バナナはおやつに入りますか

たもつワールド全開

これはバナナですか いいえ詩です たもつザ・ワールドです

羽田恭

TOKYO

不良天使の幻像

広大さと、小さなもの、神聖さと、世俗的なものの、コントラストに富んだミニチュア——

沙一

風景を食む

我々も本作の出来に食まれていく

この良さは読まぬと分からぬが、読むと確実に心が仕留められる。独特の風景の描写は人の記述がないからこそ冷涼な空気を作り出す。

ふじりゅう

失踪

現代詩が現代であることを実感できる

古風な詩作品から一線を画した作風に我々は驚く。

ふじりゅう

お別れの挨拶

&氏による待望の一作

ロシヤ、という響きの不思議さに、貴方はもう逃れられない。。。

ふじりゅう

この作品は読んだことがありません。


作品を
別枠表示

シュール    

シュール 「ル」が、家出をすると 家族は、シュークリームのシューになった ヘイ わたしは、シューだ もう つかもうとしないよ つつもうともしないよ あまいクリームは わたしには不要さ どちらにしろ  死人と生者の間に属する中間管理職的な生き方しか ありはしない キミが のこしていった爪切りセット ピラミッド型の透明なケースに さまざまなタイプの金の爪研ぎ用小物が 四つ やけに 重厚感がある 写生しようとすると遠近法を思い出してしまった 立ち上げたいのは 思い出や夢想の物語の部屋や町なんかちゃあない この胸にある うずき のびてしまう爪の先でも うごめいている


作成日時 2017-06-16
コメント日時 2017-07-21

シュール ポイントセクション

作品データ

コメント数 : 7
P V 数 : 287.0
お気に入り数: 0
ポイント数 : 0
項目全期間(2020/06/04現在)投稿後10日間
叙情性00
前衛性00
可読性00
エンタメ00
技巧00
音韻00
構成00
総合ポイント00
 平均値  中央値 
叙情性00
前衛性00
可読性00
 エンタメ00
技巧00
音韻00
構成00
総合00
閲覧指数:287.0
2020/06/04 23時54分49秒現在
※ポイントを入れるにはログインが必要です
※自作品にはポイントを入れられません。

    作品に書かれた推薦文

シュール コメントセクション


コメント数(7)
るるりら (2017-06-16):

濁点を まちがえました。 物語の部屋や町なんかぢゃあない で、ございます。失礼しました。

0
花緒 (2017-06-16):

可愛らしい始まり方ですが、妙な読後感を残す作品ですね。やけに重厚感がある。けれど、写生しようとしても、近づけない。人生ってそんなものかもしれませんね。そんなことを考えました。

0
まりも (2017-06-23):

〈死人と生者の間に属する中間管理職的な生き方〉をせざるを得ない〈わたし〉と、〈わたし〉を包む、あるいは〈わたし〉が包む〈家族〉との関係性・・・その関係が〈シュール〉なのだろうと思いました。 ユーモアにあふれた筆致なので、深刻になりすぎなくていいですね。それでも、ピリリとした緊張感と批評性があります。家出した〈ル〉、あるいは〈キミ〉が残していった、爪研ぎ用小物。人間用の道具だとしても・・・猛獣や猛禽の爪・・・鋭利な攻撃性を持った爪を持つ〈キミ〉を連想します。 家出されてしまった側の〈わたし〉〈家族〉もまた、爪を持つ。〈この胸にある うずき〉が、伸びていく爪の先で疼いている。その疼きを、〈キミ〉が残していった、爪研ぎ用小物で整えて、なかったことにするのか。あるいは・・・ 家族、を、会社とかPTAの役員とか、趣味のグループなど・・・いろいろなものに置き換えることもできそうです。考えさせられる作品でした。

0
百均@B-REVIEW ON/ (2017-07-01):

