ザクロの花嫁 - B-REVIEW
新規登録
ログイン
PICK UP - REVIEW

食べ物と死ぬ人

目が付いているうちに読みたまえ諸君

傑作。 目が付いているうちに読みたまえ、諸君。他に言うべきことはない。

石村利勝

別れ

余りにも挑戦的、だがそれがいい

数ある一行詩の中でも、想像力/表現力がとても高い作品。最初は(え、これだけ?)と感じることだろう。しかし、これだけ?からの作中世界の広がり方は、これだけ?発言が恥ずかしくなるほど広すぎるのだ。

ふじりゅう

ママンへ

散り際にも見えるママンの後ろ姿

無駄なくそつなく、それでいて大胆にママンに語りかける。「ママンへ」あなたはこの書き出しで何を思い、連ねますか?

stereotype2085

名残の雪

美しいと思える作品だった

美しい空間を、踏む。踏むことで、汚す。踏むことで汚す、明示のされない寂しさ。本作にとって、雪を踏む行為、それだけが個の存在の証明なのだ。

ふじりゅう

例えば鳥の教え

色が付いたばかりの映画のように

情景の転調あるいは繋がりが「色彩」を基調にして、境界をあいまいにしながら広がる。

鈴木歯車

おかあさん

史上最強のタイトル回収

本文たったの6行、造作もなく読み切れ、詩人よ。 そして再度タイトルを見返し驚愕せよ、詩人よ。

さ、さ、さ、

空なんか見てんじゃないよ

淘汰

この詩はあるタイプの詩と詩人を淘汰するべく書かれている と言えば言い過ぎか。 要注目。

stereotype2085

はずしわすれた風鈴が鳴る

やさしくせつない短歌集

かたづけられない想い出、それでもめぐりくる季節——

沙一

春風に吹かれてる

だいじょうぶだあ

《なんてこたあ ないんだよ》 天国から呼びかける声が、聴こえる。

stereotype2085

永遠の反射

名作?それともただの習作?

ただの習作なのかもしれない。が、ここには作者当人も気付いていないかもしれない、天才がいる。俺の直観は当たるんだよ。人生で二回くらいは。

石村利勝

こんにちは まっさらな世界

「まっさら」の優れた表現

あなたの世界も「まっさら」ではないかな? 「まっさら」なのに、書けますか?

南雲 安晴

imagine

パンチング。

今からリーディング界隈を、ノックアウト。

stereotype2085

はっかといちご

詩における視覚要素の決定版

いわゆる視覚詩的なものは作ろうとするとパッと見の奇抜さで満足してしまい、それを行った理由に乏しくなってしまうことが往々にある。しかし「はっかといちご」はその域を超え、結晶の造形だからそこの効果を成せている。

渡辺八畳

独言少女

いつも終電に間に合う人生生きてますか

少女の独言は胸に刺さる。というか萌える。条件があって、少女は本当に少女でなくてはならず独言は本当に独言でなくてはならない。なのでこの詩は刺さるし萌える。

石村利勝

MY 9090 OF NO……

最先端ノスタルジア

なつかしみが 超えてゆく 未来という名のノスタルジイ 

真清水るる

骸骨スフィア

プラトニックな求愛の舞踏

ほろびたゆえに、もうほろびることのない、永遠の愛。それは、幸せか、囚われか——

沙一

人魚性

海、たましいの故郷

素直さゆえに、なじめない人間のせかいにたいする、異邦のかんかく——

沙一

宇宙飛行士の解剖

死因は、孤独

二重の夜に、追い詰められた、かれは、涯のない闇のなか、吊るされた——

沙一

家庭の檄文

悲運

そこには笑顔の絶えない、家庭があった。

stereotype2085

あす

ミのシャープはファ

「ミのシャープ/響かせる笹舟にのせて/送り出してみる」って、やりますねえ。ひねりが利いてて鮮やか軽やか、清新なリリシズム。これぞ令和の”もののあはれ”じゃないですか?

