母のおねしょ - B-REVIEW
新規登録
ログイン
PICK UP - REVIEW

ひらいて、とがって

ひらひらとひらかれひかれて

ひざこぞう、に出逢ってください。そして手をのばして作品の言葉にためすすがめつ、触れてほしい。

帆場 蔵人@⚰

ねね

私は、こんな詩に出会いたい。

読者が 作品世界に囚われて、しばし 動けなくなるような 動けない時間を持つことで、自由を得るような そんな詩に わたしは 出会いたい。

真清水るる

薬売り

胡散臭さがたまらない

怪しいものや不思議なものが好きな方におすすめしたい、世にも奇妙な掌編——

沙一

書かざる言わざる、雄弁に水銀を

黙って笑ってろ、沈黙は金

これを見ているあなた、恥ずかしくはないんですか? 答えられないのですか。 なんでですか。 理由があるという訳でもないのですか? ああ、そうか。 全部、冗談だというのですね。

鳴海幸子

夏は夜。月のころはさらなり

田舎の夜道は暗くとも、恋は華やかで明るい——

沙一

あなたとどんぐりとハナミズ……

悪意のないホローポイント弾

ここには○○の残酷さが描かれている。 ○○が何なのかは、読めばわかる… …かもしれないし、わからないかもしれない。 感じ方は「人それぞれ」だから。

R

祖父の痕跡

黙想を貫いた彼が最後にみたものは…

祖父の遺物が並んだ「私」だけの世界… 彼の深層に踏み込むべく「私」は宝物箱に触れてしまうのか…祖父とは一体何なのか…

つつみ

直列つなぎ-うんこ!!(……

青春の現代詩

青春はいつも、エロくて汗臭い。そして切ないけど優しいところもあり、美しい瞬間もあるけど、昆虫たちも僕らも命を捨てて夫婦になることを受け入れる。それが生きるということだから。個人的には、僕は飯田華子さんの紙芝居を観に行きたい。

蛾兆ボルカ

ちがう星

ピッチャーとキャッチャーみたいだね

それから時々 おなじ星

neue Ära records

いつまでもあいさつをしてゆ……

伝説の流行語はここから始まった

「かきかきたぶんしない」は伝説になった。わからない人には永遠にミューズは来ない。

neue Ära records

粘土

こんにゃろっというやり場のない怒れる者よ

ほの暗い系男子がたどり着いた極北のモノローグがきみにはわかるまい

neue Ära records

菊の花

2020年10月の裏番長/裏大賞

これの良さがわかるまで詩を書くんじゃない

neue Ära records

死んだベテルギウス

地球は退屈な諦念に埋め尽くされてる

重力に支配された地球人にはわかるまい

neue Ära records

風吹き抜ける青

残酷なロマンティズムがきみにはわかるまい

そのまま生き地獄で野垂れ死にするといいという孤高の美

neue Ära records

ぢんせぃ

その喪失感は夢かうつつか

ネットとリアルがボーダーレスな、デジタルネイティブ世代の感性──

沙一

潮風

潮の香りにのまれるように

不思議な気配が手招きをしている

帆場 蔵人@⚰

空の下

大自然という舞台への出奔

二人が走り出す。広大な大自然という舞台へ。

羽田恭

明るい朝の歌

明るい朝のうらには、暗い夜があった

外をみつめることが、内をみつめることにつながっている──

沙一

震え 揺れ 回る

一気に詩情が注ぎ込まれていく。 それが 震え 揺れ 回る。 詩を詠み終えても、止まらない。

羽田恭

生きるためにパイを焼く

どうしようもなく生きていくということ

ただパイを焼く。それだけなのだけれど、衒いも奇抜さもなく心にぶつかってきて揺さぶられる。

帆場 蔵人@⚰

別れ

靴の哀しみ

歩くための存在でありながら、誰かが履いてくれないと歩き出せない存在が、絶望して待機してる

蛾兆ボルカ

パパの日曜日

しがない日常に飽きてしまったすべての人へ

ごく平凡な日曜日のパパが、壮大で絢爛豪華な世界へ旅立つ——

沙一

「中央公園より」

わかりあえなくたっていい

人種、国籍、性別、年齢、人間同士のわかりあえないディスタンス、そんなことよりも、おたがいに笑っていよう、ここはみんなの公園だから——

沙一

わたしの髪は生きているのか……

心を亡くしてしまいそうなときに

ささやかなお洒落をたのしむ、それは自分が自分であることをわすれないために、ひつようだったのかもしれない——

沙一

angel coffee?……

一瞬と、永遠

幸せなコーヒーと、降りやまない雨、好きな人といるとき、あなたならどちらを選びたいですか?

