モンシロチョウ - B-REVIEW
新規登録
ログイン
PICK UP - REVIEW

B-REViEWは終わった

詩を愛するすべての方へ

詩投稿サイトは終わったのか、そもそも始まっていたのか、ただひとつわかっているのは、作品をとおした交流が求められているということ——

沙一

良い

シンプルに好き

あっす

パパの日曜日

パパの日曜日

いい

明林

終着点

生きる、その先に死地はない!

美しくさわやか、そして深い意味が込められたシーン、均衡の取れた心情と思想、強い意志で最終連へと迫る引き締まった展開、我が胸にこの詩文を抱いて!

yasu.na

九月の終わりを生きる

呼び覚ます声

夏の名残の暑さが去ろうとする頃、九月の終わりになると必ずこの作品のことを思い出す。

afterglow

こっちにおいで

たれかある

たそがれに たれかある さくらのかおりがする

るる

時の名を考える

奇妙な味わい

時の名前、おもしろい発想です。黒髪ワールド炸裂です。

yamabito

声明 流木から

詩人の生きざま

言葉と詩に、導かれ救われ、時に誤りながらも、糧にしていく。 赤裸々に描写した生きざまは、素晴らしいとしか言いようがない。

羽田恭

喘息の少年の世界

酔おう。この言葉に。

正直意味は判然としない。 だが、じんわりあぶり出される情景は、良い! 言葉に酔おう!

羽田恭

魔法はある 犬ver

うまいと感じました(内容は15禁)

レスが少ない順から眺めていったんですが、埋もれてましたので掘り出しました。

yamabito

誰かがドアをノックしたから

久しぶりにビーレビ来たんだけどさ

この作品、私はとても良いと思うんだけど、まさかの無反応で勿体ない。文にスピードとパワーがある。押してくる感じが良いね。そしてコミカル。面白いってそうそう出来ないじゃん。この画面見てるおまえとか、そこんとこ足りないから読んどけ。

カオティクルConverge!!貴音さん

あなたへ

最高です^ ^ありがとうございます!

この詩は心に響きました。とても美しく清らかな作品ですね。素晴らしいと思いました。心から感謝申し上げます。これからも良い詩を書いて下さい。私も良い詩が書ける様に頑張りたいと思います。ありがとうございました。

きょこち❤️久遠恭子 アーティスト

これ大好き♡

読み込むと味が出ます。素晴らしいと思います。

きょこち❤️久遠恭子 アーティスト

初恋

輝き

海の中を照らしているのですね。素晴らしいと思います☆

きょこち❤️久遠恭子 アーティスト

アオゾラの約束

憧れ

こんなに良い詩を書いているのに、気付かなくてごめんね。北斗七星は君だよ。いつも見守ってくれてありがとう。

きょこち❤️久遠恭子 アーティスト

藤の花

紫の香り

少し歩くと川の音が大きくなる、からがこの作品の醍醐味かと思います。むせかえる藤の花の匂い。落ちた花や枝が足に絡みつく。素敵ですね。

きょこち❤️久遠恭子 アーティスト

冬の手紙

居場所をありがとう。

暖かくて、心から感謝申し上げます。 この詩は誰にでも開かれています。読んでいるあなたにも、ほら、あなたにも、 そうして、私自身にも。 素晴らしいと思います。 ありがとうございます。みんなに読んでもらいたいです。

きょこち❤️久遠恭子 アーティスト

犬のしっぽ

カッパは黄色いのだから

良く目立ちます。 尻尾だけ見えているという事ですが、カッパには手足を出す穴がありますよね。 フードは、普通は顔が見えなくなるのであまり被せません。 それを見て、僕はきっと嬉しかったのでしょう。健気な可愛い姿に。ありがとうございました。

きょこち❤️久遠恭子 アーティスト

あなたのために

永訣の詩

あなたが出発していく 光あれ

羽田恭

十月

あなたには「十月」が足りていますか?

もし、あなたが「今年は、十月が足りてない」と お感じでしたら、それは『十月の質』が原因です。 詩の中に身を置くことで『短時間で十分な十月』を得ることができます。この十月の主成分は、百パーセント自然由

るる

だれのせいですか

どんな身体でも

どんな自分であっても愛してくれるか、抱きしめてくれるか、生きてくれるか SNSできらきらした自分だけを見せてそんな見た目や上辺で物事を判断しやすいこんな世の中だからこそ響くものがありました。例えばの例も斬新でとても魅力的です。

sorano

死んだベテルギウス

衝撃を受けました

ベテルギウス。まずそれに注目する感性もですが、詩の内容が衝撃。 猫。木。家族。犬(のようなもの)。女の子……。など、身近にあふれている極めて馴染み深いものベテルギウスというスケールの大きいものと対比されているように感じられました。