>シュール > > >「ル」が、家出をすると >家族は、シュークリームのシューになった > > >ヘイ わたしは、シューだ >もう つかもうとしないよ つつもうともしないよ >あまいクリームは わたしには不要さ  もうこの時点で、僕としては凄いんです。何も言葉返せないくらい好きを通り越して心に響きました。シュークリームが僕はモチーフとして本当に好きなんです。それが「シュール」から「ル」が家出する事によって「シュー」と「ル」にそれぞれ人格が宿ります。更にシュークリームの「シュー」になってしまいます。更に次の展開として「クリーム」の部分を否定します。否定する事によって、食べられる事はなくなるし(つかもうとしないと)、わたしが君を可保護する事もないよ。(ルーが家出した経験から、包むことをクリームに強要しないんですね。)  わたしは甘ったれた存在を許容しない、疲れたからねやれやれみたいな感じのシュー父さんの声が聞こえてきます。  という読み方は多分僕の妄想によるところも強い事は認める一方で、しかし僕にはこう読めるし、こう読んだ読み以外の突っ込みポイントも腐るほど出てきます。なんともいやぁ、圧縮された表現でしょう。 >どちらにしろ >死人と生者の間に属する中間管理職的な生き方しか ありはしない  これも凄い。多分「ル」は逃げて死人になった(「る」っていう単語によって存在するのは多分現代の日本だと難しいでしょう)、あるいは家で皿た側の「シュー」は単独では成立しえない事から、生者である「クリーム」(この単語一個で成立する)と合体しないと言葉として生きる事は出来ない。「シュー」は「シュークリーム」や「シュール」という語にならないと生きる事ができない。だから「中間管理職」なんですね。 >キミが のこしていった爪切りセット >ピラミッド型の透明なケースに >さまざまなタイプの金の爪研ぎ用小物が 四つ >やけに 重厚感がある > >写生しようとすると遠近法を思い出してしまった > >立ち上げたいのは 思い出や夢想の物語の部屋や町なんかちゃあない >この胸にある うずき >のびてしまう爪の先でも うごめいている  問題なのはここからで、なんで爪切りなんだろう。というところで僕は納得してしまいます。が。なんで納得してしまうのか、一切答えが出ません。爪を切ってしまうという行為は、多分ビーレビでは始めてなのではないかなぁ。(髪を切るとか、そういうのはあったので色々考えたのですが)しかし、  この詩の後半部分は魔力の塊です。何も僕は声を書ける事ができません。ただ、傑作としかいえないなぁ。  たった爪切り一つから広がる日常の小さな行為、あるいは風景、なのに。そこから立ち上がる意味、イマージュの豊かさ、溢れ出る何か。それは 「 思い出や夢想の物語の部屋や町なんかちゃあない/この胸にある うずき」正にこれとしか言いようがありません。今月の湯煙さんの詩とるるりらさんの本作が、今月僕の心を貫きました。はっきり言って白旗です。理由は一切述べられないです。一年後くらいに何位か言えるかもしれませんが。

0
蛾兆ボルカ (2017-07-01):

もしかすると、ですが、この誤字のちゃあは、そのままの方が良いかもしれません。 この詩を読んで、僕が感じるのは語り手の魅力です。 最も一般的な、通俗的な意味で、です。 この人は何を言ってるんだろう。 この人の言葉を聞いてみたいなんとなくこの人と話がしたいこの人と友達になりたい そういう言明すると馬鹿馬鹿しいような非常に通俗的な意味で、この語り手はとても魅力的だと僕は思いました。 先日ある女流歌人が、最近の歌人は、言葉を大事にはするけど、あまりガチガチな言語的細工は今の流行りではないと言ってました。 一見、化粧してないように見せるお化粧が、いいと思う、と言うのです。 この詩も、ナチュラルメイクの魅力によって この作者が というかこの語り手がこのように表現されるのかなと思いました。 ナチュラルメイクと評したものを、分析しちゃうのがどうなのかと思いつつ、深読みもしてしまうと、 草野心平トーク反響しながら るの魅力 しかしここでは 逆に欠損不在によって語るという 素敵なシュールなんじゃないかな。フリーダムでイイネ、と思いました。

