む(ム (無  (夢  )   )  口(くち) ちゃん、日曜日を過ごす - B-REVIEW
新規登録
ログイン
PICK UP - REVIEW

食べ物と死ぬ人

目が付いているうちに読みたまえ諸君

傑作。 目が付いているうちに読みたまえ、諸君。他に言うべきことはない。

石村利勝

別れ

余りにも挑戦的、だがそれがいい

数ある一行詩の中でも、想像力/表現力がとても高い作品。最初は(え、これだけ?)と感じることだろう。しかし、これだけ?からの作中世界の広がり方は、これだけ?発言が恥ずかしくなるほど広すぎるのだ。

ふじりゅう

ママンへ

散り際にも見えるママンの後ろ姿

無駄なくそつなく、それでいて大胆にママンに語りかける。「ママンへ」あなたはこの書き出しで何を思い、連ねますか?

stereotype2085

名残の雪

美しいと思える作品だった

美しい空間を、踏む。踏むことで、汚す。踏むことで汚す、明示のされない寂しさ。本作にとって、雪を踏む行為、それだけが個の存在の証明なのだ。

ふじりゅう

例えば鳥の教え

色が付いたばかりの映画のように

情景の転調あるいは繋がりが「色彩」を基調にして、境界をあいまいにしながら広がる。

鈴木歯車

おかあさん

史上最強のタイトル回収

本文たったの6行、造作もなく読み切れ、詩人よ。 そして再度タイトルを見返し驚愕せよ、詩人よ。

さ、さ、さ、

空なんか見てんじゃないよ

淘汰

この詩はあるタイプの詩と詩人を淘汰するべく書かれている と言えば言い過ぎか。 要注目。

stereotype2085

はずしわすれた風鈴が鳴る

やさしくせつない短歌集

かたづけられない想い出、それでもめぐりくる季節——

沙一

春風に吹かれてる

だいじょうぶだあ

《なんてこたあ ないんだよ》 天国から呼びかける声が、聴こえる。

stereotype2085

永遠の反射

名作?それともただの習作?

ただの習作なのかもしれない。が、ここには作者当人も気付いていないかもしれない、天才がいる。俺の直観は当たるんだよ。人生で二回くらいは。

石村利勝

こんにちは まっさらな世界

「まっさら」の優れた表現

あなたの世界も「まっさら」ではないかな? 「まっさら」なのに、書けますか?

南雲 安晴

imagine

パンチング。

今からリーディング界隈を、ノックアウト。

stereotype2085

はっかといちご

詩における視覚要素の決定版

いわゆる視覚詩的なものは作ろうとするとパッと見の奇抜さで満足してしまい、それを行った理由に乏しくなってしまうことが往々にある。しかし「はっかといちご」はその域を超え、結晶の造形だからそこの効果を成せている。

渡辺八畳

独言少女

いつも終電に間に合う人生生きてますか

少女の独言は胸に刺さる。というか萌える。条件があって、少女は本当に少女でなくてはならず独言は本当に独言でなくてはならない。なのでこの詩は刺さるし萌える。

石村利勝

MY 9090 OF NO……

最先端ノスタルジア

なつかしみが 超えてゆく 未来という名のノスタルジイ 

真清水るる

骸骨スフィア

プラトニックな求愛の舞踏

ほろびたゆえに、もうほろびることのない、永遠の愛。それは、幸せか、囚われか——

沙一

人魚性

海、たましいの故郷

素直さゆえに、なじめない人間のせかいにたいする、異邦のかんかく——

沙一

宇宙飛行士の解剖

死因は、孤独

二重の夜に、追い詰められた、かれは、涯のない闇のなか、吊るされた——

沙一

家庭の檄文

悲運

そこには笑顔の絶えない、家庭があった。

stereotype2085

あす

ミのシャープはファ

「ミのシャープ/響かせる笹舟にのせて/送り出してみる」って、やりますねえ。ひねりが利いてて鮮やか軽やか、清新なリリシズム。これぞ令和の”もののあはれ”じゃないですか?

