時鳥 - B-REVIEW
新規登録
ログイン
PICK UP - REVIEW

食べ物と死ぬ人

目が付いているうちに読みたまえ諸君

傑作。 目が付いているうちに読みたまえ、諸君。他に言うべきことはない。

石村利勝

別れ

余りにも挑戦的、だがそれがいい

数ある一行詩の中でも、想像力/表現力がとても高い作品。最初は(え、これだけ?)と感じることだろう。しかし、これだけ?からの作中世界の広がり方は、これだけ?発言が恥ずかしくなるほど広すぎるのだ。

ふじりゅう

ママンへ

散り際にも見えるママンの後ろ姿

無駄なくそつなく、それでいて大胆にママンに語りかける。「ママンへ」あなたはこの書き出しで何を思い、連ねますか?

stereotype2085

名残の雪

美しいと思える作品だった

美しい空間を、踏む。踏むことで、汚す。踏むことで汚す、明示のされない寂しさ。本作にとって、雪を踏む行為、それだけが個の存在の証明なのだ。

ふじりゅう

例えば鳥の教え

色が付いたばかりの映画のように

情景の転調あるいは繋がりが「色彩」を基調にして、境界をあいまいにしながら広がる。

鈴木歯車

おかあさん

史上最強のタイトル回収

本文たったの6行、造作もなく読み切れ、詩人よ。 そして再度タイトルを見返し驚愕せよ、詩人よ。

さ、さ、さ、

空なんか見てんじゃないよ

淘汰

この詩はあるタイプの詩と詩人を淘汰するべく書かれている と言えば言い過ぎか。 要注目。

stereotype2085

はずしわすれた風鈴が鳴る

やさしくせつない短歌集

かたづけられない想い出、それでもめぐりくる季節——

沙一

春風に吹かれてる

だいじょうぶだあ

《なんてこたあ ないんだよ》 天国から呼びかける声が、聴こえる。

stereotype2085

永遠の反射

名作?それともただの習作?

ただの習作なのかもしれない。が、ここには作者当人も気付いていないかもしれない、天才がいる。俺の直観は当たるんだよ。人生で二回くらいは。

石村利勝

こんにちは まっさらな世界

「まっさら」の優れた表現

あなたの世界も「まっさら」ではないかな? 「まっさら」なのに、書けますか?

南雲 安晴

imagine

パンチング。

今からリーディング界隈を、ノックアウト。

stereotype2085

はっかといちご

詩における視覚要素の決定版

いわゆる視覚詩的なものは作ろうとするとパッと見の奇抜さで満足してしまい、それを行った理由に乏しくなってしまうことが往々にある。しかし「はっかといちご」はその域を超え、結晶の造形だからそこの効果を成せている。

渡辺八畳

独言少女

いつも終電に間に合う人生生きてますか

少女の独言は胸に刺さる。というか萌える。条件があって、少女は本当に少女でなくてはならず独言は本当に独言でなくてはならない。なのでこの詩は刺さるし萌える。

石村利勝

MY 9090 OF NO……

最先端ノスタルジア

なつかしみが 超えてゆく 未来という名のノスタルジイ 

真清水るる

骸骨スフィア

プラトニックな求愛の舞踏

ほろびたゆえに、もうほろびることのない、永遠の愛。それは、幸せか、囚われか——

沙一

人魚性

海、たましいの故郷

素直さゆえに、なじめない人間のせかいにたいする、異邦のかんかく——

沙一

宇宙飛行士の解剖

死因は、孤独

二重の夜に、追い詰められた、かれは、涯のない闇のなか、吊るされた——

沙一

家庭の檄文

悲運

そこには笑顔の絶えない、家庭があった。

stereotype2085

あす

ミのシャープはファ

「ミのシャープ/響かせる笹舟にのせて/送り出してみる」って、やりますねえ。ひねりが利いてて鮮やか軽やか、清新なリリシズム。これぞ令和の”もののあはれ”じゃないですか?

