ヤマダ電機キリバス店 - B-REVIEW
新規登録
ログイン
PICK UP - REVIEW

十月

あなたには「十月」が足りていますか?

もし、あなたが「今年は、十月が足りてない」と お感じでしたら、それは『十月の質』が原因です。 詩の中に身を置くことで『短時間で十分な十月』を得ることができます。この十月の主成分は、百パーセント自然由

真清水るる

だれのせいですか

どんな身体でも

どんな自分であっても愛してくれるか、抱きしめてくれるか、生きてくれるか SNSできらきらした自分だけを見せてそんな見た目や上辺で物事を判断しやすいこんな世の中だからこそ響くものがありました。例えばの例も斬新でとても魅力的です。

sorano

死んだベテルギウス

衝撃を受けました

ベテルギウス。まずそれに注目する感性もですが、詩の内容が衝撃。 猫。木。家族。犬(のようなもの)。女の子……。など、身近にあふれている極めて馴染み深いものベテルギウスというスケールの大きいものと対比されているように感じられました。

二酸化窒素

七月の雨

ずっと待っていた

渇いた心を満たす雨に満たされていく

afterglow

桃太郎の神殿

幻想的な具体、具体的な幻想

時刻、刻々、刻むということは生きるということである。生きる、生まれる、死を予感する全ての事象が望む新たな幻想、書かれるべき詩、読まれるべき詩がここにある。

狂詩人

優しい人が好き

淡くうかびあがる差異のせつなさ

自分にとって「優しい人」と他者にとって「優しい人」は同じ「優しい人」だろうか。同じ言葉を使っていながら思いうかべるものは同じだといえるだろうか——

沙一

死ね、ニュートン

こいつはいい

こいつはいいよ。文体とイメージは翻訳ランボーの剽窃だが詩の勢いはホンモノ。

豆大福の日

ひとつ私に くださいな。

仮に、お伽噺のような平和があるとしても 敵は、存在するする。人には 雉、猿、そして犬のようなタイプの人のように個性が色々であっても、共通する敵が いる。敵に勝つために、もっとも大事なことは、共通する喜びに きがつくこと

真清水るる

ひらいて、とがって

ひらひらとひらかれひかれて

ひざこぞう、に出逢ってください。そして手をのばして作品の言葉にためすすがめつ、触れてほしい。

ほば

薬売り

胡散臭さがたまらない

怪しいものや不思議なものが好きな方におすすめしたい、世にも奇妙な掌編——

沙一

書かざる言わざる、雄弁に水銀を

黙って笑ってろ、沈黙は金

これを見ているあなた、恥ずかしくはないんですか? 答えられないのですか。 なんでですか。 理由があるという訳でもないのですか? ああ、そうか。 全部、冗談だというのですね。

鳴海幸子

夏は夜。月のころはさらなり

田舎の夜道は暗くとも、恋は華やかで明るい——

沙一

あなたとどんぐりとハナミズ……

悪意のないホローポイント弾

ここには○○の残酷さが描かれている。 ○○が何なのかは、読めばわかる… …かもしれないし、わからないかもしれない。 感じ方は「人それぞれ」だから。

R

祖父の痕跡

黙想を貫いた彼が最後にみたものは…

祖父の遺物が並んだ「私」だけの世界… 彼の深層に踏み込むべく「私」は宝物箱に触れてしまうのか…祖父とは一体何なのか…

つつみ

直列つなぎ-うんこ!!(……

青春の現代詩

青春はいつも、エロくて汗臭い。そして切ないけど優しいところもあり、美しい瞬間もあるけど、昆虫たちも僕らも命を捨てて夫婦になることを受け入れる。それが生きるということだから。個人的には、僕は飯田華子さんの紙芝居を観に行きたい。

