未だ現代詩に殺されなかった女の子達へ 詩なんてとっくの昔に読むのやめた読んでも意味がない - B-REVIEW
新規登録
ログイン
PICK UP - REVIEW

あなたのために

永訣の詩

あなたが出発していく 光あれ

羽田恭

無題

ゼンメツ

伝説

三浦果実

十月

あなたには「十月」が足りていますか?

もし、あなたが「今年は、十月が足りてない」と お感じでしたら、それは『十月の質』が原因です。 詩の中に身を置くことで『短時間で十分な十月』を得ることができます。この十月の主成分は、百パーセント自然由

真清水るる

だれのせいですか

どんな身体でも

どんな自分であっても愛してくれるか、抱きしめてくれるか、生きてくれるか SNSできらきらした自分だけを見せてそんな見た目や上辺で物事を判断しやすいこんな世の中だからこそ響くものがありました。例えばの例も斬新でとても魅力的です。

sorano

死んだベテルギウス

衝撃を受けました

ベテルギウス。まずそれに注目する感性もですが、詩の内容が衝撃。 猫。木。家族。犬(のようなもの)。女の子……。など、身近にあふれている極めて馴染み深いものベテルギウスというスケールの大きいものと対比されているように感じられました。

二酸化窒素

七月の雨

ずっと待っていた

渇いた心を満たす雨に満たされていく

afterglow

桃太郎の神殿

幻想的な具体、具体的な幻想

時刻、刻々、刻むということは生きるということである。生きる、生まれる、死を予感する全ての事象が望む新たな幻想、書かれるべき詩、読まれるべき詩がここにある。

狂詩人

優しい人が好き

淡くうかびあがる差異のせつなさ

自分にとって「優しい人」と他者にとって「優しい人」は同じ「優しい人」だろうか。同じ言葉を使っていながら思いうかべるものは同じだといえるだろうか——

沙一

死ね、ニュートン

こいつはいい

こいつはいいよ。文体とイメージは翻訳ランボーの剽窃だが詩の勢いはホンモノ。

豆大福の日

ひとつ私に くださいな。

仮に、お伽噺のような平和があるとしても 敵は、存在するする。人には 雉、猿、そして犬のようなタイプの人のように個性が色々であっても、共通する敵が いる。敵に勝つために、もっとも大事なことは、共通する喜びに きがつくこと

真清水るる

ひらいて、とがって

ひらひらとひらかれひかれて

ひざこぞう、に出逢ってください。そして手をのばして作品の言葉にためすすがめつ、触れてほしい。

ほば

薬売り

胡散臭さがたまらない

怪しいものや不思議なものが好きな方におすすめしたい、世にも奇妙な掌編——

沙一

書かざる言わざる、雄弁に水銀を

黙って笑ってろ、沈黙は金

これを見ているあなた、恥ずかしくはないんですか? 答えられないのですか。 なんでですか。 理由があるという訳でもないのですか? ああ、そうか。 全部、冗談だというのですね。

鳴海幸子

夏は夜。月のころはさらなり

田舎の夜道は暗くとも、恋は華やかで明るい——

沙一

あなたとどんぐりとハナミズ……

悪意のないホローポイント弾

ここには○○の残酷さが描かれている。 ○○が何なのかは、読めばわかる… …かもしれないし、わからないかもしれない。 感じ方は「人それぞれ」だから。

R

祖父の痕跡

黙想を貫いた彼が最後にみたものは…

祖父の遺物が並んだ「私」だけの世界… 彼の深層に踏み込むべく「私」は宝物箱に触れてしまうのか…祖父とは一体何なのか…

つつみ

直列つなぎ-うんこ!!(……

青春の現代詩

青春はいつも、エロくて汗臭い。そして切ないけど優しいところもあり、美しい瞬間もあるけど、昆虫たちも僕らも命を捨てて夫婦になることを受け入れる。それが生きるということだから。個人的には、僕は飯田華子さんの紙芝居を観に行きたい。