石村利勝

バナナはおやつに入りますか

たもつワールド全開

これはバナナですか いいえ詩です たもつザ・ワールドです

羽田恭

TOKYO

不良天使の幻像

広大さと、小さなもの、神聖さと、世俗的なものの、コントラストに富んだミニチュア——

沙一

風景を食む

我々も本作の出来に食まれていく

この良さは読まぬと分からぬが、読むと確実に心が仕留められる。独特の風景の描写は人の記述がないからこそ冷涼な空気を作り出す。

ふじりゅう

失踪

現代詩が現代であることを実感できる

古風な詩作品から一線を画した作風に我々は驚く。

ふじりゅう

お別れの挨拶

&氏による待望の一作

ロシヤ、という響きの不思議さに、貴方はもう逃れられない。。。

ふじりゅう

この作品は読んだことがありません。


作品を
別枠表示

時鳥    

ある一時  保育園のときのセリフは  小鳥の役柄だった  「ニュースだよ ニュースだよ たろうさんのお宅に あかちゃんができたよ」  小鳥役の私が 時空のかなたからやってきて、二十四時間後には だれかれ関係なしに おおきな声で 宣言するだろう ある二時 鳥のように生きることを夢想する。 いちじは 卵のようだった  にどめには 親鳥に守られ 三度めには成鳥のように生きる  ある三時 空の高さを鳥が示している 声は高くまで響いても 声の向こうにある天空は さらに はるか。  きままな鳥が、私のことを「ピープル」と呼んだ。トンビにも「トンビぃ」と言ってあげたいが 私の返事は鳥には届きはしないだろう ピープルだという鳥の声だけが リフレインする  ある四時 清潔に あらためられたカーテンを 風が部屋のこころを ゆらしている  ケサランパサランの寝床をととのえるかのように シーツも 取り込む あまい匂いがするのは 近くに パイナップルミントが群生しているから ある五時 こんどは ホトトギスが 鳴いた 新築の窓辺にも あの鳥は きっと訪問するだろう  タンポポの綿毛は まだ 飛び立ってはいないが 植物だって鳥になる日がある ある六時 げいじゅつてきだね。 ああ ホトトギスが 「げいじゅつてき」だと言っている  夕方の花の水遣り。ホースの先で 虹が現れたことが「げいじゅつてき」 蕗の葉のやわらかいところだけを虫が食べ跡は うつくしいレース模様なのが、  げいじゅつてき げいじゅつてきだね げいじゅつてきだね ほら あなたにも聞こえるでしょ ある七時 すこし日が影に あしもとに差し込む光 しずかに うまれるながい影 鳥のように生きることを夢想する 飛沫を思わせるような囀りで愛を語るのだ 囀りに きがつかずとも さりげない思い遣りのような言葉が しじまを彩る ある八時 そして ある九時 あるいは十時 ホトトギスが鳴いている 少女は いつしか絹をまといピアノフォルテの音楽の中で 大人となり クロスする時計のことを忘れていても ホトトギスは歌い続けている ある十一時 瞼をとじれば どんな生き物とも心を通わすことができる  なにものでもない自分に もどるための歌を ホトトギスが聴かせてくれている ある十二時 一組の恋人同士が 同じ夢をみた。 ふたりが 翼の両翼ように羽ばたいたとき ぷっくりとあたらしい命が芽生えていた


作成日時 2017-06-05
コメント日時 2017-06-30

時鳥 ポイントセクション

作品データ

コメント数 : 12
P V 数 : 239.1
お気に入り数: 0
ポイント数 : 0
項目全期間(2020/06/04現在)投稿後10日間
叙情性00
前衛性00
可読性00
エンタメ00
技巧00
音韻00
構成00
総合ポイント00
 平均値  中央値 
叙情性00
前衛性00
可読性00
 エンタメ00
技巧00
音韻00
構成00
総合00
閲覧指数:239.1
2020/06/04 22時15分56秒現在
※ポイントを入れるにはログインが必要です
※自作品にはポイントを入れられません。

    作品に書かれた推薦文

時鳥 コメントセクション


コメント数(12)
黒髪 (2017-06-05):

最後まで本筋を離れない思考、実験精神(鳥として生きてみたら、どうなる……)が感じられ、特に、潔いという感触を 持ちました。「なにものでもない自分」というとらえ方をするところが、やはり精神的に、ある種の潔さ(きれいで、 さっぱりしている)に貫かれているな、と思います。鳥自体がそういった存在だとも思います。時を告げられ、いつのまにか 鳴き声が去っている。これは、人間にしてみれば、「ごめんなすって」っていうのと似た感触かもしれない。 「トンビぃ」という呼びかけ方は、心をうまく表した表現だな、と思いました。