二酸化窒素

七月の雨

ずっと待っていた

渇いた心を満たす雨に満たされていく

afterglow

桃太郎の神殿

幻想的な具体、具体的な幻想

時刻、刻々、刻むということは生きるということである。生きる、生まれる、死を予感する全ての事象が望む新たな幻想、書かれるべき詩、読まれるべき詩がここにある。

狂詩人

優しい人が好き

淡くうかびあがる差異のせつなさ

自分にとって「優しい人」と他者にとって「優しい人」は同じ「優しい人」だろうか。同じ言葉を使っていながら思いうかべるものは同じだといえるだろうか——

沙一

この作品は読んだことがありません。


作品を
別枠表示

モンシロチョウ    

地球が終わりの日 外ではモンシロチョウが飛んでいた 私の中ではすべてが終わり 平穏な終焉が訪れようとしていたのだ 何時如何なる場面でも脆く落下しそうな形態で モンシロチョウは飛んでいた  地球が終わりだというのに なんとも呑気に飛んでいる 夜には鈴虫が鳴き まだ星々はピカピカと光り続けているというのに 地球は終わるのだという きっとモンシロチョウは、全てが消え 空間だけになったとしても 何もないゼロの世界で ひらひらと時空の断片で舞い続けていくのだと思う

scroll


作成日時 2022-08-07
コメント日時 2022-09-12

モンシロチョウ ポイントセクション

作品データ

コメント数 : 20
P V 数 : 1316.6
お気に入り数: 1
投票数   : 5
ポイント数 : 4
#現代詩 #縦書き
項目全期間(2022/12/01現在)投稿後10日間
叙情性22
前衛性00
可読性22
エンタメ00
技巧00
音韻00
構成00
総合ポイント44
 平均値  中央値 
叙情性22
前衛性00
可読性22
 エンタメ00
技巧00
音韻00
構成00
総合44
閲覧指数:1316.6
2022/12/01 05時11分32秒現在
※ポイントを入れるにはログインが必要です
※自作品にはポイントを入れられません。

    作品に書かれた推薦文

モンシロチョウ コメントセクション

コメント数(20)
エイクピア
作品へ
(2022-08-07)

空想の中では、虚構の中では何度も地球が滅びた作品は多くて、或いは地球が滅びる事を前提とした、滅びるとまずいので、それを阻止しようとする作品は多いと思うのですが、この作品では、モンシロチョウが飛んで居る。何となくですが、萩原朔太郎の詩集宿命の「死なない蛸」を想起させるのですが、内容は全然違うのです。

0
yamabito
作品へ
(2022-08-07)

エイクピアさん、こんにちは。 自分でもふざけた作品ではないかと思っているのですが、潜在的な部分は何かあるのでしょうね。 感じて欲しかったのは、なにも無い空間でモンシロチョウだけが普通に飛んでいるという様でしょうか。お読みくださりありがとうございました。

0
藤 一紀
作品へ
(2022-08-07)

yamabitoさん、こんにちは。 《平穏な終焉が訪れようとしていた》というからには、「私」はその終わりを受け入れる準備ができていたのだろうと推測しますが、モンシロチョウの登場で再び外の世界に目を向けた時、「私」は世界が在ること、そこに生きてきたことをどこか不思議なこととして発見したのかもしれないですね。そうなると、在った世界が終わってしまうこと、生きていた「私」が消えてしまうこともどこか信じがたく感じるような気がします。それでも「私」が、 >きっとモンシロチョウは、全てが消え >空間だけになったとしても >何もないゼロの世界で >ひらひらと時空の断片で舞い続けていくのだと思う と思うかぎりは、モンシロチョウに終わっていく「私」の生を託して、旅立てるのかもしれず、絶対的な絶望でないところがよいですね。そんなに力強くなさそうなモンシロチョウにも味があります。 ついでにいうとアウシュビッツ収容所の壁には子どもが描いたらしい蝶の落書きがあった、という話があり、真偽は不明ですが僕はその話が好きです。

1
yamabito
作品へ
(2022-08-07)

藤さん、こんばんは。 本作は過去作なのですが、アルコールに頼って書き続けていた時期でもあったようです。現在は断酒三年になるのですが、なかなか飛躍した詩が書けないでいます。 最後の四行は、おっしゃるように、私だけが生き残りたいという思い込みから発せられた詩句なのかもしれませんね。 お読みくださり、ありがとうございました。

2
湖湖
湖湖
作品へ
(2022-08-07)

不幸な時、他者の喧騒や楽しそうな風情がモンシロチョウの記述のように感じられることがあります。地球最後の日にマニキュアを塗っている利己的な女が映画に出てきて、子供だった私の心に鮮烈に記憶に残りました。自己愛で乗り切る船というのもあり。蝶は魂の象徴とも言いますが、意識、や、時の象徴にも見えました。われ思うゆえにわれあり、ですね。諦観なのかな。

