Always Fantasy - B-REVIEW
新規登録
ログイン
PICK UP - REVIEW

食べ物と死ぬ人

目が付いているうちに読みたまえ諸君

傑作。 目が付いているうちに読みたまえ、諸君。他に言うべきことはない。

石村利勝

別れ

余りにも挑戦的、だがそれがいい

数ある一行詩の中でも、想像力/表現力がとても高い作品。最初は(え、これだけ?)と感じることだろう。しかし、これだけ?からの作中世界の広がり方は、これだけ?発言が恥ずかしくなるほど広すぎるのだ。

ふじりゅう

ママンへ

散り際にも見えるママンの後ろ姿

無駄なくそつなく、それでいて大胆にママンに語りかける。「ママンへ」あなたはこの書き出しで何を思い、連ねますか?

stereotype2085

名残の雪

美しいと思える作品だった

美しい空間を、踏む。踏むことで、汚す。踏むことで汚す、明示のされない寂しさ。本作にとって、雪を踏む行為、それだけが個の存在の証明なのだ。

ふじりゅう

例えば鳥の教え

色が付いたばかりの映画のように

情景の転調あるいは繋がりが「色彩」を基調にして、境界をあいまいにしながら広がる。

鈴木歯車

おかあさん

史上最強のタイトル回収

本文たったの6行、造作もなく読み切れ、詩人よ。 そして再度タイトルを見返し驚愕せよ、詩人よ。

さ、さ、さ、

空なんか見てんじゃないよ

淘汰

この詩はあるタイプの詩と詩人を淘汰するべく書かれている と言えば言い過ぎか。 要注目。

stereotype2085

はずしわすれた風鈴が鳴る

やさしくせつない短歌集

かたづけられない想い出、それでもめぐりくる季節——

沙一

春風に吹かれてる

だいじょうぶだあ

《なんてこたあ ないんだよ》 天国から呼びかける声が、聴こえる。

stereotype2085

永遠の反射

名作?それともただの習作?

ただの習作なのかもしれない。が、ここには作者当人も気付いていないかもしれない、天才がいる。俺の直観は当たるんだよ。人生で二回くらいは。

石村利勝

こんにちは まっさらな世界

「まっさら」の優れた表現

あなたの世界も「まっさら」ではないかな? 「まっさら」なのに、書けますか?

南雲 安晴

imagine

パンチング。

今からリーディング界隈を、ノックアウト。

stereotype2085

はっかといちご

詩における視覚要素の決定版

いわゆる視覚詩的なものは作ろうとするとパッと見の奇抜さで満足してしまい、それを行った理由に乏しくなってしまうことが往々にある。しかし「はっかといちご」はその域を超え、結晶の造形だからそこの効果を成せている。

渡辺八畳

独言少女

いつも終電に間に合う人生生きてますか

少女の独言は胸に刺さる。というか萌える。条件があって、少女は本当に少女でなくてはならず独言は本当に独言でなくてはならない。なのでこの詩は刺さるし萌える。

石村利勝

MY 9090 OF NO……

最先端ノスタルジア

なつかしみが 超えてゆく 未来という名のノスタルジイ 

真清水るる

骸骨スフィア

プラトニックな求愛の舞踏

ほろびたゆえに、もうほろびることのない、永遠の愛。それは、幸せか、囚われか——

沙一

人魚性

海、たましいの故郷

素直さゆえに、なじめない人間のせかいにたいする、異邦のかんかく——

沙一

宇宙飛行士の解剖

死因は、孤独

二重の夜に、追い詰められた、かれは、涯のない闇のなか、吊るされた——

沙一

家庭の檄文

悲運

そこには笑顔の絶えない、家庭があった。

stereotype2085

あす

ミのシャープはファ

「ミのシャープ/響かせる笹舟にのせて/送り出してみる」って、やりますねえ。ひねりが利いてて鮮やか軽やか、清新なリリシズム。これぞ令和の”もののあはれ”じゃないですか?

