コンペイトウと綿あめ - B-REVIEW
新規登録
ログイン
PICK UP - REVIEW

B-REViEWは終わった

詩を愛するすべての方へ

詩投稿サイトは終わったのか、そもそも始まっていたのか、ただひとつわかっているのは、作品をとおした交流が求められているということ——

沙一

良い

シンプルに好き

あっす

パパの日曜日

パパの日曜日

いい

明林

終着点

生きる、その先に死地はない!

美しくさわやか、そして深い意味が込められたシーン、均衡の取れた心情と思想、強い意志で最終連へと迫る引き締まった展開、我が胸にこの詩文を抱いて!

yasu.na

九月の終わりを生きる

呼び覚ます声

夏の名残の暑さが去ろうとする頃、九月の終わりになると必ずこの作品のことを思い出す。

afterglow

こっちにおいで

たれかある

たそがれに たれかある さくらのかおりがする

るる

時の名を考える

奇妙な味わい

時の名前、おもしろい発想です。黒髪ワールド炸裂です。

yamabito

声明 流木から

詩人の生きざま

言葉と詩に、導かれ救われ、時に誤りながらも、糧にしていく。 赤裸々に描写した生きざまは、素晴らしいとしか言いようがない。

羽田恭

喘息の少年の世界

酔おう。この言葉に。

正直意味は判然としない。 だが、じんわりあぶり出される情景は、良い! 言葉に酔おう!

羽田恭

魔法はある 犬ver

うまいと感じました(内容は15禁)

レスが少ない順から眺めていったんですが、埋もれてましたので掘り出しました。

yamabito

誰かがドアをノックしたから

久しぶりにビーレビ来たんだけどさ

この作品、私はとても良いと思うんだけど、まさかの無反応で勿体ない。文にスピードとパワーがある。押してくる感じが良いね。そしてコミカル。面白いってそうそう出来ないじゃん。この画面見てるおまえとか、そこんとこ足りないから読んどけ。

カオティクルConverge!!貴音さん

あなたへ

最高です^ ^ありがとうございます!

この詩は心に響きました。とても美しく清らかな作品ですね。素晴らしいと思いました。心から感謝申し上げます。これからも良い詩を書いて下さい。私も良い詩が書ける様に頑張りたいと思います。ありがとうございました。

きょこち❤️久遠恭子 アーティスト

これ大好き♡

読み込むと味が出ます。素晴らしいと思います。

きょこち❤️久遠恭子 アーティスト

初恋

輝き

海の中を照らしているのですね。素晴らしいと思います☆

きょこち❤️久遠恭子 アーティスト

アオゾラの約束

憧れ

こんなに良い詩を書いているのに、気付かなくてごめんね。北斗七星は君だよ。いつも見守ってくれてありがとう。

きょこち❤️久遠恭子 アーティスト

藤の花

紫の香り

少し歩くと川の音が大きくなる、からがこの作品の醍醐味かと思います。むせかえる藤の花の匂い。落ちた花や枝が足に絡みつく。素敵ですね。

きょこち❤️久遠恭子 アーティスト

冬の手紙

居場所をありがとう。

暖かくて、心から感謝申し上げます。 この詩は誰にでも開かれています。読んでいるあなたにも、ほら、あなたにも、 そうして、私自身にも。 素晴らしいと思います。 ありがとうございます。みんなに読んでもらいたいです。

きょこち❤️久遠恭子 アーティスト

犬のしっぽ

カッパは黄色いのだから

良く目立ちます。 尻尾だけ見えているという事ですが、カッパには手足を出す穴がありますよね。 フードは、普通は顔が見えなくなるのであまり被せません。 それを見て、僕はきっと嬉しかったのでしょう。健気な可愛い姿に。ありがとうございました。

きょこち❤️久遠恭子 アーティスト

あなたのために

永訣の詩

あなたが出発していく 光あれ

羽田恭

十月

あなたには「十月」が足りていますか?

