正直な木こりと泉の女神についての考察 - B-REVIEW
新規登録
ログイン
PICK UP - REVIEW

B-REViEWは終わった

詩を愛するすべての方へ

詩投稿サイトは終わったのか、そもそも始まっていたのか、ただひとつわかっているのは、作品をとおした交流が求められているということ——

沙一

良い

シンプルに好き

あっす

パパの日曜日

パパの日曜日

いい

明林

終着点

生きる、その先に死地はない!

美しくさわやか、そして深い意味が込められたシーン、均衡の取れた心情と思想、強い意志で最終連へと迫る引き締まった展開、我が胸にこの詩文を抱いて!

yasu.na

九月の終わりを生きる

呼び覚ます声

夏の名残の暑さが去ろうとする頃、九月の終わりになると必ずこの作品のことを思い出す。

afterglow

こっちにおいで

たれかある

たそがれに たれかある さくらのかおりがする

るる

時の名を考える

奇妙な味わい

時の名前、おもしろい発想です。黒髪ワールド炸裂です。

yamabito

声明 流木から

詩人の生きざま

言葉と詩に、導かれ救われ、時に誤りながらも、糧にしていく。 赤裸々に描写した生きざまは、素晴らしいとしか言いようがない。

羽田恭

喘息の少年の世界

酔おう。この言葉に。

正直意味は判然としない。 だが、じんわりあぶり出される情景は、良い! 言葉に酔おう!

羽田恭

魔法はある 犬ver

うまいと感じました(内容は15禁)

レスが少ない順から眺めていったんですが、埋もれてましたので掘り出しました。

yamabito

誰かがドアをノックしたから

久しぶりにビーレビ来たんだけどさ

この作品、私はとても良いと思うんだけど、まさかの無反応で勿体ない。文にスピードとパワーがある。押してくる感じが良いね。そしてコミカル。面白いってそうそう出来ないじゃん。この画面見てるおまえとか、そこんとこ足りないから読んどけ。

カオティクルConverge!!貴音さん

あなたへ

最高です^ ^ありがとうございます!

この詩は心に響きました。とても美しく清らかな作品ですね。素晴らしいと思いました。心から感謝申し上げます。これからも良い詩を書いて下さい。私も良い詩が書ける様に頑張りたいと思います。ありがとうございました。

きょこち❤️久遠恭子 アーティスト

これ大好き♡

読み込むと味が出ます。素晴らしいと思います。

きょこち❤️久遠恭子 アーティスト

初恋

輝き

海の中を照らしているのですね。素晴らしいと思います☆

きょこち❤️久遠恭子 アーティスト

アオゾラの約束

憧れ

こんなに良い詩を書いているのに、気付かなくてごめんね。北斗七星は君だよ。いつも見守ってくれてありがとう。

きょこち❤️久遠恭子 アーティスト

藤の花

紫の香り

少し歩くと川の音が大きくなる、からがこの作品の醍醐味かと思います。むせかえる藤の花の匂い。落ちた花や枝が足に絡みつく。素敵ですね。

きょこち❤️久遠恭子 アーティスト

冬の手紙

居場所をありがとう。

暖かくて、心から感謝申し上げます。 この詩は誰にでも開かれています。読んでいるあなたにも、ほら、あなたにも、 そうして、私自身にも。 素晴らしいと思います。 ありがとうございます。みんなに読んでもらいたいです。

きょこち❤️久遠恭子 アーティスト

犬のしっぽ

カッパは黄色いのだから

良く目立ちます。 尻尾だけ見えているという事ですが、カッパには手足を出す穴がありますよね。 フードは、普通は顔が見えなくなるのであまり被せません。 それを見て、僕はきっと嬉しかったのでしょう。健気な可愛い姿に。ありがとうございました。

きょこち❤️久遠恭子 アーティスト

あなたのために

永訣の詩

あなたが出発していく 光あれ

羽田恭

十月

あなたには「十月」が足りていますか?

