貉 - B-REVIEW
新規登録
ログイン
PICK UP - REVIEW

死ね、ニュートン

こいつはいい

こいつはいいよ。文体とイメージは翻訳ランボーの剽窃だが詩の勢いはホンモノ。

豆大福の日

ひとつ私に くださいな。

仮に、お伽噺のような平和があるとしても 敵は、存在するする。人には 雉、猿、そして犬のようなタイプの人のように個性が色々であっても、共通する敵が いる。敵に勝つために、もっとも大事なことは、共通する喜びに きがつくこと

真清水るる

ひらいて、とがって

ひらひらとひらかれひかれて

ひざこぞう、に出逢ってください。そして手をのばして作品の言葉にためすすがめつ、触れてほしい。

帆場 蔵人@⚰

薬売り

胡散臭さがたまらない

怪しいものや不思議なものが好きな方におすすめしたい、世にも奇妙な掌編——

沙一

書かざる言わざる、雄弁に水銀を

黙って笑ってろ、沈黙は金

これを見ているあなた、恥ずかしくはないんですか? 答えられないのですか。 なんでですか。 理由があるという訳でもないのですか? ああ、そうか。 全部、冗談だというのですね。

鳴海幸子

夏は夜。月のころはさらなり

田舎の夜道は暗くとも、恋は華やかで明るい——

沙一

あなたとどんぐりとハナミズ……

悪意のないホローポイント弾

ここには○○の残酷さが描かれている。 ○○が何なのかは、読めばわかる… …かもしれないし、わからないかもしれない。 感じ方は「人それぞれ」だから。

R

祖父の痕跡

黙想を貫いた彼が最後にみたものは…

祖父の遺物が並んだ「私」だけの世界… 彼の深層に踏み込むべく「私」は宝物箱に触れてしまうのか…祖父とは一体何なのか…

つつみ

直列つなぎ-うんこ!!(……

青春の現代詩

青春はいつも、エロくて汗臭い。そして切ないけど優しいところもあり、美しい瞬間もあるけど、昆虫たちも僕らも命を捨てて夫婦になることを受け入れる。それが生きるということだから。個人的には、僕は飯田華子さんの紙芝居を観に行きたい。

蛾兆ボルカ

ちがう星

ピッチャーとキャッチャーみたいだね

それから時々 おなじ星

neue Ära records

いつまでもあいさつをしてゆ……

伝説の流行語はここから始まった

「かきかきたぶんしない」は伝説になった。わからない人には永遠にミューズは来ない。

neue Ära records

粘土

こんにゃろっというやり場のない怒れる者よ

ほの暗い系男子がたどり着いた極北のモノローグがきみにはわかるまい

neue Ära records

菊の花

2020年10月の裏番長/裏大賞

これの良さがわかるまで詩を書くんじゃない

neue Ära records

死んだベテルギウス

地球は退屈な諦念に埋め尽くされてる

重力に支配された地球人にはわかるまい

neue Ära records

風吹き抜ける青

残酷なロマンティズムがきみにはわかるまい

そのまま生き地獄で野垂れ死にするといいという孤高の美

neue Ära records

ぢんせぃ

その喪失感は夢かうつつか

ネットとリアルがボーダーレスな、デジタルネイティブ世代の感性──

沙一

潮風

潮の香りにのまれるように

不思議な気配が手招きをしている

帆場 蔵人@⚰

空の下

大自然という舞台への出奔

二人が走り出す。広大な大自然という舞台へ。

羽田恭

明るい朝の歌

明るい朝のうらには、暗い夜があった

外をみつめることが、内をみつめることにつながっている──

沙一

震え 揺れ 回る

一気に詩情が注ぎ込まれていく。 それが 震え 揺れ 回る。 詩を詠み終えても、止まらない。

羽田恭

生きるためにパイを焼く

どうしようもなく生きていくということ

ただパイを焼く。それだけなのだけれど、衒いも奇抜さもなく心にぶつかってきて揺さぶられる。

帆場 蔵人@⚰

別れ

靴の哀しみ

歩くための存在でありながら、誰かが履いてくれないと歩き出せない存在が、絶望して待機してる

蛾兆ボルカ

パパの日曜日

しがない日常に飽きてしまったすべての人へ

ごく平凡な日曜日のパパが、壮大で絢爛豪華な世界へ旅立つ——

沙一

「中央公園より」

わかりあえなくたっていい

人種、国籍、性別、年齢、人間同士のわかりあえないディスタンス、そんなことよりも、おたがいに笑っていよう、ここはみんなの公園だから——

沙一

わたしの髪は生きているのか……

心を亡くしてしまいそうなときに

ささやかなお洒落をたのしむ、それは自分が自分であることをわすれないために、ひつようだったのかもしれない——

沙一

この作品は読んだことがありません。


作品を
別枠表示

   

    こころは 小雨あとの 路傍の石のように こころは 鼓動もせず 虹を見てなをふるえず 明後日のほうばかりを らいごうらいごうと ずっと眺めてる 終らない話へ 南東からの光と 自由という風に あの日の なおざりのものたちが 野に放たれる 昔の 自分自身であった頃の 名前で    こころは     こさめあとの      ろぼうのいしのように    こころは     こどうもせず      にじをみてなをふるえず    あさってのほうばかりを     らいごうらいごうと      ずつとながめてる    おわらないはなしへ     なんとうからのひかりと      じゆうというかぜに    あのひの     なおざりのものたちが      のにはなたれる    むかしの     じぶんじしんであったころの      なまえで    


