自然にソッとくちづけよう - B-REVIEW
新規登録
ログイン
PICK UP - REVIEW

食べ物と死ぬ人

目が付いているうちに読みたまえ諸君

傑作。 目が付いているうちに読みたまえ、諸君。他に言うべきことはない。

石村利勝

別れ

余りにも挑戦的、だがそれがいい

数ある一行詩の中でも、想像力/表現力がとても高い作品。最初は(え、これだけ?)と感じることだろう。しかし、これだけ?からの作中世界の広がり方は、これだけ?発言が恥ずかしくなるほど広すぎるのだ。

ふじりゅう

ママンへ

散り際にも見えるママンの後ろ姿

無駄なくそつなく、それでいて大胆にママンに語りかける。「ママンへ」あなたはこの書き出しで何を思い、連ねますか?

stereotype2085

名残の雪

美しいと思える作品だった

美しい空間を、踏む。踏むことで、汚す。踏むことで汚す、明示のされない寂しさ。本作にとって、雪を踏む行為、それだけが個の存在の証明なのだ。

ふじりゅう

例えば鳥の教え

色が付いたばかりの映画のように

情景の転調あるいは繋がりが「色彩」を基調にして、境界をあいまいにしながら広がる。

鈴木歯車

おかあさん

史上最強のタイトル回収

本文たったの6行、造作もなく読み切れ、詩人よ。 そして再度タイトルを見返し驚愕せよ、詩人よ。

眠い人

空なんか見てんじゃないよ

淘汰

この詩はあるタイプの詩と詩人を淘汰するべく書かれている と言えば言い過ぎか。 要注目。

stereotype2085

はずしわすれた風鈴が鳴る

やさしくせつない短歌集

かたづけられない想い出、それでもめぐりくる季節——

沙一

春風に吹かれてる

だいじょうぶだあ

《なんてこたあ ないんだよ》 天国から呼びかける声が、聴こえる。

stereotype2085

永遠の反射

名作?それともただの習作?

ただの習作なのかもしれない。が、ここには作者当人も気付いていないかもしれない、天才がいる。俺の直観は当たるんだよ。人生で二回くらいは。

石村利勝

こんにちは まっさらな世界

「まっさら」の優れた表現

あなたの世界も「まっさら」ではないかな? 「まっさら」なのに、書けますか?

南雲 安晴

imagine

パンチング。

今からリーディング界隈を、ノックアウト。

stereotype2085

はっかといちご

詩における視覚要素の決定版

いわゆる視覚詩的なものは作ろうとするとパッと見の奇抜さで満足してしまい、それを行った理由に乏しくなってしまうことが往々にある。しかし「はっかといちご」はその域を超え、結晶の造形だからそこの効果を成せている。

渡辺八畳

独言少女

いつも終電に間に合う人生生きてますか

少女の独言は胸に刺さる。というか萌える。条件があって、少女は本当に少女でなくてはならず独言は本当に独言でなくてはならない。なのでこの詩は刺さるし萌える。

石村利勝

MY 9090 OF NO……

最先端ノスタルジア

なつかしみが 超えてゆく 未来という名のノスタルジイ 

真清水るる

骸骨スフィア

プラトニックな求愛の舞踏

ほろびたゆえに、もうほろびることのない、永遠の愛。それは、幸せか、囚われか——

沙一

人魚性

海、たましいの故郷

素直さゆえに、なじめない人間のせかいにたいする、異邦のかんかく——

沙一

宇宙飛行士の解剖

死因は、孤独

二重の夜に、追い詰められた、かれは、涯のない闇のなか、吊るされた——

沙一

家庭の檄文

悲運

そこには笑顔の絶えない、家庭があった。

stereotype2085

あす

ミのシャープはファ

「ミのシャープ/響かせる笹舟にのせて/送り出してみる」って、やりますねえ。ひねりが利いてて鮮やか軽やか、清新なリリシズム。これぞ令和の”もののあはれ”じゃないですか?