沙一

この作品は読んだことがありません。


作品を
別枠表示

母のおねしょ    

ぱんぱん、 布団をたたく音 細やかな飛沫のなかに 抵抗をやめた粗相 母の瞳にうつる 庭のブランコ こっくりゆっくり、 夕陽が青空を焦がしてゆき あめいろの慕情 昔のお嫁さんというものは 代々伝わる手と口に 自分の手足をにぎられて かまどやら風呂焚きやらであぶられる 母の骨、曲がる (布団、寒くないよね。) 言葉をしらない私にかけてくれたように 「もう大丈夫だよ。」 ぼやけた母に敷く

scroll


作成日時 2021-03-08
コメント日時 2021-03-25

母のおねしょ ポイントセクション

作品データ

コメント数 : 16
P V 数 : 1324.8
お気に入り数: 2
投票数   : 3
ポイント数 : 7
#現代詩 #縦書き
項目全期間(2021/05/07現在)投稿後10日間
叙情性55
前衛性00
可読性00
エンタメ00
技巧11
音韻00
構成11
総合ポイント77
 平均値  中央値 
叙情性1.72
前衛性00
可読性00
 エンタメ00
技巧0.30
音韻00
構成0.30
総合2.32
閲覧指数:1324.8
2021/05/07 01時36分03秒現在
※ポイントを入れるにはログインが必要です
※自作品にはポイントを入れられません。

    作品に書かれた推薦文

母のおねしょ コメントセクション

コメント数(16)
福まる
福まる
作品へ
(2021-03-09)

昔と今の「母」と「私」の関係がよく分かる詩です。昔「母」が尽くしてくれたからこそ「私」も同じことをしようと思えるんでしょうね。

1
鈴木 海飛
作品へ
(2021-03-09)

男性的な視線だと ほわほわ羽毛布団な感じできれいにまとまっていることの手応えを感じました?ありがとうございます。 多分ですが、女性視線でみると けっこう固いせんべい布団を感じるかもしれません。楽しみです。 読んでくださってありがとうございました?

0
鈴木 海飛
作品へ
(2021-03-09)

記号がすべて?になっちゃってますね。?はハートマークをイメージして読んでください?。

0
AB
作品へ
(2021-03-10)

かなり共感しました。 無粋ながらの感想になります。母が祖母へ言えないこと、愚痴として聞かされること、どちらかが大人用おむつを買いに行くこと、ときどき幼子に戻ること。実際の見聞き、有り無しは置いといて、海飛さんの作品で感じてきた優しが、この作品ではわかりやすくでてるかなと感じます。

1
小林素顔
作品へ
(2021-03-18)

こうした生活や人生に根付いた詩を私も書けるようになりたいと常々思っているのですが、そういった詩は悲しみを受け入れて乗り越える過程が必要になるのだろうと思うと、軽々しく憧れると言ってはいけないのでしょう。ですが、やはり乗り越えただけに地に足の着いた詩になって、読み手に迫ってくるものがあると思いました。鈴木さんのお気持ちは察するに余りありますが、私はこの詩が好きです。

2
真清水るる
作品へ
(2021-03-18)

老いたお母様の粗相を御日様にかざすような あたたかい情景が浮かびました。 ただ個人的にはなんですが、私の場合は、 代々受け継ぐ嫁としてのありようや 母としてのありようを 継承していない自分なので、 この詩を 受け入れがたくしているのだなあ。と、感じました。 本音をいうなら、おんなと しての継承なんて 難しいです。 男性諸氏のたすけがないと、受け入れ難いです。

1
春清子
作品へ
(2021-03-18)