0
蛾兆ボルカ (2017-07-01):

誤変換すみません。 草野心平を遠く反響しながら、 でした。

0
るるりら (2017-07-21):

おはようございます。まずは 返信がずいぶん遅くなりました。もうしわけありません。 なにせ。シュールと冠に題名した時点で、理解してほしいとかいう気が欠落して天才バカボンのパパのように「これでいいのだ」という境地におりましたもので、みなさまのご意見ご感想とかも、 ただ笑顔で拝読したに とどまっておりました。 ●花緒さま ≫やけに重厚感がある。けれど、写生しようとしても、近づけない。人生ってそんなものかもしれませんね。そんなことを考えました。 わたしにとってとても貴重な言葉をいただきました。人生って そんなものかもしれない。わたしは、このレスをいただいたあと シュールではない書き方で もしかしたら人生が書けるかもしれないな。などと、はたと まじめに、立ち止まったのでございます。 ●まりもさま つつむ つつまれる。 包む。包むを、この餃子的な言い方にしてましょう。 包(パオ)です。 まりもさまの文章の中にでできた【包】という漢字を見て、ああ 家族とは【包】の漢字に似ていると思いました。この漢字は二つの部分でできている。「己」も「勹」も、互いを巻き込もうししているかのような造りだなあと。 能ある鷹は爪隠すという言葉がありますが、家族がいなくなったという状況で、 その人が 爪をどのように整えていたかというどうでもよいことを想うのは わたしにとっては、 シュールな気がしています。 ≫鋭利な攻撃性を持った爪を持つ〈キミ〉を連想します。 ↑ ここの部分が私には 宝でした。わたしは家族の性質がどんな性質でも 結局は好きです。家族ですから。人間に攻撃性のない人なんてないです。まりもさんのこの部分の書き込みを読んだとき嬉しかったです。わたしは私以外のどなたかに〈キミ〉を連想してほしかったんだなあ。だって、嬉しいもの。って、思いました。ありがとうございます。 ●hyakkinn さま いただいた文章。随所で爆笑させていただきました。笑いのエッセンスすごいです。 hyakkinn さまはシュークリームがモチーフとして本当にお好きなんなあ。 わたしは、シュークリームをモチーフとして使用したのは 初めてです。むかし軽食を出す喫茶店で冷凍シューに手作りのクリームを入れるという作業工程をしたことがあるので、モチーフとして思いついたのです。シューと クリームは 実際 工程が全然違うので扱いも全然違うんです。 ≫シュー父さんの声 ↑ 受けました。ツボです。でも いただいた文のなかでもっとも嬉しかったのは下記の部分です。 ≫問題なのはここからで、なんで爪切りなんだろう。というところで僕は納得してしまいます。 だって、シュールなんですもの。をほほ あぁあ、正直 へんちくりんなものを書いたと思っていましたが、書かせていただいて とても楽しい気持ちをいただきました。ありがとうございます。 ●蛾兆ボルカさま  もしかすると、ボルカさまはシュールのミューズの申し子かもしれず。誤字のちゃあをなんどか声に出しておりましたら、、ムロツヨシ氏のNHK「LIFE!」という番組での人気キャラ妖怪どうしたろうかしゃん のように、独特キャラが私の脳内で生まれそうになってしまってます。語尾に「ちゃあ」をつける キャラでございます。愛されキャラは 大切に しとうございますもの。をっほほ ラフな感じの歌人といえば俵万智くらいしかしらない私なのですが、まあ とってもラフに描いたのは事実です。これからもいろいろ ためす勇気をいただけました。ありがとうございます。

0

B-REVIEWに参加しよう!

新規登録
ログイン
投票不可

作品をSNSで紹介しよう→

投稿作品数: 1