蛾兆ボルカ

ちがう星

ピッチャーとキャッチャーみたいだね

それから時々 おなじ星

三浦果実

いつまでもあいさつをしてゆ……

伝説の流行語はここから始まった

「かきかきたぶんしない」は伝説になった。わからない人には永遠にミューズは来ない。

三浦果実

粘土

こんにゃろっというやり場のない怒れる者よ

ほの暗い系男子がたどり着いた極北のモノローグがきみにはわかるまい

三浦果実

菊の花

2020年10月の裏番長/裏大賞

これの良さがわかるまで詩を書くんじゃない

三浦果実

死んだベテルギウス

地球は退屈な諦念に埋め尽くされてる

重力に支配された地球人にはわかるまい

三浦果実

風吹き抜ける青

残酷なロマンティズムがきみにはわかるまい

そのまま生き地獄で野垂れ死にするといいという孤高の美

三浦果実

ぢんせぃ

その喪失感は夢かうつつか

ネットとリアルがボーダーレスな、デジタルネイティブ世代の感性──

沙一

潮風

潮の香りにのまれるように

不思議な気配が手招きをしている

ほば

この作品は読んだことがありません。


作品を
別枠表示

未だ現代詩に殺されなかった女の子達へ 詩なんてとっくの昔に読むのやめた読んでも意味がない    

この失語、 私が通らなければならない、 透明な、地層へ、 宮沢賢治がヒップホップを始めた日、 3018年の坑道で拾う韻と、 鉱石、 水晶、 ダイヤモンド、 マカライト、 カルセドニー、 妹の死が、 鉱物として、採取されていく、 事への、手つきが、 鉱脈を、辿る、 足取りと、また、 それを照らす、 (仮定された有機交流電燈の  ひとつの青い照明) 僕が、書いている、散文詩的な小説の中で 賢治は、詩人原子力発電所の炉の中で、未だ 青く燃えている存在として登場する予定だ 彼は鉱物採取に魅入られた童貞少年として 一生、核融合の中心として人々の家を 青く照らすエネルギーを生み出すのだ 青くあるということ、 それについて考えている、 青春と死の、共通点は、 青い事である、と、 頭の中で、田中さんが言う、 田中さんは、三年前、僕の頭の中で 八百屋「田中」を始めた バツイチ、借金2000万円、 どうしようもない人生であるが、 それでも俺はやめられないんだわ、 といって、毎週のソープ通いを辞めない 昔、風俗店で黒服をやっていた時に、 可愛がってくれて、良く仕事終わりに 飯に連れて行ってもらい、一緒にマリカーをやった 先輩の名前も「田中」さんだった あるとき、皆で、仕事明けに夜通しやってる居酒屋で 飲んだ。その席で、田中さんが突然、酔った勢いで 「俺は上から下まで、〇〇会だよ」と言ったのを今でも覚えている またある時は、 店に出勤すると知らない男性が働いていた ああ、今日から少しの間働いてもらうから、 と、店長が言い、同僚が、その人に 「どこに住んでおられるんですか?」と聞いたら、 「色々、新宿、京都かな」、と。 後で、先輩に、 「あの人、うちの社長が、〇〇〇から頼まれて一時的に入れてるだけだから  あんまりかかわるな。カタギじゃなく本物だから」と言われた。 ニコニコ笑顔で積極しているその男性、そしてまた、突然いなくなった。 人がいなくなるのが当たり前の世界だった。 男も女も。 お正月まで出勤してくる女の子。 そしてその女の子のために、丸一日貸し切りで入りおせちを持ってくる男性。 その女の子が風俗をやる理由。 鞄がほしいから。ひたすらブランドものバッグを買いあさる彼女。 先輩が言っていた。あの子、昔、ほしいバッグが買えなかったんだって。どうしてもほしくて 風俗やって買って、それ以来、とにかくバッグばかり買ってるって。 