み・か・ん・賣・り・の・言 - B-REVIEW
新規登録
ログイン
PICK UP - REVIEW

食べ物と死ぬ人

目が付いているうちに読みたまえ諸君

傑作。 目が付いているうちに読みたまえ、諸君。他に言うべきことはない。

石村利勝

別れ

余りにも挑戦的、だがそれがいい

数ある一行詩の中でも、想像力/表現力がとても高い作品。最初は(え、これだけ?)と感じることだろう。しかし、これだけ?からの作中世界の広がり方は、これだけ?発言が恥ずかしくなるほど広すぎるのだ。

ふじりゅう

ママンへ

散り際にも見えるママンの後ろ姿

無駄なくそつなく、それでいて大胆にママンに語りかける。「ママンへ」あなたはこの書き出しで何を思い、連ねますか?

stereotype2085

名残の雪

美しいと思える作品だった

美しい空間を、踏む。踏むことで、汚す。踏むことで汚す、明示のされない寂しさ。本作にとって、雪を踏む行為、それだけが個の存在の証明なのだ。

ふじりゅう

例えば鳥の教え

色が付いたばかりの映画のように

情景の転調あるいは繋がりが「色彩」を基調にして、境界をあいまいにしながら広がる。

鈴木歯車

おかあさん

史上最強のタイトル回収

本文たったの6行、造作もなく読み切れ、詩人よ。 そして再度タイトルを見返し驚愕せよ、詩人よ。

さ、さ、さ、

空なんか見てんじゃないよ

淘汰

この詩はあるタイプの詩と詩人を淘汰するべく書かれている と言えば言い過ぎか。 要注目。

stereotype2085

はずしわすれた風鈴が鳴る

やさしくせつない短歌集

かたづけられない想い出、それでもめぐりくる季節——

沙一

春風に吹かれてる

だいじょうぶだあ

《なんてこたあ ないんだよ》 天国から呼びかける声が、聴こえる。

stereotype2085

永遠の反射

名作?それともただの習作?

ただの習作なのかもしれない。が、ここには作者当人も気付いていないかもしれない、天才がいる。俺の直観は当たるんだよ。人生で二回くらいは。

石村利勝

こんにちは まっさらな世界

「まっさら」の優れた表現

あなたの世界も「まっさら」ではないかな? 「まっさら」なのに、書けますか?

南雲 安晴

imagine

パンチング。

今からリーディング界隈を、ノックアウト。

stereotype2085

はっかといちご

詩における視覚要素の決定版

いわゆる視覚詩的なものは作ろうとするとパッと見の奇抜さで満足してしまい、それを行った理由に乏しくなってしまうことが往々にある。しかし「はっかといちご」はその域を超え、結晶の造形だからそこの効果を成せている。

渡辺八畳

独言少女

いつも終電に間に合う人生生きてますか

少女の独言は胸に刺さる。というか萌える。条件があって、少女は本当に少女でなくてはならず独言は本当に独言でなくてはならない。なのでこの詩は刺さるし萌える。

石村利勝

MY 9090 OF NO……

最先端ノスタルジア

なつかしみが 超えてゆく 未来という名のノスタルジイ 

真清水るる

骸骨スフィア

プラトニックな求愛の舞踏

ほろびたゆえに、もうほろびることのない、永遠の愛。それは、幸せか、囚われか——

沙一

人魚性

海、たましいの故郷

素直さゆえに、なじめない人間のせかいにたいする、異邦のかんかく——

沙一

宇宙飛行士の解剖

死因は、孤独

二重の夜に、追い詰められた、かれは、涯のない闇のなか、吊るされた——

沙一

家庭の檄文

悲運

そこには笑顔の絶えない、家庭があった。

stereotype2085

あす

ミのシャープはファ

「ミのシャープ/響かせる笹舟にのせて/送り出してみる」って、やりますねえ。ひねりが利いてて鮮やか軽やか、清新なリリシズム。これぞ令和の”もののあはれ”じゃないですか?

