中央特快 - B-REVIEW
新規登録
ログイン
PICK UP - REVIEW

こっちにおいで

たれかある

たそがれに たれかある さくらのかおりがする

真清水るる

時の名を考える

奇妙な味わい

時の名前、おもしろい発想です。黒髪ワールド炸裂です。

yamabito

声明 流木から

詩人の生きざま

言葉と詩に、導かれ救われ、時に誤りながらも、糧にしていく。 赤裸々に描写した生きざまは、素晴らしいとしか言いようがない。

羽田恭

喘息の少年の世界

酔おう。この言葉に。

正直意味は判然としない。 だが、じんわりあぶり出される情景は、良い! 言葉に酔おう!

羽田恭

魔法はある 犬ver

うまいと感じました(内容は15禁)

レスが少ない順から眺めていったんですが、埋もれてましたので掘り出しました。

yamabito

誰かがドアをノックしたから

久しぶりにビーレビ来たんだけどさ

この作品、私はとても良いと思うんだけど、まさかの無反応で勿体ない。文にスピードとパワーがある。押してくる感じが良いね。そしてコミカル。面白いってそうそう出来ないじゃん。この画面見てるおまえとか、そこんとこ足りないから読んどけ。

カオティクルConverge!!貴音さん

あなたへ

最高です^ ^ありがとうございます!

この詩は心に響きました。とても美しく清らかな作品ですね。素晴らしいと思いました。心から感謝申し上げます。これからも良い詩を書いて下さい。私も良い詩が書ける様に頑張りたいと思います。ありがとうございました。

きょこち❤️久遠恭子

これ大好き♡

読み込むと味が出ます。素晴らしいと思います。

きょこち❤️久遠恭子

初恋

輝き

海の中を照らしているのですね。素晴らしいと思います☆

きょこち❤️久遠恭子

アオゾラの約束

憧れ

こんなに良い詩を書いているのに、気付かなくてごめんね。北斗七星は君だよ。いつも見守ってくれてありがとう。

きょこち❤️久遠恭子

藤の花

紫の香り

少し歩くと川の音が大きくなる、からがこの作品の醍醐味かと思います。むせかえる藤の花の匂い。落ちた花や枝が足に絡みつく。素敵ですね。

きょこち❤️久遠恭子

冬の手紙

居場所をありがとう。

暖かくて、心から感謝申し上げます。 この詩は誰にでも開かれています。読んでいるあなたにも、ほら、あなたにも、 そうして、私自身にも。 素晴らしいと思います。 ありがとうございます。みんなに読んでもらいたいです。

きょこち❤️久遠恭子

犬のしっぽ

カッパは黄色いのだから

良く目立ちます。 尻尾だけ見えているという事ですが、カッパには手足を出す穴がありますよね。 フードは、普通は顔が見えなくなるのであまり被せません。 それを見て、僕はきっと嬉しかったのでしょう。健気な可愛い姿に。ありがとうございました。

きょこち❤️久遠恭子

あなたのために

永訣の詩

あなたが出発していく 光あれ

羽田恭

十月

あなたには「十月」が足りていますか?

もし、あなたが「今年は、十月が足りてない」と お感じでしたら、それは『十月の質』が原因です。 詩の中に身を置くことで『短時間で十分な十月』を得ることができます。この十月の主成分は、百パーセント自然由

真清水るる

だれのせいですか

どんな身体でも

どんな自分であっても愛してくれるか、抱きしめてくれるか、生きてくれるか SNSできらきらした自分だけを見せてそんな見た目や上辺で物事を判断しやすいこんな世の中だからこそ響くものがありました。例えばの例も斬新でとても魅力的です。

sorano

死んだベテルギウス

衝撃を受けました

ベテルギウス。まずそれに注目する感性もですが、詩の内容が衝撃。 猫。木。家族。犬(のようなもの)。女の子……。など、身近にあふれている極めて馴染み深いものベテルギウスというスケールの大きいものと対比されているように感じられました。

二酸化窒素

七月の雨

ずっと待っていた

渇いた心を満たす雨に満たされていく

afterglow

桃太郎の神殿

幻想的な具体、具体的な幻想

時刻、刻々、刻むということは生きるということである。生きる、生まれる、死を予感する全ての事象が望む新たな幻想、書かれるべき詩、読まれるべき詩がここにある。

狂詩人

優しい人が好き

淡くうかびあがる差異のせつなさ

自分にとって「優しい人」と他者にとって「優しい人」は同じ「優しい人」だろうか。同じ言葉を使っていながら思いうかべるものは同じだといえるだろうか——

沙一

死ね、ニュートン

こいつはいい

こいつはいいよ。文体とイメージは翻訳ランボーの剽窃だが詩の勢いはホンモノ。

豆大福の日

ひとつ私に くださいな。

仮に、お伽噺のような平和があるとしても 敵は、存在するする。人には 雉、猿、そして犬のようなタイプの人のように個性が色々であっても、共通する敵が いる。敵に勝つために、もっとも大事なことは、共通する喜びに きがつくこと