0
kaz. (2017-06-06):

これは凄い作品が投稿されたな、という印象。とにかく、出てくる単語の一つ一つが洗練されていて、詩の形としてとても優れたものになっている。純粋なおしどり夫婦のような愛を歌った詩なのだけど、とても良く出来ている。この作品、次回のチャかシズムに、載せてもよろしいでしょうか。

0
るるりら (2017-06-07):

黒髪さま 潔いという 嬉しい感触の報告、ありがとうございます。 いまも みみをすますと なにかしらの鳥の声がきこえています。 「ごめんなすって」っていうのと似た感触とはまた 言い得て妙です。 おかげで なんだか ごきけんな気持ちをいただきました。ありがとうございます。

0
るるりら (2017-06-07):

kazさま 凄い作品だったのでしょうか?だとしたら嬉しいです。チャかシズムに掲載していただけるとしたら とても嬉しいです。とはいえ 六月になって まだ上旬です。これから もっともっとチャかシズムに掲載したいとお思いになる作品が これから先になって投稿されるかもしれないなあと おもいつつも、期待させていただきます。 ただ 掲載となってくると、ひとつだけ訂正をいれさせていただきたいのです。 詩文中のある四時の連なのですが、  「パイナップルミントが群生しているから」とあるのですが、「パイナップルセージ」に変えたいです。 理由は、頭ではセージのつもりで なぜか ミントと書いてしまいましした。 ハーブにお詳しい方なら、「甘い匂い」という表現に匹敵するのは、セージだとご存じだろうから、です。

0
るるりら (2017-06-07):

管理人の方々へ kazさまへの返信欄に書いた内容の改訂原稿をここに一応、載せさせていただきます。 どうぞご検討のほど よろしくお願いいたします。 ***** 時鳥 ある一時  保育園のときのセリフは  小鳥の役柄だった  「ニュースだよ ニュースだよ たろうさんのお宅に あかちゃんができたよ」  小鳥役の私が 時空のかなたからやってきて、二十四時間後には だれかれ関係なしに おおきな声で 宣言するだろう ある二時 鳥のように生きることを夢想する。 いちじは 卵のようだった  にどめには 親鳥に守られ 三度めには成鳥のように生きる  ある三時 空の高さを鳥が示している 声は高くまで響いても 声の向こうにある天空は さらに はるか。  きままな鳥が、私のことを「ピープル」と呼んだ。トンビにも「トンビぃ」と言ってあげたいが 私の返事は鳥には届きはしないだろう ピープルだという鳥の声だけが リフレインする  ある四時 清潔に あらためられたカーテンを 風が部屋のこころを ゆらしている  ケサランパサランの寝床をととのえるかのように シーツも 取り込む あまい匂いがするのは 近くに パイナップルセージが群生しているから ある五時 こんどは ホトトギスが 鳴いた 新築の窓辺にも あの鳥は きっと訪問するだろう  タンポポの綿毛は まだ 飛び立ってはいないが 植物だって鳥になる日がある ある六時 げいじゅつてきだね。 ああ ホトトギスが 「げいじゅつてき」だと言っている  夕方の花の水遣り。ホースの先で 虹が現れたことが「げいじゅつてき」 蕗の葉のやわらかいところだけを虫が食べ跡は うつくしいレース模様なのが、  げいじゅつてき げいじゅつてきだね げいじゅつてきだね ほら あなたにも聞こえるでしょ ある七時 すこし日が影に あしもとに差し込む光 しずかに うまれるながい影 鳥のように生きることを夢想する 飛沫を思わせるような囀りで愛を語るのだ 囀りに きがつかずとも さりげない思い遣りのような言葉が しじまを彩る ある八時 そして ある九時 あるいは十時 ホトトギスが鳴いている 少女は いつしか絹をまといピアノフォルテの音楽の中で 大人となり クロスする時計のことを忘れていても ホトトギスは歌い続けている ある十一時 瞼をとじれば どんな生き物とも心を通わすことができる  なにものでもない自分に もどるための歌を ホトトギスが聴かせてくれている ある十二時 一組の恋人同士が 同じ夢をみた。 ふたりが 翼の両翼ように羽ばたいたとき ぷっくりとあたらしい命が芽生えていた

0
花緒 (2017-06-08):