石村利勝

バナナはおやつに入りますか

たもつワールド全開

これはバナナですか いいえ詩です たもつザ・ワールドです

羽田恭

TOKYO

不良天使の幻像

広大さと、小さなもの、神聖さと、世俗的なものの、コントラストに富んだミニチュア——

沙一

風景を食む

我々も本作の出来に食まれていく

この良さは読まぬと分からぬが、読むと確実に心が仕留められる。独特の風景の描写は人の記述がないからこそ冷涼な空気を作り出す。

ふじりゅう

失踪

現代詩が現代であることを実感できる

古風な詩作品から一線を画した作風に我々は驚く。

ふじりゅう

お別れの挨拶

&氏による待望の一作

ロシヤ、という響きの不思議さに、貴方はもう逃れられない。。。

ふじりゅう

この作品は読んだことがありません。


作品を
別枠表示

み・か・ん・賣・り・の・言    

指の掴みながなが長い蜜柑見つかり仮の名は蜜柑ながながとながながしすぎれば崩れたよ屑も崩れたねレタッチせねばタッチしにくい止めにくい箱一杯の愚痴がグッチでバッグもベルトも箱蜜柑数知りにくい黄色い血縁が舐めにくるんだ来るか来ないかくるくるりくるのでくるぐるっと来ないか千杯の蟹より遙かにメカニカルなカルキの香に蜜の部品部分品が先から奥へつまりは詰まる妻に積まれてまれながらややまったく詰まる政治の味また仕事の味股も生殖器の味ほらもう靴の味テレビ番組の味ややまったくウエブサイトの味蜜柑の味どのみち今度のは何処のどういうのどごしかどのなんというどんなのどごしなんだとなんなんだとただたたなづく青垣やまごもれるただ山が漏れるんだと森の信徒のトンネルの隣となれば鳥となりなりてなりあわずなりふり何ふり鍋古いと波振るいフリートークせよといいやせんよとややまったくせんよとせんよ専用と酔うと上等等々などなどなぞ謎めけば何ぞ彼誰そかれながら我ら喇叭族にしてラッパーにあらざるをのこをのこきのこきのこのこの蜜漏れるれろれろなあの感じめくった皮の何かはせんの線のなみ波のなみ波乗りのなみ並の蜜柑ただ一個の蜜柑ただ一個の金柑ただ一杯の酒の燗ただでもらったただの蜜柑、よろしからん。


作成日時 2017-06-03
コメント日時 2017-06-29

み・か・ん・賣・り・の・言 ポイントセクション

作品データ

コメント数 : 9
P V 数 : 195.8
お気に入り数: 0
ポイント数 : 0
項目全期間(2020/06/05現在)投稿後10日間
叙情性00
前衛性00
可読性00
エンタメ00
技巧00
音韻00
構成00
総合ポイント00
 平均値  中央値 
叙情性00
前衛性00
可読性00
 エンタメ00
技巧00
音韻00
構成00
総合00
閲覧指数:195.8
2020/06/05 00時10分32秒現在
※ポイントを入れるにはログインが必要です
※自作品にはポイントを入れられません。

    作品に書かれた推薦文

み・か・ん・賣・り・の・言 コメントセクション


コメント数(9)
渡辺八畳 (2017-06-03):

「瓜売りが瓜売りに来て瓜売れず売り売り帰る瓜売りの声」を思い出させるしおそらくそれのオマージュだろう。また、発声練習によく使われる「ういろう売り」も思い出させた ただそういった言葉遊びとして見るのならいささか冗長すぎる

0
ゴロ(本物) (2017-06-03):

方向性や韻律に重点を置いているのは自分好みですが蜜柑の酸っぱさで攻めるのか甘さで攻めるのかがしっかり見えていたらスカッとしました。

0
右肩ヒサシ (2017-06-05):

祝儀敷さん、コメントありがとうございます。ちょっと言い訳すると、意味は無いけれど中身はあります。これはこういうもんだ、と片付けられても仕方ありません。細部を読んで貰いたいというのはやはり贅沢な望みなんだと納得しています。

0
右肩ヒサシ (2017-06-05):

5or6さん、コメントありがとうございます。 長すぎますよね、やっぱり。僕が読み手に回ったらとても読み通せないと思います。ただ、今回はたまたま書き手の立場にいるんですよね。

0
花緒 (2017-06-06):

Migikataさんってこういう詩も書かれるんだあ〜という驚き。散文詩集で、初めて右肩作品に触れたので、その印象が強く残っているためであるかもしれませんが、散文詩集に納められている作品と違うテイストのものが来ると、サプライズ感がありますね。ただし、本作、私には、ちょっと最後まで読み切れなかったですね。私の読解力の問題もあるのでしょうが、読み手を選ぶ作品なのかもしれませんね。

0
百均@B-REVIEW ON/ (2017-06-27):

