B-REVIEW作品投稿掲示板


「三途川」 上   

田中修子 
作成日時 2017-11-05
コメント日時 2017-12-07

 

 【性的・暴力的な表現があります。ご理解の上、ご閲覧をお願いいたします】  わたしには、生を受けたということがおかしいのです。  母の名前は蝶、きらきら光る目をした人でした。  わたしはあかんぼうの頃から、自分の目で世界を見るよりも、母の目を一度覗き込んでから、外を見るのが好きでした。母の目のなかは無限のきらめきに満ちていて、まるで世界が変わったかのようになります。  わたしが見ている、そこらの土くれの道、平屋の少し古ぼけたような柱や屋根、くすんでいる障子の色が、とたんにはじめて歩く町の風景になるような気がするのです。そうして、晴れた空の輝くような青、井戸から汲んだ透き通る清涼な井戸の水、手入れが行き届かずに生えているぼうぼうとした草でさえ、どこもかしこも、自然に、きらきらと息づいて輝くのです。  「あかんぼうなのにまるで大人のような目をしている」 わたしが母の腕の中にあるころから、わたしはおとなの言葉が分かっておりました。  多くの大人に、間違えて悪くした味噌汁のような声でいわれます。わたしはとたんにあどけなく笑うふりもしました、けれどもそういった一連の演技すら分かる人には分かったのでしょう、預かってだっこしてくれるような人はおりませんでした。  そんなわたしを母はただ、儚く笑って優しくわたしを抱きしめ、お乳をくれたのでございます。  わたしは母に恨まれても当然の出生です。犯されて生まれた赤ん坊、それがわたしなのですから。  裏店住まいの娘にしては賢く、美しい人でもあり、町の男衆にもてはやされたのではないでしょうか。そうしておごり高ぶることもなく、ただ、梅の花のように凛として生きてきたのでしょう。  そして蝶は十六の時、おおらかで誰からも好かれる、いずれは大工の棟梁になるであろう人に嫁ぎました。つましいながらもよろこばしい祝言を挙げ、すぐに男の子も生まれました。心根の優しい娘がたどる、しあわせの道ともいえましょう。  その男の子が、もう手も離れようという十二になったとき、蝶は男に犯されました。  かけつけた父は、乳房の片方を鎌で切り取られ、局部から血と精液をしたたらせて気絶している母を見て、ぼうとしながらなにかしらを叫んでいました。それを聞いてまわりのものが蟻のようにわらわらと集まってきて町医が呼ばれました。  わたしはその様子を腹の中からじっと伺っておりました。    下手人はいまだに上がっておりません、なぜ母にそんなことをしようと思ったのか? 誰にも分からない、いえ、わたしは少し分かるような気がするのですが。何しろ、わたしの中の半分の血は、その残酷で猟奇な男のものなのですから。  わたしを孕んだのをまわりが知ったとき、まわりのものはおろせと当然言いました。  母は、失った乳房の痛みに耐えながら、どうしても、どうしてもこの子を産むと聞きませんでした。もし子を産まなんだら、私にされたことは本当に無駄なことになってしまう。そうしてまた子は天からの授かりものであるし、今まで長男のほかどうしてかできなかった子があったのはなにかの知らせだ。  このお腹の子を愛せれば、しっかり育て上げれば、また違うふうにあの時のことを思い出される時が来るだろう。そうさせてくれなければ私は今すぐ舌を噛み切ります、いま止めても、いつか私は絶対に自害します。  そう、母が叫んでいるのを、わたしはうとうとと子宮の中で聞いておりました。  腹の中にいるころからも、外に産まれ落ちてからも、そんな風に思ってくれるのは、優しくしてくれるのは、母だけでした。あたりまえのことです。  そんな母にあかるい先を告げたものがいました。母が、あれはわたしと心中しようとしていたのかもしれません。  「あなたは私のほかにだれにも可愛がってもらえないね、赤子なのにもう人の目のなかをよまなければいけないのだね、ごめんねぇ、ごめんねぇ」  静かに母はそんな言葉を繰り返しておりました。  おぶられて、いつまでもいつまでも歩いていて、ずいぶん遠くの海にきたと思ったとき、魚のような顔をして襤褸をまとった醜い老婆と浜でとおりすがります。すれちがうとき老婆がつぶやいたのです。 「あんた早まるんじゃないよ、その赤子は、何か人と違う、めずらしい運命をたどる存在になるだろう、あたしは人魚の肉をくろうて死ねずにさまよっているが、そんな目をした赤子をみるのははじめてだよ」 母がぼろぼろと泣いたのを覚えています。  乳房から滴り落ちる豊かな乳のようにあとからあとから耐えず滴り落ちる澄んだ涙。  わたしはめずらしい運命をたどる存在になろう。  わたしは両方の祖父母と父、そして兄に折檻されていました。あかんぼうの頃から、母のいない場所で言われ、時につねられ、もう少し体が大きくなると、打ちのめされ。 「顔も見せないで疾風のように母の片方の乳を刈り取っていった狂人のかおが、お前には現れている」 「ほんとうは産ませたくなどなかった。子堕しの婆に引きずり出してもらってよかった」 「母さんさえ許してくれるなら、俺はお前を殺すのに」  そういったことに気付くと、母はわたしをかばいました。 --かばってくれた、わたしはそれが嬉しかった。  だからわたしはもっともっと、祖父母に父に兄に、殴られるように、わたしを演じていきました。そうして母に抱きしめられ、熱い涙をひらひらと落されるのが、わたしにはほんとうに至福の時間であったのです。  そのうちに時間がたち、父は醜いわたしの容姿に母を犯した男を重ねたのでしょう、酒に溺れて行きました。  そうしてわたしが五の秋、十七の兄はわたしを犯しました。  外で遊んでいると兄が来て、竹やぶへわたしをさそいました。  兄は私の目の前で自分のものをいじって、目が宙を浮いて、白いものがポタポタとたれました。そんな日が多く続きましたが、やがて、 「おまえの父が母さんにしたことだ」 といってわたしの中にねじりこんできました。それをわたしはぼんやりと、体から浮かび上がって見ておりました。  ますます得意になって、兄は、夜、私の布団へ忍んできました。広いとは言えない部屋、奇妙な気配。神経が昂ぶって良く眠れない体質になっていた母に見つかったのは、何回目かの、ことでした。  母は、狂いました。  きらきらした人はもういません。貧しい生活の中で、目の中に輝いた世界を持っていたひとはどこかに行ってしまいました。笑ったり泣いたり、ふらふら歩いている。誰かが何を話しかけても、言葉は返ってくることもあったけれど、それは言葉ではなかった。目の前にいるのに、遠い、とても不思議です。  きっとあの、燦然と輝く世界の中に、母はわたしをおいて、行ってしまったのかもしれませんね。  おめえがいるからおかしくなったんだ、と父に、祖父に犯されました。  家の中はもうめちゃくちゃでした。  祖母が人買いに話をつけて、わたしを売りました。お金になり、母の薬に食べ物になればいいと思いました、母はもう、人が振り返るほど痩せこけていて、目ばかりがギラギラと化け物のように大きく、光っているのでした。  売られていったのは、わたしが七つの時でした。  「母ちゃん、さよなら」