もし、あなたが「今年は、十月が足りてない」と お感じでしたら、それは『十月の質』が原因です。 詩の中に身を置くことで『短時間で十分な十月』を得ることができます。この十月の主成分は、百パーセント自然由

るる

だれのせいですか

どんな身体でも

どんな自分であっても愛してくれるか、抱きしめてくれるか、生きてくれるか SNSできらきらした自分だけを見せてそんな見た目や上辺で物事を判断しやすいこんな世の中だからこそ響くものがありました。例えばの例も斬新でとても魅力的です。

sorano

死んだベテルギウス

衝撃を受けました

ベテルギウス。まずそれに注目する感性もですが、詩の内容が衝撃。 猫。木。家族。犬(のようなもの)。女の子……。など、身近にあふれている極めて馴染み深いものベテルギウスというスケールの大きいものと対比されているように感じられました。

二酸化窒素

七月の雨

ずっと待っていた

渇いた心を満たす雨に満たされていく

afterglow

桃太郎の神殿

幻想的な具体、具体的な幻想

時刻、刻々、刻むということは生きるということである。生きる、生まれる、死を予感する全ての事象が望む新たな幻想、書かれるべき詩、読まれるべき詩がここにある。

狂詩人

優しい人が好き

淡くうかびあがる差異のせつなさ

自分にとって「優しい人」と他者にとって「優しい人」は同じ「優しい人」だろうか。同じ言葉を使っていながら思いうかべるものは同じだといえるだろうか——

沙一

この作品は読んだことがありません。


作品を
別枠表示

コンペイトウと綿あめ    

やさしい人にコンペイトウを貰ったと 喜んでいるあなたを見ていると ぐるぐるとこのやさしさが 世界も 宇宙も  包みこんでしまえばいいのにと そんな事を僕は思った 地球そのものが 実は柔らかな綿あめでできていて 空にまたたく星が本物の コンペイトウでもいいのになあ そんな事も僕は考えた 悲しい事がが多すぎると みんなのこころも だんだんおかしくなって そのせいで地球は泣いていた だから泣いている地球を 綿あめにしたいと僕は思った 人類諸君よ 一致団結して 綿あめの様なやさしさで 共にこの困難を 乗り越えようではないか コンペイトウは そのことを伝えにやってきた 宇宙よりの使者


作成日時 2022-08-19
コメント日時 2022-09-18

コンペイトウと綿あめ ポイントセクション

作品データ

コメント数 : 26
P V 数 : 1459.3
お気に入り数: 2
投票数   : 3
ポイント数 : 0
#現代詩
項目全期間(2022/12/01現在)投稿後10日間
叙情性00
前衛性00
可読性00
エンタメ00
技巧00
音韻00
構成00
総合ポイント00
 平均値  中央値 
叙情性00
前衛性00
可読性00
 エンタメ00
技巧00
音韻00
構成00
総合00
閲覧指数:1459.3
2022/12/01 05時09分17秒現在
※ポイントを入れるにはログインが必要です
※自作品にはポイントを入れられません。

    作品に書かれた推薦文

コンペイトウと綿あめ コメントセクション

コメント数(26)
室町礼
室町礼
作品へ
(2022-08-19)

たとえば疲れを知らずに公園や校庭で遊ぶ子どもたちの 自由や平和や安全を支えているのは、暴風が一ミリだって そこに忍び寄らないように防いでいる親たちの...... あえていえば.......コンペイトウではなく 汚辱にまみれた血まみれの手です。 この世にコンペイトウなんかどこにもありません。 やさしさが世界人類を包むこともありません。 そういうのはありえないファンタジーです。 そしてそのファンタジーが逆に世界の人々を殺している。 殺してその無惨な死を隠蔽することに役立っている。 たとえばディズニーなんかその最たるものでしょう。 夢想にひたるのはいいけど、その夢想があらゆる現実を 隠蔽していることに気づいてほしい とわたしはおもいます。 なんか痛々しいコメントをしてしまいましたが、 大人としての責任を放棄してしまったところに コンペイトウがあるような気がしてこんな感慨を コメントしてしまいました。 ご容赦。

1
ねねむ(横尾憲孝)
室町礼さんへ
(2022-08-19)

室町礼さん 拙作にお時間を割いてくださって本当にありがとうございます。 頂いたコメント、ゆっくり時間を飲んだかけて自分の中に落とし込んでいきますね。 綺麗なところにだけ目を向けても、責任放棄な感じは私も思います。 ありがとうございます。

0
妻咲邦香
作品へ
(2022-08-20)

コンペイトウってどうしてあんなギザギザだったんだろうなって考えて、そのせいで食べた後はいつも舌がヒリヒリしてた。でも使者だと思ったらそれもしょうがないなと、使者だったら丸腰で来るわけにはいかないですからね。

1
たろいも
たろいも
作品へ
(2022-08-20)

小さい頃に食べた金平糖の甘さ、ワクワクに思いを馳せながらこんな想像もできるんだと感心しました!