石村利勝

バナナはおやつに入りますか

たもつワールド全開

これはバナナですか いいえ詩です たもつザ・ワールドです

羽田恭

TOKYO

不良天使の幻像

広大さと、小さなもの、神聖さと、世俗的なものの、コントラストに富んだミニチュア——

沙一

風景を食む

我々も本作の出来に食まれていく

この良さは読まぬと分からぬが、読むと確実に心が仕留められる。独特の風景の描写は人の記述がないからこそ冷涼な空気を作り出す。

ふじりゅう

失踪

現代詩が現代であることを実感できる

古風な詩作品から一線を画した作風に我々は驚く。

ふじりゅう

お別れの挨拶

&氏による待望の一作

ロシヤ、という響きの不思議さに、貴方はもう逃れられない。。。

ふじりゅう

この作品は読んだことがありません。


作品を
別枠表示

ザクロの花嫁    

僕が信じられるのは無論 僕の世界のみ 君がスプレーで色を付けても やがては還っていく緑色へ 欲しくて欲しくて仕方がないものは、魔術で手に入れた(これは比喩でもなんでもない)まだ 手に入ってないものも、いつかは手に入ると信じて. 似合わないピンク色の、石のブレスレットを左腕につける 何だって信じる 君を手に入れるために 君の傷を治せると信じてる 僕はアメリカに行かない 君が僕のうちへ来るんだと 信じてる 君は花のように無害なものじゃない.土のように痛々しくて健康で 糞を手に入れて肥沃に 温かく、ふくれ上がった その中を、僕は蠢く やがて芽吹いて、細い首を太陽にもたげ 長い手足を雨に曝して洗い始める 君はいつかそれを、一人占めにしたいとおもうだらう いつか 何もかも捨てても、自分の中に覆い隠してしまいたくなるだらう 僕の赤い実の中は血で溢れている 頭蓋骨のフタを取ってみれば 考えも何もなく ただ血でいっぱいに染まっている そこから百合の花が立ち上がって、すっと咲く それはブーケになって僕の手に握られる 僕は笑っている 隣に小さな君がいる 袴を穿いて 僕たちは一生 一生 裏切りの上に立って 一生 そばに居続けるのだよ 君 わかるか そうなんだ そうなるんだよ 血の溢れる僕の頭の中の、輝かしい 未来


作成日時 2017-06-18
コメント日時 2017-06-24

ザクロの花嫁 ポイントセクション

作品データ

コメント数 : 5
P V 数 : 216.1
お気に入り数: 0
ポイント数 : 0
項目全期間(2020/06/05現在)投稿後10日間
叙情性00
前衛性00
可読性00
エンタメ00
技巧00
音韻00
構成00
総合ポイント00
 平均値  中央値 
叙情性00
前衛性00
可読性00
 エンタメ00
技巧00
音韻00
構成00
総合00
閲覧指数:216.1
2020/06/05 00時28分19秒現在
※ポイントを入れるにはログインが必要です
※自作品にはポイントを入れられません。

    作品に書かれた推薦文

ザクロの花嫁 コメントセクション


コメント数(5)
花緒 (2017-06-19):

投稿いただき有難うございます。また投稿してくださって、とても嬉しいです。 血が滴る脳内とザクロを重ねていらっしゃるのでしょう。血で染まっている肉片から百合の花が立ち上がって、すっと咲く。美しくもあり、グロテスクでもあります。生々しさ、病んでいる感じ、美しさ、そうしたものが本作には詰まっているようです。 何度か読み返したい一作です。また参上するかもしれませんが、この段階で、一旦、上げさせて頂きます。

0
塚本一期 (2017-06-20):

花織さん そうです。 この文字列には文字列が意味する以上の潜在的なものが非常にですね、たくさん詰まっております。 探検を始めてくださって、ありがたい限りです。

0
百均@B-REVIEW ON/ (2017-06-21):

僕は本作を最初に読んだ時に、ヒモの詩だと思ったんです。かっこいいけど悪い男に騙され続ける女みたいな感じ。 でもよく読んでみると、逆で、エッチなおねぇさんに誘惑されまくって永久的に貢ぎ続ける男みたいな詩なのかなと思って、面白いとなりました。 そこに至るまでの細かい格闘については、夕方の放送でゴチャゴチャやったので良かったら録画を見てくださいませ(良かったらこれをお読みの皆さんも是非)http://twitcasting.tv/bungoku_was/movie/381551267# まず大前提のなるのは「 僕 = ザクロ = 花嫁 」です。この図式を忘れてはいけません。 それで、色々読んでて面白いなと思ったのが、ザクロっていう植物の使い方が多層的であるということ。まず、最初の一連で「肌」の話が出てきます。スプレーで色をつけても、緑色に戻っちゃうよっていう所。 >僕が信じられるのは無論 僕の世界のみ 君がスプレーで色を付けても やがては還っていく緑色へ 次に、土を肥やすのは君で、その栄養を吸って綺麗になるのはわたし、そんなわたしを独り占めしたくなるのは君ってうシーン。 >君は花のように無害なものじゃない.土のように痛々しくて健康で >糞を手に入れて肥沃に 温かく、ふくれ上がった >その中を、僕は蠢く やがて芽吹いて、細い首を太陽にもたげ >長い手足を雨に曝して洗い始める >君はいつかそれを、一人占めにしたいとおもうだらう ここら辺、ザクロちゃんの官能的なテクニックみたいなのがムクムクしていますね。最初読んだときはザクロ君で読んでいたので、ムキムキの男がシャワー浴びてるシーンだなと思って笑いましたが、ザクロちゃんという風に考えていくと、中々艶美なおねぇさんに見えてきます。 ザクロという植物を通じて語られる君と僕の関係。 ザクロという賞物を通じて語られる僕の身体、官能表現というのか。こういう描き方が面白い。 ザクロの実というと、まず思い起こすのは頭をかち割ったときの脳に例えられる描写、それから乳房。そこに君によって育てられるザクロ、僕、花嫁。みたいな関係性がここに見て取れて面白いです。 植物を飼うっていう行為にひらたく言えば人間でいう「ヒモ」という関係を見立てるのは面白いなぁ。多分結婚しても絶対に飽きないっていうのは、植物っていうのは実をつけてなんども生まれ変わることができるからだとおもうんですよね。つまり、いつ何時も若返る。同じ「僕」という存在。それが人間の脳に見立てられるザクロの実の比喩とリンクして僕には見えます。(中々、どう言葉にすればいいのか悩みますが) 永遠に約束されたブーケパスというのが、ザクロを育てる君の手が止まらない限りは延々に約束されているというこの関係性。僕が君を魅了する限りはザクロの実を育て、その実からザクロの実が生まれるという円環は終わらない。ザクロちゃんは何度も同じ若さ、美しさで、結婚すると同時に実を産み捨てて死ぬ。君は花嫁と結婚する為に土を肥やし、美しいザクロちゃんを育てる。という終わらない結婚式。 いやー、凄いですね。植物と人間が結婚するという話(この読みはぶっちゃけあかん感じもするのですが!)、そのむちゃぶりがザクロ一つでつながっていう感じがします。