真清水るる

ひらいて、とがって

ひらひらとひらかれひかれて

ひざこぞう、に出逢ってください。そして手をのばして作品の言葉にためすすがめつ、触れてほしい。

ほば

薬売り

胡散臭さがたまらない

怪しいものや不思議なものが好きな方におすすめしたい、世にも奇妙な掌編——

沙一

書かざる言わざる、雄弁に水銀を

黙って笑ってろ、沈黙は金

これを見ているあなた、恥ずかしくはないんですか? 答えられないのですか。 なんでですか。 理由があるという訳でもないのですか? ああ、そうか。 全部、冗談だというのですね。

鳴海幸子

この作品は読んだことがありません。


作品を
別枠表示

中央特快    

今生の別れになるふたりは 哀しみなんかとっくのとうに撃ち抜いてしまったから いっさいがっさい、もう何にも要らない 最後のパーティーに着ていく服もない、うたう歌もない さようならなんかをオレンジ色の電車に押し込めて 出発するの黙ってみてた よーし、これでみんな旅へ出たね どこか遠くのしらない街で勝手にどうにでもなればいい この街の朝焼けはもう二度とみたくない アスファルトに根っこが生えたまんま立ってたら ぎゅうぎゅう詰めのビルの悲鳴がきこえてきて シティポップで上書きしようって いけ好かない真似をしたのに 結局なーんかホロリとしちゃって いやだなあ、こんな大人になる予定なかったのにねって ふたりで何回か笑えたらきっとよかったんだけど そんな瞬間、まったくなかった はじめからずっとずっとひとりだったし こんな街に朝焼けとか、あるはずないとおもった


作成日時 2017-09-19
コメント日時 2017-09-29

中央特快 ポイントセクション

作品データ

コメント数 : 12
P V 数 : 636.1
お気に入り数: 0
投票数   : 0
ポイント数 : 0
項目全期間(2022/07/07現在)投稿後10日間
叙情性00
前衛性00
可読性00
エンタメ00
技巧00
音韻00
構成00
総合ポイント00
 平均値  中央値 
叙情性00
前衛性00
可読性00
 エンタメ00
技巧00
音韻00
構成00
総合00
閲覧指数:636.1
2022/07/07 19時49分57秒現在
※ポイントを入れるにはログインが必要です
※自作品にはポイントを入れられません。

    作品に書かれた推薦文

中央特快 コメントセクション

コメント数(12)
三浦果実
(2017-09-20)

80年代の一億総中流社会において、アイデンティティとは買う物で決まった。家を買う、車を買う、服を買う、あるいは、映画を観る、音楽を観る、全てが己のアイデンティティであった。自己表現とは買うことだった。自己表現とは「この音楽を聴く私って素敵でしょう?」ということだったのだ。その時代の音楽を私は嫌いではない。また、自分が十代を過ごしたその時代を後悔もしていない。古き良き時代だったのかもしれない。 「シティポップで上書きしようって」という言葉にそんなことを思った。

0
まりも
(2017-09-24)

〈この街の朝焼けはもう二度とみたくない アスファルトに根っこが生えたまんま立ってたら ぎゅうぎゅう詰めのビルの悲鳴がきこえてきて シティポップで上書きしようって〉 この四行が、とても際立っていると思いました。「根が生えたように立ち尽くす」というような言い方がありますが、それを文字通りの実感で捉えている感覚。もともと、感覚をベースに比喩を生み出す、のに・・・その比喩が感覚を呼び戻すようなところが、とても面白いと思います。ビルの悲鳴が聞こえる、という感性。それを、上書きしてしまおう、という「軽さ」・・・ ここまで書いて、なるほど、前半の歌詞のようなフレーズは、「シティポップ」なのだ、と思いました。 思いつつ・・・いささか、歌詞に寄り過ぎている、という印象もあり・・・そのときの感情を、解き明かすように歌うと、やはり、歌詞のように聞こえるのだと思います(もちろん、歌詞が詩ではない、ということではないのですが) 先にあげた四行のような、鋭く自身の感覚を掘り下げて行く、突き詰めていく、その過程で生れる言葉に、その人のオリジナリティーが際立ってくるのではないだろうか、と、考えています。

0
武田地球
(2017-09-25)

三浦くん さいきんわたしの中で空前絶後のオトナブームが来ていて、シティポップ大流行。 いけ好かないやつもシティポップで上書きしてしまえば、なんだかかっこよく赦せてしまっていうかなんていうか。 いやなオトナだな、ほんま。