優しさや穏やかな情景のなかに、母と子の苦労が垣間見えました。 このような詩を書いてみたと思わせて頂きました。

1
羽田恭
作品へ
(2021-03-19)

これはいいですね。 介護、特に肉親への介護は過酷と聞きますが。 様々な思いが交差する時間を切り取ったこの作品は優れていると思いました。

1
鈴木 海飛
ABさんへ
(2021-03-20)

昔書いたものを、リメイクしてみました。あれからフィクション65%ノンフィクション35%ってところでしょうか。 自分の道しるべのための詩だったものが なんとなく母の人生を足してみました 私の家の歴史をまるごと洗濯せねばならなかった運命とは、まぁ骨の折れることでしょうなと横で見てて思いました。 おむつだけじゃなくて尿もれパッドとかシートとかたくさんあるのですね。 わたしのゆるやかな成長を見ていただけてることがうれしいです。 ふふん。ちょっとづつうまくなってるでしょ。あっはっは。 優し そうありたいものですね。 ありがとうございます。 あ、そうそう。 うちの母はまだまだ元気です。

0
鈴木 海飛
小林素顔さんへ
(2021-03-20)

そういえば、考えたこと、思ったことははっきり言うことで親しみを感じるときもありますね。 この作品はリメイクで フィクション65%ノンフィクション35%って感じなのです。 リメイク前の作品にに友達がこんな感想をくれました。なんとなくそれがひっかかっていて、今回書き直そうとしたのかもしれません。 ----------------- 例えば、俺が、この作品を紹介するとしたらね、一作品だけ取り上げて紹介することはせず、彼のいくつかある作品の中で、『母のおねしょ』という作品がまあまあの小品だと思いますので、そのまあまあぶりを読んでみてください。淡々としたタッチが、通常はウェットで重くなる素材をみごとに、奥に潜ませたまま無色透明なさわやかな作品にして、子供に戻った母親とそれを見守る成長した子との親子の一コマを切り取っています。 せっかくの作品なのに、ある一連だけ、どうなんだろう、と首をかしげたくなる消化しきれてないゴマカシの連が混ざっているのが残念ですが、総評の印象は上に述べたとおりです。ぜひ、私の指摘している部分がどこなのか、謎解きに挑みながら、作品を味わってみてください。 といった感じになるね。やはり批評は含むことになるよ。君がもっとちゃんと書いていれば、そこは褒め言葉がさらに増えるはずなんでね、私のせいではないよ。 まあ、文章上の欠点をごまかせるだけの核に詩情がある作品だということだね。(私は細かい部分でも誤魔化されないけどね) ーーーーーーーーー なかなか辛口で、一見嫌みな奴だけど わたしは大好きな友達なんだよね 正しく批評、 ど真ん中の評に対して わたしはとても好ましくおもいます。 恐れずに、多少不敵に、そして親しみをこめて評を行う人が好きです。 結果的に酷評になることは仕方ないにせよ。酷評を目的とした評ってのは、頭のいい人が考えることはよく分からないなぁー。と思います。 読んでくださりありがとうさぎ。

1
右肩ヒサシ
作品へ
(2021-03-21)

海飛さん、こんにちは。 僕の母は認知症で、毎日のようにトイレの前の廊下におしっこを漏らしてしまいます。寝床の中で吸水機能のついた紙パンツを脱いでしまうようです。僕がもう少しちゃんと面倒を見られたらいいのですが、そこまでの気力が湧きません。ヘルパーさんやデイケアに頼りながら何とか日々を過ごしています。どうも気が狂うほど親身には自分の親のことを考えられないのですね。だから暴力を振るったり、暴言を吐くこともないのですが、デイケアから帰ってずっとベッドに入っている母の脇で話をする時間もほとんどありません。 一般的概念としての「母」はほぼ正しくは頭に入っているつもりだから、この詩も素直に鑑賞できるけれど、現実の自分の母とはうまく結びつきません。現実の母は僕にとって自分の無能さや冷たさを切実に思い知らされる契機であり、そう遠くない自分の未来の老後でもあります。

3
鈴木 海飛
真清水るるさんへ
(2021-03-25)