①まず事務連絡事項から。 えっと、チャカしずむについては、以前ビーレビュー特集もしてくださったくらいの仲なので、友好先メディアである訳ですが、基本的には、掲載にかかる交渉は、チャカしずむー投稿者間で直接やってくださいまし。ちなみに、ビーレビュー投稿作の著作権は作者に帰属するので、(いう必要はないと思いますが)無断転載はダメですし、転載にあたっては、合意の上で、トラブルにならないよう、お願いします。 なお、掲示板上での、スカウト活動、転載交渉などはウェルカムです。ビーレビューは、スカウトマン、ヘッドハンター、ウェルカムです。はい。

0
花緒 (2017-06-08):

②わたしにはまだ十分に読み解けてない作品でもありますが、時間に合わせて、作品を区切っていくという書き方は、まあ、それなりに書かれているスタイルかとは存じますが、本作は時間の経過と、ライフステージの上昇が重ね合わせられているのですよね。赤ちゃんができて、物心ついて(ピープルと呼ばれて)、恋人が新しい子供を作るまで。時計というのは、短針、長針がぐるぐる回る訳なので、その意味では、人が生まれて、子供を作ってーという円環と、時計のぐるぐる回る感じは似ていますね。優しい手触りが伝わってくる良作との印象を受けます。

0
kaz. (2017-06-08):

るるりら様 私の直観ですが、「パイナップルミント」の方が、セージよりも良いと思います。ただ、るるりら様がどうしてもと仰るのであれば、セージにします。 花緒様 私の活動を支えてくださってありがとうございます。いつかはチャかシズム文学賞が作れるようになるといいですね。

0
るるりら (2017-06-08):

●花緒さま 時計でくぎって書くという手法は なくはない手法のなかで、 読者に優しい手触りが伝わったのなら 成功だったようです。ありがとうございます。 また チャかシズムの件は、承知しました。 ●kaz.さま ミント&セージについて、よくよく考えてみたのです。本作品は、朗読を意識するべきではないかと。 揮発性のある言葉であるべきではないかと。 「パイナップルミント」の方が、セージよりも良いと思いなおしました。 また チャかシズムの件ですが、わたしは感謝しかありません。 今後は、掲載が決定したという事後報告で じゅうぶんに 私は、うれしいです。ありがとうございます。

0
まりも (2017-06-08):

一時、を、ひととき、と読んだり、三時、を惨事と読んでドキッとしたり(青空の果てで、鳥打の鉄砲が鳴ったらどうしよう、とか・・・) 「いちじは 卵のようだった  にどめには 親鳥に守られ 三度めには成鳥のように生きる」 魂は、三度生まれ変わる、のでしょうか・・・生まれ変わるたびに、一回り大きくなっていく心、を夢想しました。 「清潔に あらためられたカーテンを 風が部屋のこころを ゆらしている」 光は描かれていないのに、少し薔薇色を帯びてきた夕方の明るさを感じます。金色の光で満たされていく心。 「蕗の葉のやわらかいところだけを虫が食べ跡は うつくしいレース模様なのが、」 食べた跡は? 食べ 後はうつくしい? どちらかな、と思いつつ・・・柔らかいところを、食べられてしまった、ではなくて、むしろそのことによって「美」が(見えなかった美が)見えるようになった、そこに目を注ぐところに惹かれます。 「なにものでもない自分に もどるための歌を ホトトギスが聴かせてくれている」 時の鳥、と書いてホトトギス。時を告げる、ということは、命の時間を告げる、ということでもあるように思います。歌の翼に、という名曲があった、と思いだし、あれはメンデルスゾーンの・・・と調べたら、歌詞はハイネでした。 「翼の両翼ように羽ばたいたとき」両翼のように、かな(すみません、仕事柄、クセで・・・) 比翼の鳥。二人の心が寄り添って、初めて一羽の鳥となる・・・ひとつの歌、となる。 心の中で歌う鳥の声に応ずる応答、他者の響きと響き合って、歌としてはばたく、その瞬間。 いのちが芽生える。それは詩の命かもしれないですね。

0
るるりら (2017-06-15):