0
yamabito
作品へ
(2022-08-08)

湖湖さん、おはようございます。私の潜在的な部分に、映画ネバーエンディングストーリーのファンタージェン国の危機という絵があったのかもしれません。あらゆる虚無がすべてを食い尽くし、国までも破壊してしまうというアレですね。いわゆる一般的な映画のストーリーなどは、地球最後ではあるが可能性が残っているという話が多かったりします。ただ、私のは滅んでしまった後の世界観みたいな感じでしょうか。なぜこんな詩を書いたのか、世界は終わっても私の魂だけは浮遊しているというような希望論なのかもしれませんね。コメントありがとうございました。

0
てんま鱗子(揶白)
作品へ
(2022-08-08)

色んなものをすっかり洗ってしまいたかった、くり貫いた蝶に繊細な脈がありやっぱり凄いなと思いました。

0
yamabito
作品へ
(2022-08-09)

 てんま鱗子(揶白)さん、おはよございます。 文章で他者に、ものを伝えるのは色んな要素がないと難しいのだと思います。一つは技巧だったりしますが、私個人的にはそういうものは持ち合わせていないと思っています。言ってみればそれは唯一無二の感性かと思うのですが、なかなか難しいですね。  今回は、そういう、感性的な部分で書いたものを投稿しようかなと思った次第です。コメントありがとうございました。

0
アポロン
アポロン
作品へ
(2022-08-09)

巨大な地球の崩壊というイベントと、モンシロチョウという小さなものが見事な美しい対比で表現されていますね!

0
yamabito
作品へ
(2022-08-10)

 アポロンさん、おはようございます。  私はシンプルな詩を書きたいと思う詩書きです。その上で、この作品は実にシンプルなものなのですが、アポロンさんはうまく一つの絵として御批評くださり、とても嬉しく思います。 お読みくださり、ありがとうございました。

0
自由美学
自由美学
作品へ
(2022-08-19)

国際宇宙ステーションを想像しました。暗い真空空間に白々と浮かびあがる羽根とか。 最後の日こそ穏やかに迎えたい

0
yamabito
作品へ
(2022-08-20)

自由美学さん、おはようございます。 イメージを提供出来たようで良かったです。 誰にも訪れる最後の日、おだやかであることを祈りたいです。 レスポンス、ありがとうございました。

0
薄楽
薄楽
作品へ
(2022-08-20)

モンシロチョウをこんなふうに描くんだと思い、感心しました。半無重力のあの感じ。地球がなくなっても大丈夫そうです。✌︎

0
たろいも
たろいも
作品へ
(2022-08-20)

モンシロチョウの自由さがすごく自由に表されていて素敵です

0
yamabito
作品へ
(2022-08-21)

薄楽さん、こんにちは。はじめまして。 弱々しい飛び方なのですが、どこか、何かを達観しているような気がしています。 お読みくださり、ありがとうございました。

0
yamabito
作品へ
(2022-08-21)

たろいもさん、はじめまして。こんにちは。 そうですね、自在にふわふわ飛んでいる様はいかにもフリーダムな感じですよね。 お読みくださり、ありがとうございました。

0
stereotype2085
作品へ
(2022-08-24)

地球最後の日。僕もとても興味をそそられるモチーフで何度か使っています。この詩ではモンシロチョウが中心に据えられていますが、モンシロチョウの不変に、淡々と地球が何も変わらずに終わっていくという印象が投影されていて、とても良いです。僕好みでもあります。地球の終わり、僕あるいは僕という何がしかの存在は何をしているんでしょう。変わらず淡々としているんでしょうね。そんな気分になる詩でした。花丸です!

0
yamabito
作品へ
(2022-08-25)

 stereotype2085さん、おはようございます。 最近何かをしていて、やたら焦ってるなぁ~と思うことがしばしばあります。意味もなくです。なのでそういう時には淡々と事を進めていく。ということを意識するようにしているのですが、そんな時には、このモンシロチョウを意識しているのかもしれませんね。 お読みくださり、また、御評価もしていただいたようでうれしい限りです、ありがとうございました。

0
エイクピア
作品へ
(2022-09-10)

この詩では滅びの予感では無くて、はっきりと地球の終りの日と言明されています。モンシロチョウの現在と滅んだあとの予想が記されています。「空間だけ」「時空の断片」と言う表現が印象的で、この詩のツボを成していると思いました。

0
yamabito
作品へ
(2022-09-12)

エイクピアさん、おはようございます。 ひとつの詩句が織り成す妙というものは存在するものだと思いますが、それがエイクピアさんのツボになってくれたようでうれしく思います。ありがとうございました。

0

B-REVIEWに参加しよう!

新規登録
ログイン

作品をSNSで紹介しよう→

投稿作品数: 2