 最初みた時は「うっ」ってなりました。それがまず第一です。次にツイキャスで声に出して見て読みました。そしたら面白かったです。何箇所か笑いました。次に、落語っぽいのかなと思いまして、そこから背景とか探ってみようかなと思ってる内に手に負えなくなってきたので、今回はテクスト主体から読み取れる、あるいは感じ取れる物について書いていけたらと思います。  とりあえず押さえておくべき一つ目のポイントというのは、シニフィアンとシニフィエみたいなもんかなぁと思いました。シニフィアンは記号そのもの、シニフィエはイメージ、概念、意味、内容そのものを指すと単純に考えた時に、本作の場合は、シニフィアンで遊ぶ事によってシニフィエがくっつくみたいな感じなのかなという気がします。  最初はその作品を書く内容があって、それを表す為の方法、手段としてシニフィアンを駆使していくのが通常の作品であるならば、本作の場合は、言ってしまえば「ただの蜜柑」というシニフィエをシニフィアンを巧みに絡ませる事によって意味内容を膨らませていく、あるいは偽装していくという感じで、シニフィアンからシニフィエが生まれでているのかなぁと。その結果として蜜柑が売れる。あるいは蜜柑というイメージ、意味が飛躍し飛び火していく。という事なのかなと思いました。  そのヒントも結構作中に散らばっていて、例えば、 >なりなりてなりあわずなりふり何ふり鍋古いと波振るいフリートークせよといいやせんよとややまったくせんよとせんよ専用と酔うと上等等々などなどなぞ謎めけば何ぞ彼誰そかれながら我ら喇叭族にしてラッパーにあらざる  ここなんかは多分面白い。ここはイメージの連鎖も噛み合っていて絶品。中華鍋を振るって具材をかき回す速度で、波が押し寄せる、それはフリートークみたいに色々なテーマが5分毎に切り替わりながら言葉によるわらかしあいが続いていくみたいに。それからラッパーっていうのも多分そうで。内容の熱さに韻を塗していくラッパーと、シニフィアンを全面に押し出した「韻」で観客を沸かせていくラッパー多分二種類いるとおもうんですが、本作のスタンスとしては多分後者寄りのラッパー。R指定っぽい感じがします。(フリースタイルダンジョンの呂布カルマとR指定の対戦なんか多分凄く分かりやすい対比になってると思うので、参考資料としてもしよろしければ皆さん聞いてみてください)  ここまでグダグダ言ってきて、何言ってるかわからんっていう方はまず声に出して読んでみて欲しいんですね。自然と笑っちゃうと思います。  僕が好きなのは、下ネタの所かなぁ。「蜜柑」というのは蜜の詰まった柑橘類みたいな感じでまずは、捉え直すんですね。そこに最初に股の味、生殖器の味みたいな感じで蜜をふしだらな笑イメージに連結させていく、そこから  >をのこをのこきのこきのこのこの蜜漏れるれろれろなあの感じめくった皮の何かはせんの線のなみ波のなみ波乗りのなみ並の蜜柑  ここのイメージですね。簡単に言っちゃえばチンコの皮を剥くイメージ。  下ネタっていうのは本当に万能で、それは意味内容による連鎖、飛躍の仕方が言葉遊びみたいに、多少理不尽でも音が似ていたり、あるいはちょっとでもイメージが似ていたらハマりやすいという事かもしれません。   >ただ一個の蜜柑ただ一個の金柑ただ一杯の酒の燗ただでもらったただの蜜柑、よろしからん。  蜜柑を売るという仕事、ただの蜜柑をどれだけの言葉の装飾を持って上手く売りつけるか、という感じで、ここではただの蜜柑というシニフィエを如何に、言葉で遊ぶ(いわゆる一般のイメージの力ではなく、それ以外の効用によって)というシニフィアンの力によって大げさに一個の蜜柑を読者に売りつけていくのか、そういう所に力点が置かれている作品なのかなと思います。  そして、結局の所イメージの力というか論理ですよね。それってやっぱり強いので、実際に声に出して読むなど、そういった形で、論理を体験によって裏切らないと、僕は本作に入れなかったのかもしれないなぁとかぼんやり思いました。  >どういうのどごしかどのなんというどんなのどごしなんだとなんなんだとただたたなづく青垣や  こういう所なんか読むと頭痛くなりますが、声に出すと面白い。なんとなくこれを書きながら思いましたが、早口言葉ってなんで面白いのかなみたいなのも多分ちゃんと考える必要があるのかなぁと思いました。  >蜜の部品部分品先から奥へつまりは詰まる妻に積まれてまれながらややまったく詰まる政治の味  あとはこことかでしょうか。部品部品と来て次は多分「しな」と読まないといけない。そこからつまる妻に積まれて「まれる」っていう謎の言葉がでてきたり、そのあと政治の話かと思ったら「味」っていう風にストレスがガンガンかかってくる。予想が裏切られるストレスみたいなのが結構あって。これ声に出して読むと笑えるんですが、読んでると思考がチカチカして本当にイラつくんですね。  >どういうのどごしかどのなんというどんなのどごしなんだとなんなんだとただたたなづく青垣  ここなんかも凄くストレスかかるんですけど「たたなづく」が本当に読めないし、本当にこんな言葉あるのか? って疑ってみたくなるんですけど「青垣」とあるので、枕詞として今度は論理っていうのかな慣習、文化によって保証されている論理だったりする訳でにゃーってなるわけですね。(ついでに思うと、枕詞って基本的にシニフィアン寄りなのかなぁとか適当に思いますが。。。なんか怒られそうなのでここでは触れません)   >上等等々などなど  ここも地味にいらついて、じょうとうとうとうなどなどなのか、じょうとうなどなどなどなどなのかどっちなのか? みたいな感じで実はどっちも正解だとおもうんですが、中々いやらしい。頭から読んでいけばとうとうになるかもしれないし、あとの論理が気になる人は後者の読みを選択するかもしれないとかね。ここら辺音読するとその人が出たりするのかなと思います。僕は多分前者の読み方、なかたつさんの朗読を聞いた時は後者の読み方でした。  そんな感じで、翻弄されつつ、憎いけど憎めないし、面白くないのかと思いつつ案外面白く、笑える所もあるし、結果的に蜜柑というイメージがシニフィアンによって陵辱されたような感じもしなくないし、いつの間にか蜜柑を売りつけられてしまったような感じがします。上に書いたようなギミックは読み手をそれこそ熱燗で酔わせるように、論理的な読み方の思考を揺らすひつようがるという意味で行訳するのが難しい作品であって、そういう意味で見た目をひどく損している作品だとは思います。  ただ、僕はこうして読んだり考えたりしてる中で色々収穫がありました。つまり、言葉遊びが詩になるという事、方法論によって飛躍が生まれる瞬間、その方法自体に内容が宿るというよりは方法によって内容が拡張するというのか、そういう意味で自分の今までもっていた読み方というのが揺さぶられる酩酊感が楽しかった、かなぁ~という事は言えるかなと思いました。