もし、あなたが「今年は、十月が足りてない」と お感じでしたら、それは『十月の質』が原因です。 詩の中に身を置くことで『短時間で十分な十月』を得ることができます。この十月の主成分は、百パーセント自然由

るる

だれのせいですか

どんな身体でも

どんな自分であっても愛してくれるか、抱きしめてくれるか、生きてくれるか SNSできらきらした自分だけを見せてそんな見た目や上辺で物事を判断しやすいこんな世の中だからこそ響くものがありました。例えばの例も斬新でとても魅力的です。

sorano

死んだベテルギウス

衝撃を受けました

ベテルギウス。まずそれに注目する感性もですが、詩の内容が衝撃。 猫。木。家族。犬(のようなもの)。女の子……。など、身近にあふれている極めて馴染み深いものベテルギウスというスケールの大きいものと対比されているように感じられました。

二酸化窒素

七月の雨

ずっと待っていた

渇いた心を満たす雨に満たされていく

afterglow

桃太郎の神殿

幻想的な具体、具体的な幻想

時刻、刻々、刻むということは生きるということである。生きる、生まれる、死を予感する全ての事象が望む新たな幻想、書かれるべき詩、読まれるべき詩がここにある。

狂詩人

優しい人が好き

淡くうかびあがる差異のせつなさ

自分にとって「優しい人」と他者にとって「優しい人」は同じ「優しい人」だろうか。同じ言葉を使っていながら思いうかべるものは同じだといえるだろうか——

沙一

この作品は読んだことがありません。


作品を
別枠表示

正直な木こりと泉の女神についての考察    

泉から女神が現れて 「あなたが落としたのはこの腰から上半分の女ですか?それともこちらの下半分の女ですか?」 と正直で勤勉な木こりの僕に質問するのだとしたら、僕は迷わず下半分を選ぶな。 もちろん、両方ともちゃんと生きてて、僕の好みの可愛い女なのだとしてだけど。 それが間違いなく僕の欲しい方だ、という自信がある。 しかしそうは言っても、それではやはり野蛮な男ということになるのではないか、とも思う。 木こり小屋に連れて帰ってテーブルとかに置いておくとき、下半身だけというのは、政治的にどうなのか。 人間らしさというなら対話というのは大事だし、歌声というのも女の要素として魅力的なので、頭部のついてる方を選ぶのがエレガントな選択なのではあるまいか。 とも思う。 しかし僕が上半分を選ぶことによって、下半分は泉の底の泥に沈むのだとすれば、なんだか勿体無い気もするし、それはそれで女自身にとってもどうなのだろうか。 そもそもこれは試練ではなく、正直な生活へのご褒美なのだ。女神様だって俺が女を半分だけ泉に落としたなんて思ってはいないだろう。殺して二つに切り、泉に捨てるなら両方捨てるだろう。片方だけを泉に捨てたのなら、いらない方を捨てたのだと女神様も思うだろうから、たとえ俺がこの女を殺したことを忘れているとしても、女神様にこうは訊かれない。それに俺はこの女の上半分も下半分も好きだ。殺したり2つに切断したりはしないだろう。 ここはやはり、女神様からご褒美を貰うのだと考えて、貰って嬉しい方を正直に答えるべきだ。 僕が泉に落としたのはどちらでもありません。あなたです。 あなたをください。 とか答えたら無礼者!とか言われて殺されるかな。殺されるよなきっと。ゴーッ!と焼かれて僕なんぞ塵も残るまい。 案外ポッと頬を染めて、私でいいのですか?なんて言ったり。 しないよなー! するわけないんだけど、じゃあどうするって事だけど、よく考えると長く一緒に暮らすなら、上半分の方を貰うほうが楽しいかも知れないような気がしてきたな。 でもなー、下半分と暮らしてみるのもそれはそれで悪くないような気もするし。花なんか飾ってみたりとかしたいよね。 アンケート調査したら、たぶん意見はわかれると思うな。 人魚を捕まえて水槽に飼って暮らしてみたいと思う男なら上半分だろうな。 でもアンデルセンの人魚姫は声を売って下半身を買うよね。 それが恋ってものなんだと、アンデルセンは思ったんだろうし、僕もそんな気がするな。 やっぱ下半分かな。