るるさん やほほ。 コメントやTwitterの日記も読ませていただきました。 20回くらい読んだけどよく分からないケド、いつも通りてきとーに話をあわせて、分かったふりして、 まったく関係ないことを書こうと思います笑 あっはっは! 私の母はお嫁に出るときに 料理もできなくて とりあえずほっぽり出された感じです。 祖母いわく 相手のお義母さんから、その家の味を学べという考えらしかったのですが 嫁に優しい姑ならよかったのですが ずいぶんこてんぱんにやられたみたいですねwあっはっは。 小舅もなかなかの糞っぷりだったので 孫(私)はそんな環境でそだったから 家を離れることから人生が始まった気がします。 さまざまな出会いと出会いと出会いを重ね、私は男友達と遊ぶより女友達と遊ぶことが多かった気がします。 多分、るるさんが私より先に死にますね♪私はあなたより長生きするでしょうね。あっはっは。それってけっこう良いことだと思うね。うん。 それで、るるさんのお母さんに小便かけられてもまぁ、いいじゃないですか。雨は天使のおしっこですし。 うん、そういうことでコンゴともヨロシクみたいな!

1
鈴木 海飛
春清子さんへ
(2021-03-25)

「おはなしのたね」読まさせていただきました。 何を言っても、書いても、上手な言葉がなんか作者、だけでなく誰かを傷つけそうで感想に悩んでます。 うんでも、この返信書いたらかきにいきます。だって面白そうな作品だもんね。もったいない。 読んでいただきありがとうさぎであう。 苦労を感じ取ってもらってうれしいです。たけひごが炎であぶられ曲がる姿が思い浮かんだのです。 うん、確かそんな感じ。ヒャッホイ

0
鈴木 海飛
羽田恭さんへ
(2021-03-25)

いいでしょ。 えっへん。うっふん。 なかなかいいのがかけたと思ったら 今月は他の作品が豊作って感じで埋もれてしまったはー。たはーーーって感じ。あっはっは。 ただ、もう少し、なんか修正を重ねるならどこだろうなーって感じで考えてます。 名作にはならないけど、 これからの介護を考えていく上で 老人の介護を知らない人への最初の回路やピースに、この作品が呪いにならないように(介護疲れで自分を追い込みすぎないように) 作れたらなーとおもっってます。 読んでいただきありがとうございます。

0
鈴木 海飛
右肩ヒサシさんへ
(2021-03-25)

お、ヒサシが感想くれてるめずらしーいやっほう。あっはっは。 ディープな介護場面に出くわしている方にとってはとこの詩を疎ましく、そらぞらしく感じる可能性があると思います。それは仕方ないことなので諦めます。私の今回の作品ではそこにいる人たちには届かないか、髪をひっぱる感じになってしまったかもと感じてます。次にこの作品を修正をかけるときの反省にしたいと思います。 そうそう、ヒサシ。聞いてね。 俺がヒサシの親だったら要介護で意識バカになっちゃたら「そんなの俺じゃないぞ。ほぼ、ぬけがらだもん。ヒサシ、気にすんな。大丈夫だ。」ってどっか天井らへんから言っちゃう。聞こえないと思うけど。 で、自分のいきたいところに幽体となってふらふらしちゃう。せっかくいろんなとこいけそうだしね。介護で疲れてる息子のことなんて多分気にしない。だから、お前も気にしすぎんなっていうよ。あっはっは。 ヒサシもそうでしょ。 もし、自分がバカになっちゃって介護する人が目の前にいたら、 「まぁまぁテキトーでいいよ。気にしないで。」って言わない? それとも「金払ってんだから、舐めても大丈夫なくらい綺麗にしやがれ。」っていう?言わないでしょ!あっはっは てなことを 母、私、妻、娘で話したりしていました。

0
鈴木 海飛
作品へ
(2021-03-25)

https://youtu.be/k22ZqEu3yHM 口笛ふきながらこの曲でしめくくりたいとおもいます。 よんでいただきありがとうございました

0

B-REVIEWに参加しよう!

新規登録
ログイン

作品をSNSで紹介しよう→

投稿作品数: 2