0
武田地球
(2017-09-25)

まりもさん こんばんわ。 コメントありがとうございます。わたしは歌詞っぽいとよく言われます。 今回もなるほどふむーとおもいました。 >>先にあげた四行のような、鋭く自身の感覚を掘り下げて行く、突き詰めていく、その過程で生れる言葉に、その人のオリジナリティーが際立ってくるのではないだろうか、と、考えています。 大変勉強になりました。その4行だけぎゅうぎゅうにかけるようにようく向き合ってかいてみたいと思いました。なかなか詩を勉強する場がないので、いつもみなさま方のコメントから学ばせていただいておりますが、実践に至れず。

0
右肩ヒサシ
(2017-09-26)

りさん、こんにちは。 三浦さんのいう80年代っぽさって確かに何処か漂ってますね。「シティポップス」というか「シティハンター」(漫画版)を思い出してしまうんですが。 あの頃は浮かれたもの勝ちな時代で、最初は70年代の挫折感の圧力から解き放たれた清々しさがあったのに、その開放感がだんだん自重によって自ら閉塞していくようなところがありましたね。田中康夫がパロディではなく本気で「なんとなくクリスタル」を書いてしまったことと、その悲しいほどの馬鹿馬鹿しさに、僕らの上の世代は気がついていませんでしたが。 この詩の最終連のやさぐれた絶望はまさに今の時代の感覚かな。こんな時代に住むしかないけれど、こんな時代に朝焼けなんてあるはずがない。たとえ目の前にそれらしきものがあっても、少しも信じる気にはなれませんね。

0
武田地球
(2017-09-27)

Migikataさん こんにちわ。 ええ、全く信じる気になりません。しかし喪失を抱えなければならないようなそんな気もしています。 去年あたりから音楽シーンではシティポップが再燃しているので、最近よく聴いています。 むかしのシティポップもよく聴きます。あのあたりのちょっと気だるいような閉塞していく感覚は嫌いじゃないです。言われて見ますとシティハンターもたしかにシティ感がよく出てる漫画ですね。 シティっていけ好かないけれど、なんだろうそのかっこつけ感に憧れみたいなのは、やっぱりあるかもしれないです。 コメントありがとうございます。

0
扇子
(2017-09-27)

--今生の別れになるふたりは 哀しみなんかとっくのとうに撃ち抜いてしまったから いっさいがっさい、もう何にも要らない 最後のパーティーに着ていく服もない、うたう歌もない 切ないです。着たい服も夢もわからない、と言った感じでしょうか。こんな朝焼け見たくないにも、焦燥感や自己の嘲りが含まれているように感じます

0
花緒
(2017-09-28)

素晴らしいと思いました。それ以上、語る言葉をあまり持ちませんが、小道具の使い方が上手いですね。中央特快、シティポップなど、絶妙なアナクロ感が光る作品だと思いました。東京って他国の大都市、例えばニューヨークとかパリとかと比べて、絶妙にダサいのですよね。景観が整っていないのもそうですが、人と人との距離感が、完全に個人主義が浸透している訳ではないし、かと言って村社会的な共同体が残っている訳でもないし。中途半端にそれぞれが隔絶した中での、個人の交わりから浮かび上がってくる叙情がうまく描かれているように感じました。

0
survof
(2017-09-28)

この作品好きです。特にスマホで読んだら、とてもよかったです。夜の中央線に揺られながら読みたい気がしました。

0
武田地球
(2017-09-29)

加地さん はじめまして、おはようございます。切ない心情のときに書いたので切ないと仰っていただけたら切なさも吹き飛ぶくらい嬉しくなります。 時々、感情や抱えきれないものを昇華するために詩を書くのかなあと思うことがあります。また詩を評価されることがそれを受容して頂いたように感じます。(この認識がよいのかわからない気持ちもあるのですが) コメントありがとうございました!

0
武田地球
(2017-09-29)

花緒さん おはようございます。確かに東京ダサい?のかもしれません。 ちょっとフィルターかけるような見方をするとそのダサさが活きるのかなあ、なんて気持ちもしました。 あと気持ちを美化したのと同様に都市も美化していく、そこで生じるなーーんか、かっこつけのいけ好かなさみたいな心情が書きたかったのかなあ、といま気がつきました!

0
武田地球
(2017-09-29)

survofさん おはようございます。昔中央線沿いに住んでいたので特に思い入れがあります。 あの辺は東京の中では文化も独特でとてもすきです。 ストレートでシンプルな感想、とてもうれしいです。コメントありがとうございます!

0

B-REVIEWに参加しよう!

新規登録
ログイン

作品をSNSで紹介しよう→

投稿作品数: 1