石村利勝

バナナはおやつに入りますか

たもつワールド全開

これはバナナですか いいえ詩です たもつザ・ワールドです

羽田恭

TOKYO

不良天使の幻像

広大さと、小さなもの、神聖さと、世俗的なものの、コントラストに富んだミニチュア——

沙一

風景を食む

我々も本作の出来に食まれていく

この良さは読まぬと分からぬが、読むと確実に心が仕留められる。独特の風景の描写は人の記述がないからこそ冷涼な空気を作り出す。

ふじりゅう

失踪

現代詩が現代であることを実感できる

古風な詩作品から一線を画した作風に我々は驚く。

ふじりゅう

お別れの挨拶

&氏による待望の一作

ロシヤ、という響きの不思議さに、貴方はもう逃れられない。。。

ふじりゅう

この作品は読んだことがありません。


作品を
別枠表示

む(ム (無  (夢  )   )  口(くち) ちゃん、日曜日を過ごす    

 一度も付けた事のなかったラジオを聴きながら、パスタを茹でているわたしの口はム口。隣の部屋から鳩時計の聞こえるアパート。ベランダのない二階建てのアパート。隣から、やかんの沸騰する音楽が聞こえる。日曜日の昼下がりの窓辺。誰かが布団を叩いている路地裏の風景。常に固定された空間。ルーティーン。口笛にして発音する。ぴーぴぴー。るんるん。二度と、誰も死ぬことはないんだよ。みたいな鳥たちの囀りが耳を濡らしていく。今朝明日の分のゴミを出そうと思った、ゴミ捨て場で丸くなっていた一話の雀を両手ですくいあげて燃えるゴミの袋に入れてあげた。  みたいな    絶望感)笑)思考の速度で)床に)足を伸ばしてバタ足)した。肌の荒れ具合を鏡で細かく確認しながら)指先でなぞっていくわたしのかお。を。((もっと綺麗な状態で生まれたかった。ちょっとだけ膨れた腹と、繊毛の生えた少しだけふくよかな腹の稜線をなぞった所で、なんとなくシャワーを浴びたくなった。所で、パスタが茹で上がり。    お湯を流しに流してしまう  塩が足りなくて、微妙に束になってくっついたパスタを菜箸で分けながら、わたしはたらこスパゲッティの為のソースをギリギリまで搾り出す。  曇天の向こう側から微かに匂ってくる太陽の香り。フェイス(信仰と横顔)神様。ラベンダの神様。今にも落っこちて一回のおじいさんの頭にあたってしまいそうな。ラジオから聞こえる念仏。遠雷。ピカピカしているもの。マスク。捏造した睫毛の向こうに見える見せかけの深淵。  床に転がったトイレットペーパーを巻き上げて鼻をすすると、血が出た。それを身体に巻きつけて包帯の代わりにしても、雨の水に溶けてしまう( ( みたいな幻想 ) )掲げた両手に残った、紙とも水とも見分けのつかない透明な膜を捧げて、わたしは何かの、誰かの、供物になりたかった。と夢想する、日曜日の午後の、雲、の向こう側に、わたしは行きたい( (生きたい) )旅がしてみたい。嘘。旅がしている時のような気持ちになりたい。それでもってこの時間がもう一度愛おしくなるようになりたい。  やかんの沸く音、幻想、の屍、午後、三時を回って、公園から散歩してきたおじいさんがボロボロに錆びれた手すりに身をまかせながらヨチヨチとアパートの階段を登ってくる。その音が聞こえたわたしは部屋を出て、助けようと思ったんだけど、そんなおじいさんはどこにも存在しなかった。ただ、音だけが窓辺に置かれていただけ。


作成日時 2017-06-25
コメント日時 2017-06-26

む(ム (無  (夢  )   )  口(くち) ちゃん、日曜日を過ごす ポイントセクション

作品データ

コメント数 : 4
P V 数 : 210.5
お気に入り数: 0
ポイント数 : 0
項目全期間(2020/06/04現在)投稿後10日間
叙情性00
前衛性00
可読性00
エンタメ00
技巧00
音韻00
構成00
総合ポイント00
 平均値  中央値 
叙情性00
前衛性00
可読性00
 エンタメ00
技巧00
音韻00
構成00
総合00
閲覧指数:210.5
2020/06/04 22時33分20秒現在
※ポイントを入れるにはログインが必要です
※自作品にはポイントを入れられません。

    作品に書かれた推薦文

む(ム (無  (夢  )   )  口(くち) ちゃん、日曜日を過ごす コメントセクション


コメント数(4)
Yoshi (2017-06-25):

ひとつだけ気になりました。 パスタを茹でるとき塩が少ないと茹で上がりに麺が絡まるというのは初耳でした。 なぜ、パスタを茹でるときに塩を入れるのか?お婆ちゃんの知恵袋的に色々とその理由が伝わっているようですね。 パスタを茹でるときに塩を入れる理由は、茹であがったパスタとソースとを絡めたとき、パスタにもソース同様に塩分を含ませておかないと、パスタとソースの間で浸透圧に差が出てしまい、パスタから水分が出てしまって水っぽくなり、そのせいで、ソースとパスタが美味しく絡まないからだと思います。 パスタの塩分とソースの塩分を調整することで、作ってすぐに食べるパスタ、または食べるまでに少し時間がかかりそうなパスタ、様々なシチエーションを意識して、その場のベストを探り当てパスタを茹であげるというのは、地方により素材に違いはありますが、素朴に素材を生かす傾向にあるイタリア料理の醍醐味にも通じるところがありますね。

0
Yoshi (2017-06-25):

すいません、気になったのは 塩が少ないと麺が微妙に束になる というところです。

0
百均@B-REVIEW ON/ (2017-06-25):

 北さんありがとうございます。  今言われて気がついたのですが、塩を入れる理由をずっと誤解してたみたいですね。母親になんで塩を入れるのか聞いた事があって、その時に麺がくっつかないようにするためと言われ、そのままずっとそういう物だと思っていました。今思うと、多分母は理由がよくわかってなかったのかもしれません。  それでもって、一人ぐらしを始めてからも、塩を入れなかったらくっついたので、そういうもんなのかなとか。今考えると、単純に茹でるのが下手くそだったのかなと思います。   というわけで、単純に誤解に誤解が重なった結果からくるものです。思わぬ突っ込みがはいって割と動揺しております。いやー、まじすか。六年くらいそう思ってたのが、砕ける感じで、うーん、ショックです。でも冷静に考えると塩関係ないよなとか思いました。理屈もよくよく考えるとアレですね。なんで塩入れたら麺が解けるんだとおもってたんでしょう。  なんにせよ、情報ありがとうございました。今度書き直す時は書き直すか、情報をちょっと修正した形で掲載します。

0
Yoshi (2017-06-26):

お母さんのことを責めないでくださいね。これも説ですから。お母さんが言っておられるのも説ですし。いつかお母さんに美味しいパスタを作ってあげて、もしも、これどうしてつくるの?と聞かれたら、一人でちゃん暮らしてるよ、という報告ついでに教えてあげてください。、

0

B-REVIEWに参加しよう!

新規登録
ログイン
投票不可

作品をSNSで紹介しよう→

投稿作品数: 1