蛾兆ボルカ

ちがう星

ピッチャーとキャッチャーみたいだね

それから時々 おなじ星

三浦果実

いつまでもあいさつをしてゆ……

伝説の流行語はここから始まった

「かきかきたぶんしない」は伝説になった。わからない人には永遠にミューズは来ない。

三浦果実

粘土

こんにゃろっというやり場のない怒れる者よ

ほの暗い系男子がたどり着いた極北のモノローグがきみにはわかるまい

三浦果実

菊の花

2020年10月の裏番長/裏大賞

これの良さがわかるまで詩を書くんじゃない

三浦果実

死んだベテルギウス

地球は退屈な諦念に埋め尽くされてる

重力に支配された地球人にはわかるまい

三浦果実

風吹き抜ける青

残酷なロマンティズムがきみにはわかるまい

そのまま生き地獄で野垂れ死にするといいという孤高の美

三浦果実

ぢんせぃ

その喪失感は夢かうつつか

ネットとリアルがボーダーレスな、デジタルネイティブ世代の感性──

沙一

潮風

潮の香りにのまれるように

不思議な気配が手招きをしている

ほば

空の下

大自然という舞台への出奔

二人が走り出す。広大な大自然という舞台へ。

羽田恭

明るい朝の歌

明るい朝のうらには、暗い夜があった

外をみつめることが、内をみつめることにつながっている──

沙一

この作品は読んだことがありません。


作品を
別枠表示

ヤマダ電機キリバス店    

ヤマダ電機には何でもある だから諍いは起こらない 朝はホームベーカリーでパン コーヒーメーカーでエスプレッソ ひと休みしてからイヌと散歩 ヤマダ電機に似合うのは まんまる顔の茶毛のイヌ 午後はお客さん対応 疲れたらマッサージチェア 大画面テレビではキリバス 世界一早く朝日が昇る国 「ヤマダ電機キリバス店をつくろう」 社長も思わず快諾 ないものがないからあっという間に完成 キリバス人は大歓迎 採れたての魚と最新式グリル 夜通しのパーティー 翌朝はここぞとばかり ホームベーカリーにコーヒーメーカー そして、 世界一早く、昇ってくる朝日 いまやキリバスといえばヤマダ電機 ヤマダ電機といえばキリバス 人だけではない 魚も鳥も動物も集まる 草も花も生い茂る 昼は太陽 夜は星 何一つ拒むことがないから 無いものが無い つまりそれは愛 貴方を愛しているということ いつも満たされている存在 空と海に囲まれた ヤマダ電機キリバス店

scroll


作成日時 2021-07-16
コメント日時 2021-08-09

ヤマダ電機キリバス店 ポイントセクション

作品データ

コメント数 : 14
P V 数 : 1462.3
お気に入り数: 2
投票数   : 4
ポイント数 : 7
#現代詩 #縦書き
項目全期間(2021/10/28現在)投稿後10日間
叙情性11
前衛性00
可読性21
エンタメ42
技巧00
音韻00
構成00
総合ポイント74
 平均値  中央値 
叙情性0.50.5
前衛性00
可読性11
 エンタメ22
技巧00
音韻00
構成00
総合3.53.5
閲覧指数:1462.3
2021/10/28 06時09分36秒現在
※ポイントを入れるにはログインが必要です
※自作品にはポイントを入れられません。

    作品に書かれた推薦文

ヤマダ電機キリバス店 コメントセクション

コメント数(14)
沙一
作品へ
(2021-07-17)

島国に建てられた、資本と産業の結晶といえる家電量販店。文明の恩恵を享受しながら、なんの疑念や不安もなく、まるで理想郷であるかのように人々が楽天的に暮らしている様子がえがかれています。しかしキリバス共和国は、ちょっと調べるとわかりますけど、海面上昇によっていずれ水没することが予想されている国。フィクションとはいえ、これは辛辣な寓話であるように読めました。

0
まさ
まさ
作品へ
(2021-07-17)

拝読させていただきました。 4,000年後、海に沈んだキリバスの海底発掘調査で、 海の底から発見された石碑に一編の詩が刻まれていて、 未来のAIロボットたちは、この詩を読んで、 ヤマダ電機とはなんなのか、 古代人の祭司を行う神殿である、 いや、古代人のパワースポットである、 いやいや、古代人が夢にみた桃源郷である、 などとあれこれ想像を巡らたのでした(完)

0
武田地球
沙一さんへ
(2021-07-17)

ご感想ありがとうございます。 キリバス共和国への着眼、辛辣な寓話との読み、少しでも意が伝われば喜ばしいことと思います。

0
武田地球
まささんへ
(2021-07-17)

ご感想ありがとうございます。 想像を巡らせて頂くことで、詩の世界が続いて行くことができるのだと感じました。 これは何より嬉しいことですね。

0
cold fish
cold fish
作品へ
(2021-07-18)

設定だけで勝負するのは、やめたほうがいいよ。 魅力的な文体やレトリックがないと最後まで読めない。

0
武田地球
cold fishさんへ
(2021-07-18)

そのような感想があると、受け止めておきます。 お互い頑張りましょうね。

0
アンチアスファルトマン
作品へ
(2021-07-28)