石村利勝

バナナはおやつに入りますか

たもつワールド全開

これはバナナですか いいえ詩です たもつザ・ワールドです

羽田恭

TOKYO

不良天使の幻像

広大さと、小さなもの、神聖さと、世俗的なものの、コントラストに富んだミニチュア——

沙一

風景を食む

我々も本作の出来に食まれていく

この良さは読まぬと分からぬが、読むと確実に心が仕留められる。独特の風景の描写は人の記述がないからこそ冷涼な空気を作り出す。

ふじりゅう

失踪

現代詩が現代であることを実感できる

古風な詩作品から一線を画した作風に我々は驚く。

ふじりゅう

お別れの挨拶

&氏による待望の一作

ロシヤ、という響きの不思議さに、貴方はもう逃れられない。。。

ふじりゅう

この作品は読んだことがありません。


作品を
別枠表示

Always Fantasy    

――僕はかつて自分の詩を料理のようなものだと表現した。僕は音楽もそうであるとなんとなく思っている。しかし料理とはなんであるかについては十分料理されていないと感じた。それゆえここには料理について書くことにする。 《調理》 あるいはまた、存在の領域を超越するかもしれず、ケージの中の


作成日時 2017-06-01
コメント日時 2017-06-05

Always Fantasy ポイントセクション

作品データ

コメント数 : 10
P V 数 : 224.1
お気に入り数: 0
ポイント数 : 0
項目全期間(2020/06/04現在)投稿後10日間
叙情性00
前衛性00
可読性00
エンタメ00
技巧00
音韻00
構成00
総合ポイント00
 平均値  中央値 
叙情性00
前衛性00
可読性00
 エンタメ00
技巧00
音韻00
構成00
総合00
閲覧指数:224.1
2020/06/04 23時36分28秒現在
※ポイントを入れるにはログインが必要です
※自作品にはポイントを入れられません。

    作品に書かれた推薦文

Always Fantasy コメントセクション


コメント数(10)
花緒 (2017-06-01):

良くわからないけれど、妙に自己言及的ですね。良くわからんけど、なんか読んでしまう分量とリーダビリティーではある。顔文字使いも、ちょうどいいくらいになってきている気がします。

0
kaz. (2017-06-02):

花緒さん、お読みくださりありがとうございます。顔文字ではなく、絵文字のことでしょうか? この詩は一言でいうと「ジョン・ケージとマックのポテトの音とゆずの『夏色』のアバター的世界観を基調としたリミックス」なのですね。もっと豊富な読みをしてくれる方はいらっしゃるかどうか、期待しています。

0
花緒 (2017-06-02):

あ、顔文字は絵文字の打ち間違えです。失礼。 最初、本作を見たとき、わたしがビーレビに投稿したALWAYS_RETURNINGを元ネタにしているのかと一瞬思って、ギョッっとした。自己言及を多用してもいるようだったし。が、さすがにそれは自意識過剰が過ぎるなと思って、黙っていたが、黙っていて正解だったようだ、と自身の考えていることをそのまま書くとイタくなる。料理とはなんであるか料理されていない、みたいなループ構造を作ると、料理、という言葉の定義が宙吊りになって、ファンタジー化とでも言おうか、定義が明確化されず、個々人の妄想の中で、定義がぐるぐる回るだけになるわけだけれど、それって凄くイタイよね。詩ってなんかイタイところあるし、本作もちょっとイタイ感じするし、君の説明もイタいけど、イタいながらに、まあ悪くない仕上がりな気はするよ。本作はバランス感覚が悪くないような気はする。と、わからないながらにレスを連投してみる。

0
kaz. (2017-06-03):

花緒さま 今先ほど改めてALWAYS RETURNINGを読み直してみて思ったのですが、自己言及性を皆さん積極的に着眼して批評されていて、それで思ったのですがALWAYS RETURNINGは、登場人物が五人ぐらい出てくるのですが、こちらはそういう風に登場人物が複数出てこないのですよね。なので、全然違う系列の詩と見てもらった方がいいと思います。しかし何故初読で吉岡実を思い出さなかったんだろう。自分でもよくわからない。なんとも言えない独特の花緒さんオーラに惑わされていたのかもしれないですね(笑)。 kaz拝

0
鈴木 海飛 (2017-06-03):