作成日時 2021-04-02
コメント日時 2021-04-29

貉 ポイントセクション

作品データ

コメント数 : 11
P V 数 : 1308.0
お気に入り数: 4
投票数   : 4
ポイント数 : 2
#現代詩
項目全期間(2021/06/18現在)投稿後10日間
叙情性10
前衛性00
可読性00
エンタメ00
技巧00
音韻00
構成10
総合ポイント20
 平均値  中央値 
叙情性11
前衛性00
可読性00
 エンタメ00
技巧00
音韻00
構成11
総合22
閲覧指数:1308.0
2021/06/18 18時54分26秒現在
※ポイントを入れるにはログインが必要です
※自作品にはポイントを入れられません。

    作品に書かれた推薦文

貉 コメントセクション

コメント数(11)
杜 琴乃
作品へ
(2021-04-24)

ぼんやりとした、なんとなく散漫な雰囲気が心地良かったです。狭くなっていた視界や思考をほどよく脱力させてくれるような楽しい作品ですね。 >あの日の/なおざりのものたちが/野に放たれる//昔の/自分自身であった頃の/名前で がとくに好きです。なおざりのものたちにも名前があって、野に放たれてあるべき姿に返っていくような解放感がありました。 このような作品を読むたびに「詩ってやっぱり楽しいな」って思います。

1
羽田恭
作品へ
(2021-04-25)

前半も同じ言葉なのに、後半にかなり躍動感を感じられるのは不思議です。 これは秀逸な表現なのでは。 >あの日の >なおざりのものたちが >野に放たれる > >昔の >自分自身であった頃の >名前で これは野に放たれたという事なのかもしれませんね。 自分自身の名前で。

1
沙一
作品へ
(2021-04-25)

ほんとに、後半では、文章そのものが幽体離脱しているかのような。濫発しないほうがいい、濫発したら飽きられてしまいそうな構成ですけど、本作では、死後の解放とも読みとれそうな内容と調和しているように思われました。

1
AB
杜 琴乃さんへ
(2021-04-27)

お読みいただきありがとうございます。 なおざりのもの ってなんだろう?って今頃考えてます。 何かを楽しんでもらえて嬉しいです。

1
AB
羽田恭さんへ
(2021-04-27)

コメントありがとうございます。 すみません、後半というのは、後ろ三連でしょうか、ひらがな表記のとこでしょうか。 >野に放たれ たのが自分のなんなのか、自分でも判らないままです。

0
AB
沙一さんへ
(2021-04-27)

コメントありがとうございます。 なるほど、そのような印象も出てくることもあるのかと思いました。幽体離脱、狙っては書けません。 ちょっと受けると自分で飽きるまでやってしまうので気をつけなきゃ、です。

0
羽田恭
作品へ
(2021-04-27)

躍動感を感じたのはひらがな表記のところですね。 >野に放たれ のところはご自分でもわからないそうですが、様々に解釈でき、詩としてもよいのでは。

1
藤 一紀
作品へ
(2021-04-28)

一連から三連を前半部として、四連から六連を後半部として分けて読むと、転換が効いていると感じました。前半部の「らいごうらいごう」は「来迎」を思い浮かべました。いまこの世にはない場所、なのかな。遠くを見つめる視線と心持ちが感じられます。まさに〈心ここに在らず〉。 後半部では、(おそらくは「らいごう」の)終わってしまったがゆえに終わらない話とその光、また風を自由と捉える語り手がいます。そのなかに、 《あの日の/なおざりのものたちが/野に放たれる》のを見る。 そのなかには語り手自身も含まれているのかもしれません。それもまた他の多くのものとともに束縛から放たれて自分自身になって踊っているかのようです。なおざりのものたちも自分も同じ穴の貉であったという感慨が伝わってくるようです。 カイロスティックは言葉遊びとされがちですが、ABさんのこれまでのカイロスティックを使った作品を読むにつけ、作品全体と呼応していて、言葉遊びというよりはABさんの詩作の方法の一つになっているように思います。もしそうであれば、方法とする意図を「こっそり」聞いてみたいところです。

1
藤 一紀
作品へ
(2021-04-28)

訂正します。 ・カイロスティック→誤 ・アクロスティック→正 です。失礼しました。汗

0
AB
藤 一紀さんへ
(2021-04-29)

コメントありがとうございます。 私が隠すように書いたつもりのこと、ほぼ、解説されたような感じで、ちょっと嬉し恥ずかしの気分です。それぞれの慣用句の意味も感じていただければ幸い。貉は人類と思っていただければとか。 (ひらがな部分はもちろん、きづいてほしいという、私のちょっとなさけない性格のなすところでもあります。) 詩がもう内から湧いてこなくて、即興ゴルコンダで自分だけでは出せないものが引き出されたなぁ、ということが何度もあります。言葉選びに制約をかけることで、ふつうの自分では選ばない言葉のつながりで予想外のものができるのが面白いです。私の場合はですが、詩を書くことは言葉、ことのは遊びだと思います。(ふざけてる、とかではなくて) 整いました! のような意味でカイロスティックという言葉あるのかと思いました。

1
AB
羽田恭さんへ
(2021-04-29)

お返事ありがとうございます。 ひらがな、上のとおりの意味で添えましたが、今回はそこにも意味が生まれたようで、不思議なものです。

0

B-REVIEWに参加しよう!

新規登録
ログイン

作品をSNSで紹介しよう→

投稿作品数: 1