お客からは「なんでもさせてくれる子、そしてなんでもしてくれる子」で有名だった。 その子も突然いなくなった。 ホストが、カモにする女の子、または、すでに自分の客である女の子に魔法をかけるために 時々、店にやってくる。滅茶苦茶可愛くて、何をやっても許されるような子が、ホストに嵌って おっさんたちのちんこを舐めている。 首に数えきれないほどの携帯をかけてやってくる男性 週一でやってくる初老の男性は、毎回領収証を切ってくれと、経費で落とすんだろう どうみても女性の名前のカード恐らく母親のカードで毎回支払する中年男性 普段はOLで、違う場所にするんでいるが家族との思いでのアパートを借り続けるために週末だけ風俗で働いてる女の子 円形脱毛症がひどく普段はカツラで、さらに整形もして家族から逃げ続けている女の子 僕は、若い頃、 風俗店でアルバイトをしながら、 現代詩を読んで、 書いていた、 現代思想や、 社会学などの、 本も読んでいた、 映画は、ヌーベルヴァーグを見たり、 音楽は、前衛から現代音楽まで、 あらゆる音楽を聴いていた、 これらは一切、 風俗店で客と女の子の間で交わされる話とは 関係なかった、 これからも関係ないだろう、 あの子達や、 あの客には、 現代詩や、 現代思想、 前衛や、 文学なんて、 一切、必要ないだろう、 排水溝に、 流れていく、髪に、 壁についた、ローション、 コンドームが、 包まれた、ティッシュに、 髪に、精子がついて、最悪だ、 という、女の子、 突然、裸のまま過呼吸になって、 泣きわめいていたあの子、 マネージャーと店の金をもって 飛んだあの子、も、 皆、まだ生きているだろう 未だ現代詩に殺されなかった女の子達へ ポエムやネット詩に殺されなかった 女の子達へ、 ちゃんと、描かれずに生きているね、 ちゃんと、描かれなくてよかったね、 描かれると、殺されちゃうからね、 方言として、 降る雪が、椀に盛られ、 妹の死が、降り積もっていく、 それでも、明るい、 戦後詩と、膣の関係、 ネット詩と、ちんちんの関係、 現代詩と、乳房、 皆、大好きな、ポエムと、 メンヘラの関係、 メンヘラがジャミラだったら、 メンヘラが、戦後詩だったら 宝石と、装飾品が、底流し 溶岩のように、髪が纏められていく、 私は走る、この、感情の、 先が、現代詩であっても、 壁は薄く、 漏れ出る、声の、 中に、人が、 留め、置かれ、 出ていった、後の、 部屋で、鉱石を拾う、 精液の、匂いと、 水晶、 シャンプーの、香り、 と、アメジスト、 汗のにおいと、 瑠璃、 排水溝の周りには、 金剛石が、 群生し、 人の、居た、後が、 固まったまま、 とめておかれている、 坑道を抜ける、 外は明るい、 人の、明るさだ、 青く、光る、 照明の中で、 数分から、 数時間、しか、 生きられない、 者達へ、 私は、今、 現代詩を、やっている、 君たちを、やっつけるために、 読者を皆殺しにするために、 ポエムを皆殺しにするために、 ネット詩を皆殺しにするために、 メルトダウン、する、 詩人原子力発電所、 現代詩ではなかった、 女の子達が、駆けていく、 透明な、地層から、 また、この、失語へ、 私が通ってきた、 現代詩を抜けて、 貴方達に、会いに来た、 土日、 月頭に、 投稿される、 お前が、まとめて、 死んでしまえ、 鉱脈を辿り、 舌の、裏に、 隠した、 トパーズ、 鉱物たちが、 群生する、 場所から、 とどめおかれて、 青く、薄い、 照明の下で、 息を潜めて、 私達を、 じっと眺めている、ものへ、 私は、現代詩に、 会いに行く、 女の子達を引き連れて、 貴方達を、踏みつぶして、 ポエムボカン!  