作成日時 2022-08-03
コメント日時 2022-08-06

正直な木こりと泉の女神についての考察 ポイントセクション

作品データ

コメント数 : 9
P V 数 : 603.3
お気に入り数: 3
投票数   : 3
ポイント数 : 5
項目全期間(2022/12/01現在)投稿後10日間
叙情性00
前衛性11
可読性11
エンタメ22
技巧11
音韻00
構成00
総合ポイント55
 平均値  中央値 
叙情性00
前衛性11
可読性11
 エンタメ22
技巧11
音韻00
構成00
総合55
閲覧指数:603.3
2022/12/01 06時45分44秒現在
※ポイントを入れるにはログインが必要です
※自作品にはポイントを入れられません。

    作品に書かれた推薦文

正直な木こりと泉の女神についての考察 コメントセクション

コメント数(9)
室町礼
室町礼
作品へ
(2022-08-03)

詩人なら下半身を選ぶのが筋じゃないでしょうか。 この散文がしめすものは私的な解釈としては「詩とはなにか」という問題としても扱えるような気がします。 あるいは想像力とはなにか。詩的想像力と他の分野の想像力との違いとは。そういうことを理解するための 一助になるのではないかと思いました。 とはいってもこの散文の趣意がわたしにはわかっているわけではありません。 あくまでも私的な解釈です。 たとえば下半身だけの彫刻をみたことがあるでしょうか。わたしは今のところありません。 しかし映画などでは車から降りるシーンに足だけ映す効果が頻繁に取り入れられている。 ワンパタの技術なのになぜかこの手法は観客に飽きられることがない。不滅の映画的レトリックです。 なぜかというと、足から上の人物は果たし何者か!? という想像力を観客にかきたてるからです。 最初から全身バーンと出ては面白くもなんともない。でも、映像とはそういうものです。 最初からバーンと材料が全部提供される。それが映画です。 想像力をかきたてるのではなく現物を押し付けられる。それが映像表現の一番前列にあるものです。 でも映画芸術のなかではこの、足だけみせる手法だけは詩や文芸の分野に属するレトリックだと いえるのではないでしょうか。観客の想像力が映像表現に参加している。だから飽きがこない。 一度、筒井康隆という小説家が書いた、マンガをみたことがあります。ご先祖が筒井順慶だというので その筒井順慶の関ケ原の戦いを描いたマンガだったのですが、 このマンガの主人公が最初から最後まで背中しかみせない。とうとう最後まで背中です。でも、非常に なんというか面白かった。その向こう側に顔があるのですが、それをおそらくわたしは無意識に想像している。 言語芸術の世界と同じく読者も創造に参加している。そういう面白さ。 つまり言語というのは不完全で穴だらけだからむしろそれが読者を夢中にさせるのです。 下半身だけの彼女とはそういうものじゃないでしょうか。長文失礼いたしました。

3
るる
作品へ
(2022-08-03)

『でもアンデルセンの人魚姫は声を売って下半身を買うよね。』 ↑ ここ、衝撃です。たしかに! 私は上半身が魚で 下半身が人の人魚の話を詩として書いたことがあったのですが、 そのときは、私の書き方のセンスのせいか 閲覧者の評判が良くなかったです。そのとき、 上半身が魚で 下半身が人だと、受け入れられないということかなあ。と、ばんやり考えたりもしたものです。ディズニーのせいで、人魚が人間の足に憧れるのは 歩いたりなど なんやかやと人らしい暮らしができるというイメージがわりと普通にある気がします。 でも蛾兆さんは、さすが! 大人の発想。深いですね。

2
かずや
かずや
作品へ
(2022-08-03)

面白かったです。 「下半分」のゴール感。 それで全てが上手く行くと思っていたのに、そこからまた新たな試練が始まるという事実。 いずれにせよ苦しいならば、女神様への求愛が案外正解なのかもしれません。

