鴨 - B-REVIEW
新規登録
ログイン
PICK UP - REVIEW

食べ物と死ぬ人

目が付いているうちに読みたまえ諸君

傑作。 目が付いているうちに読みたまえ、諸君。他に言うべきことはない。

石村利勝

別れ

余りにも挑戦的、だがそれがいい

数ある一行詩の中でも、想像力/表現力がとても高い作品。最初は(え、これだけ?)と感じることだろう。しかし、これだけ?からの作中世界の広がり方は、これだけ?発言が恥ずかしくなるほど広すぎるのだ。

ふじりゅう

ママンへ

散り際にも見えるママンの後ろ姿

無駄なくそつなく、それでいて大胆にママンに語りかける。「ママンへ」あなたはこの書き出しで何を思い、連ねますか?

stereotype2085

名残の雪

美しいと思える作品だった

美しい空間を、踏む。踏むことで、汚す。踏むことで汚す、明示のされない寂しさ。本作にとって、雪を踏む行為、それだけが個の存在の証明なのだ。

ふじりゅう

例えば鳥の教え

色が付いたばかりの映画のように

情景の転調あるいは繋がりが「色彩」を基調にして、境界をあいまいにしながら広がる。

鈴木歯車

おかあさん

史上最強のタイトル回収

本文たったの6行、造作もなく読み切れ、詩人よ。 そして再度タイトルを見返し驚愕せよ、詩人よ。

さ、さ、さ、

空なんか見てんじゃないよ

淘汰

この詩はあるタイプの詩と詩人を淘汰するべく書かれている と言えば言い過ぎか。 要注目。

stereotype2085

はずしわすれた風鈴が鳴る

やさしくせつない短歌集

かたづけられない想い出、それでもめぐりくる季節——

沙一

春風に吹かれてる

だいじょうぶだあ

《なんてこたあ ないんだよ》 天国から呼びかける声が、聴こえる。

stereotype2085

永遠の反射

名作?それともただの習作?

ただの習作なのかもしれない。が、ここには作者当人も気付いていないかもしれない、天才がいる。俺の直観は当たるんだよ。人生で二回くらいは。

石村利勝

こんにちは まっさらな世界

「まっさら」の優れた表現

あなたの世界も「まっさら」ではないかな? 「まっさら」なのに、書けますか?

南雲 安晴

imagine

パンチング。

今からリーディング界隈を、ノックアウト。

stereotype2085

はっかといちご

詩における視覚要素の決定版

いわゆる視覚詩的なものは作ろうとするとパッと見の奇抜さで満足してしまい、それを行った理由に乏しくなってしまうことが往々にある。しかし「はっかといちご」はその域を超え、結晶の造形だからそこの効果を成せている。

渡辺八畳

独言少女

いつも終電に間に合う人生生きてますか

少女の独言は胸に刺さる。というか萌える。条件があって、少女は本当に少女でなくてはならず独言は本当に独言でなくてはならない。なのでこの詩は刺さるし萌える。

石村利勝

MY 9090 OF NO……

最先端ノスタルジア

なつかしみが 超えてゆく 未来という名のノスタルジイ 

真清水るる

骸骨スフィア

プラトニックな求愛の舞踏

ほろびたゆえに、もうほろびることのない、永遠の愛。それは、幸せか、囚われか——

沙一

人魚性

海、たましいの故郷

素直さゆえに、なじめない人間のせかいにたいする、異邦のかんかく——

沙一

宇宙飛行士の解剖

死因は、孤独

二重の夜に、追い詰められた、かれは、涯のない闇のなか、吊るされた——

沙一

家庭の檄文

悲運

そこには笑顔の絶えない、家庭があった。

stereotype2085

あす

ミのシャープはファ

「ミのシャープ/響かせる笹舟にのせて/送り出してみる」って、やりますねえ。ひねりが利いてて鮮やか軽やか、清新なリリシズム。これぞ令和の”もののあはれ”じゃないですか?

石村利勝

バナナはおやつに入りますか

たもつワールド全開

これはバナナですか いいえ詩です たもつザ・ワールドです

羽田恭

TOKYO

不良天使の幻像

広大さと、小さなもの、神聖さと、世俗的なものの、コントラストに富んだミニチュア——

沙一

風景を食む

我々も本作の出来に食まれていく

この良さは読まぬと分からぬが、読むと確実に心が仕留められる。独特の風景の描写は人の記述がないからこそ冷涼な空気を作り出す。

ふじりゅう

失踪

現代詩が現代であることを実感できる

古風な詩作品から一線を画した作風に我々は驚く。

ふじりゅう

お別れの挨拶

&氏による待望の一作

ロシヤ、という響きの不思議さに、貴方はもう逃れられない。。。

ふじりゅう

この作品は読んだことがありません。


作品を
別枠表示

   

鴨、あいつら すこし暖かくなったら わたしの羨望なんて知らずに またどどこかへ どこかへ。 自己肯定感 アイデンティティ 無い物ねだりで。 わたし。 わたし、 なんか、ごめん。 ほしいものほど 手から水のように こぼれてしまう。 こぼれて、しまう。 あたりまえか、 なんて、水面を見ながら考える。 じぶんのぜんぶを ダンボールに詰め込んで そしたらわたしには なにが残るのだろう。 なにが、のこるの、だろう。 何にも残らなくない? なんにものこらなくない? 真っ白な、 真っ白な、壁の、ワンルームで。 ひとり。 鴨が、もうすぐ、最後の一羽に。 一羽に、なりそうだ。 わたしなんて知らずに。 羨望という言葉すら知らずに。