0
まりも (2017-06-22):

ザクロ、からペルセフォネ―の物語を連想したのですが・・・この作品では、パックリと口を開けた、傷口、のような果実のイメージが優勢であるように思います。 一連目は前奏のようなイメージでしょうか。〈欲しくて欲しくて仕方がないものは、魔術で手に入れた(これは比喩でもなんでもない)まだ〉魔術をいきなり持ってくるのは、安易、というのか、いささか強引な感じもしますが・・・その強引さをあえて出したかったのか・・・なんでもない、と言い切って、まだ、で区切る切り方に、長い息を一息に吐き出す呼吸を感じます。 石のブレスレット、ザクロ石?かと思ったのですが、違うのかな・・・ピンク色の石・・・お守りを身に着けて、さて、歌うぞ、という印象を受けました。君、の連投に勢いを感じます。 〈土のように痛々しくて健康〉な君、その中でうごめき、芽吹く僕。君が肉体で、僕、が精神、そのようなイメージで読みたくなります。 最終連、僕、は君の中で育ち、実となるのか・・・この時、ようやく君と僕とは一体となるのか・・・百合のイメージは、どこから出て来るのでしょう。清純さの象徴?結婚式のブーケ?最終連は、思いつくイメージをそのままどんどん並べていったように感じて、読者としては、少しおいていかれたような感覚が残りました。雑然とした野性的な強さというのか、エネルギーを感じつつ・・・〈一生 裏切りの上に立って 一生 そばに居続けるのだよ 君〉このインパクトのある二行、そしてザクロ(傷だらけの君)と一体化したような僕、の予見する〈血の溢れる僕の頭の中の、輝かしい 未来〉・・・流血するような痛みを乗り越えた先に輝く未来・・・を呼び寄せようとする言葉なのか、あるいは反語的に吐露された言葉、なのか・・・〈そうなるんだよ〉と言い聞かせるような、その言葉の強さに、肯定の感情を見たいと思いました。

0
塚本一期 (2017-06-24):

百均さん コメントありがとうございます。 雨水で体を洗うエロいムキムキマン笑 性別が曖昧なのはですね、これ、お互いに男女としての役割というものが決まっていない、にもかかわらず、肉体の性別は決まってしまっているというね、こういった事象に対する、つまり、僕は艶かしい女性の体を持ちながら、精神的には肥沃な大地(母性)に育てられるといったような、男性的な部分も持ち合わせているという、これが、読みを難しくさせてしまった原因なのではないかと、おもいますね私は。 ザクロは大切です。 作中の僕は女であり、植物なわけでして、女体化する、意識を持った植物と結婚する男性は、どんな気持ちのするものでしょうか。そのあたりをですね、赤裸々に考えてみるとこう、小っ恥ずかしいような、そんな文字列ですねこれは。 まりもさん コメントありがとうございます。 少なくとも、これどんな作品であれ、書いた人物の有り体が、反映されてしまうものでして、パックリ開いた傷口の印象は、拭いきれないものがあるというのが、正直なところです。 百合はですね、清純さ、そしてブーケ、そしてですね、もう一つ言いますとこれ、死の花でもあります。 「流血するような痛みを乗り越えた先に輝く未来」その通りですよ!まりもさん! 死の淵ギリギリで、ザクロは実を成し、体を取り戻すのかもしれませんね。自分の無意識を具現化するというのはこれ、なかなか、難しいものですね。

0

B-REVIEWに参加しよう!

新規登録
ログイン
投票不可

作品をSNSで紹介しよう→

投稿作品数: 1