誰の言葉だかさっぱり思い出せないけど 引用してみよう。 そうしてみよう。 ぽやんっポヤンッ ぽややーん! 【料理は足し算じゃだめだ。それでうまいのはたくさんある。 うまいものにうまいものを足しただけじゃ満たされない。 素材があわさってかけ算にする技術を俺は欲しているのだ。 】 調理された料理のなかに眠っている数式を知らず使っている不思議。 料理は魔法めいている。 でも、数式は科学だ。 数式は、ちと、つまりすぎている。 物理学の方程式をみて感動する変態はニッチな奴だといっていい。 あたりまえだ。料理食うな。数式の味が好きなら数学書でも食ってろ。 ぽややん引用終了 ほら、よくみてみると あちこちに「素材」がちらばっている。 言葉同士を足し算 やかけ算に、方程式から法則へ みてみて、昼食のところが一番分かりやすくて、美味しさを「あじう」易いと思うの。 分かる文章だけからでも想像できるでしょ。 間違ってたっていいじゃない。料理なんでしょ。美味しいって言葉には、何が「美味しい」か説明しろなんて約束はないもの。 ふふふ。好きだっていったあとに想像すること。 崩れ去る将来の、 およそ、そんな言葉は待ち受けてはいない。 ある程度あきらめているから、いや、あきらめているからこそ 途方もなく、期待値を越えた言葉がむこうからやって来たときのことを、分析できる物理学者がいる。 たとえ、その数式が使えなくてもいいじゃないか。物理学者。 数式を越えた世界で私はくすりと、笑ったよ。 だって、貴方はわざと、私と距離を離して、あえてそういう姿を見せようとしてある。 遠い方から眺めてて、 うん、おもしろかった。美味しかったというべきでしょうか。

0
kaz. (2017-06-04):

鈴木海飛さん、ありがとう。平野レミの言葉ですが、料理は1+1=2じゃないの。1+1が3にも4にもなるの、と言っていたんですよね。それが詩にも言えると思っていて。

0
まりも (2017-06-04):

〈マッシュルームと呼んだ。霧の中で、私が一番呼びたかったものは、〉散文的な部分で、呼ぶ、をこんな風に重ねていくと、うるさい気がします。部屋を呼んだ、という最初の使い方と、私が呼びたかったもの、使い方のずれも気になります。 マッシュルームと名付ける。霧の中で私が一番呼びたかったものは・・・ 名づける、という意志的な行為を、入れるかどうか。呼ぶ、という行為は、呼び寄せる、は、既に在るはずのもの(自分はその名を知らなくとも、名は有しているかもしれないもの)を召喚する行為だけれど、名付ける、は、自分が名付けた以降に(自分の中で)「存在」し始めるものに対する行為、だから・・・言葉を、この場に存在させるか、呼び寄せるか、というような、詩論的な部分に関わるところで・・・うまく説明できていないけれど、伝わっている、でしょうか・・・。 〈喰らう、暗い連中が〉音の響きが生む連想が、「日の名残り」の伏線にもなっているように見えるところ、ですが・・・必然性が、イマイチよくわからない。私が読めてないだけかもしれないけれど、マッシュポテト、の後にマックフライポテト、の絵文字をつなげるのは、音のつながりの方を拾って、イメージのズレを意識させるため、なのか、させないため、なのか・・・ 〈垂れ流しの表現による表現の感染〉批評性も含んでいて、面白いところだけれど、ここと〈しかし料理とはなんであるかについては十分料理されていないと感じた。〉という命題は、どう結び付いているのか。 より硬質な感じで(そうするとより面白くなる)大仰に(哲学書のように)命題を提示して、中身はあえてハチャメチャに崩していく、とか・・・全体に理論武装で(AはBでありBはCであるから・・・みたいな感じで)あえてかっちり、しかし内容的には意図的に空疎なナンセンスに持って行く、とか・・・全体に散漫な感じで、もっと締めていく方向性が欲しいな、と思います。期待しているがゆえに。

0
鈴木 海飛 (2017-06-04):

