段差のある生活 - B-REVIEW
新規登録
ログイン
PICK UP - REVIEW

B-REViEWは終わった

詩を愛するすべての方へ

詩投稿サイトは終わったのか、そもそも始まっていたのか、ただひとつわかっているのは、作品をとおした交流が求められているということ——

沙一

良い

シンプルに好き

あっす

パパの日曜日

パパの日曜日

いい

明林

終着点

生きる、その先に死地はない!

美しくさわやか、そして深い意味が込められたシーン、均衡の取れた心情と思想、強い意志で最終連へと迫る引き締まった展開、我が胸にこの詩文を抱いて!

yasu.na

九月の終わりを生きる

呼び覚ます声

夏の名残の暑さが去ろうとする頃、九月の終わりになると必ずこの作品のことを思い出す。

afterglow

こっちにおいで

たれかある

たそがれに たれかある さくらのかおりがする

るる

時の名を考える

奇妙な味わい

時の名前、おもしろい発想です。黒髪ワールド炸裂です。

yamabito

声明 流木から

詩人の生きざま

言葉と詩に、導かれ救われ、時に誤りながらも、糧にしていく。 赤裸々に描写した生きざまは、素晴らしいとしか言いようがない。

羽田恭

喘息の少年の世界

酔おう。この言葉に。

正直意味は判然としない。 だが、じんわりあぶり出される情景は、良い! 言葉に酔おう!

羽田恭

魔法はある 犬ver

うまいと感じました(内容は15禁)

レスが少ない順から眺めていったんですが、埋もれてましたので掘り出しました。

yamabito

誰かがドアをノックしたから

久しぶりにビーレビ来たんだけどさ

この作品、私はとても良いと思うんだけど、まさかの無反応で勿体ない。文にスピードとパワーがある。押してくる感じが良いね。そしてコミカル。面白いってそうそう出来ないじゃん。この画面見てるおまえとか、そこんとこ足りないから読んどけ。

カオティクルConverge!!貴音さん

あなたへ

最高です^ ^ありがとうございます!

この詩は心に響きました。とても美しく清らかな作品ですね。素晴らしいと思いました。心から感謝申し上げます。これからも良い詩を書いて下さい。私も良い詩が書ける様に頑張りたいと思います。ありがとうございました。

きょこち❤️久遠恭子 アーティスト

これ大好き♡

読み込むと味が出ます。素晴らしいと思います。

きょこち❤️久遠恭子 アーティスト

初恋

輝き

海の中を照らしているのですね。素晴らしいと思います☆

きょこち❤️久遠恭子 アーティスト

アオゾラの約束

憧れ

こんなに良い詩を書いているのに、気付かなくてごめんね。北斗七星は君だよ。いつも見守ってくれてありがとう。

きょこち❤️久遠恭子 アーティスト

藤の花

紫の香り

少し歩くと川の音が大きくなる、からがこの作品の醍醐味かと思います。むせかえる藤の花の匂い。落ちた花や枝が足に絡みつく。素敵ですね。

きょこち❤️久遠恭子 アーティスト

冬の手紙

居場所をありがとう。

暖かくて、心から感謝申し上げます。 この詩は誰にでも開かれています。読んでいるあなたにも、ほら、あなたにも、 そうして、私自身にも。 素晴らしいと思います。 ありがとうございます。みんなに読んでもらいたいです。

きょこち❤️久遠恭子 アーティスト

犬のしっぽ

カッパは黄色いのだから

良く目立ちます。 尻尾だけ見えているという事ですが、カッパには手足を出す穴がありますよね。 フードは、普通は顔が見えなくなるのであまり被せません。 それを見て、僕はきっと嬉しかったのでしょう。健気な可愛い姿に。ありがとうございました。

きょこち❤️久遠恭子 アーティスト

あなたのために

永訣の詩

あなたが出発していく 光あれ

羽田恭

十月

あなたには「十月」が足りていますか?