こんにちは。前半~中盤はちょっと散文的に見えたのですが、最終連の「いまや~」から急に生き生きと、歌のように立ち上がってきた感じがしました。そしてその勢いのまま、リズムに乗ってトントン拍子に読み、そして思わず笑ってしまいました。それは家電量販店に豊かな自然が集まるという取り合わせの奇妙さからくる滑稽さと、底抜けに明るく幸せそうな雰囲気に圧倒された楽しい笑いだったのですが、コメントを見てキリバスの危機を知りはっとしました。その情報を知って再読すると、この南洋的な明るさもどこか空虚さを含んでいるように見えます。 事前情報を知っていないと読み切れなかったのが、自分の知識の無さのせいとはいえ勿体ない気がしました。そういう詩も世には沢山あるのでアリだとは思うのですが、行く末の不穏さを(想定しているならですが)どこかで仄めかす手もあるのかもしれません。 とはいえ、ヤマダ電機とキリバスという組み合わせ自体が既にファンタジックなものなので、おとぎ話的な明るいエンディングの詩としても違和感はなかったです(作者様的にそれで都合が良いか悪いかは別途あるとして…)。 面白かったです!

1
あさ
作品へ
(2021-08-01)

アイディアやプロット?が秀逸な作品で、面白く最後まで読めました。 すでに言及がありますが、ヤマダ電機とキリバスという組み合わせに、キリバスという国の隠された背景を知らないのにも関わらずなにか不思議なハーモニーを感じました。作者さんの独特なセンスなのかもしれません。 楽園とは絶望の一形態である、というような小さじ一杯(もしくは二杯くらい?)の不穏感も含め、読後感がよかったです。

1
武田地球
アンチアスファルトマンさんへ
(2021-08-01)

はじめまして、こんばんわ。 素敵なコメントをありがとうございます。 最終連、私も書いていてとにかく楽しかったんです。うれしいコメントを頂き、また頑張ろうと思えました。

1
武田地球
あささんへ
(2021-08-01)

私はbreviewのギルド(詩の勉強会)に参加させて貰っていて、その課題詩として書きました。 だから縛りがあったのですが、とても楽しく書けました。 独特なセンス、小さじ一杯(もしくは二杯)の不穏感、感じてくださって嬉しかったです。また頑張ります。

1
田中宏輔
田中宏輔
作品へ
(2021-08-01)

何一つ拒むことがないから 無いものが無い うまいなと思いました。

0
武田地球
田中宏輔さんへ
(2021-08-02)

おはようございます。コメントありがとうございます。 >>何一つ拒むことがないから 無いものが無い この辺りがんばって書いていた部分なので、気に留めて下さり嬉しいです。また頑張ります。

0
コーリャ
作品へ
(2021-08-05)

大自然にヤマダ電機ができたか そうなると世界の七不思議をひとつヤマダ電機キリバス店と入れ替えなくちゃいけない ヤマダ電機もキリバスもそれぞれがどこか突飛で しかも組み合わせとくるともはやファンタジー シュールな感じすらする 世の中ってのはリアルに溢れてて リアルってのは真実とか意味とか意思のことなんだけど まあ人工物ばっかりで 何もかもありすぎて何もない 方や自然ってのは〜 そう俺が今住んでるとこはまあまあの田舎で 人口密度100平方メートルくらいで ちょっとドライブに出かけると地平線の限りに黄色い花が咲いてたりする あんまり人もいなければ意味もない 自然ってのは何にもないから全部ある感じ ヤマダ電機キリバス店というイメージは都市と自然の結婚みたいで なんだか何でもあるようで何でもないような はたまた何でもないようで全部ある なんというかワーオって思うやつである 笑 ポエムは言葉のアートで アートでしか表現できないことがあるなら ポエムでしか言えないことがあるはずで むしろ生きるってのはそっちのほうが多すぎるはず リアルや現実なんかより 全くの創作でデタラメであるところのイマジネーションが与えてくれるものがある それを感じました ナイスエモーション! ナイス不思議! 今晩は夢でヤマダ電機キリバス店に行ってきます

0
武田地球
コーリャさんへ
(2021-08-09)

わあ、コーリャさん、夢でキリバス店に行けましたか。 >>ポエムでしか言えないことがあるはず、むしろ生きるってのは、 コーリャさんのコメントにはいつも、詩を書くこと、詩人であること、生きることのヒントがたくさん書かれていて、読んでいて嬉しくなってしまいます。 これからもがんばって、ポエムでしか言えないことを考えていきます。 コメント下さって、本当にありがとうございました。

1

B-REVIEWに参加しよう!

新規登録
ログイン

作品をSNSで紹介しよう→

投稿作品数: 2