引用開始 1+1=1 わたしとあなたがひとつになればいい 引用終了 料理の中にある魔法や数式を詩に表したいってことが、 そこを我々が共鳴することができたというのなら、 それならどうだろうか。 たまには、破落戸といっしょに散歩してみないかい? 私とKaz.さんが離れたところで、時間もばらばらに、とことこ、この詩をぶらさげて 私は常にだらしなく、博識な君は時に酩酊になりながら歩いていく もちろん、この余興につきあうには、少々の手間をかけるお時間と多少の寛容さ、 それとお互いにあまりにもわからないところは放っておけることが肝心のお遊びさ 単純に言えばこの詩を、b-rebiewのフォーラムを好き勝手使って、推敲してみないかというナンパです。 デートの申し込みといったほうがいいのかもしれない。 この詩にある魔法をとりこぼして、 次の部屋にしまわれてしまうのがね。なんか嫌なんだよ。 別に、無理に大衆向けにしろなんて喧しいことは言わない。 僕の友達に音大の卒業後はサックスプレイヤーとしてやくざな道をあるいている奴がいる。 サックス吹くやつは、なかなかに、高飛車で、悪乗りする奴が多いというのが私のなかなか賛同を得ない持論です。 そんな男が言っていた。確かこんな感じ。 「お客様には、最初から俺のもつシーンを押しつけたりしない。 最初はポピュラーにはじまって波動が合わさってきたら 自分のライブに持っていく。」 調理という技術の試みにこだわったからこそ、 料理という詩的言語のもつ影響力が邪魔している。 読んだみんなはどんなおごっつぉ(ご馳走)を振舞ってくれるのだろうと期待してしまったのかもしれない。 この男にそんな現代日本の大衆サービス精神を期待するマヌケが悪いと私は言うだろう。 ここにある、調理の動作は結構えげつないくらい速い動作。 料理のふるまいを期待した人間から「斬新ですね。」「そうきましたか。」という言葉すら出ない。 当たり前だ、昼食を味わう暇もない。食べようと口に含んだ瞬間。 「いや、これは幻想さ。」と料理を消すマジックを我々の凡愚は料理人からくらったのかもしれない。 もしくは、今日見た、天才詩人さんの料理の写真を見せられたような気持ちだ。 それが狙いだったのだと言われたら、kaz.さんは二日間程、絶食してからマクドナルド行って来いと、私は勧めるだろう。 こんちくしょう。食い物を粗末にするんじゃない。と多少キレ気味に言うかもしれない。 だが、私は、kaz.さんの料理にある1+1=3にも4にもなる、それを詩にも試みたいという言葉を信じたい。 そして、君はたぶん、食べ物を粗末にしない男だと予感している。

0
kaz. (2017-06-05):

まりもさん 丁寧なご批評ありがとうございます。ただ、いくつか指摘しておきたい点がありますので、それについてはお話ししておきます。まず、最初のマッシュルームがどうこうという箇所ですが、これはマッシュルームと呼んだその部屋に「ここが勝負」という一言を呼びたかったのだと、いうことですので、この箇所は「マッシュルームと読んだ」などと変えるわけにはいかないわけです。そして後半戦で「ネオダダイズムのネオン」などというリフレインが出てくることからもお察しのように、この詩は繰り返しがミソになっている側面も多分にあると思っています。もっと言うと、例えばT.S.エリオットのシェイクスピアのラグタイムを引用した箇所で、O O O Oが入る余地がその実際の曲にはないというように(詳しくは『モダニズムの惑星』のT.S.エリオットの項目を参照してください)、自分で作曲してしまう、とか、自分で演奏してしまう、とか、自分で自分なりの調理法を開発してしまう、というのに近いと思います。 また私がそのように言いたがるのを逆手に取っての「哲学」「命題」というお言葉なのかもしれませんが、この前新宿眼科画廊に行ったときに鑑賞した『特攻服 ウィトゲンシュタイン』というのがありまして、またこの前『ビリー・ザ・キッド』を見たのですが、ジャケットを着たり脱いだり落としたりというのを延々と繰り返すトレーニングがありまして、これら一連の体験に関連して申し上げるならば、現代において哲学はファッションでありますゆえ、観念の着こなしのようなものもあると考えております。固定観念を避けるというのが私のスタンスなのですが、観念を避けるためにまた別の観念を探し続けている、というような状態でございます。このやり方でいつまで続くかはわかりませんが、当分はこんな具合だと思います。

0
kaz. (2017-06-05):

鈴木海飛さん 詩?なのかわかりませんがありがとうございます。ありがとうオリゴ糖、ありがとう御座候。ときには自分の言っていることが有意味な命題ではない=思考ではない、かもしれないと感じることが私にはあるのですが、妄想と峻別できていればよいと思って、ある程度は気楽に構えています。 私は食べ物を粗末にする人間ではないと少なくとも自分では思っています。ただ料理の味と見た目にはこだわりがあります。料理が哲学であり、哲学が料理であるような感じです。と同時に、まあ料理も季節によって着こなすことが大事なのかな、と。

0

B-REVIEWに参加しよう!

新規登録
ログイン
投票不可

作品をSNSで紹介しよう→

投稿作品数: 1