石村利勝

バナナはおやつに入りますか

たもつワールド全開

これはバナナですか いいえ詩です たもつザ・ワールドです

羽田恭

TOKYO

不良天使の幻像

広大さと、小さなもの、神聖さと、世俗的なものの、コントラストに富んだミニチュア——

沙一

風景を食む

我々も本作の出来に食まれていく

この良さは読まぬと分からぬが、読むと確実に心が仕留められる。独特の風景の描写は人の記述がないからこそ冷涼な空気を作り出す。

ふじりゅう

失踪

現代詩が現代であることを実感できる

古風な詩作品から一線を画した作風に我々は驚く。

ふじりゅう

お別れの挨拶

&氏による待望の一作

ロシヤ、という響きの不思議さに、貴方はもう逃れられない。。。

ふじりゅう

この作品は読んだことがありません。


作品を
別枠表示

自然にソッとくちづけよう    

カタツムリの心臓をあたためた日 あなたは手のなかのぬめりの奥の とおき記憶をいつか忘れてしまうのでしょう 淡い色をしたわたしの胸の乾いた血だまりで 息をころしてジッとしていたこと 青い サンタクロースの群れが きえていった林の奥の秘境まで 一緒に出かけてプレゼントの山に からだを埋めて抱きあったこと リボンをわたしの肌において ソッと結んでくれた こと そしてあなたはいったよね 「 解いていいのかな 」 って わたしは 「 おもう存分ゆきましょうよ 」 そう答えて 裸のまま青鼻のトナカイにまたがって 南国のホテルまでともに帰ってゆくことができた あなたのこと言葉で抱きしめることだって 充分できたはずだわ だけど ふたつに割れたままの カラダの境界線のやけに湿度の たかい部分があなたの白い背すじのような 敏感なたかさを求めてしまうから いつでもわたしはことば以上の アヤマチで 恋よりも深く愛に恋してしまったの 「 果物かごください   果物はうちにありますから 」 あなたのこと 信頼してもいいのね 家のなかでふたつに絡まる ( 意味と意味 ) わたしたちは 意味という実感を もってこそあらたな蕾を宿すべきなのよ そうでないと蕾は硬くなったまま 動いてさえくれないこと だろうから あなたはいう 「 ねぇ秋はやけに喉がかわくね 」 あなたはいう 「 ねぇ冬はやけに歌をうたうね 」 あなたはいう 「 ねぇ春はやけに胸がさわぐね 」  + わたしたちに恋の殺しかたを どうかおしえてください        + わたしたちに愛の愛しかたを どうかおしえてください  + ( それからです ) ほんとうの気持ちよさで 愛に恋してしまえるのは あなたがわたしの胸に頬をよせる 「 ちがうよ 」 わたしがいうとあわてて わたしのおなかに耳をあてたあなた 蕾はまだぐっすりと眠っている やわらかなわたしたちの 永遠にちかいほうの 永遠 ( それが ) おなかのなかの 蕾の名前よ


作成日時 2017-06-03
コメント日時 2017-06-20

自然にソッとくちづけよう ポイントセクション

作品データ

コメント数 : 3
P V 数 : 280.5
お気に入り数: 0
ポイント数 : 0
項目全期間(2020/05/31現在)投稿後10日間
叙情性00
前衛性00
可読性00
エンタメ00
技巧00
音韻00
構成00
総合ポイント00
 平均値  中央値 
叙情性00
前衛性00
可読性00
 エンタメ00
技巧00
音韻00
構成00
総合00
閲覧指数:280.5
2020/05/31 02時15分14秒現在
※ポイントを入れるにはログインが必要です
※自作品にはポイントを入れられません。

    作品に書かれた推薦文

自然にソッとくちづけよう コメントセクション


コメント数(3)
紅茶猫 (2017-06-03):

この詩を読んで、なぜかあのダヴィンチの名画モナリザを思い出しました。あの画には諸説あって、ダヴィンチの自画像であるとか、ダヴィンチコードにもありましたが、肉としてのキリストの子供を身籠ったマグダラのマリアであるとか、とても謎めいているわけですが、この詩にもコードのように解読しないと読めない感じがあると思います。 「意味」「永遠」「蕾」。永遠を宿したのか不敵な笑みを浮かべて構えるように座るモナリザが詩の奥に見えてくるんですよね。

0
花緒 (2017-06-06):

面白い着想の作品ですね。柔らかく、官能的な筆づかいで、言葉や意味についての寓意が描かれている。作者にとって、詩を書くということが、どういうことなのか、それに肉薄せんとした作品であるように思いました。平易な文章で読みやすく、デコレーションにも意味が込められていますし、さすがと感じた次第です。

0
まりも (2017-06-20):

立ち上がりが斬新。潰してしまったカタツムリ、それを「わたしの胸の乾いた血だまり」に納めて慈しんでいるようにも読めるのですが・・・潰してしまったのは、実は私の幼心、魂なのではないか?という気がしてきます。 「青い/サンタクロースの群れ」赤いサンタさんではなく、なぜか青い・・・反転したサンタクロース。甘い語感と裏腹の、謎めいたイメージの森へといざなわれる、少し大人になった二人。自分を「プレゼント」として差し出す、そんなイメージでしょうか。処女喪失の(記念日というのも変ですが)その日を美しく回想しているようにも思われます。 「って わたしは」 こうした間の取り方は、少し冗長な印象を与えるものですが、ここでは二人の間の沈黙の時間や、流れていた時間を掬い取ろうとしているように思われました。 「ふたつに割れたままの カラダの境界線のやけに湿度の たかい部分があなたの白い背すじのような 敏感なたかさを求めてしまうから」 女陰が求めるもの・・・が、肉体的なものというより、より精神的なものであることを示唆しているような一節。 果物、の暗示する実り。 2人の肉体の性愛のイメージが、2人の精神性の婚姻のイメージと重なり・・・肉体の内に、蕾を宿す。「あなたのこと/信頼してもいいのね」以降の部分が、若干間延びしているようにも思うのですが・・・蕾が花開くとき、永遠、の意味が開示されるのか。あるいは、蕾であり続ける事、胚胎し続ける事、それが2人の間に宿る「永遠」なのか・・・ 題名とあわせ、心と自然との婚姻、そこから生まれ出る言葉(詩)をイメージしました。

0

B-REVIEWに参加しよう!

新規登録
ログイン
投票不可

作品をSNSで紹介しよう→

投稿作品数: 1