もし、あなたが「今年は、十月が足りてない」と お感じでしたら、それは『十月の質』が原因です。 詩の中に身を置くことで『短時間で十分な十月』を得ることができます。この十月の主成分は、百パーセント自然由

るる

だれのせいですか

どんな身体でも

どんな自分であっても愛してくれるか、抱きしめてくれるか、生きてくれるか SNSできらきらした自分だけを見せてそんな見た目や上辺で物事を判断しやすいこんな世の中だからこそ響くものがありました。例えばの例も斬新でとても魅力的です。

sorano

死んだベテルギウス

衝撃を受けました

ベテルギウス。まずそれに注目する感性もですが、詩の内容が衝撃。 猫。木。家族。犬(のようなもの)。女の子……。など、身近にあふれている極めて馴染み深いものベテルギウスというスケールの大きいものと対比されているように感じられました。

二酸化窒素

七月の雨

ずっと待っていた

渇いた心を満たす雨に満たされていく

afterglow

桃太郎の神殿

幻想的な具体、具体的な幻想

時刻、刻々、刻むということは生きるということである。生きる、生まれる、死を予感する全ての事象が望む新たな幻想、書かれるべき詩、読まれるべき詩がここにある。

狂詩人

優しい人が好き

淡くうかびあがる差異のせつなさ

自分にとって「優しい人」と他者にとって「優しい人」は同じ「優しい人」だろうか。同じ言葉を使っていながら思いうかべるものは同じだといえるだろうか——

沙一

この作品は読んだことがありません。


作品を
別枠表示

段差のある生活    

段差がもちこまれた。 高さ30センチほどの 段差 だ、 が、 今までなぜこのことに、 気がつかなかったのか。 段差があってはじめて これまで真っ平らな生活のなかにいたこ とに愕然とした。 ただの段差だからべつにどうってことはないけど これは人類の秘蹟だ 神のいたずらだ。 たとえばこの雑文も 段差で出来ている。 段差は音楽のように...... まてまて、先を急ぎすぎだ。 たかが段差じゃないか。秘蹟だの神秘だの 段差のほうから顔を赤らめて逃げていく。 段差は、 もっとデリケートなものだ。 あからさまにいわなくとも段差それ自体は 段差でしかないのだが。 とりあえず一段しかないとはいえ 膝を曲げ、 足裏を上段に置いて、 引力に逆らって上がってみる。 つまらない。これだけではつまらない。 腰を下ろしてみる。 これもそれほどたいしたことじゃない。 下に寝転んで、片足を上に乗せる。 これはちょっと変わった姿勢だが、案外気持ちいい。 段差に両手をかけて腕立て伏せ。 なんだ、筋肉運動だ。 あ、背もたれになるな。 30センチほどじゃ無理か。 跳んで見る。 右足で着地し、身体を左にひねって 半回転し 左足で着地する。 けっこう愉しい。 アイデア次第で どこまでも難しくできそうだ。 どこといって取り柄のない ただの段差があって その前に どこといって取り柄のない ただの人間が立っている。


作成日時 2022-09-05
コメント日時 2022-09-30

段差のある生活 ポイントセクション

作品データ

コメント数 : 6
P V 数 : 512.3
お気に入り数: 1
投票数   : 4
ポイント数 : 109
#現代詩
項目全期間(2022/12/01現在)投稿後10日間
叙情性2626
前衛性1010
可読性1313
エンタメ2020
技巧2020
音韻55
構成1515
総合ポイント109109
 平均値  中央値 
叙情性1313
前衛性55
可読性6.56.5
 エンタメ1010
技巧1010
音韻2.52.5
構成7.57.5
総合54.554.5
閲覧指数:512.3
2022/12/01 06時52分36秒現在
※ポイントを入れるにはログインが必要です
※自作品にはポイントを入れられません。

    作品に書かれた推薦文

段差のある生活 コメントセクション

コメント数(6)
薄楽
薄楽
作品へ
(2022-09-05)

段差をめぐる自意識との葛藤というか、押し問答、というふうに読みました。狂気的にもなって理性をいつだつしてもみる、ぎりぎりの正常範囲。 「段差」、日常意識していて、詩になったことはない言葉。やっと日が当たったね「段差」ちゃん。あれ、最後の音を伸ばすと「ダンサー」、踊り子になるぞなんて、ちょっと踏み外してあそびたくなりました。どこか、悲哀めいたユーモアも感じました。

0
つつみ
作品へ
(2022-09-05)