1
蛾兆ボルカ
室町礼さんへ
(2022-08-03)

ご批評ありがとうございます。 私は詩人なら○○すべし式の文には警戒してしまう質なのですが、このご考察は、そんな私もしてやられるほど面白いですね。 なるほどです。

0
蛾兆ボルカ
るるさんへ
(2022-08-03)

それはもしかしたら、魚の上半身と魚の下半身、恋人だったらどちらが嫌か?ということを考えしまうのかも。 ポニョとかも魚の顔されると、ちょっと怖いですから。 人魚姫は王子様攻略については、死んでもいいぐらいに本気ですからね。研究したんでしょうな。

0
蛾兆ボルカ
かずやさんへ
(2022-08-03)

この女神様、こんな質問してくるなんて、だいぶめんどくさい女神様かも知れませんが、僕は好みかも。 でもそれやると、殺されそうな気がするなぁ。 室町氏に乗っかると、ここで女神様を選ぶのは、詩を書くのをやめてメタに走るみたいなことと似てるのかも知れません。

0
藤 一紀
作品へ
(2022-08-06)

蛾兆さん、こんにちは。結論から言って、語り手さんはもう燃やされてもいいから女神様に告白して下さい。笑 まあ、それは半分冗談ですが、蛾兆さんの作品には時々仮定法が見られて、それがすんなり語りに入りやすくしているように思うのですが、この作品はいきなり場面に入って、そのまま語られる展開に引きこまれてしまいました。まったく油断も隙もありゃしないって感じです。まあ、そういうふうにすーっと読み手を入り込ませて読ませる手腕は見事です。 僕の読んだかぎりだと、それが的外れでなければですが、書かれていない語り手の設定がしっかりしているなと思いました。そこでは当然ながらイソップ寓話の「金の斧」が重なるのだけど、「正直な木こり」の正直さがそれぞれの語りのなかで示されていたと思います。このへんはめちゃめちゃ長く下手な説明をすることになるので省きます。 アンデルセンの人魚姫(上半分、下半分別々の女の代表格)ですが、彼女は足を得る代わりに声を失いますが、心から思う人の前に立てば言葉にならないどころか声もでないということもあるかもしれません。そうであれば思う人の前に立てるなら声などなくてもかまわないという心情は十分にありえます。またその足は歩くたびに痛みますが、それも思う人と同じ世界に生きて、恋することの痛みであり、やはり下半分なしでは得られないものであったと思います。なので、「下半分かな。」に落ち着くのは結局正直なんだなと思います。 あー、だけど泉の女神様はどの語り手からも距離をおかれていて、そりゃまあそういう侵しがたい存在ではあるのだけど、ちょっと不憫な気もするのでやっぱりマジ告白して燃やされてほしい。 と、だらだら書きましたが、いろいろ考えさせられることを含む作品でありながら、楽しく読めたのはつくりのよさと語り口のうまさですね、ということであります。ありがとうございました。

1
蛾兆ボルカ
藤 一紀さんへ
(2022-08-06)

ご批評ありがとうございます。 わかります。 この女神様だけなんですよね。木こりの美質を認めて、褒美を取らそうと思ったのは。しかも上から目線の押し付けの褒美ではありません。世の倫理も女神の誇りも関係なく、木こりが本心から欲しいものを上げようというのです。 ジョンのために女を選んであげた、オノ・ヨーコみたいかも知れません。 つまり、そりゃあジョンはヨーコを選ぶよ。ジョンだからそれができます。普通の男は燃やされちゃうから迷うよw

1
エイクピア
作品へ
(2022-09-10)

ユーモラスな詩ですね。最後らへんでアンデルセンの童話が引用されて居てふむふむと思いました。最初は日本民話の再話のパロディーだと思ったのですが。「あなた」は泉から出て来た女神なのですが、殺されると言う恐れは去勢恐怖なのかもしれません。フロイトを思い出したりしました。

1

B-REVIEWに参加しよう!

新規登録
ログイン

作品をSNSで紹介しよう→

投稿作品数: 1