まりもさまへ とても丁寧に読み込んでいただいて、次なる創作意欲をかきたてさせていただいています。 ありがとうございます。 ≫一時、を、ひととき、と読んだり、三時、を惨事と読んでドキッとしたり(青空の果てで、鳥打の鉄砲が鳴ったらどうしよう、とか・・・) ↑わたしにとって、思いがけない 読み方をしていただいています。 私の脳内では 「いちじ」と きめつけて創作してました。 でも ひとときから なにかしらの物語が展開する詩が書きたくなっています。(いつできあがるかわかりませんが) 表現の稚拙な部分へのご指摘はほんとうに嬉しいです。二点もあったかと 正直 自身のアホさに おどろいています。 一、「蕗の葉のやわらかいところだけを虫が食べ跡は うつくしいレース模様なのが、」ここは、分かりにくい表現でしたね。もっとシンプルに書けたはずです。 ↓たとえば、こんなふうに 書くべきでした。 「蕗の葉が うつくしいレース模様なのは、虫がやわらかいところだけを 食べたからだ」 二、「翼の両翼ように羽ばたいたとき」わかりやすい重複表現ですよね。頭痛が痛くなります。 ご指摘だけでなく よのなかには 素敵なことは たくさんあることを予感もさせていただきました。 歌の翼に、という曲を確認してみました。おかげさまで さわやかな朝の体験となりました。 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%AD%8C%E3%81%AE%E7%BF%BC%E3%81%AB ご批評、深謝いたします。ありがとうございます。

0
るるりら (2017-06-30):

改訂版をあげさせていただきます。改訂原稿は、これで二回目なので アップするのを ずいぶん 迷いましたが、この作品は わたしにとって大切なものとなる予感がするのと、この作品に けじめをつけないことには なにやら もじもじしてしまって 自身の次作に心を移すことができなくなってます。  投稿に際しての注意を再読して やはり のせさせていただくことにしました。 ***** 【時鳥】  ある一時  保育園のときのセリフは  小鳥の役柄だった  「ニュースだよ ニュースだよ たろうさんのお宅に あかちゃんができたよ」  小鳥役の私が 時空のかなたからやってきて、二十四時間後には だれかれ関係なしに おおきな声で 宣言するだろう ある二時 鳥のように生きることを夢想する。 いちじは 卵のようだった  にどめには 親鳥に守られ 三度めには成鳥のように生きる   ある三時 空の高さを鳥が示している 声は高くまで響いても 声の向こうにある天空は さらに はるか。  きままな鳥が、私のことを「ピープル」と呼んだ。トンビにも「トンビぃ」と言ってあげたいが 私の返事は鳥には届きはしないだろう ピープルだという鳥の声だけが リフレインする   ある四時 清潔に あらためられたカーテンを 風が部屋のこころを ゆらしている  ケサランパサランの寝床をととのえるかのように シーツも 取り込む あまい匂いがするのは 近くに パイナップルミントが群生しているから ある五時 こんどは ホトトギスが 鳴いた 新築の窓辺にも あの鳥は きっと訪問するだろう  タンポポの綿毛は まだ 飛び立ってはいないが 植物だって鳥になる日がある ある六時 げいじゅつてきだね。 ああ ホトトギスが 「げいじゅつてき」だと言っている  夕方の花の水遣り。ホースの先で 虹が現れたことが「げいじゅつてき」 虫がやわらかいところだけを 食べて あらわれた蕗の葉は うつくしいレース模様 げいじゅつてき げいじゅつてきだね げいじゅつてきだね ほら あなたにも聞こえるでしょ ある七時 すこし日が影に あしもとに差し込む光 しずかに うまれるながい影 鳥のように生きることを夢想する 飛沫を思わせるような囀りで愛を語るのだ 囀りに きがつかずとも さりげない思い遣りのような言葉が しじまを彩る ある八時 そして ある九時 あるいは十時 ホトトギスが鳴いている 少女は いつしか絹をまといピアノフォルテの音楽の中で 大人となり クロスする時計のことを忘れていても ホトトギスは歌い続けている ある十一時 瞼をとじれば どんな生き物とも心を通わすことができる  なにものでもない自分に もどるための歌を ホトトギスが聴かせてくれている ある十二時 一組の恋人同士が 同じ夢をみた。 ふたりが 両翼ように羽ばたいたとき ぷっくりとあたらしい命が芽生えていた

0

B-REVIEWに参加しよう!

新規登録
ログイン
投票不可

作品をSNSで紹介しよう→

投稿作品数: 1