コメント欄を隠す
完備 (2017-11-27):

長いなあと思いながら読みました。そんな長い作品に短いレスしか返せなさそうで恐縮ですが。 読みやすい文章だとは思いました。内容もスッと入ってくる。話自体もつまらなくはない。ただときどき出てくる下手くそな直喩はださかったです。というより、褒める点を見つけるのが難しい作品であるようにも思いました。「わたし」が母親のお腹のなかにいるときから意識があったところと、海で老婆に会うシーンは印象的だったかな。上ってことは下もあるのでしょう。いずれ読みます。

静かな視界静かな視界 (2017-11-27):

上下とも、読ませていただきました。 力作ですね。こういう長編はわりと好きですので、また読ませいただければと思います。 一度読んだだけなので、適切なコメントはできませんが、上下で言うと、前半の方が私は好きでした。 前半は詩的であり、後半は物語的で、話しのスピードが上がってくるイメージです。 若干気になったのは、行頭1文字空けの部分ですか。 底まで気にしなくてもいいんじゃないかなと個人的に思いました。 でも、高校生の時書いたとかは抜きにしても、惹きつける文体でしたよ。

静かな視界静かな視界 (2017-11-27):

底まで気にしなくても→そこまで・・・ お分かりかと思いますがタイプミスでした、🙇

田中修子 (2017-12-07):

ださい、という率直で斬新なコメントをありがとうございます!! 批評というのは底に「この作品のここは好き」という愛があってするものです。 (私は批評は書けないので感想ばっかりです) ですので『「わたし」が母親のお腹のなかにいるときから意識があったところと、海で老婆に会うシーンは印象的だったのに直喩がへたくそでださかったからもったいない』、というふうにとらえさせていただきますね。 コメントありがとうございました~!!

田中修子 (2017-12-07):

おはようございます。微妙な長さのこの作品、目にとめていただいてうれしいです。 静かな視界さんは前半のほうがお好きなんですね。前半が詩で後半が物語りかぁ~!! 後半に向け一気にスピードがあがっていったり、崩壊していくのは私のこういう系の文章のクセのようです。 いや~いろんな視点で感想がいただけて嬉しいな~。 行頭一文字についてですが、これは私が掌編にも満たないけれど、一応小説として書いたものなのでどうしても必要なんですね。 詩なら空けないんですけれど。 詩とも読め小説とも読める変な作品ですねぇ。どうしよう~。 コメント嬉しかったです、ありがとうございます~!!


投稿作品数: 1

© B-REVIEW 2018