1
ねねむ(横尾憲孝)
妻咲邦香さんへ
(2022-08-20)

妻咲邦香さん 拙作に素敵なコメントをありがとうございます。 我々がほんとうにやさしくなれたら、コンペイトウも丸腰でやってくるかもしれませんね お時間割いて呼んでくだくださって本当にありがとうございます 今後とも、何卒宜しくお願いします

0
ねねむ(横尾憲孝)
たろいもさんへ
(2022-08-20)

たろいもさん 過分なご評価ただただ恐縮するばかりです 小さい頃のコンペイトウの甘さの様なやさしさで世界が包まれることをコンペイトウも願っていると思います。 お時間割いてくださって本当にありがとうございます。 今後とも、宜しくお願いします

0
stereotype2085
作品へ
(2022-08-24)

三連目までは悪くない印象を持ちました。ですが四連目以降何かのデモに巻き込まれたかのようで、読んでいてどうしていいか分からなくなってしまいました。これは冗談めかして言うのですが、あくまで。この詩は新興宗教団体コンペイトウの旗印なのでしょうか。すみません。ここからはもっと真面目に書きます。おかしくなってきた世の中、それを変えるコンペイトウという要素を活かしたいのなら、もっとそこはかとなく描く手法はあったと思います。つくづくも四連目で急速に舵取りしてしまったのが惜しく感じられる作品でした。

1
ねねむ(横尾憲孝)
stereotype2085さんへ
(2022-08-24)

stereotype2085さん 拙作にお時間を割いてくださってありがとうございます。 そうですよね、第四連。何が急に起こったのか、と思っちゃいますよね。 コンペイトウ教の教祖様のお話が急に始まってしまいました。 教えていただいた第四連を何とかして、もうちょっとましな作品に推敲続けようと思います。 ご指導誠にありがとうございました。 今後とも何卒よろしくお願い申し上げます。

0
いすき
作品へ
(2022-08-25)

ねねむさんの文体の「こう思った」みたいなつくりはイメージを喚起する力がありますよね。 あー俺がそういうの読むのが好きだからかもしれませんが。 まえのね すみませんちょっとタイトル失念ですが、以前の作品で、 子供時代のことを書かれた作品でも同じように思ったのを覚えていますよね。 けいせいさんはそのことをおっしゃってるのかなー。 ねねむさんクラスの方がたとえば神の真実の愛というものを理解しても たぶんそれはよほど苦しまないと作品にならないと思う。 理由は普通の人間はあまりにも痛みを知らないから。

1
ねねむ(横尾憲孝)
いすきさんへ
(2022-08-25)

いすきさん 拙作にお時間を割いてくださってありがとうございます。 コンペイトウと綿あめと可愛らしいものをモチーフに描きましたが、仰るとおり私などが書くと上滑りしてしまいそうな大きな愛を書いてしまいました。 ちょっとおこがましかったと自分で思っております。 過分なご評価ただただ恐縮するばかりです。 今後とも、変わらぬご指導頂戴できれば幸いです。 何卒宜しくお願いします。 本当にありがとうございました?

0
ねねむ(横尾憲孝)
いすきさんへ
(2022-08-25)

最後の?は絵文字のクローバーがこうなってしまいました。 大変に失礼いたしました。 本当にありがとうございました!

0
エイクピア
作品へ
(2022-08-26)

ユニークな詩だと思いました。星が金平糖。泣いて居る地球を綿あめにしたい願望。世界が柔軟に詩化して行く前夜の様な雰囲気だと思いました。

1
いすき
ねねむ(横尾憲孝)さんへ
(2022-08-26)

ねねむさん 私ははてなマークでもクローバーでもどっちでもよいです。

1
湖湖
湖湖
作品へ
(2022-08-27)

美しいものを書くのは上滑りしないためには汚いものも混ぜたほうがいいのか、迫真力があれば許されるのか、絵本のように子供に楽園を与えるような理想の原風景のような甘い世界観のポエジーもありだとは思いますが、それを大人に読ませるのはテクニックが要るのかもしれないですね。どんな詩を書いても許されるとは思えど人の共感を手にしたければ時代的人間的普遍性と新しい切り口が問われるのかと思います。難しいですよね。個人的には甘ったるくてかわいいの、安らぎます。癒し系ですね、私は嫌いじゃないですよ。希死念慮は仕方ないかもしれないけど怨嗟や悪意を書く人も時々見受けられますので、それよりかなり優秀だと思います。

1
薄楽
薄楽
作品へ
(2022-08-27)

要は金平糖と綿飴の思想ですよね。甘いものがこの世にあってさあ、なぜか人間のほとんどが甘いものが好きなんですよ。甘いものが嫌いな民族とかあるのかなあ。プーチンだって、キムジョンだって、ヒットラーだって、金平糖や綿飴は嫌いなはずはないと思うんですが。金平糖があるなら、習近平ってお菓子があったって不思議はないし、甘いものを一切許さないなんて国家があったら、絶対革命がおきますよ、ほんと。いやいや、妄想はふくらみっぱなし。いいテーマだと思います。意表をつかれました。中毒になりそう。            貴方と違って、甘いものを妻にかなり制限されている極度の甘党より。

1
ねねむ(横尾憲孝)
エイクピアさんへ
(2022-08-27)

エイクスピアさん 拙作にコメントをありがとうございます。 素敵なコメントを頂戴し、読みふけってしまいました。 本当にありがとうございます。 雰囲気を楽しんでいただければと思います。 今後とも何卒よろしくお願い申し上げます!