作成日時 2017-06-03
コメント日時 2017-07-02

鴨 ポイントセクション

作品データ

コメント数 : 3
P V 数 : 193.0
お気に入り数: 0
ポイント数 : 0
項目全期間(2020/06/04現在)投稿後10日間
叙情性00
前衛性00
可読性00
エンタメ00
技巧00
音韻00
構成00
総合ポイント00
 平均値  中央値 
叙情性00
前衛性00
可読性00
 エンタメ00
技巧00
音韻00
構成00
総合00
閲覧指数:193.0
2020/06/04 22時21分11秒現在
※ポイントを入れるにはログインが必要です
※自作品にはポイントを入れられません。

    作品に書かれた推薦文

鴨 コメントセクション


コメント数(3)
花緒 (2017-06-06):

初めまして。凄く平易に書かれていて、しかし、構成や言葉の重ね方が巧みで、読後感の残る作品であると思いました。残らなくない?のこらなくない?と漢字とひらがなで変えてみたり、こぼれてしまう、こぼれて、しまう、といった句点を使った言葉の重ね方が奏功しているように思います。敷いているならば、ここまで柔らかくまとまった作品で、自己肯定感、アイデンティティ、という、角ばった言葉を挿入する必要が真にあったのか。これが違う、柔らかな言葉に置き換わっていたら、さらに良かったのではないか、ということも思いました。しかし、面白い作品だと思います。

0
まりも (2017-06-19):

「わたしの羨望なんて知らずに」どこかに飛んでいきたい、ここではない、どこかへ…そんな遙かな憧れを、鴨に託して歌う冒頭部。 花緒さんも指摘されていますが、自己肯定感・・・少し言葉がナマすぎる、というのか・・・全体の質感に比べて、固い感じはしますね。ババロアの中の、木の実みたいな。 身と心の対話。心は、鴨の背に乗って、もしかしたら想像の翼で飛んでいけるのかもしれないけれど・・・身はここにいるしかない。段ボールに詰め込む私、この感覚がいいですね。日記とかノートとか、友達との写真とか・・・そんな、自分の綴った言葉、自分の記憶、それが「わたし」であって、今、ここで、そのことを考えている「私」は、「わたし」じゃない、というような、私が私であって私でない、感覚。 みずみずしい若さを感じます。

0
百均@B-REVIEW ON/ (2017-07-02):

「鴨、あいつら/すこし暖かくなったら/わたしの羨望なんて知らずに/ またどどこかへ/どこかへ。」この最初の一文が本当によろしくて、どこがいいかというと「あいつら」っていう風にちょっとだけ突き放した言い方をするんですね。そこに「羨望」という羨ましさが背後にある事を匂わせる。で、あったかくなったら「どこかへ」「どこかへ」って二回言うんですよ。 この二回言うっていう行為が、この作品における「鴨」と「アイデンティティ」をつなぐ、大事な架橋になっている。 「自己肯定感/アイデンティティ/無い物ねだりで。/わたし。/わたし、/なんか、ごめん。」ここに僕は強い共感を覚えます。なんとなく謝っちゃう感じ。本当は誰かに謝る事なんてないのに、申し訳なくなってしまうわたし。二回いうことによって、ただ、自分の中に芽生えた感情を確認しただけではなくて、わたしが無いものねだりしている事に気がついて、恥ずかしくなる意味合いも隠れているように思います。 「ほしいものほど/手から水のように/こぼれてしまう。/こぼれて、しまう。」から、喉から手が出るほどに欲しい物つまり「実体のない個性」っていうものは、水のように掴みどころがなく、手で掬う事は出来ないんだという事が描かれています。「なんて、水面を見ながら考え」てしまう。水面は自分の姿を映す鏡であるから、自分のどうしようもない姿が見えてしまうし、どうしても考えてしまう事になってしまう。そこで、鴨っていう存在が浮き出てくる。  鴨は空も飛べるし、水面の上もすいすいと泳げてしまう存在であって、しかも言葉を知らないから考える必要もないし、あるいは考える事をしなくてもいい。また、鴨みたいな人間が世の中にいたらみたいな事を考えてみると、鴨っていう生き物は凄く器用な事から想像するに、多分、あまり生きる事に対して、何か疑問を覚えなくとも生きれてしまう人間なのかな…みたいなことを感じます。最終連、鴨達が飛び立っていってわたし一人だけが虜残される描写に、僕は人間を見てしまいます。だから、わたしは鴨に自分の人生を投影して、私も器用に自分を持って、あるいは、自分を持つことなんか考えないで、空を飛び水を泳ぎたかった。そのように行きたかった、という風に終わるのかなと思うのです。 また、私が如何に空っぽな存在であるかという描き方も、ダンボールと部屋っていう効果的な使い方をされていて、非常に好感が持てます。私を構成する物が、部屋におかれた本やCDなどの文化的な物であるなら、それら外部的な影響を引っこ抜いたら私という精神=部屋には何が残るのだろうかという思い。それが、引越しの時ぎゅうぎゅうに詰め込んだダンボールというちっぽけな形と、まっさらになった自分の大きな部屋という形で対比になっています。

0

B-REVIEWに参加しよう!

新規登録
ログイン
投票不可

作品をSNSで紹介しよう→

投稿作品数: 1