0
村田麻衣子 (2017-06-28):

声に出して読むとしたら、息継ぎができないんですね! ひゃあ わたしはなにか狙ってない気はするけれど、精巧なエレクトロの要素を持っているように感じるのですが、 何人かで合唱して交代で息継ぎしたらすごくいい音楽ができそうだなと、勝手に思ってしまいます。 文体が織りなす音楽が、みごとで素敵な作品だと思いました。

0
右肩ヒサシ (2017-06-29):

hyakkinnさん、コメントありがとうございました。 この作品のために、とても真摯に苦労してくれて感謝しています。 >その方法自体に内容が宿るというよりは方法によって内容が拡張する ここまで言って貰えたなら本望です。どうやらこの作品も成仏できそうです! 一気呵成に転がす、ということをしたかったのですが、ただ転がすだけでは面白くないと思って仕掛けすぎましたね。読めないじゃん……。 さすがに、ツイキャスのなかたつさんも引っかかってましたね!そりゃそうだ。やってみたけど、作者も全然ダメでした。 読みにくいとおっしゃっていたところ、「部品部品」ではなく「部品部分品」です。わざとやってます。「まれながら」は「まれる→まる=万葉語の排泄する」ではなくて、「稀ながら」のつもりでした。「我ながら」を滑らせ、変形させたとしてはどうでしょうか?でも「まる」も、この後「万葉集」「古事記」へ飛んでいるので、面白い解釈ですね。そちらの方がいいのかも。 枕詞のいくつかは意味不明のようですが、もとは古代朝鮮語からきていたりするようですね。僕も詳しくはありませんが。呪禁なのかな? 実はこれ、笑いながら書いたんですが、声に出してみたらもう一度笑えました。誰も笑えないものを一緒に笑って貰えてうれしかったです。 言葉のゴーカートが暴走している感じがわかって貰えたらいいですね。 」

0
右肩ヒサシ (2017-06-29):

村田麻衣子さん、コメントありがとうございました。 本当に楽しんで頂けていたならこんな嬉しいことはないんですが。何だかガールズバーのお姉さんのちょっと甘い褒め言葉ににやにやしてしまっているおじさんみたいですね。ガールズバー、行ったことはないんですけど、たぶん。 こういうものを書くのって、真剣に詩を書く人を傷つけていたりするのかな、と思うことがあります。なんかいやな傲慢さが見え隠れしたら最悪ですよね。僕には人を傷つけて自己確認をするような変な趣味はありません、いや、ないつもりですけど。 「精巧なエレクトロ」という言葉を頂いて、ちらっとそんなことも考えました。「エレクトロ」ってテクノ音楽の前身のことらしいけど、語感としては固くて尖ったカドがたくさんありそうですよね。

0

B-REVIEWに参加しよう!

新規登録
ログイン
投票不可

作品をSNSで紹介しよう→

投稿作品数: 1