scroll


作成日時 2021-08-08
コメント日時 2021-08-15

未だ現代詩に殺されなかった女の子達へ 詩なんてとっくの昔に読むのやめた読んでも意味がない ポイントセクション

作品データ

コメント数 : 11
P V 数 : 1647.2
お気に入り数: 6
投票数   : 4
ポイント数 : 56
#現代詩 #縦書き
項目全期間(2021/12/02現在)投稿後10日間
叙情性11
前衛性4646
可読性22
エンタメ11
技巧33
音韻11
構成22
総合ポイント5656
 平均値  中央値 
叙情性0.30
前衛性15.30
可読性0.71
 エンタメ0.30
技巧11
音韻0.30
構成0.71
総合18.76
閲覧指数:1647.2
2021/12/02 08時55分41秒現在
※ポイントを入れるにはログインが必要です
※自作品にはポイントを入れられません。

    作品に書かれた推薦文

未だ現代詩に殺されなかった女の子達へ 詩なんてとっくの昔に読むのやめた読んでも意味がない コメントセクション

コメント数(11)
ネン
作品へ
(2021-08-09)

風俗と鉱物には何の関係があるのか、凄く似通ったものを感じます。サフィレットが欲しくなりました。マラカイトではなくマカライト、ポエムボカン!がなければコメントしませんでしたが、綺麗だったので暫く眺めていたことを付記しておきます。

0
cold fish
cold fish
ネンさんへ
(2021-08-09)

詩を書くなら当たり前のことを当たり前のように書いても仕方がないなかといつも思っている。風俗と鉱物と宮沢賢治を接続していくことを強引な力業でやってみました。ほかの誰もがしないようなあり方をできたらいいなと思っていますよ。そうやって全員ぶっ潰そうかと思ってる。

0
ネン
cold fishさんへ
(2021-08-09)

女の子に向けて書かれたようなので、でも、 女の子にしか読ませないとは違うかな…。 と、ためらいつつコメントさせて貰いました。 描かれて殺される女の子は可哀想だな、とか。 消えていったいろんな人々に、 読んでいた言葉が一つも繋がることがなかったのも、 やっぱり殺されてしまうからなんだろうな、とか。 現実の生々しさが迫ってきて、生き返るような心地がします。 頑張ってください。

0
YUMENOKENZI
作品へ
(2021-08-09)

cold fish様 はじめまして。 この詩、ほかの投稿された作品やコメント文を何度も読みました。  こちらのサイトには、美しい星のような詩が無数にある中、あなたの詩、あなたそのものが、金星みたいに光って見えたので、この詩が投稿されてうれしかったです! 未来が3018年にさしかかった時、宮沢賢治は、ヒップホップを始めてるんですね! じゃあ、って、言葉をラップで読んでくと、青い光が見えた... 未来から過去、そして現在までが、古い映画をコマ送りしたみたいな速さで駆けて、同時に中の主人公も駆け抜けて来た! それは無声映画じゃなく... 中にあった言葉は、きっと耳がなければ聞こえない。 聞こえるような耳を持ちたいと強く思った。 With respect for the light of you

0
cold fish
cold fish
YUMENOKENZIさんへ
(2021-08-10)

この三千世界に俺はよだかの星として輝いているだろう!

1
エイクピア
作品へ
(2021-08-10)

当然春と修羅を思い出すのですが、3018年、これは西暦でしょうか。未来の宮沢賢治、高橋源一郎の小説見たい感じがしました。

0
まさ
まさ
作品へ
(2021-08-11)

普段はこの系統の作品を苦手に思うのですが、 なぜだかわかりませんが、今日は面白く感じました。 もしかしたら今日だけの気持ちかもしれないので、 せっかくだからコメントしとこうと思いました。 よくこれだけの言葉の数珠繋ぎのようなことができるなあと、 感心します。 最後のポエムボカン!がかわいくて好きです。

0
yamabito
作品へ
(2021-08-11)

自分は、まん中にサンドされた散文が印象的でした。一見ラフな部分に見えますが、これがあることで強い作品になってる気がします。

0
cold fish
cold fish
エイクピアさんへ
(2021-08-15)

そうだね。 俺は高橋源一郎の「さようなら、ギャングたち」を現代詩として出せなかった時点で詩の世界は終わった、と思ってる人間だからね。あと、初期の抒情的な作風から、崩壊していく松本圭二をどうやって倒そうかと思ってるね。彼の姿こそ、まさに、今、詩を書く人間にあり方であり、この時代で詩を書いたからこそ彼はああいう風になっていったんだと思ってるよ。 この二人は仮想敵だね。

1
cold fish
cold fish
まささんへ
(2021-08-15)

ありがとう。 ブンゴクでも言われたよ。普段詩を読まないけど、貴方の作品は読めるって、俺って、めちゃくちゃな作風だけど、どうやら、いかにも詩やポエム書いてる人よりも外へ届く可能性あるみたい。てっか、いかにもな詩やここで多く書かれているような作品はいつでも書けるからもういいんだよ。

2
cold fish
cold fish
yamabitoさんへ
(2021-08-15)

全部実話だよ。詩よりも面白い世界はたくさんあるよね!

1

B-REVIEWに参加しよう!

新規登録
ログイン

作品をSNSで紹介しよう→

投稿作品数: 2