とても興味深く読ませていただきました。 >今までなぜこのことに、 >気がつかなかったのか。 こういう体験がここ最近よくあって、共感しました。面白いと思ったのが、「無くなる」ことで気がつくのではなくて、「ある」ことで気がつくという表現でした。 「段差がある」ことで、 >これまで真っ平らな生活のなかにいたこ >とに愕然とした。 私の場合の簡単な実体験をあげると、まず「痛み」です。今まで痛くなかった歯が痛い、胃が痛い、頭が痛い。痛くなかった時の生活がどれだけ平和だったのかと思う。これは結構どの方にもあるかと思います。 >たかが段差じゃないか。秘蹟だの神秘だの >段差のほうから顔を赤らめて逃げていく。 ここの表現もとても面白いと思いました。大袈裟なものではなく、些細な事だけれど、「ある」ことで起こるちょっとした違和感が、それまでの生活に結構大きな影響を与えるということ。 >つまらない。これだけではつまらない。 それまで無かったものが「ある」ことを、苦とはせず「共存」していこうとしているように思えました。 例えば、私には重度の認知症の父がいます。それまで居なかった「別人」のような父がいること。今回の段差の話と重ねてもよいのか悩みましたが、私はこの詩を読んで、私は今まで、父の存在が正直「苦」に思うことがあったけれど、それは私がそう思っているだけで、父自身はもしかしたらそうではないのかもしれないと思ったのです。 入院しているので、もう1年会っていません。月に1度のオンライン面会で、もう何を話しかけても反応しないので、ただ「お父さん、〇〇(私の名前)だよ」と言うことしかできませんでした。しかし、この詩を読んで、次のオンライン面会では、もっといろいろと話しかけてみようと思いました。私と父の間にある「段差」のようなものを楽しめるのではないかと。 そのようなことを感じました。個人的な感想になってしまい申し訳ございません。色々と気づかせていただきました。ありがとうございました。

抒情:25 前衛:10 可読:12 エンタメ:20 技巧:20 音韻:5 構成:15  
0
室町礼
室町礼
作品へ
(2022-09-06)

薄楽さま。コメントありがとうございます。 「段差」、日常意識していて、詩になったことはない言葉。やっと日が当たったね「段差」ちゃん。 このお言葉がうれしかったです。まったく何気ないものがもつ奥深さというようなものに少し 感嘆していたものですから、こんなものを書いてみました。それを汲み取っていただけてというか たいした技巧もなく、まんまを書いた文ですが、お読み下さりありがとうございます。

0
室町礼
室町礼
つつみさんへ
(2022-09-06)

つつみさま。丁寧なご感想を残して下さりありがとうございます。 ほんとうに何でもない単純なものへの 敬意というか、じつはそれがもつ奥深さへのまなざしがもてたこと。 それがちょっとうれしいというかおもしろくって書いてみました。 そこへ感度のよいアンテナを向けてくださり、とてもうれしいです。 お読み下さりありがとうございます。

0
河上類
河上類
室町礼さんへ
(2022-09-30)

面白い作品だと思いました。 30センチの段差への気づき、そしてそれまで段差に気づかなかったことへの気づき、そのような感情が素朴に綴られているとも読めますし、読んでいくと段差が何かの暗喩ではないかとも思えてくるのがまた面白かったです。段差の存在そのものへ思索を深めるのではなく、自分と段差の関係を再考するという流れも、なかなか自然でするすると読めました。「段差がもちこまれた。」という一行目が非常に良く効いていると思います。「段差があった。」や「段差に気づいた。」ではこの詩の良さはでなかったであろうと推察します。私だけかもしれませんが、安部公房の文体を思い浮かべたりしました。

0
エイクピア
作品へ
(2022-10-10)

段差にまつわる内容の詩で面白いと思いました。人類の秘跡とまで断言して居ますね。たかが段差と遠ざけず、いろいろと試みられる段差に対するアプローチ。なんだ、筋肉運動だと。運動の道具にしているような感じが愉快そうで、この詩自体を愉快な感じにしていると思いました。

0

B-REVIEWに参加しよう!

新規登録
ログイン

作品をSNSで紹介しよう→

投稿作品数: 1