0
ねねむ(横尾憲孝)
湖湖さんへ
(2022-08-27)

湖湖さん 拙作にお時間を割いてくださってありがとうございます。 考えさせられるコメントをありがとうございました。 どんな詩を書いても許されるとは思えど人の共感を手にしたければ時代的人間的普遍性と新しい切り口が問われるのかと思います。 とのことでご教授いただいたお言葉が特に心に残りました。 今後作品を書くにあたって意識したいと思います。 今後とも変わらぬご指導頂戴できれば幸甚です。 何卒よろしくお願い申し上げます

1
ねねむ(横尾憲孝)
薄楽さんへ
(2022-08-27)

薄楽さん 拙作にお時間を割いてくださって誠にありがとうございます。 なんか、私が言いたかったことを私よりぐさりとおっしゃってくださって嬉しかったです。 第四連はちょっと、政治的ニュアンスを意識してこういう口調にしてみたんですが、ちょっと唐突すぎました。 甘いもの幸せになりますよね。 私は酒を妻に制限されているので、いろんな意味で共感させていただきました。 コメント本当に嬉しかったです。 これからもよろしくお願い申し上げます。

0
たわし
作品へ
(2022-08-29)

発想が詩的だし何より作者のやさしさが伝わってきます。

1
ねねむ(横尾憲孝)
たわしさんへ
(2022-08-29)

たわしさん 拙作にお時間を割いてくださってありがとうございます。 お言葉にただただ恐縮するばかりです。 甘いものは人を幸せにしますね。 今後とも、宜しくお願いします。

0
カワセミ三太夫
カワセミ三太夫
作品へ
(2022-09-09)

素晴らしいです。素晴らしい。 もっと優しくなりたいです。

1
ねねむ(横尾憲孝)
カワセミ三太夫さんへ
(2022-09-09)

カワセミ三太夫さん 拙作にお時間を割いて考えて本当にありがとうございます もっと優しくなりたいと仰るカワセミ三太夫さんは本当にお優しい方なのだと思います。 優しさの連鎖が広がると良いなあと思います。 過分なご評価恐縮するばかりです 今後とも宜しくお願いします。 ありがとう御座いました。

0
エイクピア
作品へ
(2022-09-10)

金平糖と言うと私的には、テレビの影響で、当時甘いものが珍しかった時代に、食べて居た秀吉を思い出すのですが、当時は舶来ものだったのでしょうね。この詩は空想力が優しいと言うか、コンペイトウが宇宙よりの使者と言うのですか、何かおいしい話、地球が綿あめで出きているなんて、と絶望する人はまずいないでしょうから、空想に包まれて、それが詩を読む楽しみなのかもしれません。

0
ねねむ(横尾憲孝)
エイクピアさんへ
(2022-09-11)

エイクピアさん 拙作にお時間を割いてくださってまことにありがとうございます。 思い切って、振り切るくらい空想世界を作り出してやろうと思って書いた作品でした。 金平糖って舶来の秀吉のイメージ、確かにありますね。一作できそうなイメージです。 コメント本当にありがとうございます。 今後ともよろしくお願い申し上げます。

0
道草
道草
作品へ
(2022-09-18)

一言でわたしの感想を表すとすれば、これは甘い戯れ言です。 だけどこういう言葉も必要とされる時が人生にはきっとあると思います。 私はこの詩が嫌いじゃありません。

1
ねねむ(横尾憲孝)
道草さんへ
(2022-09-18)

道草さん 拙作にお時間を割いてくださってありがとうございます 甘い戯れ言かもしれないなあ、と改めて読み返しておりました。 嫌いではないと言ってくださったこと、人生にはこういう言葉も必要とされる時があるとのお言葉、大変に嬉しく拝読させていただきました。 誠にありがとう御座いました 今後とも何卒宜しくお願いします

0

B-REVIEWに参加しよう!

新規登録
ログイン

作品をSNSで紹介しよう→

投稿作品数: 1